カテゴリ:2chまとめ > 科学ニュース+板

1:まとめらいぶ 2019/01/24(木) 15:11:39.06 ID:CAP_USER
かつては水銀電池、現在はヨウ素リチウム電池が主流だというペースメーカーは、原子力電池を
試した時代もありました。ですが日本デバイス治療研究所いわく、漏洩放射線の問題や、放射性
物質に関する様々な法規制を受けることから、発展しなかったのだそうです。

しかしheise onlineによりますと、今ロシアの研究者たちが、医学的に使用可能な原子力
電池への道を進んでいるのだとか。

■大きな一歩を踏み出すことに成功

この原子力電池とは、低電力の用途に適し長寿命の使用ができるベータボルタ電池を指します。
ロシアの研究者たちは、この技術再開発で著しい技術的進歩を遂げ、ガス遠心分離機で可能な
エネルギー源である放射性同位体ニッケル-63を69%以上に濃縮することに成功しました。

このニュースは、ロシアの国営メーカーでモスクワの核燃料を担うTVELが発表。
バッテリーの寿命は濃縮度に依存し、2019年までにシベリアのゼレノゴルスクにある研究施設で
いずれ80%以上の濃縮が達成されるはずだ、とも述べています。TVELによると、寿命が50年
までのコンパクトな原子力電池は現在、機器製造や無線電子機器のトレンドになっているのだそうな。

■小型化できるとなれば

小型の原子力電池は、小さなエネルギー源を長期間メンテナンスフリーにする必要がある
場合に理想的です。最たる例がペースメーカーですね。

原子力発電所のように崩壊熱を利用して発電するのではなく、ニッケル63やトリチウムなどの人工
放射性同位元素の自然崩壊で生じる放射線を電気へ変換するメカニズムになるとのこと。
これがベータボルタ電池なのです。

■どうやって遮蔽する?

放射性崩壊によるこの種の直接発電は、ベータボルタイックと呼ばれています。人工的に製造された
同位体Ni(ニッケル)-63は100年の半減期を持っていますが、危険なガンマ線ではなく穏やかな
ベータ線を発するすることから、漏洩するかもしれない放射線は「シンプルなプラスチック包装」で
シャットアウトできるというのです。

ちなみにですが、原子力ペースメーカーは、1970年代半ばにアメリカとドイツで一部の患者に
同位体プロメチウム-147の電池が埋め込んでみたものの、サイズ、寿命、そして放射線に対する
遮蔽に問題があった過去があります。ですがガス遠心分離機による濃縮で、未来のエネルギー
装置が手に入ったのです。

体内に原子力を埋め込むのはちょっとコワい気もしますが、完璧に実用化が保証されれば
昭和のロボットの気分になって愛着が湧くかもしれませんね。

no title

【GIZMODO】
 https://www.gizmodo.jp/2019/01/atombatterie-russia.html

引用元: 【エネルギー】寿命は50年。ロシアが超長持ちする電池を再開発(原子力で)

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/02/08(金) 00:41:52.68 ID:CAP_USER
LED電球が世の中に登場した初期のころは、パッケージの箱に
「5万時間もの長寿命」「10万時間使用可能」などとうたわれていました。
しかし、記事作成時点では販売されているLEDの多くが7500~2万5000時間程度の寿命と
なっています。「なぜLED電球の寿命は当初よりも減っているのか?」という疑問について、
エンジニアのTed Yapo氏が解説しています。

What Happened to the 100,000-Hour LED Bulbs? | Hackaday

【ハッカデー】
 https://hackaday.com/2019/02/05/what-happened-to-the-100000-hour-led-bulbs/

Yapo氏によると、電球の寿命を語る際にはかつて白熱電球の生産と販売を支配するために結ばれた
国際的カルテル「ポイボス・カルテル」について避けて通れないとのこと。第1次世界大戦後の
1924年に結ばれたポイボス・カルテルは、アメリカ・フランス・ハンガリー・イギリス・ドイツと
いった複数の国の企業によって結ばれ、白熱電球の寿命が1000時間を超えないようにするという
規制を設けました。

ポイボス・カルテルが結ばれる以前は1500時間~2500時間以上の寿命を持つ白熱電球もありました
が、カルテルは「長寿命の白熱電球は効率を下げ、光量にも問題が出る」として、参加企業が1000
時間を超える寿命の電球を売らないように取り決めを結びました。カルテルは白熱電球の寿命を
およそ半分にし、11~16%程度明るさを増やすだけで、以前の倍の売り上げを達成することが
できたそうです。

メンバー企業が販売する電球は常時検査され、寿命が1000時間よりも著しく短かったり、著しく
長かったりすると罰金が科せられるシステムでした。この罰金契約については外部に公表されず、
電球の寿命が一律で1000時間程度であることには、効率性などの面での理論的根拠があると
見せかけられていたとのこと。カルテルは第二次世界大戦時に機能不全となりましたが、
20年近くにわたって白熱電球の発展を妨げ続けたとYapo氏は述べています。

電球のパッケージに「寿命は1000時間」と書かれている場合、この「寿命」とは平均定格寿命のこと
を指します。これは規定の条件下で試験した際の平均寿命値を示したものであり、「電球の初期
サンプルのうち50%が寿命を迎えた時点」が、平均定格寿命となるそうです。つまり、全電球の
うち半数程度しかパッケージに書かれた寿命を達成できず、残りの半数はパッケージの寿命を
超えて光り続けます。

LED電球の寿命について考えるために、実際のLED電球の仕組みについて考える必要があります。
Yapo氏は同じA19型のLED電球でありながら、寿命が「7500時間」「1万5000時間」「2万5000時間」
という3種類の電球を購入し、中身を確認してみたとのこと。

以下の画像にある3種類のLED電球は、左から「7500時間」「1万5000時間」「2万5000時間」の寿命
となっています。LED電球は光を発するLEDチップだけでなく、電源から送られる交流電流を直流
電流に変換するLEDドライバ、電解コンデンサなどの部品から構成されているとのこと。寿命が
7500時間のLED電球はLEDチップとLEDドライバが同じボード上に存在している一方、1万5000
時間や2万5000時間の寿命を持つLED電球はLEDチップとLEDドライバが熱的に切り離されている
ことがわかります。

LED電球がさまざまなが部品を備えている以上、故障する原因はLED電球にとって最も重要といえる
LEDチップだけでなく、他の部品にもあると考えられます。アメリカ合衆国エネルギー省(DOE)は
LED技術の研究開発を支援しており、LEDランプの寿命と故障原因に関するデータも収集している
とのこと。

以下の画像は、DOEが収集した5400個もの屋外に設置されたLEDランプの故障原因を円グラフにした
もの。興味深いことに、LEDチップ自体が原因となって故障した割合は全体の10%に過ぎず、59%は
LEDドライバの故障によってLEDランプが故障していることがわかりました。故障原因の31%を
占める住宅の問題は、屋内使用のLED電球を考える際には必要ありません。このデータは、
LED電球の寿命について重要なのはLEDチップではなく、LEDドライバであることを示しています。

no title


LED電球の寿命は、構成部品のうちどれか一つの寿命以上にはなりません。LED電球を構成する
部品の中で最も寿命を制限しているのが、半導体と電解コンデンサであるとYapo氏は主張して
います。この2つはいずれも高温によって故障する確率が上昇し、周囲の温度がおよそ10度
下がると寿命が2倍になるとのこと。

【ギガジン】
 https://gigazine.net/news/20190207-what-happened-lifetime-led-bulbs/

引用元: 【LED】初期「10万時間使用可能」➡現在「5000時間」なぜLED電球の寿命はだんだん短くなっているのか?

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/07/18(水) 18:02:03.94 ID:CAP_USER
ヨルダンでおよそ14,400年前のパンのかけらが見つかった。人類が農耕を始める
4,000年も前の話だ。いままで発見されたパンとしては世界最古なうえに、人類は
農耕文化を築き上げる前からすでにパンを食べていたことを裏付ける貴重な
手がかりとなりそうだ。

ヨルダンの首都アンマンから北東の方角に130キロメートルほど離れたShubayqa 1遺跡。
そのかまどの底で発見された24片のパンはいずれも数ミリにしか満たないかけらばかりで、
焦げて炭のようになっていた。それらを強力な電子顕微鏡で調べた結果、今でも中東や
インドなどで食べられている平たい円形のパンの一部だったことが判明したそうだ。

Shubayqa 1遺跡にはナトゥフ文化と総称される狩猟採集民が暮らしていたことが
わかっており、パンが作られた時代にまだ農耕は始まっていなかった。このことから、
Shubayqa 1に住んでいた中石器時代人はおそらく野生の穀物類を採取し、脱穀して
から粉を挽き、それに水分をくわえてこねてからかまどで焼いていたと考えられる。

品種改良が重ねられた現代のパンコムギに比べたら、その祖先であるヒトツブコムギ、
カラスムギやオオムギの作物近縁野生種(crop wild relative)は穂が短く、粒も小さくて
実りが少なかった。それを野山で摘み取ってふるいにかけ、粉にしてからパンを作る
一連の作業は、おそらく現代の常識で考えたら恐ろしく手間がかかったに違いない。

これだけの手間をかけてでもパンを作りたかった背景には、おいしさや食べやすさは
もちろんのこと、なにか特別な食べ物として重宝されていた可能性が高いという。

研究に携わったコペンハーゲン大学のアマイア・アランツ=オテギ
(Amaia Arranz-Otaegui)教授とロンドン大学のドリアン・フラー(Dorian Fuller)
教授は、パンというこの特別な食べ物をもっと容易に作りたいとの動機があったから
こそ農耕が始まったのではないかと推察している。中石器時代に始まった農業革命を
読み解く大胆な新説だ。

ナトゥフ文化は狩猟採集から農耕への移行期だった
ことが今までの研究でも明らかになっている。

「ナトゥフ文化の後期には定住が多くみられ、
また食生活にも変化が見られたことは興味深い」と話すのはShubayqa 1遺跡での発掘
調査を率いたトビアス・リクター(Tobias Richter)氏だ。鎌のかたちをしたフリント
石器や石うすが見つかっていることからも、ナトゥフ文化の人々はすでに植物を
栽培し始めていたと考える考古学者も多いそうだ。

自然の恵みを享受するだけでは効率が悪い。
そこで、自分たちで植物の世話を行うことでより実り多き秋を迎えることができないか。
この思考の転換はまさに歴史的だ。そのきっかけとなったのが、ナトゥフの人々も愛した、
そして現代人も愛してやまないパンだったのだろうか。

no title

■パンが見つかったかまどの跡

no title

no title

【ディスカバリー】
 https://www.discoverychannel.jp/0000028391/

引用元: 【考古学】〈画像〉ヨルダンの遺跡から世界最古のパン発見、農耕が始まる4千年も前から人類はパン好きだった[07/18]

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/01/04(木) 20:32:14.34 ID:CAP_USER
(CNN) 魚を週に1度以上食べる子どもはそうでない子どもと比べてよく眠ることが
でき、IQ(知能指数)テストでもより高い平均点を記録する。そんな調査結果を示す
研究がこのほど科学誌で発表された。サケやイワシ、マグロなど多くの種類の魚に含ま
れるオメガ3脂肪酸が、知能並びに睡眠の質の向上と関連していることが示された形だ。
今回の研究では中国人の子ども500人以上を対象とし、9~11歳のときに前の月に
魚をどのくらいの頻度で食べたかを質問。

12歳のときにIQのテストを実施した。
IQテストを受けた子どものうち、毎週魚を食べると答えた子どもの平均点は、
「めったに食べない」「まったく食べない」と答えた子どもよりも4.8点高かった。
「時々食べる」と答えた子どもの平均点も、頻度の低い子どもの点数を3.3点上回った。
子どもの年齢が低いことから、どの種類の魚を食べたのかは質問していない。

また子どもたちの親に対しては、睡眠の質に関する聞き取り調査を行った。
その結果、魚を多く食べる子どもは夜中に目が覚めてしまうといったケースが少なく、
全体的な睡眠の質が高いことが分かった。
研究の共著者である米ペンシルベニア大学のジェニファー・ピントマーティン氏は、
早いうちから子どもの食生活に多くの魚を取り入れることを推奨。「味に慣れていないと、
食べなくなる可能性がある」と指摘した。
骨を取り除き、身をよくほぐせば、子どもは2歳ごろから魚を食べられるようになるという。

【関連ソース画像】 

no title

【CNN】 
 https://www.cnn.co.jp/fringe/35112741.html

引用元: 【医学】魚をよく食べる子ども、IQと睡眠の質が向上 調査結果

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/04/19(水) 06:39:01.22ID:CAP_USER.net


ゾウの牙のような白い筒から引っ張り出されたものは、
体長1.5メートルの巨大ミミズだった!

(Marvin Altamia)

長さ1.5メートルくらいの殻を持つミミズがフィリピン沖の浅瀬で発見された。
腐った卵のような悪臭を放つ泥水に生息する新種で、火山ガスの成分としても
知られる硫化水素をエネルギーとするという謎に満ちた生態に注目が集まって
いる。

米ユタ大学やノースイースタン大学などの共同調査チームは17日、米国立科学
アカデミー紀要に、「クフス・ポリアタミア」という新種のミミズを見つけた
と発表した。なんだ、ミミズかというなかれ。その長さはなんと1.5メートル。
通常思い浮かべるミミズとは全く異なり、体の外側を筒状の殻が覆う姿は、
まるでゾウの牙のようだ。

似たような姿を持つ生物に、漁師や船員の間ではよく知られている「フナクイ
ムシ(船喰虫)」と呼ばれる貝の仲間がいる。水中の木を食べて穴だらけにす
る性質があることから、中世の時代から木製の船は、底に鉛の板を張って、フ
ナクイムシの被害を防ぐ工夫がされている。

しかし、フィリピン近海の遠浅の泥の中で見つかったクフス・ポリアタミアは、
海の泥の中に潜り込み、泥から発する硫化水素を栄養分にしている。エサを食
べない代わりに、巨大ミミズのえらに住む微生物が硫化水素からエネルギー源
を作り出し、それを栄養分にしているという。

オーストラリアやアフリカには数メートルに成長する種類のミミズもいるが、
汚泥で暮らすイトミミズはせいぜい十数センチ程度。しかし、新種は硫黄を
エネルギー源とするので、栄養分に満ちた環境であれば、どんどん成長する
だろうと研究チームは推測している。

研究者の一人、ノースイースタン大学海洋ゲノムレガシーセンターのダニエ
ル・ディステル教授によると、このミミズの発見はまったくの偶然の産物で、
フィリピンのテレビ局が製作していた海洋ドキュメント番組で、浅瀬の泥の
中にニンジンのように埋まった奇妙な生物が紹介されているのを見て、調査
に乗り出したという。

生きたクフス・ポリアタミアの殻にまとわりついた臭い匂いの泥を洗い落と
し、内側から慎重にミミズを引っ張り出したとき、研究者は驚きの声を上げ
たという。今後は、微生物から栄養分を得る生態メカニズムの解明に向けて、
引き続き研究を続けていくという。

先端の二つに別れた吸管を泥の外にだす

(Marvin Altamia)



白い殻ごと土中に埋まり、エラで栄養分を摂取する

(ユタ大学/University of Utah)
続きを読む

1まとめらいぶ2017/04/20(木) 23:59:12.07ID:CAP_USER.net
極めて珍しい青いロブスター、数百万匹に1匹 フランス。

フランス西部ブレストのオセアノポリス水族館で撮影された青いロブスター。



フランス西部ブレスト(Brest)のオセアノポリス(Oceanopolis)水族館で撮影された
青いロブスター。クルスタシアニンと呼ばれる青い色素が過剰に生み出される遺伝子異常
によるもので、科学者らによれば極めて珍しく、ロブスター200万~300万匹に1匹の割合
で生じるという。

【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000006-jij_afp-sctch
続きを読む

1まとめらいぶ2016/01/17(日) 21:13:17.74ID:CAP_USER.net
キュリオシティ、火星の「動く砂丘」をパノラマ撮影 

NASAの火星探査車から届いた最新画像

【National Geographic】
 http://natgeo.nikkeibp.co.jp//atcl/news/16/011300010/

火星のシャープ山をゆっくり登りながら調査している探査車
「キュリオシティ」が、バグノルド砂丘の息をのむほど
素晴らしい360度パノラマ画像を撮影、
NASAが発表した。

右手奥に見える山頂方向の左手に
黒っぽい砂の斜面が広がっているのがわかる。

これは、風によって砂が吹き寄せられてできた砂丘で、
やがて勾配が急になると雪崩のように小さく崩れる。

この画像の砂丘は、高さが5メートルほどある。

(引用ここまで。全文は引用元参照)

火星探査車が撮影したパノラマ画像の左奥に、
高さ5メートルほどの砂丘が写っている。

(Photograph by NASA)



▽ 関連

NASA Curiosity Mars rover
Rover Rounds Martian Dune to Get to the Other Side Jan. 5, 2016

【NASA】
 https://www.nasa.gov/feature/jpl/rover-rounds-martian-dune-to-get-to-the-other-side
続きを読む

1まとめらいぶ2015/06/01(月) 07:54:54.44ID:???.net
太陽の300兆倍、宇宙一明るい銀河を発見

ナショナルジオグラフィック日本版サイト



新たに発見された銀河WISE J224607.57-052635.0のイラスト。
太陽の300兆倍以上という、宇宙一の明るさを誇る。

(Illustration by NASA)

 1000億個、あるいはそれ以上の銀河がひしめく宇宙で、
最大の輝きを放つ銀河が見つかった。

 新たに発見された銀河WISE J224607.57-052635.0の明るさは、
太陽の300兆倍を超える。米NASAジェット推進研究所(JPL)の
天文学者ピーター・アイゼンハルト氏らの研究チームが、専門誌
「アストロフィジカル・ジャーナル」6月号に発表した。

 地球からはるか遠く離れたこの銀河の輝きは、
恒星によるものというよりも、むしろ「怪物級のクエーサー」から
出ているとアイゼンハルト氏は話す。

 クエーサーは、銀河の中心にある巨大なブラックホール。ガスを
大量に吸収し続けているため、周囲のちりが加熱されて数百万度
もの高温になる。そうして放出された赤外線は、宇宙のはるか
遠くからでも観測できるのだ。研究チームによると、今回の
銀河には太陽の100億倍の質量を持つクエーサーがあるという。

10億年で超巨大化

 この巨大クエーサーが放つ光は、約125億年かけて地球に
届いている。つまり、ビッグバンからわずか10億年余り経った
ころの光だ。ブラックホールが短期間でどのようにしてここ
まで大きくなれるのかは、いまだ未解明の大きな謎である。

 しかも、こうした怪物級のブラックホールが見つかったのはこれが
初めてではない。2015年2月にも、さらに大きく古い
ブラックホールの発見が報告されている。
(参考記事:「太陽の120億倍、説明不能なブラックホール発見」)

「ブラックホールがなぜこんなに早く巨大化したかについては、
研究が始まったばかり。そこに一つ実例が増えたといえます」
とアイゼンハルト氏。

 2月に見つかったクエーサーは、地上にある
世界最大級の望遠鏡をいくつも駆使して発見された。一方、
今回のWISE J224607.57-052635.0を見つけるのに使われたのは、
NASAの広域赤外線探査衛星WISEだった。この銀河は
エネルギーの大半を赤外線として放出しているからだ。

 今回の論文の筆頭著者であるJPLのツァイ・チャオウェイ氏は、
「このクエーサーはちりの雲に隠れています」と話す。クエーサーからの
光がちりにぶつかると、ちりから赤外線が放出される。ツァイ氏らの
チームは、WISEが検出した赤外線の量に基づいて、
クエーサーの大きさと明るさを算出した。

謎が謎を呼ぶ

 ブラックホールが短期間で桁外れの大きさへと成長できた
仕組みについて、天文学者らはいくつかの説明を試みている。
一つは、このブラックホールが「エディントン限界」という考えうる
最速のペースでガスを飲み込み続けたかもしれないということ。
ただし、その可能性は薄く、限界を超える
方法があるのかもしれないという。

 もう一つは、このブラックホールは誕生したときから巨大で、
それが成長したのかもしれないという考え方。アイゼンハルト氏は、
「ゾウを育てたければ、子ゾウから育てるのが最短の道です」と
たとえる。とはいえ、「子ゾウ」サイズのブラックホールが
どのように誕生したのかは謎が残る。

「不可解な点はもう一つあります」と指摘するのは、ハーバード大学の
天体物理学者で今回の研究には関わっていないアビ・ローブ氏。
「初期宇宙で最大規模のブラックホールと、私たちが現在観測して
いる最大規模のブラックホールは、質量が同程度なのです」。つまり、
短期間で巨大化した謎だけでなく、それ以上大きくならなかったのは
なぜかということもまた、解明すべき疑問なのだ。

「こうした謎について、今はまだ手がかりすらありません」と
ローブ氏は語った。

文=Michael D. Lemonick/訳=高野夏美
続きを読む

↑このページのトップヘ