『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.11.20

      ビジネスnews+板

      1まとめらいぶ2017/11/07(火) 17:49:15.84ID:CAP_USER.net
      粉飾決算を繰り返していたことが発覚したうえ、原発事業が巨額の赤字を
      垂れ流したことなどもあり、経営危機に陥った東芝。その影響は、
      社員とその家族たちにも及んでいる。

      「あの人はどうしてボロボロになってまで東芝に執着するのか、わからないんです」

       そう語るのは、森田博美さん(仮名・40才)。18年前に10才年上の東芝社員である
      夫と結婚した森田さんだが、当時、彼女の両親は「10才上の夫なんて冗談じゃない。
      娘の老後が大変なことになる」とふたりの結婚に猛反対した。

      「それでも夫の職業を聞くと、『そうか、東芝さんか。それなら年金や福利厚生も充分
      だろうし、倒産もないだろうから、ぜひ結婚してくれ』と手のひらを返してOKが
      出ました。私も結婚後は東芝ブランドを信じて安心して家庭に入り、
      子育てに専念しました」(森田さん)

       夫婦の自宅は東京・板橋の両親の土地に建てた二世帯住宅で土地代がかからなかった。
      その分を2人の子供に注ぎ込み、学習塾のほか、数学や国語の単科やピアノを学ばせて、
      年間の習い事代はおよそ200万円に達した。現在は2人とも中高一貫の私立に通う。

       夫の年収は年功序列で上がり続け、森田さん一家は何不自由ない暮らしを送っていた。
      しかし、不正会計発覚とともに生活は激変した。

      「不正会計の発覚後、業績が悪化して会社から給与にまつわる『緊急対策』が組合に
      提示されました。社員の雇用を守るため組合がこの提案を受け入れた結果、毎月の
      収入が3万円減って、ボーナスが50%カットになりました。夫の年収は一気に
      180万円も下がり、子供たちを私立に通わせる余裕がなくなりました」(森田さん)

       少しでも家計を助けるため、住宅ローンを安いタイプに変更しようとした彼女は
      大きなショックを受ける。余裕で通過すると思っていた審査が通らなかったのだ。

      「以前は金融機関で『夫は東芝です』と言えば、どんな審査でも間違いなく通して
      もらえました。それなのに、今はまったく信用がなくなってしまったことは大きな
      衝撃でした」(森田さん)

      【Yahoo! ニュース】
       https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171105-00000003-moneypost-bus_all

      愕然

      【イメージ画像】
      【【東芝】東芝社員と家族の悲劇!住宅ローン審査に落ち、子は塾をやめるwwwww。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/11/04(土) 19:01:39.42ID:CAP_USER.net
      東北大学は11月1日、内閣府 総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究
      開発推進プログラム(ImPACT)タフ・ロボティクス・チャレンジの一環として開発した
      「犬の情動をリアルタイム推定するサイバースーツ」(以下、サイバースーツ)を公開した。



      タフ・ロボティクス・チャレンジは、「タフでへこたれないロボット」の開発を目的と
      したプロジェクト。技術的に高度であっても限られた条件下でしか作業できない
      "ひよわ"なロボットではなく、災害現場などの緊急性が高く、悪条件な環境での
      活用が行えるロボットを開発している。

      「サイバースーツ」は、災害救助犬向けに開発されたもの。心電計測装置、慣性センサ、
      カメラ、マイク、GPSなどのセンサ、そしてセンサデータを記録/解析するオンボード
      コンピュータ(Raspberry Pi)と、インターネットに情報を送信する通信装置を搭載した。
      重さは約1.5kgで、救助犬に多い中型~大型犬が長時間装着できるように作られている。

      救助犬は感知した異変を吠えて知らせるが、「何を見つけたか」はすぐに確かめられない
      こと、また遠方から吠えて知らせた際、検知した正確な地点が分からないことなどが問題
      となっていた。こうした問題を解消するため、位置情報やカメラの映像をリアルタイム
      共有可能な機能を搭載した「サイバースーツ」を開発した。

      このたび発表された新機能は、心電計測装置と慣性センサの搭載によって、
      「サイバースーツ」を用いた救助犬の活性度、平たく言えば探査行動に対する"やる気"を
      測定するというものだ。これまでは飼い主の感覚に依っていた犬のコンディションの判断
      を客観的に行えるようになることで、救助犬の効果的な運用が見込まれる。

      犬の「やる気」測定の実現はハード・ソフト面双方から開発
      犬の活性度の推定に用いるデータは、心電計から得た心拍変動指標(HRV)と、慣性センサ
      の情報を融合したものとなっている。人工知能アルゴリズムで運動中の快/不快の情動と
      その信頼性を判定し、タブレット端末などにリアルタイムに表示する。

      計測データはネットワーク経由でクラウドサーバに登録。PCでクラウドサーバに
      アクセスし、機械学習で犬の情動変化を判定する。快/不快のどちらに情動が触れて
      いるかをグラフでリアルタイムに示すもので、快=やる気がある状態、不快=やる気
      を失っている状態と判断する。

      これまで、犬の心電をとるにあたり、正確な位置に電極をとりつけるには専門技術が
      必要で、また活動中は電極がずれてしまい計測は困難だった。今回、技術者でなく
      ても、インナーウェアの装着のみで皮膚に密着して電極を非侵襲で設置する方法、
      および活動中に電極が浮かないように固定する方法を開発した。

      会見では、開発に携わった麻布大 菊水教授の愛犬によるデモンストレーションが
      行われた。報道陣など知らない人が大勢いる状況で緊張していたためか、散歩
      しながらエサをもらう段になると急激に「快」の方向へ触れたものの、そうで
      ない時は常時グラフは「不快」方向へ触れていた。犬の様子とグラフの上下が
      リンクしているように感じられた。今後、救助犬などでの検証を行い、
      約2年後の実用化を目標としている。

      今回は救助犬の活用目的での技術開発だったが、「犬の気持ちを知りたい」という
      ニーズは大きく、玩具メーカーなどからそうした目的の製品も発売されている。
      ImPACT タフ・ロボティクス・チャレンジ プログラム・マネージャーの田所諭
      教授は、「一般においても、ニーズがあれば展開していきたい」とコメントした。

      【マイナビニュース】
       http://news.mynavi.jp/articles/2017/11/02/impact_dog/
      【【技術】東北大、犬の"やる気"を測るサイバースーツ開発 】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/11/04(土) 17:43:13.74ID:CAP_USER.net


      2017年11月2日から2日間の日程で開催されるイベント「TREND EXPO TOKYO 2017」
      に合わせ、月刊情報誌「日経トレンディ」が「2017年ヒット商品ベスト30」と「2018年
      ヒット予測ベスト20」を発表した。ヒット商品ベスト30は「売れ行き」「新規性」
      「影響力」の3要素からヒットの度合いを評価し、独自にランク付けしたもの。
      同誌が1987年の創刊以来、毎年12月号で掲載してきた恒例企画だ。

      2018年、ヒット商品のトレンドはどうなる?
      日経トレンディが来年ブレイク間違いないと予想する「2018年の顔」として選出された
      のが、「おかあさんといっしょ」(Eテレ)で「うたのおにいさん」を9年間務めた俳優
      の横山だいすけさん。現在はミュージカルやテレビドラマ、テレビCMなどで
      幅広く活躍している。

       続いて「2018年ヒット予測ベスト20」が発表された。このランキングは、これから
      来年にかけて登場する商品やサービス、施設からベスト20を選んだもの。売り上げ
      だけでなく業界への影響度、消費者へのインパクトも考慮し、総合的に評価した。

       横山さんが気になったというのが、7位の「走って戦うジュニアシューズ」。見た目は
      普通のシューズと変わりないが、内部に加速度センサーが搭載されており、走った距離
      や速度などのデータがスマホに転送されるとゲームが進んでいく仕組み。走れば走る
      ほどゲームが進むので、自宅でゲームに没頭しがちな現代っ子を外遊びに駆り出せる。

       1位となったのが「マルチAIスピーカー」。「編集部では“2つのマルチ”という要素に
      着目した。1つは“マルチAI”で、1つの本体から複数のAIを呼び出せるようにすることで、
      あたかも専門家に尋ねたように料理や音楽などの事柄が検索できる。もう1つが“マルチ
      スピーカー”。スピーカーは一家に1台が当たり前になったが、これからは1人に1台に
      なる。子ども部屋で寝ている子どもを起こしたい際、スピーカーを指定すれば子ども
      部屋だけにアラーム音を鳴らせる」(佐藤編集長)。

      【日経トレンディネット】
       http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1008498/110201008/?P=3
      【【家電】AIスピーカーは1人1台に!今年のヒット商品予測を発表】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/11/01(水) 13:04:23.60ID:CAP_USER.net


      ソニーは、自律型エンタテインメントロボット「aibo(アイボ)」を発表した。
      11月1日午後11時1分より、ソニーストアオンラインで数量限定として予約受付を
      開始。発売およびサービス提供開始は2018年1月11日を予定する。価格はすべて税別。

      「家庭の中で人とつながりを持ち、育てる喜びや愛情の対象となることを目指して
      開発した」というロボット。くるくると動く瞳、個性的な鳴きごえ、耳や尻尾、
      体全体で表現するボディランゲージを組み合わせた愛くるしい「ふるまい」に
      よって、「オーナーの日々の暮らしに心和むひとときを与える」という。

      具体的には、「aibo」の気持ちを表出して、オーナーを魅了するふるまいを実現する
      ために、超小型1軸・2軸アクチュエーターを自社開発し、コンパクトなボディに計
      22軸の自由度を持たせることで、なめらかでやわらかな身体の駆動を可能にした。
      多彩な感情を繊細に表現する美麗な瞳には、2枚のOLEDを採用する。

      さらに、同社が培ってきたディープラーニング技術を活用し、内蔵センサーによって、
      画像、音声の認識・解析。魚眼カメラを用いた地図作成(SLAM)技術を採用して、
      オーナーに寄り添った生活を実現するという。

      これにより、呼びかけを待つだけではなく、オーナーに能動的に働きかけるほか、
      オーナーからのやさしい言葉や、笑顔、頭や背中をなでられたことなどを感じ取り、
      オーナーが喜んでくれることを健気に学ぶ。周囲の環境を徐々に把握し、
      慣れ親しんでいくことで、「aibo」は自分の歩く範囲を広げるとのことだ。

      また、人々とのふれあいを重ねていくことで、「aibo」のふるまいに徐々に変化が
      生まる点も特徴。やさしいオーナーには愛情を返すようになり、さらにオーナー
      からの愛情を感じると、より深い愛情を返すようになるなど絆を深めていく。
      これは、本体とクラウドが連携して実現するソニー独自のAI技術を活用し、
      本体のAIがオーナーとのやり取りを学び、「aibo」を個性的に
      成長させるしくみによるものだ。

      なお、「aibo」を使用するためには、「aiboベーシックプラン」の加入が必要。
      「aiboベーシックプラン」に加入すると、家庭でのWi-Fi接続やモバイル回線接続で、
      クラウドで解析された情報をもとにした「aibo」の成長や、専用アプリ「My aibo」
      との連携(aiboフォト、aiboストア)など、すべての機能を利用できるようになる。

      このほか主な仕様は、プロセッサーが64bitクアッドコアCPU、ディスプレイが
      OLED×2(瞳)、カメラ機能がカメラ×2(前方カメラ、SLAMカメラ)。
      充電時間が約3時間、連続稼働時間が約2時間。
      本体サイズは180(幅)×293(高さ)×305(奥行)mm(突起部を除く)、
      重量は約2.2kg。

      本体の直販価格は198,000円。「aiboベーシックプラン3年」の利用料金は一括払いが
      90,000円、分割払いが2,980円/36回。

      このほか同社は、「aibo」専用アクセサリーとして、骨型のおもちゃ「アイボーン」を
      2018年1月11日より発売する。価格は2,980円。

      【価格.com】
       http://news.kakaku.com/prdnews/cd=toy/ctcd=7753/id=69014/
      【【製品】『ソニー』オーナーに寄り添うロボット犬『aibo(アイボ)』を198,000円で発売】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/11/02(木) 15:26:39.64ID:CAP_USER.net
      これからのキャリア形成では、なにが正解なのか。マーケティング戦略アドバイザーの
      永井孝尚さんは「『あなたという商品』の価値を高める方法を考えるべき」といいます。
      永井さんの知人に「お金さえもらえばいい」といって、受け身の仕事を続けてきた55歳
      の男性がいます。49歳で子会社に転籍。給与減を補うために転職を志しましたが、
      まったくうまくいきません。どこで間違ったのか。教訓とあわせて
      お伝えしましょう。

      「もっと要領よくやればいいじゃないか……」

      今どきのキャリアをどう考えたらいいのか。失敗から学ぶことはたくさんあります。
      今回は「仕事ではお金をもらえばいい」と割り切ってきた55歳の現在を紹介しましょう。
      落合タクミ(仮名)が新卒入社したのは、中堅メーカーC社でした。「上司に従って
      いれば、失敗しても上司の責任。自分でわざわざリスクを取る必要はない」が彼の持論
      です。だから仕事で自発的に提案をすることはほとんどありませんでした。常に受け身
      で仕事をしていたのです。

      彼は上司の言うことには忠実だったので、上司のウケはとてもよいものでした。入社後
      の10年間は高度成長期の最後の時代です。自発的に考えなくても、仕事は次々と向こう
      からやってきました。

      一方、職場の中に今風に言えば「意識高い系」の同僚・山田がいました。落合から
      見ると山田はイタい男にしか見えません。「山田さんはストイックだなぁ(笑)」
      と揶揄した感じでちゃかすことも多く、本音では(仕事なんかに本気になって……)
      とイラッとしていました。

      (山田みたいに頑張って新しい提案しても、余計な仕事を抱えるだけだし、給料なんて
      ほとんど変わらない。わざわざ失敗して後ろ指をさされるリスクが増えるだけだし、
      周りにいるオレたちの仕事も増えるし、はっきり言って迷惑なんだよ。もっと要領
      よくやればいいじゃないか……)

      昇進も給与も、基本的に年功序列の時代です。新しい提案をして失敗しようものなら、
      責任問題にもなります。それならば、上司の指示通りに受け身で動いて、できるかぎり
      リスクを取らない方がはるかに賢い選択。仕事なんてお金がもらえればじゅうぶん。
      それが落合の考え方でした。

      転職斡旋会社には登録したが…
      そして現在。彼は55歳になっていました。

      49歳のときに積み増しの退職金をもらい子会社に転籍して、すでに6年が経過していま
      した。仕事は元いた親会社への派遣です。元勤務先である親会社で、会社裏口の受付
      窓口応対をしています。給与は親会社にいたときから半減していました。一方で、
      新入社員時代にバカにしていた同期の「意識高い系男」の山田は、親会社で
      本部長として活躍しています。

      落合の目下の悩みは、5年後の60歳でやってくる定年退職です。年金支給は65歳から。
      年金支給まで5年間、生活費をどうやって工面すればいいのか? 彼は思い悩み、転職
      斡旋会社に登録しました。

      ある日、転職斡旋会社からC社と同じ業界の中小企業社長と面接がセットされました。
      2代目社長は30代前半で落合より20歳以上も年下です。転職斡旋会社からは「小さい
      会社だが成長中で将来性がある」と紹介されました。「成長中の会社ならば給与が
      いい仕事があるかもしれない」と、彼は淡い期待を持ち面接にのぞみました。

      「言われたことならできる」

      という人はいらない

      社長「はじめまして。ご足労いただきありがとうございます。お時間もないので
      さっそく面接に入らせてください。落合さんはC社さんにおられたんですよね。
      当社ではどんなことができると考えていますか?」

      本人「言われたことは何でもできます。仕事ですから」

      社長「……落合さん、言われたとおりにやるだけなら、うちに仕事はありません。
      単純な仕事ならばITやAIを使えばスピードも人間よりも速く、正確で、しかも
      低コストです。コンビニでも無人レジが登場している時代ですよ」

      本人「……そうですね……」

      社長「当社はまだまだ零細企業ですが、これからは世界で戦えるように大きくして
      いきたいと考えています。そのためにITやAIなどの先端技術をフル活用していきます。
      私たちが欲しい人材は、ITやAIで代替できない、AIを仕事の武器として活用できる
      人材です。『言われたことならできる』という人を抱える余裕は当社にはありません。
      ご理解ください。お互いにこのまま話を続けても時間のムダだと思います」

      最近、落合と話をする機会がありました。面接でのやり取りで若社長が言った言葉に
      思い悩んでいるようでした。彼は私にこうぶちまけました。「そもそも仕事は
      言われたことをやってお金をもらうものじゃないのか!? なんでこうなるんだ……」。

      【プレジデント オンライン】
       http://president.jp/articles/-/22798

      路頭に迷う

      【イメージ画像】
      【【社会】"意識高い系"をバカにしてきた50代の末路wwwww】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/11/02(木) 21:08:21.50ID:CAP_USER.net
      まるか食品は、カップ焼きそば「ペヤング」の新商品
      「もっともっと激辛MAXやきそば」を11月6日から
      コンビニで先行販売する。

      一般発売は12月4日となる。

      「ぺヤング」では、「にんにくMAX」「わかめMAX」「背脂MAX」など、具材を大量に
      使用したMAXシリーズを展開。「ペヤングもっともっと激辛MAXやきそば」は、圧倒的
      な辛さで人気の「激辛やきそば」を更に辛くし、MAXシリーズ登場する。

      「激辛やきそば」ですら、パッケージに「辛さレベルMAX!!」「辛みが強いので、小さな
      お子様や辛みが苦手な方の飲食には十分ご注意ください」といった注意書きがあったほど。
      その辛さを上回るという「もっともっと激辛MAXやきそば」には、「辛味が強烈に強い
      ので、軽率な喫食は十分ご注意ください」との警告が記載されている。



      【biglobe ニュース】
       https://news.biglobe.ne.jp/trend/1102/blnews_171102_9513854207.html
      【【新製品】ペヤングから限界超えの辛さ『もっともっと激辛MAXやきそば』が新登場wwwww】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/11/01(水) 04:19:36.16ID:CAP_USER.net
      高所得者の方がコーヒーをよく飲んでいるようだ。インターネットリサーチサービスを
      提供するNTTコムオンライン・マーケティング・ソリューションは10月30日、甲南大学
      経済学部の森剛志教授と共同で実施したコーヒーとタバコに関する調査の結果を発表
      した。年収が1000万円以上になると、1日に飲むコーヒーの量が平均で2杯以上になる
      ことがわかった。



      調査は、NTTコムリサーチの登録モニターを対象に行われ、1145人から回答を得た。
      1日にどれくらいコーヒーを飲むのか聞いたところ、平均で1.7杯だった。

      年収が上がると、コーヒーを飲む量も増え、年収1000万円未満では1.6~1.9杯に留まって
      いるが、1000~1500万円未満では2杯、1500万円以上では2.5杯に上る。特に1500万以上
      の女性では、2.9杯となっている。年収が高いほど忙しく、眠気覚ましに飲むコーヒーの
      量も増えるということだろうか。

      年齢や性別ごとに見てみると、20~30代よりも40~60代の方がより多く飲んでおり、男性
      は1日平均1.9杯で、1.6杯の女性を上回っている。また喫煙者は2.2杯だが、非喫煙者は
      1.6杯だった。

      コーヒーショップに行く頻度を聞いたところ、全く行かない人が57.3%で最も多く、
      次いで1週間に1回くらいが34.6%だった。1日の平均利用回数は、0.11回に過ぎな
      かった。しかし年収が高くなると利用回数が増える傾向があり、年収800~1000
      万円では0.2回、1000~1500万円で0.17回、1500万円以上では、0.41回に上る。

      喫煙者は「周りの禁煙車への迷惑」を軽視
      同調査では、受動喫煙についてもアンケートを実施。1週間に何時間くらい、タバコを
      吸う人の煙にさらされているかという質問に対して、ほぼないという人が70.1%に
      上った。20.2%の人も1~5時間以内で、受動喫煙の被害はそれほど大きくないと
      言えそうだ。

      また、コーヒー店を利用する人は、煙に週4.7時間さらされている。一方で、
      利用しない人では2.5時間だった。調査を実施したNTTコムは「日本では
      まだまだコーヒー店での完全禁煙化が不十分であることが影響している」
      と分析している。

      肺がんや周囲の人への迷惑といったタバコの害をそれぞれどのくらい重要視している
      のかを調べたところ、全体では「肺がん」「慢性閉塞性肺疾患(呼吸しづらい)」
      「周りの禁煙車への迷惑」順になった。

      しかし喫煙者だけを見ると、「周りの禁煙車への迷惑」は全項目中5位。それよりも
      「寿命の短縮」や「身体機能の低下」といった自分自身の健康被害の方が
      気になっているようだ。

      【キャリコネニュース】
       https://news.careerconnection.jp/?p=42352
      【【経済】年収1000万円以上の高所得者ほどコーヒーを飲む量が多いことが判明wwwww】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/10/23(月) 17:28:16.77ID:CAP_USER.net
      若者が長時間労働やパワハラで追いつめられて死に至る「過労死」「過労自殺」が
      連続しています。一昨年のクリスマスに自殺し、今月6日に会社が有罪判決をうけ
      た広告大手・電通の女性社員は24歳。新国立競技場の建設に従事し、今年3月に
      自殺、労働災害と認定された大成建設の下請け会社の男性社員は23歳。急死して
      労働災害と認定されたあと3年間公表されなかったことが遺族から批判されている
      NHKの女性記者は31歳。日本を代表する企業で将来ある若い命が奪われている
      異常な働き方を一刻も早く是正する必要があります。

      「白書」が示す深刻な実態

       厚生労働省が今月6日、「過労死等防止対策白書」を発表しました。過労死家族
      の会などの運動が実って2014年に「過労死等防止対策推進法」が成立し、昨年
      初めて白書が出されましたが、今回はその2年目となります。

       これによると状況はますます深刻です。脳・心臓疾患による労働災害補償は、1
      6年度の請求件数は825件で前年度より30件増え、認定も前年度を9件上回る
      260件(うち死亡は107人)です。

       精神障害はさらに深刻で、請求件数は前年度を71件も上回る1586件、認定
      も前年度より26件増の498件です。請求、認定ともに過去最高を更新していま
      す。自殺者(未遂を含む)は84人、認定件数の23%が29歳以下です。

       過労死をうむ原因が異常な長時間労働にあることはすでに明らかです。日本は、
      労使協定を結べば、1日8時間・週40時間の制限を超えて青天井で残業させるこ
      とができます。ヨーロッパではEU(欧州連合)の指令で、労働時間は週48時間
      とし、退社したあと翌日の出勤までの間に11時間の連続休憩時間を設ける「勤務
      間インターバル制度」を設定し、労働者を守っていることと大違いです。

       安倍晋三政権は長時間労働の是正をとなえ、総選挙前に「働き方改革」関連一括
      法案要項をとりまとめました。しかしこれは長時間労働を一層ひどくする内容です。

       残業の上限時間は、休日労働を含んで2~6カ月平均で80時間、単月で100
      時間未満です。これは厚労省が定めている「過労死」の認定基準を残業の上限に転
      用したもので、「過労死ラインまで働かせてもいい」というお墨付きを企業に与え
      る内容です。

       さらに問題は、労働時間規制の対象外にし、残業代なしで働く「高度プロフェッ
      ショナル(高プロ)制度」の新設、どんなに長時間働いても労使が合意した時間だ
      け働いたとみなす企画業務型裁量労働制の適用拡大です。企業の労働時間管理責任
      を免責する方向では、「過労死」はなくせません。

      本物の改革こそが必要

       「過労死」をなくすために求められているのは、労働基準法に残業の上限時間を
      週15時間・月45時間・年360時間と明記することです。ヨーロッパのような
      連続11時間の「勤務間インターバル」の確保は不可欠です。

       残業代は1日2時間を超えたら割増を50%にし、サービス残業が発覚したら支
      払額を2倍にすること、労働時間を正確に記録するために、企業に労働時間管理台
      帳をつくることを罰則付きで義務付けることも必要です。本物の働き方改革こそが
      急がれます。

      【しんぶん赤旗】
       http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-10-23/2017102301_05_1.html

      目が回る

      【イメージ画像】
      【【社会】相次ぐ過労死!若者の命を奪う異常をただせ 】の続きを読む

        このページのトップヘ