カテゴリ:2chまとめ > ビジネスnews+板

1まとめらいぶ2017/12/04(月) 13:32:12.14ID:CAP_USER.net
「管理職になりたくない」という若手、中堅社員がここ数年で急速に増えています。

リクルートマネジメントソリューションズが3年おきに実施している「新人・若手の意識
調査」によると、「管理職になりたい」および「どちらかといえばなりたい」と回答した
肯定派の割合が減少し、2010年の新人では55.8%だったのが、2016年の新人では31.9%と
なっています。

しかも、この2016年の新人は、「管理職になりたくない」「どちらかといえばなりたくな
い」という否定派の割合が37.9%となり、本調査で初めて管理職になりたい人たちを上回
る結果となっています。さらに、新人だけでなく、3年目の若手、7年目の中堅でも、管理
職になりたくないという否定派が、肯定派を上回る結果になっています。

また、キャリアインデックスが2017年5月に実施した「有職者に向けた仕事に関する調査」
では、管理職になりたくない人の割合は、20代男性は51.9%、30代男性は48.7%、さらに
20代女性は83.1%、30代女性は84.2%と8割を超える結果になっています。

今の管理職の状況を見れば、若手や中堅が管理職になりたくないと思うのは当たり前でし
ょうか。彼らは甘えたことを言っているだけでしょうか。ミドルクラス以上のビジネスパ
ーソンにとっては、放置できない問題と感じるかもしれません。

負担が嫌だから?

拙著『“誰も管理職になりたくない"時代だからこそ みんなでつなぐリーダーシップ』でも
詳しく解説していますが、管理職になりたくない理由を若手・中堅世代に聞くと、「スト
レスが増えるから」「責任が増えるから」「管理職に向いていないから」「ワーク・ライ
フ・バランスが大事なので」など、自分が大変になるからという回答が真っ先に返ってき
ます。

ところが、その背景にある理由をさらに深く聞くと、今の管理職やリーダーという存在に
対する根本的な疑問、違和感が出てきます。

まず、管理職という役割自体への疑問です。そもそも仕事の専門性も多様性も進んでいる
中で、上司がすべての業務に精通しているわけでもありません。だから、部下が困ってア
ドバイスを求めても適切な指示や助言が返ってこない。上司の言うとおりにしても、成果
が上がるとも思えない。むしろ余計な管理やプレッシャーをかけてくるだけ。上司に存在
価値を見いだせないというのが、1つ目の理由です。

同時に、若手・中堅は管理職の大変さも理解しています。役割があいまいになる中で、成
果とリスクへのプレッシャーが高まり、細かな管理をしなければならなくなり、自分たち
メンバー以上に余計なことに振り回され、業務負荷を掛けられていく。しかも、そうやっ
て頑張っても金銭的にも時間的にも報われない。働き方改革も仕事の仕方が変わらなけれ
ば、部下がやりきれない仕事を引き受けなければならなくなる。

部下から見ると、今の管理職は厳しくなるビジネス環境のしわ寄せを一身に抱え込まされ
ている存在に見えています。にもかかわらず、それに見合うだけの報酬を得られない。お
カネという報酬だけでなく、管理職だからこその喜びや意義ある貢献という報酬が見えて
こない。自分の生活を犠牲にしてまで、そんな負荷を背負う存在にはなりたくない。これ
が2つ目の理由です。

若手世代との価値観のギャップを埋められるか?

ただ、もう1つ、より根幹にある大きな理由があります。それは、若手世代が働くうえで
重視している価値観、考え方が大きく変化しているということです。

先ほどのリクルートマネジメントソリューションズの「新人・若手の意識調査」による
と、若手世代が働くうえで重視しているのは、「収入が安定している」「失業の心配が
ない」「健康の心配がない」といった安定・安心にかかわる項目。その次にくるのが、
「仲間と楽しく働けること」。これが、若手世代が働くうえで重視する上位の4項目です。

逆に、下位2項目は「責任者として采配が振れること」「世間からもてはやされること」
になっています。若手世代にとって、自分が上に立つ、自分が目立つことは、大切なこ
とではないということです。

日本生産性本部が新入社員に毎年実施している「働くことの意識調査」でも、2003年以
降から「働く目的」の最上位が「経済的に豊かになる」ことや「自分の能力をためす」
という項目ではなく、「楽しい生活をしたい」となっています。人生を楽しく、充実し
ていきたい。そのとき、何も上に立つこと、目立つことが、人生を楽しく生きることに
つながるとは思えない。こうした意識が見えてきます。

【東洋経済 オンライン】
 http://toyokeizai.net/articles/-/199466
続きを読む

1まとめらいぶ2017/12/04(月) 13:47:55.03ID:CAP_USER.net
福島県いわき市の東日本大震災の被災者が入居する災害公営住宅で、来年4月から実施さ
れる家賃引き上げをめぐって入居者から悲鳴があがっています。来年3月で家賃が半額に
されていた市の減免期限が終わることや、公営住宅法に基づく措置で「収入超過者」には
最大で11万円を超える家賃が検討されているのです。

いわき市内に16ある災害公営住宅の一つ、豊間市営団地の3LDKに家族3人で入居す
る遠藤ひろみさん(53)は先月、市営住宅の担当者が明かした金額に一瞬、耳を疑いまし
た。

 それは来年4月には8万6千円に、2019年4月からは「11万5千円」になるとい
うのです。現在の家賃は3万1800円で、実に3・6倍という大幅値上げです。

 遠藤さんは担当者にこう言葉を返すのがやっとでした。

 「私たちは、津波で家を流された被災者のための災害公営住宅に住んでいるんですよね、
(こんな大幅な値上げは)なんなんでしょうね」

生きる力

 遠藤さんは日本共産党の渡辺博之市議に、「納得できないし、住んでいられない」と打
ち明けました。11月30日、渡辺市議、坂本こういち市議のよびかけで災害公営住宅に
入居する関係者の話し合いが行われました。

 遠藤さんは、夫婦共働きで35万円の月収があるものの3人の子どもを通わせた大学や
専門学校の学費などの教育ローンの返済が毎月12万円あり、これに11万5千円の家賃
が加われば、ここに住んでいられなくなる、と訴えました。

 東日本大震災の津波に一瞬にしてのみ込まれ、流された自宅。絶望的な中でも野球好き
の次男が岩手県の私立大学付属高校野球部に入り、2年生で甲子園大会に出場してホーム
ランを打ったこと―。

 「学費や他県での生活費、遠征試合での旅費など大変でしたけど、生きる力をもらいま
した。子どもたち3人、それぞれが人生を生きていく支援ができたので、いまその支払い
に全力を挙げています。家賃もちゃんと払い続けています」

適用是正

 遠藤さんの話にじっと耳を傾けた元薄磯団地自治会長の大河内喜男さんが、2月に団地
自治会長や区長の連名で減免制度の延長を市長に申し入れた経過を伝えました。

 渡辺市議が、決して高額収入とは言えない、収入から控除額を差し引いた「政令月収」
15万円以上を「収入超過者」として、公営住宅から追い出しを迫る公営住宅法の災害公
営住宅への適用の問題点を指摘。これを是正するとともに、市の減免制度を延長させる運
動で、「被災者に寄り添う街づくり」へ全力をあげる決意を述べました。

【しんぶん赤旗】
 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-12-04/2017120419_01_1.html
続きを読む

1まとめらいぶ2017/12/02(土) 11:08:24.49ID:CAP_USER.net
私は今まで、多くのサラリーマンの資産形成にかかわる仕事をしてきました。サラリー
マンというのは決まった給料しかもらえませんが、逆に言えば自営業等に比べれば、や
っぱり収入も支出も安定しています。

 普通にまじめに働き、給与天引きなどの手段を使ってコツコツと資産形成をしていけ
ば、多くの人は将来、経済的にそれほどひどい状況になることはありません。ところが、
「これをやったら、老後破綻に向けて一直線!」という、「まずい一手」があります。
それはいったい何かと言うと、「退職金で投資デビュー」です。

■みんな、退職金に対して大いなる勘違いをしている

 サラリーマンの中には、退職金をもらえる人たちが少なからずいます。逆に言えば、
会社によって制度は違うので、退職金のない会社もありますし、制度も会社によって少
しずつ異なりますから、誰もが同じくらいの退職金をもらえるわけではないのは、言う
までもありません。

 しかしながらアメリカと違って退職金という制度は長い期間にわたって日本に根付い
ている制度ですから、なじみのある制度であることは間違いないでしょう。

 ところが、多くの人が退職金というものの本質を勘違いしています。それは退職金が
長年働いてくれたことに対して会社がくれる“ご褒美”だと思っていることです。

 確かに、そう勘違いするのも無理はありません。

 もともと退職金のルーツは江戸時代の「のれん分け」です。「のれん分け」というの
は、長年働いた奉公人に屋号の使用許可といくばくかの開業資金を与えて独立させる仕
組みで、これが現代の退職金につながってきているからです。

■「現代の退職金は、給料の後払い」と言える理由

 したがって退職金には、もともと功労報酬的な意味合いがありました。しかしながら、
現代の退職金は決して長年働いたことに対するご褒美ではありません。

 退職金の本質、それはひとことで言えば「給料の後払い」です。その証拠に、企業会
計上においては、退職金や企業年金のことを「退職給付債務」と言います。そう、給料
の後払いだからこそ、会社が社員に対して負っている債務ということになるのです。

【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171202-00199369-toyo-bus_all
続きを読む

1まとめらいぶ2017/12/01(金) 14:06:38.92ID:CAP_USER.net
民放や電機メーカーなどでつくる放送サービス高度化推進協会(A―PAB)は1日、
4K・8K放送の開始1年前の式典を開いた。出席した野田聖子総務相は視聴できるよ
うになるコンテンツや対応テレビなどの情報について「国民への周知を徹底してほしい
」と関連団体・企業に訴えた。

式典にはNHKや日本民間放送連盟、電子情報技術産業協会(JEITA)の代表者ら
が集まった。2018年の12月にBSやCS110度での4K・8K放送の開始に向け、コン
テンツの準備やテレビなど対応機器の販売に注力すると改めて誓った。

 参加者が指摘した課題のひとつが「対応テレビなどの普及」だ。4K対応テレビがあ
っても4Kの衛星放送は見られず、専用チューナーが必要になる。チューナーは18年半
ばに発売される予定。8K対応テレビは12月に発売されるが、どこまで普及するか不透
明だ。

 民放連の井上弘会長は「映像制作陣はどんな映像が4Kにふさわしいか様々な努力を
している。ただ、やはり受信機の普及が必要だ」とメーカーに協力を呼びかけた。

 BSなどでの4K・8K放送は新しい衛星電波を使うため、一部の視聴者はパラボラ
アンテナや家庭の配線などを交換する必要がある。1年後のスムーズな4K・8K放送
の開始に向け、取り組むべきことは多い。

【日本経済新聞】
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24136790R01C17A2X30000/
続きを読む

1まとめらいぶ2017/12/01(金) 17:03:31.73ID:CAP_USER.net


 グーグル日本法人は1日、スマートフォン(スマホ)を差しこんで使う仮想現実
(VR)端末「デイドリーム・ビュー」を13日に発売すると発表した。利用者のス
マホをディスプレーとして活用することで価格を抑え、手軽にVR映像を体験でき
るようにする。

付属の専用コントローラーでゲームを楽しめるほか、グーグルの「ストリートビュ
ー」でピラミッドなど世界の名所を旅行する体験ができたり、映画やドラマを鑑賞
できたりする。VR映像をテレビに映すことも可能。端末を装着していなくてもゲ
ームや映像を一緒に楽しめる。

 発売にあわせてグリーがスマホ向け釣りゲーム「釣りスタ」のVR版を投入する
など、日本企業もデイドリーム用のコンテンツを提供する。本体価格は1万2000円。
グーグルの公式通販サイト「グーグルストア」で販売する。1日から予約を受け付
ける。

 デイドリーム・ビューに対応したスマホは、日本では韓国サムスン電子の「ギャ
ラクシーS8」や同LG電子の「LG V30+」など7機種。NTTドコモで「L
G V30+」を購入したら、デイドリーム・ビューを無料でプレゼントするキャン
ペーンも1月から実施する。

【日本経済新聞】
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24138340R01C17A2X20000/
続きを読む

1まとめらいぶ2017/11/28(火) 00:53:42.21ID:CAP_USER.net
生活保護受給者のパソコン購入費は「自立更生の出費」と言えるのか。自治体による
生活保護費の返還請求をめぐる訴訟で、東京地裁は「パソコンは知人に借りることが
できる」として、自立更生の費用とは認めない判決を出した。

 生活保護法は余分に受け取った保護費の返還を求めているが、国の通知で、「自立
更生の出費」は免除できると定めている。

 判決は9月21日付。判決によると、原告は東京都東村山市で一人暮らしをしてい
る女性で、2011年11月に甲状腺の手術を受けた後、仕事のあてがなくなり12
年2月に生活保護の受給決定を受けた。同年5月~13年5月まで、計122万円を
受給した。

 だが、女性が12年3月から半年あまり派遣会社で働き、収入を得たことが判明。
同市は約73万円について返還を求めた。女性側はパソコンの購入費は「自立更生の
出費」にあたると主張。「求職活動や収入申告に必要だった」として返還は不要と訴
えた。

 判決で林俊之裁判長は「パソコンは知人から借りられる」として女性の訴えを退け、
同市が請求した全額を返還するよう結論づけた。同法は原則全額返還を定めている、
とも述べた。

 女性の代理人の木村康之弁護士は「パソコンを他人から日常的に借りるのは非常識。
『原則全額返還』という考え方はおかしい」と訴えている。

【朝日新聞】
 http://www.asahi.com/articles/ASKCW62D3KCWUTIL05H.html
続きを読む

1まとめらいぶ2017/11/28(火) 12:59:59.92ID:CAP_USER.net
東レの日覚昭広社長は28日午前の記者会見で、子会社が製品の品質データを改ざんして
いた問題について「ネットの掲示板で書き込みがあり、それに関して何件か問い合わせ
があった」としたうえで「噂として流れるよりも内容を公表すべきだと考えた」とし、
この時期に発表した経緯を語った。

2016年7月に社内で発覚した問題を公表するまでに1年以上要したことについては「情
報の整理、顧客への説明に時間を要してこのタイミングになった」と説明した。

 日覚社長は「法令違反やリコール(回収・無償修理)、安全上問題がある場合には当
然、公表する」と説明。一方で「データ書き換えの内容から安全性には問題ないと考え
ている」と語った。

【日経QUICKニュース】
 https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL28HPH_Y7A121C1000000/?nf=1
続きを読む

1まとめらいぶ2017/11/25(土) 14:40:34.20ID:CAP_USER.net
「クリスマス前に恋人がいなくても、9割以上の独身男女は焦っていない」
KDDIとKDDIコマースフォワードは11月24日、そんな調査結果を発表した。
「クリスマスは恋人と過ごす」というイメージが減少傾向にあるようだ。

 全体の71.7%が「恋人はいない」と回答。恋人がいない人で「すごく焦っている」
「どちらかといえば焦っている」と答えたのは9.2%にとどまり、90.8%が
「全く焦っていない」「どちらかといえば焦っていない」と答えた。





 クリスマスまでの約1カ月の過ごし方は、90.8%が「いつも通りの生活」と回答。
「合同コンパにたくさん参加する」「異性交流アプリに登録する」など、
出会いに貪欲な行動は5%に満たなかったという。

【IT media NEWS】
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1711/24/news100.html
続きを読む

↑このページのトップヘ