1まとめらいぶ2016/01/17(日) 20:18:58.55ID:CAP_USER*.net
日本の女性が第1子を産む平均年齢はいまや30.6歳。

若いうちに子どもを産み育てることが難しくなり、
不妊治療を受ける人が増えています。

明治大の藤田結子准教授による解説です。

◇3人に1人が治療に200万円以上を支出

現在、赤ちゃんの約4人に1人は35歳以上の母親から産まれています。

不安定な雇用やキャリアのために、
出産を先延ばしした女性も少なくないでしょう。

35歳を過ぎてから運よく、すぐ出産できる人もいますが、
妊娠しにくくなる人の割合は増えます。

不妊の検査や治療を受けたことがある夫婦は、
20~40代夫婦の6組に1組と言われています。

日本産科婦人科学会によれば、2013年に国内で行われた
体外受精の件数は約37万件で、10年前の3倍以上に増えました。

女性の問題と捉えられがちですが、男性側に原因がある場合も少なくありません。

世界保健機関(WHO)は、不妊原因が男性のみにある場合が24%、
女性のみが41%、男女ともが24%、不明が11%
という調査結果を報告しています。

不妊治療にはかなりのお金がかかります。NPO法人Fineの13年調査では、
不妊治療費に100万円以上を支払った人が、回答者の過半数を占めました。

また、回答者の3人に1人は200万円以上を支出していました。

なぜ人々は、これほど多くのお金を不妊治療につぎ込むのでしょうか。

◇「人工授精」で15万円は序の口

(以下省略)

Yahoo! ニュース

妊娠

【イメージ画像】
続きを読む