タグ:その名

1:まとめらいぶ 2018/03/21(水) 15:27:52.65 ID:9H+aoljO0 BE:416336462-PLT(12000)
本日(米国時間3/20)数多くのアプリ開発者が、Googleの拡張現実プラットフォーム
向けに最新ARアプリを披露したが、Googleもじっとしていたわけではない。Google
のチームが公開したのは、史上もっともシンプルなアプリかもしれない。チームはこ
のアプリを「実験」だと言っているが、それだけの理由はある。文字通り白い線を引
くためだけのアプリだからだ。”Just a line” は、GoogleのVRペイントアプリ、Tilt Bru
shからあらゆるカスタムツールや設定機能を取り除き、宙に浮かぶデジタル白線で世
界に注釈をつける能力だけを引き継いだ。VR版との大きな違いは、VRヘッドセット
を持っているひとよりも、ARCore互換のスマートフォンを持っているひとの方がず
っと多いことだ。だからクールな3Dペインティングを多くの人が初めて体験できる。
ユーザーは端末を手に持って指を使って線を引く。ユーザーインターフェースは様々
な物理的な動きに依存しており、携帯電話自体をメインコントローラーとして使う。
自分の描いた美しい線をあとで見たいユーザーは、自分の作品を録画してダウンロ
ードすることができる。アプリを使ってみるためにはARCore互換の端末が必要にな
る。あと、出来上がるものへの期待をコントロールすることもおそらく必要だ。で
きることは線を引くこと! それだけ。

【techcrunch】
 https://jp.techcrunch.com/2018/03/21/2018-03-20-googles-simple-new-app-lets-you-draw-white-lines/

【YouTube】

 

ダウンロードはこちら。

【Google Play】
 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.arexperiments.justaline&rdid=com.arexperiments.justaline

引用元: 【速報】google、ただ白線を引くだけのアプリを公開。その名も”Just a line” ※

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/04/01(土) 13:14:34.92ID:CAP_USER.net
【huffingtonpost】
 http://www.huffingtonpost.jp/2017/03/12/dendrobium_n_15324086.html

シンガポールのベンチャー企業「ヴァンダ・エレクトリックス」は3月7日、スイスの
ジュネーブ・モーターショーでスーパーカーの「デンドロビウム」を初公開した。mo
toringなどが報じた。

デンドロビウムは、2人乗りの電気自動車で1000馬力のモーターを内蔵する。
最高速度が時速320km以上。停止状態から時速97kmまで2.7秒で達するという。
F1の名門チーム「ウィリアムズ」の関連会社が技術提供した。ヴァンダ・エレク
トリックスによると、今回のコンセプトモデルは世間の関心を計るために作った
もので、2020年にも市販する可能性があるという。

Autoblog日本版によると、デンドロビウムとはシンガポールに生育するランの一
種。自動で上昇するルーフとドアが、満開の花びらに似ていることから、この名
前が付けられたという。





続きを読む

↑このページのトップヘ