萌えニュース+板 : まとめらいぶ

カテゴリ:2chまとめ > 萌えニュース+板

1:まとめらいぶ 2020/05/23(土) 17:37:46.07 0
妖怪アマビエと赤べこが合体!飾り皿発売 会津若松・関漆器店

会津漆器を製造・販売する関漆器店(会津若松市)は1日、新型コロナウイルス感染症の終息を
願い、疫病退散の力を持つとされる妖怪「アマビエ」と、無病息災の会津の縁起物「赤べこ」を
合体させたオリジナルキャラクター「アマビエ赤べこ」が描かれた飾り皿を発売した。

アマビエ赤べこは、関盛夫社長(77)の友人が描いた。長い髪や3本足といった
アマビエの特徴と、顔や足の模様など赤べこの特徴を取り入れている。約1週間前に
友人の絵を見た関社長が、疫病退散と漆器業界のPRを願い、商品化を決めた。

漆器業界は、新型コロナウイルスの感染拡大によるデパートの休業や、
贈り物の買い控えで苦境に追い込まれているといい、関社長は
「商品を通じ、漆器業界が頑張っていることを伝えたい」と話した。

no title

【福島民友新聞】
 https://www.minyu-net.com/news/news/FM20200502-483446.php

引用元: 【画像】 あかべこみたいなアマビエの漆器が発売

(C)2015 - 2020 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1:まとめらいぶ 2019/11/05(火) 19:57:24.52 ID:CAP_USER
セガゲームス、『ぷよぷよ!!クエスト』で「おジャ魔女どれみ」コラボ開催決定!
「ぷよクエカフェ2019」新メニューアイデア募集結果発表  

no title

セガゲームスは、『ぷよぷよ!!クエスト』において、11月2日に実施された生放送で
『おジャ魔女どれみ』とのコラボレーションの開催や「ぷよクエカフェ2019」
新メニューアイデア募集結果の発表を行った
「ぷよクエ公式生放送~応援会議2019 OSAKIスペシャル~」
のアーカイブは下記より視聴可能。

【YouTube】

 

◆『ぷよぷよ!!クエスト』×『おジャ魔女どれみ』コラボ概要
今回のコラボでは、『おジャ魔女どれみ』に登場する人気キャラクターが録りおろしのボイス
付きで登場するほか、魔女見習いの衣装を身にまとったぷよクエキャラクターも登場予定。
また、コラボだけの限定ストーリーやイベントを楽しめる。

開催日:2019年11月15日(金)~11月25日(月)

コラボ特設サイト: https://puyopuyoquest.sega-net.com/puyo_doremi/

◆コラボに登場するキャラクター紹介

<「おジャ魔女どれみ」シリーズ>
[★6]春風どれみ(CV:千葉千恵巳)

no title

[★6]藤原はづき(CV:秋谷智子)

no title

[★6]妹尾あいこ(CV: 松岡由貴)

no title

[★6]瀬川おんぷ(CV:宍戸留美)

no title

[★6]飛鳥ももこ(CV:宮原永海)

no title

◆コラボ限定イベント「魔法玉収集祭り」開催!

収集アイテム「魔法玉」を集めて、「[★5]アミティ ver.魔女見習い」を手に入れよう。

     ===== 後略 =====

【©SEGA】
 https://gamebiz.jp/?p=252453


引用元: 『ぷよぷよ!!クエスト』で「おジャ魔女どれみ」コラボ開催決定! 「ぷよクエカフェ2019」新メニューアイデア募集結果発表

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1:まとめらいぶ 2019/10/01(火) 01:27:35.69 ID:CAP_USER
【エルミタージュ秋葉原】
 http://www.gdm.or.jp/crew/2019/0930/322107

オリジナルのUSB入力デバイスを自作できる、ビット・トレード・ワンの「REVIVE USB」
シリーズに最新作の「REVIVE USB ADVANCE」が登場。従来のデジタル入力に加えアナログ
入力に対応、「アナログジョイスティックとマウスを一つに合わせた夢のデバイスも作成可能」
(メーカー)という自由度の高さを特徴とする。「PIC32」マイコンを実装し、DirectInputの
X/Y/Z軸、各軸の回転を加えた計6軸、マウスカーソルのX/Y移動に対応。各機能は8pinのアナログ
ピンそれぞれに自由に割り当て、デバイスに合わせてキャリブレーションもできる。また、デジタル
入力も15pinに増量。ピンとGNDを接続するだけの簡単組付けで、データはアナログ・デジタル
ともに「REVIVE」側に保存される。

各操作の割り当ては、直感的インターフェイスをもつ専用のWindowsソフトウェアで設定する仕様。
マウス機能は「左右クリック/ホイールクリック/ボタン4/ボタン5/上下左右移動/ホイール
スクロール」、キーボード機能は任意のキー割り当て、アナログスティックは「X軸/Y軸/Z軸/十字
ボタン(上下左右)/ボタン1~ボタン15」をそれぞれ設定できる。マウス・キーボード・スティック
機能を混在させることも可能だ。また、ポーリングレートは1,000Hzをサポートしている。
組み込みしやすい小型基板を採用し、外形寸法はW40×D17mm、重量約3g。
microUSBによる5VのUSB給電で動作する。

no title

no title

no title

no title

no title

画像

引用元: 【ハード】ジョイスティックとマウスの合体も?デバイス自作基板の新作「REVIVE USB ADVANCE」が発売

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ