『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.6.20

      科学ニュース+板

      1まとめらいぶ2017/04/19(水) 06:39:01.22ID:CAP_USER.net


      ゾウの牙のような白い筒から引っ張り出されたものは、
      体長1.5メートルの巨大ミミズだった!

      (Marvin Altamia)

      長さ1.5メートルくらいの殻を持つミミズがフィリピン沖の浅瀬で発見された。
      腐った卵のような悪臭を放つ泥水に生息する新種で、火山ガスの成分としても
      知られる硫化水素をエネルギーとするという謎に満ちた生態に注目が集まって
      いる。

      米ユタ大学やノースイースタン大学などの共同調査チームは17日、米国立科学
      アカデミー紀要に、「クフス・ポリアタミア」という新種のミミズを見つけた
      と発表した。なんだ、ミミズかというなかれ。その長さはなんと1.5メートル。
      通常思い浮かべるミミズとは全く異なり、体の外側を筒状の殻が覆う姿は、
      まるでゾウの牙のようだ。

      似たような姿を持つ生物に、漁師や船員の間ではよく知られている「フナクイ
      ムシ(船喰虫)」と呼ばれる貝の仲間がいる。水中の木を食べて穴だらけにす
      る性質があることから、中世の時代から木製の船は、底に鉛の板を張って、フ
      ナクイムシの被害を防ぐ工夫がされている。

      しかし、フィリピン近海の遠浅の泥の中で見つかったクフス・ポリアタミアは、
      海の泥の中に潜り込み、泥から発する硫化水素を栄養分にしている。エサを食
      べない代わりに、巨大ミミズのえらに住む微生物が硫化水素からエネルギー源
      を作り出し、それを栄養分にしているという。

      オーストラリアやアフリカには数メートルに成長する種類のミミズもいるが、
      汚泥で暮らすイトミミズはせいぜい十数センチ程度。しかし、新種は硫黄を
      エネルギー源とするので、栄養分に満ちた環境であれば、どんどん成長する
      だろうと研究チームは推測している。

      研究者の一人、ノースイースタン大学海洋ゲノムレガシーセンターのダニエ
      ル・ディステル教授によると、このミミズの発見はまったくの偶然の産物で、
      フィリピンのテレビ局が製作していた海洋ドキュメント番組で、浅瀬の泥の
      中にニンジンのように埋まった奇妙な生物が紹介されているのを見て、調査
      に乗り出したという。

      生きたクフス・ポリアタミアの殻にまとわりついた臭い匂いの泥を洗い落と
      し、内側から慎重にミミズを引っ張り出したとき、研究者は驚きの声を上げ
      たという。今後は、微生物から栄養分を得る生態メカニズムの解明に向けて、
      引き続き研究を続けていくという。

      先端の二つに別れた吸管を泥の外にだす

      (Marvin Altamia)



      白い殻ごと土中に埋まり、エラで栄養分を摂取する

      (ユタ大学/University of Utah)
      【【生物】1.5mの殻を持つ巨大ミミズ新種発見!栄養源は硫黄ガス】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/04/20(木) 23:59:12.07ID:CAP_USER.net
      極めて珍しい青いロブスター、数百万匹に1匹 フランス。

      フランス西部ブレストのオセアノポリス水族館で撮影された青いロブスター。



      フランス西部ブレスト(Brest)のオセアノポリス(Oceanopolis)水族館で撮影された
      青いロブスター。クルスタシアニンと呼ばれる青い色素が過剰に生み出される遺伝子異常
      によるもので、科学者らによれば極めて珍しく、ロブスター200万~300万匹に1匹の割合
      で生じるという。

      【Yahoo! ニュース】
       https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000006-jij_afp-sctch
      【【生物】『画像』極めて珍しい青いロブスター!数百万匹に1匹。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/01/17(日) 21:13:17.74ID:CAP_USER.net
      キュリオシティ、火星の「動く砂丘」をパノラマ撮影 

      NASAの火星探査車から届いた最新画像

      【National Geographic】
       http://natgeo.nikkeibp.co.jp//atcl/news/16/011300010/

      火星のシャープ山をゆっくり登りながら調査している探査車
      「キュリオシティ」が、バグノルド砂丘の息をのむほど
      素晴らしい360度パノラマ画像を撮影、
      NASAが発表した。

      右手奥に見える山頂方向の左手に
      黒っぽい砂の斜面が広がっているのがわかる。

      これは、風によって砂が吹き寄せられてできた砂丘で、
      やがて勾配が急になると雪崩のように小さく崩れる。

      この画像の砂丘は、高さが5メートルほどある。

      (引用ここまで。全文は引用元参照)

      火星探査車が撮影したパノラマ画像の左奥に、
      高さ5メートルほどの砂丘が写っている。

      (Photograph by NASA)



      ▽ 関連

      NASA Curiosity Mars rover
      Rover Rounds Martian Dune to Get to the Other Side Jan. 5, 2016

      【NASA】
       https://www.nasa.gov/feature/jpl/rover-rounds-martian-dune-to-get-to-the-other-side
      【【宇宙探査】NASAの探査車『キュリオシティ』から届いた最新画像、火星の動く砂丘『バグノルド砂丘』をパノラマ撮影。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/06/01(月) 07:54:54.44ID:???.net
      太陽の300兆倍、宇宙一明るい銀河を発見

      ナショナルジオグラフィック日本版サイト



      新たに発見された銀河WISE J224607.57-052635.0のイラスト。
      太陽の300兆倍以上という、宇宙一の明るさを誇る。

      (Illustration by NASA)

       1000億個、あるいはそれ以上の銀河がひしめく宇宙で、
      最大の輝きを放つ銀河が見つかった。

       新たに発見された銀河WISE J224607.57-052635.0の明るさは、
      太陽の300兆倍を超える。米NASAジェット推進研究所(JPL)の
      天文学者ピーター・アイゼンハルト氏らの研究チームが、専門誌
      「アストロフィジカル・ジャーナル」6月号に発表した。

       地球からはるか遠く離れたこの銀河の輝きは、
      恒星によるものというよりも、むしろ「怪物級のクエーサー」から
      出ているとアイゼンハルト氏は話す。

       クエーサーは、銀河の中心にある巨大なブラックホール。ガスを
      大量に吸収し続けているため、周囲のちりが加熱されて数百万度
      もの高温になる。そうして放出された赤外線は、宇宙のはるか
      遠くからでも観測できるのだ。研究チームによると、今回の
      銀河には太陽の100億倍の質量を持つクエーサーがあるという。

      10億年で超巨大化

       この巨大クエーサーが放つ光は、約125億年かけて地球に
      届いている。つまり、ビッグバンからわずか10億年余り経った
      ころの光だ。ブラックホールが短期間でどのようにしてここ
      まで大きくなれるのかは、いまだ未解明の大きな謎である。

       しかも、こうした怪物級のブラックホールが見つかったのはこれが
      初めてではない。2015年2月にも、さらに大きく古い
      ブラックホールの発見が報告されている。
      (参考記事:「太陽の120億倍、説明不能なブラックホール発見」)

      「ブラックホールがなぜこんなに早く巨大化したかについては、
      研究が始まったばかり。そこに一つ実例が増えたといえます」
      とアイゼンハルト氏。

       2月に見つかったクエーサーは、地上にある
      世界最大級の望遠鏡をいくつも駆使して発見された。一方、
      今回のWISE J224607.57-052635.0を見つけるのに使われたのは、
      NASAの広域赤外線探査衛星WISEだった。この銀河は
      エネルギーの大半を赤外線として放出しているからだ。

       今回の論文の筆頭著者であるJPLのツァイ・チャオウェイ氏は、
      「このクエーサーはちりの雲に隠れています」と話す。クエーサーからの
      光がちりにぶつかると、ちりから赤外線が放出される。ツァイ氏らの
      チームは、WISEが検出した赤外線の量に基づいて、
      クエーサーの大きさと明るさを算出した。

      謎が謎を呼ぶ

       ブラックホールが短期間で桁外れの大きさへと成長できた
      仕組みについて、天文学者らはいくつかの説明を試みている。
      一つは、このブラックホールが「エディントン限界」という考えうる
      最速のペースでガスを飲み込み続けたかもしれないということ。
      ただし、その可能性は薄く、限界を超える
      方法があるのかもしれないという。

       もう一つは、このブラックホールは誕生したときから巨大で、
      それが成長したのかもしれないという考え方。アイゼンハルト氏は、
      「ゾウを育てたければ、子ゾウから育てるのが最短の道です」と
      たとえる。とはいえ、「子ゾウ」サイズのブラックホールが
      どのように誕生したのかは謎が残る。

      「不可解な点はもう一つあります」と指摘するのは、ハーバード大学の
      天体物理学者で今回の研究には関わっていないアビ・ローブ氏。
      「初期宇宙で最大規模のブラックホールと、私たちが現在観測して
      いる最大規模のブラックホールは、質量が同程度なのです」。つまり、
      短期間で巨大化した謎だけでなく、それ以上大きくならなかったのは
      なぜかということもまた、解明すべき疑問なのだ。

      「こうした謎について、今はまだ手がかりすらありません」と
      ローブ氏は語った。

      文=Michael D. Lemonick/訳=高野夏美
      【【銀河天文学】太陽の300兆倍、宇宙一明るい銀河を発見!初期宇宙に巨大ブラックホールの謎。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/06/08(月) 17:56:02.59ID:???.net
      光の伝搬経路を自由に調整できる
      光学迷彩装置の実現へ前進 - 理研と東工大

      マイナビニュース

      理化学研究所



      これまでの光学迷彩(左)では、光の伝搬の経路は向きに依存しないため、
      シールド領域に入ってくる光は存在しない。非対称光学迷彩(右)では、
      これまでの光学迷彩同様、外部から内部へ届く光はない。しかし同時に
      シールド領域内には光が届くため、内部から外部を見ることができる。


      理化学研究所(理研)と東京工業大学は6月8日、
      非対称な光学迷彩を設計する理論を構築したと発表した。

      同成果は理研理論科学研究推進グループ階層縦断型基礎物理学
      研究チームの瀧雅人 研究員と東京工業大学量子ナノエレクトロニクス
      研究センターの雨宮智宏 助教、荒井滋久 教授らとの
      共同研究グループによるもので、
      米科学誌「IEEE Journal of Quantum Electronics」に掲載された。

      光学迷彩は、光を自在に曲げる装置によって、物体や人を見えなく
      する技術で、最近ではメタマテリアルという人工素材が注目を集め、
      透明マントのような装置の研究が進められている。これまで提唱
      されてきた光学迷彩装置は、入射した光が1つの閉領域を迂回
      するようにすることで、外部から見た人にとって、あたかもその
      領域内に何も存在しないように見せるという仕組みとなっており、
      外から光が入らないため、外部だけでなく内部からも見えない
      「対照的」な振る舞いを示す装置しか実現することができなかった。

      今回の研究では、「内部から外部を見ることができるが、
      外部から内部は見えない」という「非対称性」を持つ光学迷彩装置を
      実現するための理論を構築した。ベースとなったのは2012年に米
      スタンフォード大学のグループが提唱した
      「光子に作用するローレンツ力」の概念で、光を補足する光学的な
      共振器を格子状に配置し、共振器間を光が
      曲がりながら伝搬する理論モデルだった。

      同研究グループはこの格子共振器が光学迷彩装置にも利用
      できる点に着目し、格子共振器を拡張し電場に相当する効果を
      発揮させる、光学格子共振器を用いた理論モデルを構築した。
      その結果、光があたかも一般的な電場中を運動する電子の
      ように振る舞うことで、光学格子共振器のパラメータを調整する
      だけで自由な伝搬光路を実現できることがわかった。特に、
      磁場が及ぼすローレンツ力によって、完全反対称な光路を実現
      することができ、電場から受けるクーロン力に相当する力により
      光路を調整することで、より多様で非対称な光の
      伝搬経路が実現できることがわかった。

      現在、研究は理論の提案に留まっているが、今回提唱された
      光学格子共振器モデルは、フォトニック結晶を用いた非対称
      光学迷彩を実現に近づける理論だという。また、非対称な
      光学迷彩という研究テーマは、新たなメタマテリアルの開発を
      促し、理論とメタマテリアル開発の進展によって、
      非対称光学迷彩の実現が期待される。
      【【光学・技術】『内部から外部は見える、外部から内部は見えない』非対称な光学迷彩装置の理論を構築!理研と東工大。】の続きを読む

        このページのトップヘ