カテゴリ:2chまとめ > ビジネスnews+板

1:まとめらいぶ 2019/09/11(水) 06:37:27.38 ID:CAP_USER
 米Appleは9月10日(日本時間11日)、watchOS搭載のウェアラブルデバイスの新モデル
「Apple Watch Series 5」を発表した。価格は4万2800円から(Cellularモデルは5万3800円から)。
同日に予約を開始し、20日に出荷する。最新OS「watchOS 6」に対応。

no title

 ディスプレイにLTPO(Low Temperature Polycrystalline Oxide)と呼ばれる新技術を採用し、
ディスプレイを常に表示した状態で18時間連続動作するという。バッテリー持ちを維持するため、
手首を下げると画面が暗くなり、手首を上げたり画面をタップすると明るくなる仕組みにした。

 新たにコンパス機能を搭載しており、マップ機能と組み合わせると自分が立っている方向が
分かるという。Cellularモデルなら、iPhoneなしで世界150カ国以上で緊急コールを利用できる。
素材はアルミニウム、ステンレス、チタン、セラミックから選べる。NikeモデルとHermes
モデルの新色も用意する。

 Apple Watch Series 3は199ドルに値下げする。

【IT media NEWS】
 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/11/news057.html

引用元: 【製品】「Apple Watch Series 5」登場 スリープせず18時間連続で動作

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/09/20(金) 18:25:48.64 ID:CAP_USER
 iPhone・iPad用の最新iOS“iOS 13”の配信がスタートしました。1.9GBもの非常に大きな
アップデートとなっています。

ゲーマー的にはPS4コントローラが使えるようになり、カプコンなどの有名メーカーも
参加している“Apple Arcade”への対応がうれしいところ。

 黒を基調として見た目的にかっこよく、バッテリーの消費も抑えられるダークモードへの対応も
ポイントです。暗い場所でも画面を見やすくなり、目が疲れにくくなるメリットは大きいですからね。

・PS4、およびXboxのワイヤレスコントローラをサポート
・100以上のゲームが用意された“Apple Arcade”の追加
・ダークモードによる新しい外観の実装
・写真のブラウズや編集方法の改善
・1回のタップでAppやWebサイトにサインインできるサインイン方法が追加
・システム全体の最適化による、処理速度と応答性の向上

 とにかく内容盛りだくさんのアップデートとなっており、よりiPhoneが使いやすくなります。
ただし、一部アプリはまだOSアップデートに対応しておらず、ゲームなどがプレイできなくなる
可能性もあるので、アップデートの際には注意しましょう。

【電撃オンライン】
 https://dengekionline.com/articles/12936/

引用元: 【スマホ】iOS13でPS4コントローラーが利用可能に

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/09/19(木) 17:27:57.13 ID:CAP_USER
株式会社ロジクールは9月18日、ハイエンドマウス“MXシリーズ”の新モデル「MX Master 3」を
発表した。価格はオープンプライスで、税別店頭予想価格は13,500円前後の見込み。9月27日
より販売を開始する。本体色はグラファイト、ミッドグレー、ブラックの3種類を展開。

 MX Master 3は、2017年に登場した「MX Master 2S」の後継機で、MXシリーズの最上位モデル。
前モデルではサムホイールと戻る/進むボタンが横並びだったが、今回は上側に移動しているなど、
ホイールが新開発され、ボタン位置を含めて筐体自体のデザインも改められている。

 ホイールスクロールを速めた場合に自動的に高速スクロール“フリースピンモード”に移行する
スクロールホイールや、本体左側面に用意されたサムホイールなどが特徴。サムホイールは、
Photoshopでのブラシサイズの変更、Webブラウザのタブ間遷移、Excelの横スクロールなど、
アプリに応じた機能がが割り当てられているが、ユーザーが設定することもできる。

 独自開発のMagSpeed電磁気スクロールホイールは前モデルから改良が進み、秒間1,000行の
読み取り能力を実現。87%精度が向上しており、より正確なホイール操作が可能になった。
動作音を軽減するための静音化も行なわれている。また従来と同じく、ホイール手前にある
モードシフトボタンを押せば、通常のラチェットモードからフリースピンモードへの
任意の切り替えが行なえる。

MX Master 2Sと同じく、本体左端にはジェスチャボタンが用意され、ボタンを押した状態で
マウスを任意の方向(上下左右)に動かした場合に、ユーティリティで割り当てられている機能を
アプリごとに再現する。なお、MX Master 3では前モデルと違い、Edge、Chrome、Word、
Excel、Photoshopなどといった代表的なアプリに対してあらかじめ最適な設定が登録されている。

 センサーには独自のDarkfieldトラッキング技術が使われており、ガラスの表面でも正確な
操作が可能。通常のマウスの5倍以上の精度を備えており、4,000DPIまでのセンサー解像度
を備えている。

 独自のFlow機能を利用して、WindowsとMacのOS間をまたいだマウス操作にも対応。
通信方式は2.4GHz帯を使ったUSB無線アダプタとBluetoothの2種類で、最大3台まで
ペアリングできる。また、Easy-Switchボタンを使って即座に接続先を切り替え可能
となっている。

 バッテリを内蔵し、満充電で70日間の使用が可能。急速充電に対応し、1分の充電で3時間
使用することもできる。なお、充電用のUSBポートはこれまでのMicro USBからType-Cへと
変更されている。

 ボタン数は7個(左右クリック、中央クリック、戻る/進む、アプリスイッチ、ホイールモード
スイッチ)で、このほかにホイール、サムホイール、ジェスチャボタンを備える。

 本体サイズは84.3××mm(幅×奥行き×高さ)、重量は141g。対応OSはWindows 7以降(BluetoothはWindows 8以降)、macOS 10.13以降。

no title

【PC Watch】
 https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1207976.html

引用元: 【マウス】ロジクール、2年ぶりのハイエンドマウス「MX Master 3」

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/09/11(水) 06:32:58.47 ID:CAP_USER
 米Appleは9月10日(現地時間)、iOS搭載スマートフォンの新モデル「iPhone 11 Pro」と
「11 Pro Max」を発表した。昨年発売した上位モデル「XS」「XS Max」の後継機に相当し、
背面に初の3眼カメラを搭載。日本などで13日から予約を受け付け、20日に発売する。
11 Proは10万6800円、11 Pro Maxは11万9800円から(以下、税別)。

no title

no title

 11 Proは5.8インチ(2436×1125ピクセル、458ppi)、11 Pro Maxは6.5インチ
(2688×1242ピクセル、458ppi)の有機ELディスプレイを搭載する。

 背面カメラは、有効1200万画素の広角レンズ(F1.8)と望遠レンズ(F2.0)、超広角レンズ
(F2.4)の3眼カメラを採用し、2倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、最大6倍のデジタル
ズームに対応。最大60fpsの4K動画も撮影できる。前面カメラは有効1200万画素のTrueDepthカメラ
(F2.2)。暗い場所でも写真を美しく撮れる「ナイトモード」の他、機械学習を活用し、
被写体の顔を認識して明るさを調整する機能も備える。

 プロセッサは「A13 Bionic」チップを採用。機械学習の処理のために
8コアのニューラルエンジンも搭載する。

 カラーは、ミッドナイトグリーン、スペースグレー、シルバー、ゴールドの4色。11 Pro、
11 Pro Maxのバッテリー駆動時間は、前モデルのXS、XS Maxと比べるとそれぞれ4時間、
5時間長くなったという。防水・防じん性能は、IP68等級。最大水深4メートルで最大30分間
耐えられるとしている。

 11 Proの本体サイズは144(高さ)×71.4(幅)×8.1(厚さ)ミリ、重さは188グラム。
11 Pro Maxの本体サイズは158(高さ)×77.8(幅)×8.1(厚さ)ミリ、重さは226グラム。

 11 Pro、11 Pro Maxともにストレージ容量ごとに3種類のモデルをラインアップ。11 Proは、
64GBが10万6800円、256GBが12万2800円、512GBが14万4800円。11 Pro Maxは、
64GBが11万9800円、256GBが13万5800円、512GBが15万7800円。

【IT media NEWS】
 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/11/news063.html

引用元: 【スマホ】Apple、3眼カメラ搭載「iPhone 11 Pro」「11 Pro Max」発表

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/09/06(金) 15:39:12.62 ID:CAP_USER
電力消費の節約を心がけても、作業時間が長引いてしまった時など、どうしても給電や充電が必要に
なる場合がある。こうしたケースに対応する手段として、最近は充電に使えるUSB Type-Cポートを
備え、市販のACアダプターやモバイルバッテリーなどを使えるモバイルノートPCが注目されている。
その背景にあるのは「USB Power Delivery(USB PD)」の存在だ。

変化しつつあるノートPCのバッテリー事情
 USB PDはUSBのベース仕様(USB 2.0、USB 3.2など)とは独立して定められている給電/充電に
関する仕様である。通常のUSB Type-Cの給電仕様は15Wまでなのに対し、USB PDでは最大100W
までの給電/充電が可能だ。

no title


 従来、ノートPCの充電ポートの仕様は各社ばらばらで、コネクターも統一されていなかった。
製品に付属する専用のACアダプター以外は使えない場合が大半だったのだ。そのため、外出時に
バッテリーを使い切ったノートPCは、専用のACアダプターがないと充電できず、「ただの重り」
になってしまっていた。

 これに対して、USB Type-C(USB PD)に対応したノートPCは、同じくUSB Type-C(USB PD)
に対応した汎用のACアダプターやモバイルバッテリーをメーカーが違っていても使える可能性が
高い。つまりUSB PDによって運用の幅が広がり、利便性が向上したのだ。

【日経XTECH】
 https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00937/090200004/

引用元: 【充電】専用ACアダプターが不要に、メーカー問わずに充電できる魔法の規格「USB PD」とは

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

↑このページのトップヘ