『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.3.31

      ビジネスnews+板

      1まとめらいぶ2015/12/26(土) 17:40:47.56ID:CAP_USER.net
      allabout

      我が国は軽自動車の税負担を増やすため
      一回り小さいクルマの規格作りをしようとしており、
      自動車メーカーもイヤイヤ付き合っている。

      自動車メーカーのヤル気の無さは話をすればすぐ解ります。
      だって軽自動車より小さくてエアコンもなくて衝突したら
      アウツのクルマを軽自動車より高い価格で提案してますから。



      一方、インドはホンキでコンパクトカーを作っている。
      写真の「マルティックス」というモデル、
      何と頒価3670ドルだという。
      おおよそ40万円。

      全長3235mm×全幅1585mmのボディに510cc単気筒10馬力の
      ディーゼルエンジンを搭載し、後輪を駆動してます。こんなクルマなら、
      基本的に大型車をシャットアウトした都市部や農村部など
      としちゃ最高かもしれない。



      もちろんディーゼルは無理だから、電気自動車など好適。
      500cc程度の2気筒ガソリンエンジンだっていいと思う。
      衝突安全性は大型車と混合交通にならないという条件を付けて、
      簡易にすればよい(最高速も60km/h縛り程度で)。
      さすがにエアコンやヒーターの装着は厳しいかもしれない
      短距離の移動ならヒーターもエアコンも付いてたって立ち上がらない。



      それこそ地面に電線を埋め込み、
      そいつを辿るというゴルフカートのようなタイプを作って
      自動運転化(高齢車は時間を持っているため移動速度は10km/hで十分)。
      高齢車の移動用にしてもいいだろう。

      特別地域を設定して試験運用するなどいかがか?
      高齢車用なら自宅から役場や集会所、コンビニ(商店)
      までの移動に使えればバッチリです。
      【【クルマ】インドが本気で作っている40万円の超コンパクトカー】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/12/15(火) 12:50:36.11ID:CAP_USER.net
      価格.com 新製品 ニュース







      4代目となった新型トヨタ『プリウス』は、デザインが好きだから買ったといって
      もらえることを目標にデザインされた。「3代目プリウスで拡販が図れたことから、
      4代目プリウスを世に出すときに何をもってユーザーにアピールできるのかを
      最初に考えた」と話すのは、トヨタ自動車デザイン本部トヨタデザイン部第3
      デザイン室長の児玉修作さん。

      そこで、「クルマの土台となる環境性能、エコ性能といった技術の進化は絶対
      にないがしろにせずにデザインに取り込み、その上で、デザインで購入して
      もらえるような、エモーショナルなデザインしたかった」と話す。

      そうすることで、「環境車といえども、デザインが好きだから買ったという
      ユーザーを少しでも増やしたいと考えたのだ」と述べる。新型プリウスのデザイン
      コンセプトは、“アイコニックヒューマンテック”だ。

      児玉さんは、「技術の進化を前面に押し出した、例えば多機能パソコンや、
      多機能電化製品などが全盛だった時代から、多機能の技術を内に秘めて、
      ユーザーが使いたいときにその機能を、直感で操作できるものが世に
      出てきている」と今の時代を語る。

      そこで4代目プリウスでもこの基本思想である、
      「人の感覚、直感を起点としたデザインを作り出そうと、アイコニック
      ヒューマンテックというコンセプトを作り出したのだ」と説明した。
      【【自動車】トヨタ・チーフデザイナー『新型プリウス』デザインで積極的に選ばれるクルマを目指す】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/12/16(水) 13:46:43.84ID:CAP_USER.net
      【ネットショップ 担当者 フォーラム】
       http://netshop.impress.co.jp/node/2409

      10~50代の全世代スマートフォン(スマホ)を使ったネットショッピングがパソコンを
      上回るという調査結果が公表された。MMDLaboが運営するMMD研究所がコロプラ
      提供のスマートフォン向けインターネットリサーチサービス「スマートアンサー」と実施
      した共同調査「2015年版:スマートフォン利用者実態調査」によると、
      「ネットショッピングをする際によく利用するデバイス」は、
      10~50代の6割以上がスマートフォンと回答した。

      全体ではスマホが70.5%、PCが47.3%。
      最もスマホを使うのは10代で76.3%。20~30代ともに70%台だった。
      10代ではパソコンでネットショッピングを利用する割合は26.7%にとどまっている。
      若年層ではタブレットを使ったネットショッピングの割合が低い。一方、30代より
      上の層はタブレットを使用する傾向が高く、50代では約14%となっている。



      ただ、今回の調査はスマホ特化型の「スマートアンサー」で行われているため、
      スマホを気軽に利用している回答者が多い可能性がある。

      調査概要
      調査期間:2015年11月27~28日
      調査方法:「スマートアンサー」のモニタを利用したインターネット調査
      設問数:38問
      調査対象:スマートフォンを持つ15歳以上60歳未満の男女
      有効回答:2750人
      【【通販】スマホを使ったネット通販がPCを完全逆転!7割がスマホを使ってEC利用】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/12/06(日) 19:19:17.36ID:CAP_USER.net
      【株式会社 レポス】
       http://reposu.net/information/348

      若者を中心に親しまれているファストフードといえばハンバーガーなどのサンドイッチ
      などではないだろうか。多くのお店の場合、カウンターで注文をして席に着くといった
      ケースが多いだろう。しかし、サンフランシスコに新たに出現したファストフード店
      では店員が居ないことで話題となっている。

      接客を完全機械化したヘルシーバーガー店!!
      米西海岸のサンフランシスコ市に最近登場した
      ファストフード店はなんと接客を行う店員が一人も居ない。

      8月末に市内の金融街にオープンしたこの店「Eatsa」(1号店)は、店内に入ると、
      壁際に注文用のタブレット(多機能携帯端末)が置かれている。そしてガラス扉
      のついたロッカーのような商品の受け取り口が整然と並んでおり、飲食店
      というよりハイテク製品のショールームのような雰囲気をかもし出している。

      どうやって注文し、受け取るのか!?
      一般的なファストフードとは全く異なるスタイルの「Eatsa」では、どのように注文を
      行い、商品の受け取りができるのだろうか。利用客はまず、タブレットに取り付け
      られた読み取り機にクレジットカードを通し、食べたい料理を選ぶ。次に、好きな
      食材を追加したり、嫌いな食材を抜いたりと自分好みのもの調整することが
      できるようになっているので、カスタマイズを行う。

      注文が終えるとカードから読みとった客の名前がスクリーンに表示され、料理が
      出来上がると受け取り口の番号も表示され、指定された注文口で受け取る
      といった仕組みになっている。ここまで店員とのやり取りは
      一切ないので少し不思議な感覚になるだろう。

      ヘルシーメニューが目玉!!
      メニューについては全て栄養豊富なスーパーフードとして人気の高いキアヌを
      ベースとしており、メキシコ料理風の「ブリトー・ボウル」やテリヤキ風味の
      「ベントー・ボウル」など全部で8種類あり、1食あたり約480~650キロ
      カロリーとなっている。価格は6ドル95セント(約830円)だ。

      ヘルシーな商品を提供する飲食店は価格が割高になりがちだが、
      接客を完全機械化することで人件費を削減することで
      安めの価格帯に設定することが可能となった。

      今後、無人の飲食店が増える見込みに…。
      「Eaysa」のように米国の外食産業では、業務の効率化を狙った機械化が進んで
      おり、レストランでも顧客自らが注文や決済ができるようにタブレットをテーブルに
      設置しているケースも増えている。

      これから10年で人間の仕事の3分の1はロボットに代替されるとの予測もあり、
      今後、無人の飲食店が拡大していくことが見込まれている。

      画像















      【【外食】店員が1人も居ない無人ファストフード店がサンフランシスコに登場】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/12/03(木) 19:12:10.17ID:CAP_USER.net
      AV Watch



       アイ・オー・データ機器は、4K/60p入力に対応する40型/28型の4K液晶
      ディスプレイ2モデルを12月下旬より発売する。価格はオープンプライス。
      店頭予想価格は40型「LCD-M4K401XVB」が92,000円前後、
      28型「LCD-M4K282XB」が59,800円前後。いずれもHDCP 2.2対応の
      HDMI入力とDisplay Port入力を備え、4K放送などの表示に対応する。

      どちらも9月開催の「東京ゲームショウ 2015」において同社ブースに
      展示されていたモデルで、発売時期と価格、詳細な仕様が決定した。

      PC用やリビングディスプレイにも使える40型モデル
      40型「LCD-M4K401XVB」はパソコン用モニターのほか、
      リビング用ディスプレイとしての利用も想定したモデル。
      市販のテレビのデザインを参考にしたスタンドを備えている。

      3,840×2,160ドットの4K VAパネルを採用し、表面はハーフグレア。
      バックライトはLEDで、輝度は350cd/m2。コントラスト比は5,000:1。
      視野角は上下左右178度、応答速度は8.5ms(グレー to グレー)で、
      オーバードライブ機能オン時は2.6ms(同)。

       4K60p/HDCP 2.2に対応したHDMI入力とDisplay Port入力を1系統ずつ装備。
      別途用意した4K放送用チューナや4K出力対応のBDレコーダを接続でき、
      4K映像コンテンツが楽しめる。

      超解像技術を備え、HDなどの映像も解像感を高めて表示可能。
      10bitカラーにも対応。HDMIまたはDisplayPortを使い、対応グラフィック
      カードとソフトを利用してなめらかな階調表現を実現できるという。

       PinP(Picture in Picture)や、PoP(Picture Out Picture)による2画面
      表示機能を装備。そのほかブルーライト低減率を5段階調整できる
      「ブルーライトリダクション」も備え、目の負担を低減できるとする。
      入力端子はHDMI×3(1系統はMHL兼用)とDisplayPort×1、
      アナログRGB×1。HDMI CEC対応で付属リモコンから
      一部操作や電源連動に対応する。ステレオミニの音声入力とヘッドフォン出力、
      6W×2ch出力のスピーカーも装備。左側面にはヘッドフォンホルダーを備え、
      ヘッドフォンを掛けられる。使用しない時はスライドして格納できる。
       最大出力3Aの給電用USB端子を1基搭載。
      HDMIスティック型デバイスやスマホなどへの給電が行なえる。
      別売のHDMIスティック型PCと壁掛け用VESAマウント(200mmピッチ)を
      組み合わせることで、デジタルサイネージとして
      利用するといった使い方も想定している。

      画面下部にOSDメニュー操作用のボタンを備える。消費電力は最大108Wで、
      通常使用時65.5W、待機時0.4W。スタンドを含む外形寸法/重量は、
      906×228×567mm(幅×奥行き×高さ)/12.4kg。
      1.8mのHDMIケーブルやDisplayPortケーブルなどが付属する。
      【【液晶】『アイ・オー・データ』10万円を切る4K対応の40型ディスプレイを発売】の続きを読む

        このページのトップヘ