『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.6.20

      ビジネスnews+板

      1まとめらいぶ2017/09/05(火) 08:30:38.91ID:CAP_USER.net


      MMD研究所は、9月4日に「格安SIM検討者の意識調査」の結果を発表した。
      調査対象はスマートフォンを所有し、格安SIMを検討している男女1072人
      (iPhone:551人、Android:521人)で、調査期間は8月24日~8月25日まで。

       現在検討している格安SIMの購入時期について聞いたところ、iPhoneユーザーの
      18.9%、Androidユーザーの46.6%が2017年中を検討中。今まで格安SIMにしなかった
      理由は、iPhoneユーザーは「今契約している通信会社の2年縛りがあったから」が
      53.7%と最も多く、次いで「iPhoneでも利用できるかわからなかったから/購入できない」
      が34.8%、「格安SIMが何なのかよく分からなかったから」が32.1%となった。

      一方、Androidユーザーは「今契約している通信会社の2年縛りがあったから」が44.9%、
      次いで「格安SIMが何なのかよく分からなかったから」が31.7%、「通信速度がどのくらい
      かわからなかったから」が30.5%となり、iPhoneユーザーはiPhoneで利用できるかどうか
      を重要視するユーザーが多い。

       「格安SIMを挿す端末を新たに購入する予定」と回答したユーザーを対象に端末について
      聞いたところ、iPhoneユーザーの44.1%が「iPhoneシリーズの最新機種ではなく、ある
      程度新しい機種なら安い方がいい」、32.9%が「iPhoneシリーズの高くても最新の端末
      を使いたい」と答え、Androidユーザーの24.2%が「Androidシリーズの最新機種では
      なく、ある程度新しい機種なら安い方がいい」、22.8%が「Androidシリーズの高く
      ても最新の端末を使いたい」と回答した。

      【IT media Mobile】
       http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1709/04/news095.html
      【【MVNO】格安SIMにしない理由TOP3『2年縛り』『理解不足』『通信速度』】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/08/31(木) 20:24:42.54ID:CAP_USER.net
      ソニーモバイルは、独ベルリンで開催される「IFA2017」に先立ち、フラッグシップの
      「Xperia XZ1」、ハイエンドコンパクトの「Xperia XZ1 Compact」を発表した。
      ミッドレンジの「Xperia XA」の後継機となる「Xperia XA1 Plus」も
      合わせて公開された。

      王道のフラッグシップモデル「Xperia XZ1」
       「Xperia XZ1」は、5.2インチのディスプレイを搭載する、ソニーモバイルのハイエンド
      スマートフォン。Xperia XZの派生モデルという位置づけだった「Xperia XZ Premium」に
      対し、「Xperia XZ1」は本流のフラッグシップモデルで、「Xperia XZ」の直接的な後継機
      とされる。



      チップセットには「Snapdragon 835」を採用。Xperia XZ Premiumと同様、メインカメラ
      にはソニーの開発した積層型CMOSセンサーを搭載し、「先読みオートフォーカス」や
      960fpsのスローモーション撮影を行える。

       カメラのセンサーは「Xperia XZ Premium」と同型だが、ソフトウェアが進化。先読み
      撮影は、人物撮影時に、被写体の笑顔を検知し、シャッターを切る前からの映像を自動的
      に保存する。大きな動きがある被写体だけでなく、笑顔の撮り逃しも防げるようになった
      というわけだ。連写中に、動く被写体へフォーカスを合わせ続ける機能にも対応した。

      ディスプレイは5.2インチと「Xperia XZ Premiumより小型で、解像度もフルHD
      (1920×1080ドット)だが、HDR動画の再生に対応。Amazonの「Prime Video」
      や「Netflix」のHDRコンテンツに対応するという。

       オーディオ機能は“Xperia最高の音圧”を誇り、フロントスピーカーの音量が50%アップ。
      ハイレゾ再生機能や、音質を高める「DSEE HX」など、既存のXperiaで好評を博した
      機能は継承する。

       新たに対応するのが、「3Dクリエイター」機能。これは、人物の顔などを3D
      モデリングするもので、作成したデータは、アバターにしたり、アニメーション
      をつけてSNSに投稿したりといったことが可能になる。3Dプリンターがあれば、
      オブジェクトを出力することもできる。背面に搭載されたカメラは3D非対応の
      単眼だが、ソフトウェア上の処理によって、ユースケースを分け、特徴点を抽出し、
      キャリブレーションをかけたあと、テクスチャーを貼ることで3D化しているという。
      この技術は、ソニーが独自で開発したものだ。

       デザインのテイストはXperia XZを踏襲しているが、本体側面から背面に
      かけての継ぎ目がなくなり、より一体感が高まった。これによって、曲げ
      ねじれ強度も、過去最高に上がっているという。

       サイズは約148×73×7.4mm。重さは約156g。メモリー(RAM)は4GB、
      ストレージは64GBを搭載する。発売時には、Android 8.0 Oreoを搭載する予定だ。

      【ケータイ Watch】
       http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/event/ifa2017/1078437.html
      【【スマホ】ソニー、フラッグシップ『Xperia XZ1』やハイエンドコンパクト『Xperia XZ1 Compact』を発表】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/09/01(金) 20:34:19.55ID:CAP_USER.net


      欧州トヨタは、9月12日からドイツで開催されるフランクフルトモーターショー2017で、
      新型ランドクルーザーを世界初公開すると発表した。

      ランドクルーザーといえば、日本では「ランクル」として親しまれ、
      SUVの代名詞的な存在。

      トヨタSUVのリーダーシップとして君臨してきたランドクルーザーは、
      セグメント唯一のラダーフレーム構造を特徴としている。

      日本でランクル「100系」が登場したのが1998年、現行モデル「200系」が2007年に
      登場し、今年でちょうど10年。約10年スパンで全面改良が行われてきたランド
      クルーザーも、そろそろ「300系」へのフルモデルチェンジかと言われていた
      タイミングで、今回のアナウンスとなった。

      また、コンパクトSUV「C-HR」のコンセプトモデル「Hy-Power」や、ヤリスGRMN
      (日本名:ヴィッツ)、高度なパーソナライゼーションを搭載したオーリスツーリング
      スポーツ”フリースタイル”も出展する。

      トヨタの記者会見は9月12日8時50分(現地時間)に行われる。

      フランクフルト・モーターショー2017

      9月12日~13日プレスデイ、一般公開9月16日~24日(現地時間)

      【オートックワン】
       http://autoc-one.jp/news/5000092/
      【【自動車】トヨタが新型『ランクル』をフランクフルトショー2017で世界初披露!ついに『300系』デビュー】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/08/26(土) 04:31:56.27ID:CAP_USER.net


      メルセデス・ベンツ日本は、メルセデスAMG『GTロードスター』およびメルセデスAMG
      「GT C ロードスター」を8月25日より発売する。

      GTロードスターおよびGT Cロードスターは、スポーツカーのメルセデスAMG「GT」を
      ベースとしたオープントップモデル。アコースティックソフトトップは走行中でも50km/h
      まで開閉可能で、開閉動作は全自動で行われ、所要時間は約11秒。3層構造のソフトトップ
      は、マグネシウム、スチール、アルミニウム構造により軽量化を図り、低重心化にも
      貢献している。

      パワートレインはメルセデスAMG GTと同じく、AMG4.0リットルV8直噴ツインターボと、
      7速デュアルクラッチのAMGスピードシフトDCT7の組み合わせ。GTロードスターは最高
      出力476ps、最大トルク630Nmを発生。高性能モデルのGT Cロードスターは最高出力
      557ps、最大トルク680Nmを発揮し、パワーウエイトレシオ2.98、0-100km/h加速3.7秒
      を実現した。

      エクステリアでは、クロームメッキを施した15本の垂直フィンを備える「AMGパナメリ
      カーナグリル」が印象的。これは、1952年にメキシコで開催された伝説の公道レース
      「カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」で優勝した、レース仕様のメルセデスベンツ
      『300SL』で初めて採用されたものだ。

      インテリアでは、ラテラルサポートを強化したAMGパフォーマンスシートに温風で
      首元を暖めるエアスカーフを装備。寒冷時でも快適なオープントップドライブを
      楽しむことができる。吹き出し口はシートのヘッドレスト部に違和感なく一体化。
      吹き出す暖気の温度は3段階で調節可能だ。

      安全面では、レーダーセンサーにより先行車を認識して、設定速度の範囲内で車間
      距離を適切に維持して追従する「ディスタンスパイロット・ディストロニック」を
      標準装備。スポーツカーでありながら高い快適性も実現している。

      価格はGTロードスターが1834万円、GT Cロードスターが2298万円。

      【Response】
       https://response.jp/article/2017/08/25/298949.html
      【【自動車】メルセデスAMG GT、オープンモデルを日本導入…1834万円より。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/08/18(金) 19:29:41.57ID:CAP_USER.net
      スタートトゥデイは8月18日、ファッションECサイト「ZOZOTOWN」で、
      注文から最大2カ月後に支払いできる後払いサービス「ツケ払い」の
      利用者数が100万人を突破したと発表した。100万に突破を記念して
      18日から「ツケ払い手数料無料キャンペーン」を行う(終了日は未定)。



      ツケ払いは、商品到着後に請求書(振込用紙付きハガキ)が届き、期日内
      (最長2カ月)にコンビニか銀行で支払えるサービスで、昨年11月に
      スタートした。税込5万4000円までの買い物で利用でき、手数料は324円
      (税込・1注文当たり)。

       ツケ払いの利用者を年齢別に見ると、10代が15.9%、20代41.2%、
      30代が25.7%、40代以上が17.2%、男女比は女性が68%、男性が
      32%という。年齢分布、男女比とも「ZOZOTOWNのアクティブ
      会員属性と同様」だとしている。

       手持ちの現金に余裕がなかったりクレジットカードを持っていない人などが
      買い物しやすくなる一方、未成年が気軽に利用し、支払いが難しくなる
      おそれがあるのではと懸念する声もある。

      【IT media NEWS】
       http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1708/18/news102.html
      【【EC】ZOZOTOWN『ツケ払い』利用者100万人突破!どの年齢層が利用最多?】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/08/18(金) 19:34:02.31ID:CAP_USER.net
      皆さんは検索したとき、思う通りの情報を引き出せているだろうか。もちろん、
      Google検索で必要なキーワードを入れれば、誰もが簡単に何らかの情報を拾う
      ことはできる。しかしその結果、得られる情報に不満を覚えることも少ないの
      ではないだろうか。

       「いくらググっても満足できる結果が得られない」。そう不満に感じている
      のであればまだいい。情報の精度や内容についての見極めができず鵜呑みにし、
      誤った知識を”常識”だと認識しているという可能性も考慮すべきだろう。

       “Google検索は故障しているも同然”とまでは言わないが、ページビューを
      集めることで収益を得られるビジネスが多い中、ごく当たり前にキーワードを
      入力しているだけでは情報の質に力を入れず、検索流入の増加のみにフォーカス
      したサイトが増えていることは否定できない。

       まったく異なるサイトの情報なのに、内容はほとんど同じ。しかも、一般論が
      不必要に長く書かれているだけで結論めいた解説や事実関係について最終的に
      触れられていない

      そんな記事にイライラしたことはないだろうか。

       2016年末に問題となったDeNA運営の医療・健康情報サイトにまつわる話題で
      見えてきたのは、情報の質を向上させるよりも広告指標を向上させるために、
      Google検索上位に入るよう工夫を重ねることの方が事業価値を高められる
      という、インターネットのメディアが抱えるジレンマだ。

      普通に「ググって」も有益な情報が得られない時代に
      ある日、Facebookを見ていると友人が懐かしい言葉を書き込んでいた。それは
      “ググれカス”。あらためて言うまでもないが、ネットを検索すれば正しい情報が
      あっという間に出てくるにもかかわらず、安易にまわりの人間に質問するだけで
      解決しようとする自助努力が足りない者のことを”カス”と侮蔑する言葉だ。

       プライベートな事案はだけではない。グループワークをするチーム中で内部
      資料を探したり、過去の事例を辿ればすぐに情報が見つかったりするというのに、
      そもそも自分で探そうとすらしない。そんな例も”ググれカス”に類似する、
      いろいろな職場でよくある風景と言えるだろう。

       こうしたググれカス案件は、プライベートならば単に“面倒臭い”というだけで
      済むが、仕事の中では共同作業の効率を落とす典型的なパターンとして忌み
      嫌われているが、「ググれよ、このカスが」と侮蔑の言葉を浴びせるだけ
      では問題は解決しない。

       この言葉が生まれた2000年代前半は、確かにググることでそれなりの品質の
      情報にたどり着けていた。しかし、冒頭で述べたように“ググってもカス
      (な情報しか得られない)”なケースは増加している。

       元の言葉が指し示す”カス”は能力のない者(カス野郎)という意味だったが、
      結局、能力がない者がググったとしても有益な情報が得られないとすれば
      「ググらぬカスはググってもカス」という、どうしようもない世の中に
      なってきた……とも言えるかもしれない。一方で、ちょっとした検索
      ノウハウの違いで仕事の質に差を付けられるチャンスとも捉えられる。

      【C-NET】
       https://japan.cnet.com/article/35105975/

      ググるカス

      【イメージ画像】
      【【IT】“ググれカス”は“ググってもカス”】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/08/14(月) 06:48:50.90ID:CAP_USER.net
      NTTドコモが、QRコード読み取りによる決済サービスを今年度中にローソンなどで
      始めることが13日、分かった。利用者は、店頭でスマートフォンのアプリに表示した
      QRコードを読み取ってもらうことなどで代金支払いが完了する。代金は毎月の携帯
      電話料金と一緒に支払う。

       国内のQR決済の普及は中国より遅れているが、携帯電話最大手のドコモの参入で
      普及に弾みがつきそうだ。

       QR決済は、政府が成長戦略で掲げる非現金(キャッシュレス)決済の“起爆剤”
      として期待され、楽天や無料通信アプリのLINE(ライン)などIT大手が普及
      に乗り出している。

       QRコードの読み取りはスマホや従来のバーコードリーダーでできるため、電子
      マネー決済用の読み取り機に比べれば導入コストが格段に安い。このため、店舗側
      の負担が少なく、利用者にとっても基本的には自分のスマホにアプリを入れるだけ
      で使える。

       ドコモの計画するQR決済は、毎月の携帯電話料金と合算して決済代金を支払う
      仕組みのため、クレジットカード登録などは不要だ。ドコモの「dポイント」を
      支払いに充てることもできる。

       中国ではQR決済を含むキャッシュレス決済の割合が全体の約6割を占め、露店
      などの小規模店でも普及が進む。これに対し、現金支払いの割合が世界最高水準の
      日本では、キャッシュレス決済比率が約2割にとどまる。だが、政府は訪日外国人
      の利便性向上などを目的に、10年後に約4割まで引き上げる目標を成長戦略に
      盛り込んだ。

       ドコモはQR決済の導入費用負担の少なさを武器に、ベンチャー各社などと提携
      して対象店舗の拡大を図る。ドコモは従来型携帯電話時代から電子マネー「iD」
      の普及を進めているが、今後は「iDが浸透していない地方の小規模店舗にもQR
      決済を普及させたい」(ドコモ幹部)考えだ。

      【用語解説】QRコード 白黒のモザイク模様で四角形のコード。自動車部品大手
      デンソーの事業部(現デンソーウェーブ)が平成6年に開発した。従来のバーコード
      が横方向(1次元)にしか情報を持たないのに対し、縦と横(2次元)に情報を
      入れられるため、数字だけでなく、英字や漢字など多くのデータ(数字のみで最大
      約7千字)を収容できる。QRはクイック・レスポンスに由来し、データを瞬時に
      読み取れるのも特長だ。

      【産経ニュース】
       http://www.sankei.com/economy/news/170814/ecn1708140004-n1.html

      【【企業】NTTドコモ『QR決済』導入!今年度『ローソン』などで買い物代金、毎月の携帯料金に合算。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/08/11(金) 11:33:54.92ID:CAP_USER.net


      LGの次のスマートフォンはレンズがすごい。

      LGはVシリーズの次期フラグシップ端末「V30」を
      8月31日に発表することを明らかにしました。

      V30には、スマートフォン史上最も明るいF1.6の明るいレンズを搭載します。
      デジタル一眼レフカメラのレンズでも中々見ないF1.6という大口径レンズ。
      それがポケットサイズのスマートフォンで実現できるまでに技術は進化して
      いるようです。ちなみに、現時点で一番明るいレンズを搭載するスマート
      フォンは、サムスンのGalaxy S8のF1.7です。



      LGの発表によると、V30に「クリスタルクリアレンズ」を採用したことにより
      従来のプラスチックレンズよりも高い集光能力と色再現性を実現したとのこと。
      前機種のV20と比べて、V30のリアカメラモジュールは広角撮影時のエッジの
      歪みを3倍カットしながら、レンズのサイズは30%小さくなり、さらにレーザ
      ー検出AF、光学手ブレ補正と電子式手ブレ補正を搭載し、より高精細な写真
      が撮影できるようになりました。

      SlashGearが報じるところによると、LG V30には、P-OLEDスクリーン、チップ
      はクアルコムのSnapdragon 835、メモリは4GB(もしくは6GB)、Quad DAC
      のオーディオシステム、ワイヤレス充電機能が搭載されるとのことです。

      同じ韓国勢、サムスンのフラッグシップ機Galaxy Note 8は、8月23日に発表、
      9月15日から発売すると報じられています。iPhone 8の噂も続々と。2017年
      の最新スマートフォンはどこまで限界に挑むことができたのか。
      その答えが楽しみです。

      【gizmodo】
       http://www.gizmodo.jp/2017/08/lg-v3-16-lens.html
      【【スマホ】スマートフォン史上最も明るいF1.6レンズがLG V30に搭載、8月31日に発表。】の続きを読む

        このページのトップヘ