『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.6.20

      ビジネスnews+板

      1まとめらいぶ2015/06/17(水) 14:54:47.20ID:???.net
      IT media Mobile

       UQコミュニケーションズは、WiMAX 2+およびau 4G LTE
      向けの通信速度制限を5月29日より開始した。WiMAX 2+および
      au 4G LTEでのデータ通信量が「直近3日間で3Gバイト」を超えた
      場合、通信速度が上下最大で1Mbps程度に制限される。

       UQコミュニケーションズでは速度制限時の速度を
      「YouTubeの標準画質が閲覧できる程度の制限」になると説明。
      「制限なし」が大きなウリであった同社サービス向けの通信速度
      制限が、極端に厳しい内容にはならないことをアピールしていた。

       この速度制限は「当日を含まない直近3日間の通信量が
      3Gバイトを超えた場合」に一律適用される。通信を利用する
      時間帯、場所を変えてもユーザー単位で速度制限が行われる
      ため、WiMAX 2+およびauの4G LTEでの通信量を減らす
      という以外には根本的には制限を回避する方法がない。

       ただし、速度制限の対象となった状態でも(2+ではない)
      WiMAXについては速度制限なしで通信が行える。具体的には
      ノーリミットモードまたはハイスピードモードでのWiMAX通信は
      速度制限の対象外だ(ハイスピードモードでもエリアによっては
      WiMAX 2+接続にならない場合がある)。

       WiMAX接続中は速度制限の対象外になるという一応の
      回避策は残っているが、UQコミュニケーションズはWiMAX 2+の
      キャリアアグリゲーション(CA)対応エリアを9月末までに全国に
      拡大する予定で、これに伴いWiMAXの通信速度が下り
      最大40Mbpsから13.3Mbpsへと全エリアで低速化するとみられる。

       さらに、UQコミュニケーションズはWiMAXからWiMAX 2+への
      “移住”を促している真っ最中でもあり、速度制限がないとは言え
      WiMAXが「過去のサービス」であるという印象は拭えない。


      UQコミュニケーションズはWiMAX 2+の発表時点から、
      4月以降は直近3日間の通信量に応じた速度制限を設けることを
      案内していたため、今回のWiMAX 2+向けの速度制限は
      「来るべき時が、来た」ということになる。

       速度制限の対象とならないユーザーにとっては、通信量の多い
      ユーザーの通信が速度制限によって減少することで実効速度の
      改善が期待できる反面、WiMAX 2+を固定回線代わりに使って
      いたユーザーにとっては、時間帯や場所を問わずに速度制限の
      対象となってしまうため、かなり厳しい制限といえる。

       電波が有限の資源であることを考えれば、WiMAX 2+向けの通信
      速度制限はやむを得ない面がある。しかし一律の速度制限ではなく、
      混雑するエリアや時間帯のみ制限するという形や、Wi-Fi通信への
      自動切り替え機能によるトラフィックのオフロードなどで、制限が
      少しでも緩和されることに期待したい。

       キャリア各社が行ってきた直近3日間の通信量に基づく速度制限は、
      2014年後半より条件が緩くなる流れが続いていた。しかし、
      UQコミュニケーションズがWiMAX 2+向けに速度制限を開始したほか、
      Y!mobileのモバイルWi-Fiルーター「305ZT」も直近3日間の通信量に
      基づく速度制限を4月ころから開始している。速度制限の詳細に
      ついては前回の記事に記載を参照していただきたい。

      UQ、料金そのままで2+への「移住」を促進/携帯
      各社のSIMロック解除、購入から180日は解除不可に

       一連の通信速度制限の強化には、一部のユーザーによる大容量
      通信の影響をほかのユーザーに与えないためのほか、モバイル通信
      サービスにおける通信速度の表記が、現在用いられている理論値
      (下り最大220Mbpsなど)から、実際の環境で通信速度を測定した
      「実測値」をベースにしたものに変更されることも
      関連している可能性がある。

       実測値での通信速度表記が重要であることは否定しないが、
      通信速度も時間帯や場所、使用する機種によって変わるため、
      あくまで「1つの指標」に過ぎないことには注意したい。
      【【モバイル】UQ、WiMAX 2+向けに『直近3日間3Gバイト』の速度制限を開始!制限時は上下1Mbps程度に。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/06/13(土) 23:04:25.61ID:???.net
      WWD JAPAN.com

      健康コーポレーションが展開するプライベートジム
      「ライザップ」は5月28日~6月12日、柏と岡山の店舗を大型化。
      さらに新規店舗として恵比寿、滋賀、宮崎、金沢、岐阜、
      佐賀の6つを出店した。2015年1~6月にかけ、16の新規店を
      オープンしたことにより国内50店舗を達成し、出店が加速している。

       ライザップは、「結果にコミットする。」をコンセプトに、
      専属トレーナーがマンツーマンで指導する完全個室パーソナル
      トレーニングを取り入れる。15年4月からスマップの香取慎吾を
      起用したCMを放映し、累計会員数は2万900人を
      突破した(15年3月時点)。
      【【健康】プライベートジム『ライザップ』が出店加速、国内50店舗達成。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/06/08(月) 11:19:44.25ID:???.net
      IT media

       インテルは6月5日、
      発売延期としていたスティックPC
      「Compute Stick」Windows 8.1モデルの
      発売日を再告知した。6月12日に販売を開始する。



       同製品はもともと4月30日の発売予定だったが、
      4月23日に製品出荷手続きの問題と供給量確保のために発売日を
      5月12日に延期し、5月12日には製品の検証で一部不具合が確認され、
      原因究明のため延期を行うとして、2度目の発売延期となっていた。
      今回、原因究明と解決が行われたことで、
      売日の公表に至ったとしている。

       本体サイズ37(幅)×103(奥行き)×12(厚さ)ミリ、重量約54グラムの
      小型ボディにAtom Z3735F(1.33GHz/最大1.83GHz)を搭載する
      スティック型PC。HDMI出力を搭載し、ディスプレイに直接
      接続することでPCとして利用できるのが特徴だ。

       Windows 8.1搭載モデルの主なスペックは、上記CPUに加え、
      2GバイトメモリとeMMC 32Gバイトを内蔵。インタフェースとして
      micro SDメモリーカードスロット(SDXC対応)とMicro USB、
      USBポートを搭載するほか、IEEE802.11b/g/n対応無線LANと
      Bluetooth 4.0を備える。なお、OSにLinuxを採用するモデルは、
      メモリ容量が1Gバイト、ストレージが8Gバイトになる
      (Linuxモデルも発売日未定)。

      【インテルのスティックPC『Compute Stick』発売、2度の延期を経て販売開始。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/06/12(金) 14:42:31.64ID:???.net 
      【SPUTNIK NEWS】
       http://jp.sputniknews.com/business/20150608/431159.html

      日本自動車工業会(JAMA)によれば、日本の自動車生産は
      低下している。JAMAがとった統計では、4月の生産量は年
      成長率換算で7%低下しており、国内販売も減少している。
      軽自動車、トラック、バスなど、車種を問わず、あらゆるタイプの
      自動車についてそうである。しかも、こうした傾向は、もう10ヶ月来
      続いている。輸出が伸びている点が僅かに救いである。4月の
      データでは、1.1%の微増。5月のデータはJAMAの
      サイトにはまだ掲載されていない。

      同じような低落傾向が多くの自動車生産国に見られる。原因は、
      需要の落ち込みである。こうした中、ひとり三菱アウトランダー
      のみが、ロシア市場で気を吐いている。2015年5月、同車種は前年
      同月比の87%という伸び率だった。販売された2494台のうちの9割が、
      カルーガ州の組立工場で4月に作られた今年の最新モデルだった。
      「こうした傾向には次のような理由がある。まず、新しい、
      アグレッシヴなデザイン。新型トランスミッションCVT。そして、
      大幅改善された消音機能だ。こうしたことが顧客に受けた。夏季も
      このモデルの需要は安定して高い水準をキープすると確信している」。
      このように、「MMCロシア」社長の高井直哉氏は語っている。
      「2015年、挑戦が突きつけられた。それにきちんと応えてみせた。
      我々は新しい戦略を立てた一連の措置を打ち出し、ロシア市場
      において培った我々の地歩を守るためだ。ロシアから撤退する
      気はない。どころか、3年以内に生産ラインを一新する計画さえ
      あるのだ。されにロシアのディーラーショップ20箇所に、クライアントが
      我が社のオフロード車を試乗できるオフロード・パークを開設する
      計画もある」既に三菱の最初のオフロード・パークがヴォロネジに
      オープンしている。複数の障害物が置かれた走行路をもつ公園だ。
      クロスオーバー車およびオフロード車の性能をいかんなく
      示すためのものだ。複雑な地形を模した人工路面
      コーティングを伴う丸木道さえ予定されている。
      【【クルマ】三菱アウトランダー、ロシアで危機に立ち向かう。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/06/11(木) 21:35:45.66ID:???.net
      Car Watch



      本田技研工業は6月11日、7月13日より
      Moto GP参戦マシン「RC213V」の一般公道仕様
      「RC213V-S」の商談受付を開始すると発表した。
      日本における価格は2190万円。

      「RC213V」は、2013年・2014年のMotoGP
      (FIMロードレース世界選手権)のMotoGPクラスにおいて
      2連覇を達成した競技専用マシン。「RC213V-S」では、一般
      公道仕様としてRC213Vから必要最低限の
      変更と追加を行ったとしている。

       販売予定地域は欧州・米国・豪州・日本となり、
      欧州で18万8000ユーロ(ドイツおける価格)、オーストラリアで
      24万4000オーストラリアドル、アメリカで18万4000米ドルに設定。
      最高出力は地域によって異なり、欧州仕様は
      117kW(159PS)/11000rpm、日本仕様は51kW(70PS)/6000rpm。
      また、クローズドコース専用キットも別売(アメリカは販売せず)で
      設定し、欧州仕様も日本仕様も158kW(215PS)以上/13000rpmの
      最高出力を発生するとしている。

      「RC213V-S」の購入に関しては、
      7月13日0時(CET:中央欧州時間)から 専用サイト の
      商談エントリー・フォームにて、世界から商談申込の受付をする。
      【【バイク】ホンダ、MotoGPマシンの公道仕様『RC213V-S』を2190万円で発売。】の続きを読む

        このページのトップヘ