『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.3.20

      ビジネスnews+板

      1まとめらいぶ2017/03/21(火) 22:55:24.84ID:CAP_USER.net
      【iPhone Mania】
       http://iphone-mania.jp/news-162184/



      Appleが3月21日夜、9.7インチの新型iPadを発表しました。最大の特徴は
      最安値モデルが4万円を下回るという、その価格の安さです。

      容量は32GBと128GB、カラーは3色
      9.7インチiPadは、カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色展開、
      ストレージ容量は32GBと128GBの2種類です。

      搭載しているのは2,048 × 1,536ピクセル解像度の9.7インチRetinaディスプレイで、
      9.7インチiPad Proと同じです。ただし安価版だけあって、フルラミネーション
      ディスプレイではなく、反射防止コーティングは施されていません。

      プロセッサはA9、コプロセッサはM9を搭載しています。カメラはiPad mini4と同じ
      8メガピクセル、スピーカーも2スピーカーオーディオとなっています。各iPadの
      スペックの比較については、Appleの「iPadのモデルを比較する」ページを
      参照してください。

      最大の魅力は価格
      最大の魅力は何といっても37,800円からという手頃な価格設定です。
      32GB版のWi-Fiモデルは37,800円、
      Wi-Fi + Cellularモデルは52,800円。
      128GB版のWi-Fiモデルは48,800円、
      Wi-Fi + Cellularモデルは63,800円となっています。

      なお注文の受付は3月25日午前0時01(日本時間)からとなっています。
      結局10.5インチ版と12.9インチ版はリリースされず3月には例年Appleの
      スプリングイベントが開催されており、今年はベゼルレスの10.5インチ
      iPad Pro、12.9インチiPad Pro、そして9.7インチiPadが発表される
      のではないかと噂されていました。

      しかし実際にはDigiTimesなどが報じていたように、10.5インチ版と12.9インチ版は
      リリースされないという結果になりました。イベントが開催されず、Webサイトで
      の発表のみになったのも、目玉商品のリリースがなかったためと見てよさそうです。
      【【モバイル】アップル、4万円を切る9.7インチの新型iPadを発表。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/03/22(水) 09:47:26.45ID:CAP_USER.net
      ロサンゼルス発「UMAMI BURGER(ウマミバーガー)」の日本第1号店が3月24日
      東京・青山にオープン。米国「TIME」誌の「史上最も影響力のある17のバーガー」
      に選出されるなど、アメリカで注目されているハンバーガーレストランです。
      満を持してついに日本にやってきました。

      日本オリジナルハンバーガーも
       「UMAMI BURGER 青山店」では看板商品である
      「UMAMI BURGER(ウマミバーガー)」など本場の人気メニューを取りそろえるほか、
      日本限定メニューとして「TERIYAKI BURGER(テリヤキバーガー)」
      「FISH CURRY BURGER(フィッシュカレーバーガー)」を用意。
      ウマミバーガーならではのアレンジで“うまみ”を最大限に引きだしている、
      とのこと。

       テリヤキバーガーは、甘いテリヤキソースを絡めたパテとレンコンやナメコなど
      を一緒に挟み、ワサビを隠し味として加えることで飽きのこないコク深い味わい。

       フィッシュカレーバーガーは、新鮮な白身魚(マダラ)のフライに香り高い
      ハーブを加えた自家製タルタルソースを合わせて、隠し味にはカレーを。
      食べた瞬間にうまみが口の中に広がるクセになる味わい、とのことです。

      とにかく「うまみ」がすごいらしい
       ロスで人気のメニューも各種用意されています。
       看板商品のウマミバーガーは、うまみを引き出したローストトマト、シイタケ、
      パルメザンチーズ、キャラメルオニオンとパテをバンズで挟んだハンバーガー
      「TRUFFLE BURGER(トリュフバーガー)」は、オリジナルチーズに溶け
      込んだトリュフの奥深い香りが楽しめるそう。

       気になっている人もいると思いますが、ブランド名の“UMAMI”は本場も同様。
      日本語の“うまみ”から取っているそうですよ。日本に上陸して話題になることは、
      名前からすれば必然かもしれません。

       1号店は青山にある商業施設Portofino(ポルトフィーノ)内に出店。
      青山でロスの本気のうまみを味わってみましょう! ウマミ~、UMAMI~!!

      「UMAMI BURGER 青山店」
      ※3月24日:グランドオープン
      ・住所:東京都港区北青山3-15-5「Portofino(ポルトフィーノ)」内
      ・営業時間:11時~23時

      【ascii】
       http://ascii.jp/elem/000/001/438/1438946/





      「TERIYAKI BURGER(テリヤキバーガー)」(1380円



      「FISH CURRY BURGER(フィッシュカレーバーガー)」(1280円)



      AMI BURGER(ウマミバーガー)」(1380円
      【【食料】全米が泣いた『ウマミバーガー』満を持して日本上陸】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/03/21(火) 20:12:24.15ID:CAP_USER.net
      【日本経済新聞】
       http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ21IAX_R20C17A3TI5000/




       パナソニックは21日、高級オーディオブランド「テクニクス」から、アナログの
      レコードを聴くことができる音響機器「ターンテーブル」で従来のほぼ半分の価格
      にした新製品を発売すると発表した。最近は若者層の間でもレコードの人気が高ま
      っていることに対応した。新開発のモーターで振動を減らし音質の高さは維持させ
      た。発売日は5月19日で、販売価格は税別で14万8000円。

       新商品のターンテーブルは「SL―1200GR」。年間1200台の生産を計画してい
      る。5月以降、専用のトレーラーを用意して各地を回る販促イベントを実施する。
      トレーラー内でターンテーブルを含めたテクニクスブランドの全機種の試聴などが
      できるようにする。同ブランド担当の小川理子役員は「(ターンテーブルなど)機
      器を実際に使ってもらうことで若者らに(音質などの)良さを知ってもらいたい」
      と指摘する。

       ターンテーブル以外に、デジタルアンプや
      スピーカーシステムなどの新商品なども発売する。
      【【オーディオ】パナソニック、価格を半額に抑えたレコードプレーヤーを発売『若者に音質の良さを知ってもらいたい』。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/03/20(月) 20:21:28.17ID:CAP_USER.net
      【newsphere】
       http://newsphere.jp/business/20170316-3/



       毎日出社をして人生の多くの時間を過ごす職場環境は、仕事のモチベーション
      や生産性に関わる大切な要素だ。しかし、どれだけの人が自分の職場環境を気に
      入っているのだろうか。オフィス家具メーカーの米スチールケース社は、従業員
      エンゲージメントと職場環境の相関関係について世界20ヶ国(14,903人、従業員
      数100人以上の企業)のワーカーを対象に調査し、「世界のエンゲージメントと
      職場環境実態」というレポートを公開した。従業員エンゲージメントとは、従業
      員が企業の目標達成に向けて、自発的に自らの力を発揮し貢献しようとすること。
      それによって従業員も成長するという考え方を指している。

       調査の結果、日本は従業員エンゲージメントと職場環境満足度がそれぞれ最低
      であり、日本人はどの国よりも職場環境に不満があり、会社へのエンゲージメン
      トが低いことがわかったという。ワーカーの居住国やその文化的背景、期待度が、
      エンゲージメントレベルや職場環境への満足度に大きく影響しているようで、
      エンゲージメントは新興国ほど高くなり、先進国は低くなりがちだ。

       職場環境満足度に関わる調査結果を紹介しよう。オープンな執務スペースで仕事
      をしている割合は、世界平均は23%であったのに対して、日本は78%と非常に高か
      った。島型対向式レイアウトが日本では一般的であることが影響しているようだ。
      オフィス外で仕事をする機会が全くない割合は、世界平均は55%に対して、日本は
      94%と非常に高い。オフィス外で仕事をする機会もなく、就業時間中はずっとオー
      プンな執務スペースで常に同僚からの視線を感じながら働いているという日本の職
      場環境は、確かに満足度が高くなりにくいように思われる。

       エンゲージメントに関わる調査結果については、「仕事に行くのが楽しい」や
      「自分の会社を推奨できる」といった項目に肯定的な回答をしている割合は著し
      く低い。一方、約半数(52%)は「同僚との連帯感を感じる」と答えており、こ
      れは世界平均値の76%よりも低いものの日本のエンゲージメント指標の中では最
      も数値が高い項目だ。また、約3分の1は「職場が楽しく落ち着ける」と答えてお
      り、これは世界平均を超えるもので、おそらくは集団における秩序や調和を重視
      する日本的文化も起因していると分析されている。

       職場環境は経済の成熟度や、国土の広さ、ビジネスの習慣・文化といった様々な
      要素に影響されるようだが、職場環境を取り巻く日本の労働環境は改善点が多くあ
      るだろう。長時間労働の改善に社会が本腰を入れて取り組みをしているが、労働時
      間と合わせて労働する環境にも目を向けて、ワーカーが生き生きと職務にあたるこ
      とができる環境作りが求められるのではなかろうか。この調査は、そうした改善が
      ワーカーの会社へのエンゲージメント向上につながる可能性を示唆しており、これ
      は重要な経営課題でもあるはずだ。
      【【仕事】日本人はどの国よりも職場への不満が多く、企業に対する従業員の愛着心や貢献度が世界最低。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/03/20(月) 13:30:28.71ID:CAP_USER.net
      【マイナビニュース】
       http://news.mynavi.jp/news/2017/03/06/284/


      SMBCコンシューマーファイナンスは3月6日、
      「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2017」を発表した。
      調査は1月17日~19日、30歳~49歳の男女1,000名を
      対象にインターネットで行われた。

      お小遣い平均額は未婚、既婚、子の有無で違い
      毎月自由に使えるお金はいくらあるか聞いたところ、全体の平均額は3万1,895円、
      未婚者は3万9,122円、子どものいない既婚者は3万6,204円、子どものいる既婚者
      は2万4,083円となった。また、子ども(末子)の成長段階別に平均額をみると、
      乳児~未就学児(1万9,045円)や、中学生(2万2,426円)では、
      そのほかの成長段階よりも自由に使えるお金が少なかった。

      さらに、毎月自由に使えるお金の平均額を年代別に比較したところ、
      20代は3万422円(同社「20代の金銭感覚についての意識調査2016」より)、
      30代は3万896円、40代は3万2,895円でさほど違いは見られなかった。しかし、
      未婚者と既婚者にわけて年代別にみると、未婚者では20代3万2,997円、
      30代3万8,292円、40代4万293円となり、既婚者では20代1万9,376円、
      30代2万4,230円、40代2万9,151円に。

      未既婚別では年代が上がるにつれて自由に使えるお金が多くなる傾向と、同年代では
      既婚者より未婚者で自由に使えるお金が多い傾向がみられた。

      現在貯蓄できているお金はいくらあるか聞いたところ、貯蓄できていないとする
      「0万円」が25.4%と、およそ4人に1人の割合でみられ、「1万円~50万円以下」
      (28.3%)と合計すると、半数以上(53.7%)の人が貯蓄額50万円以下
      であることがわかった。

      一方で、「400万円超~500万円以下」(5.4%)、「500万円超~1千万円以下」(6.6%)、
      「1千万円超」(6.6%)といった回答も少なくなく、貯蓄額が300万円を超えている人は
      合計で20.4%とおよそ5人に1人の割合となった。

      家族形成状況別に貯蓄額を調整平均で比較すると、全体では132万円、未婚者は111万円、
      子どものいない既婚者は228万円、子どものいる既婚者は123万円となった。

      さらに、貯蓄額の調整平均を年齢別(5歳区切り)に比較すると、20代前半~30代後半
      までは貯蓄額の上昇傾向が続くが(20代前半28万円→20代後半72万円→30代前半
      95万円→30代後半154万円)、30代後半以降は横ばい(30代後半
      154万円→40代前半147万円→40代後半154万円)だった。

      全財産

      【イメージ画像】
      【【マネー】30~40代の貯蓄額は平均132万円、貯蓄ゼロも4人に1人。】の続きを読む

        このページのトップヘ