『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.10.3

      ビジネスnews+板

      1まとめらいぶ2017/11/16(木) 12:01:13.37ID:CAP_USER.net
      武骨で黒光りするデザインの「G-SHOCK(ショック)」といえば、老若男女に
      愛用されるカジュアル腕時計。「タフネス(頑丈)」という腕時計の新たな立ち位置
      を切り開き、発売35周年の平成30年を前にした今年、世界出荷個数が累計1億個
      を突破した。そんなGショックは今、ブームに沸いた1990年代を上回る売れ行き
      だという。もはやブームの再来といっていい。カシオ計算機(東京)の看板商品は一
      体どんな軌跡を歩んできたのか…。

      Gショックの販売開始は昭和58年。当時の開発担当者が「落としても壊れない腕時
      計」を作ろうと一念発起。ウレタンなどでデリケートな時計部分をくるんだ試作機で
      試行錯誤繰り返した。実験はいたって原始的で、3階のトイレの窓から地面に投げ落
      とし、「割れ」がないか点検する、そしてまた投げる-というものだった。

       開発に2年の歳月を費やし、ゴミ箱に捨てた試作機は200個以上。ようやく完成
      した「タフネスウオッチ」はウレタンで全面を覆いながら時計の心臓部を「点」で支
      える中空構造を採用した。「宝飾品の一部で、衝撃に弱く壊れやすかった腕時計の常
      識を覆した」。開発当初からGショックに携わってきた増田裕一取締役専務執行役員
      はそう振り返る。

       もっとも、案外知られていないのは、日本よりも先に米国でヒットしたことだ。
      「壊れない腕時計」を売り込もうとアイスホッケー選手がパック代わりにGショック
      をぶっ飛ばすテレビCMを米国で放映したところ、「誇大広告ではないのか」といぶ
      かしがる声が出るほど話題が沸騰。アウトドア愛好家らを中心に人気が出て一躍人気
      ブランドにのし上がった。

       日本でヒットしたのは1990年代に入ってからだ。Gショックがその一部に取り
      込まれたストリート・ファッションが米国で流行。それが日本にも紹介されるとGシ
      ョックも“逆輸入”の形で入り込み、日本の若者に浸透していったというわけだ。

       「スノーボードやサーフィン、ダンスなど若者文化の最前線に欠かせない象徴に成
      長し、90年代に空前のGショック・ブームが到来。平成9年度の世界出荷個数が6
      00万個と頂点に達した」(広報)という。丸いデザインやかわいらしさを打ち出し
      た女性向けの「ベイビーG」も大ヒットした。

       現在、Gショックはデジタル・アナログ双方を展開するが、もともとは文字盤に数
      字が並ぶデジタルが大半だった。「アナログに比べて格が下にみられがちなデジタル
      を一躍腕時計の立役者に変えたのがGショック」といわれるほどだ。デジタル一辺倒
      からの方針転換のきっかけは販売低迷だ。9年以降、ブームの反動で出荷個数が坂道
      を転げ落ちるように減少。しばらくの間、ブーム前の水準に落ち込んだため、「経営
      に打撃を与えたほどだった」(増田取締役)。

       そこで、固定ファンがいるアナログ版Gショックに活路を見いだした。加えて電波
      ソーラー機能搭載機、大人向けデザインの「MRG」など矢継ぎ早の新機種を投入。
      海外需要にも支えられて、「16年以降の高機能アナログ戦略で息を吹き返した」
      (広報)。

       初号機以来これまでに約3200モデルが誕生。今春には、標準電波とGPS衛星
      電波の受信、さらにスマートフォンを介してインターネット上の時刻配信サーバーに
      接続し、全世界で常に正しい時刻を表示する「コネクティッドエンジン3-ウェイ」
      搭載機の登場など、ハイテクGショックも出現している。機能の追加やデザインの改
      良などを絶えず続けてきた結果、Gショック人気は再燃している。

       28年度は90年代のブームをしのぐ過去最高の850万個を出荷。29年度も引
      き続き好調で、出荷個数は900万個を見込む。「ブーム第2波の到来」といわれ、
      記録更新に期待がかかる。

       街の時計屋さんはGショックをどう見ているか。腕時計や宝飾品を扱う「オオミヤ
      」和歌山本店の出水伸幸店長は「舶来品に加えGショックの取り扱いでラインアップ
      に幅が出る。この10年、Gショックの売り上げは右肩上がりだ」と話す。専門家に
      も話を聞いた。時計専門誌『クロノス日本版』の広田雅将編集長は「世界の腕時計市
      場で価格が500ドル(5万円台半ば)以下の入門クラスはスイス勢も認知度がまだ
      まだで、Gショックが有力な選択肢の一つとなっている」と、現在はライバルが不在
      だと指摘した。

      【Yahoo! ニュース】
       https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171116-00000500-san-bus_all
      【【時計】G-SHOCKブーム再来!敵不在?】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/11/15(水) 19:29:16.17ID:CAP_USER.net
      セブン銀行などコンビニATMの設置台数は、コンビニ店舗数の増加に伴って拡大して
      きた。セブン銀行の設置台数が2万3368台(17年2月末)、またファミリーマートが
      主導し中堅コンビニが加入するイーネットが1万3272台(17年10月末)、ローソンが
      1万2350台(17年11月末)となっている。

       コンビニ各社の出店加速化で、コンビニATMの設置台数も順調に伸びてきた。
      店舗には必ずATMが付き物だから、今でも台数だけは順調に増えている格好だ。
      セブン銀行も18年2月期は前期比で900台の純増を見込んでおり、
      セブン-イレブン店内や店外での設置が進んでいる。

       なかでもセブンのATM設置台数は、メガバンク3行の合計の設置台数よりも、
      さらに多いという存在感を示している。

       先述した通り、コンビニATMが銀行ATMの受け皿となってきたのは事実で、
      セブン銀行は600以上に上る金融機関と提携、またファミマが主導するイーネットは
      メガバンクや地銀など66行からの出資を受けて金融機関との関係を緊密化、
      コンビニのATM運営会社は手数料収入を軸に収益を上げてきた。

      最近では、稼働率が下がった銀行のATMが“お荷物”となっているという論調も
      目立ってきている。メガバンクとりそなグループ傘下の2行を合わせた
      都市銀行の台数は2001年以降、コンビニATMの急ピッチな
      増加と裏腹に約15年間で1割減少した。

       金融機関のなかには「ATMはコンビニに任せればいい」という方針で、
      自前のATMをゼロにした金融機関もある。

       ATMの導入コストは、1台当たり300万円程度とバカにならない。今や積極的に
      投資する金融機関は少なく、なかには中期的にATMを半減させるという金融機関
      もあるという報道もある。銀行ATMが漸減傾向をたどっていくのは確かだろう。

      利用件数は漸減傾向が顕著
      オリンピックがターニングポイント

       とはいえ、コンビニのATMが安泰かというとそうでもなさそうだ。

       というのも、ATM1台の1日あたりの利用件数を見れば、
      低下傾向が顕著になってきたからだ。

       株式を公開しているセブン&アイ・ホールディングス傘下のセブン銀行の例をみて
      みると、2012年度に111.1件あったものが14年に100.9件、16年に95.5件まで落ち込み、
      17年度の計画も期初の94.7件から最近94.3件に修正するという状態である。平均利用
      件数の漸減傾向は顕著になってきているのだ。

       恐らく、ファミリーマートやコンビニ各社で構成するイーネットや、
      ローソン・エィティエム・ネットワークスも同じ問題を抱えている
      のは間違いないだろう。

       セブン銀行は、ATMさえ設置してしまえば、後はチャリンチャリンと手数料が
      入る仕組みで、これまでグループの「ドル箱」的存在だった。初期投資も、銀行
      ATMに比べて不要な機能を省いているため、100万円台後半と銀行の3分の2
      以下で済んでいるため、積極的に設置台数を増やしてきた。

      しかし、セブン銀行も17年3月期の「経常利益」は、ついに前期比1.2%減と
      わずかながらだが減益に陥った。売上高に相当する「経常収益」も
      同1.3%の伸び率にとどまっている。

       もちろん、ATMが2万3000台以上になり、1台当たりの稼働率が落ちるのは
      当然だという指摘があるかもしれない。

       しかし、セブン銀行の事業活動における「リスク」のところに示されている
      「リスクの兆候」が表れてきたとも言えなくないのだ。

      「将来、クレジットカードや電子マネー等、現金に代替し得る決済手段の普及が進むと、
      ATM利用件数が減少し、当社の業績に影響が及ぶおそれがあります」

       この一文は、セブン銀行の「事業活動リスク」に示されているものだ。
      まさに、今後はこのような「決済革命」が進みそうなのだ。

       これに対し、「いやいや日本人の現金信仰には根強いものがある。そんな簡単に
      現金が不要な世の中にはならない」と見る向きもいるだろう。

       確かに日本人のクレジットカード利用率は15~16%と低い。中国や韓国のように
      50%を超えているような国は極端なケースとしても、米国ではデビットカードと
      クレジットカード合わせて35%と現金離れが進んでおり、ネット通販市場の
      クレジットカード決済比率の拡大で今後は一段と現金離れが進むとみられている。

       ひるがえって日本はどうだろうか。今後2020年の
      東京オリンピック・パラリンピックが一つの
      ターニングポイントになるとみられている。

      【ダイヤモンド オンライン】
       http://diamond.jp/articles/-/149517
      【【金融】コンビニATMの『消滅』がほぼ確実と言われる理由】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/11/07(火) 19:28:52.43ID:CAP_USER.net
      教科書や新聞記事のレベルの文章を、きちんと理解できない中高生が多くいることが、
      国立情報学研究所の新井紀子教授らの研究グループの調査で分かった。新井教授は
      「基礎的な読解力がないまま大人になれば、運転免許や仕事のための資格を取る
      ことも難しくなる」と指摘している。

       調査の名称は「リーディングスキルテスト」。教科書や新聞記事などの文章を
      読んでもらい、意味や構造を理解できているかを調べる内容で、2016年4月
      から今年7月にかけて、中高生を中心に全国で約2万4千人が受けた。問題は、
      コンピューターで受験者ごとに無作為に出題した。

       その結果、例えば「メジャーリーグ選手の出身国の内訳」に関する中学校の社会科
      教科書の文章を読み、内容に合うグラフを正しく選べた中学生は12%で、高校生も
      28%にとどまった。文章には「選手のうち28%はアメリカ合衆国以外の出身」と
      あったが、四つのグラフの中から「72%がアメリカ合衆国出身」という事実を示す
      ものを選択できない生徒が多かった。

       似た文章を比較する問題でも誤答が多かった。調査では、やはり中学校の社会科の
      教科書にある「幕府は、1639年、ポルトガル人を追放し、大名には沿岸の警備を
      命じた」という文と、「1639年、ポルトガル人は追放され、幕府は大名から沿岸
      の警備を命じられた」が同じ意味かを尋ねた。幕府と大名の関係が入れ替わっている
      ため、正解は「異なる」だが、中学生の42%、高校生の27%が「同じだ」と答えた。

       調査では、中高生に読書の好き…

      【朝日新聞】
       http://www.asahi.com/articles/ASKC36GYCKC3UTIL01K.html

      【【教育】教科書の文章、理解できる?中高生の読解力がピンチwwwww。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/11/08(水) 15:02:36.50ID:CAP_USER.net
      Amazon.co.jpは、クラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」に対応した
      スマートスピーカー「Amazon Echo」を日本で発売する。価格は11,980円(税込)
      でプライム会員は4,000円オフ。招待(予約)を本日受付開始し、来週より出荷する。
      また、小型の「Echo Dot」やスマートホーム対応の「Echo Plus」も発売。
      Echo Dotは5,980円(税込)で、プライム会員は2,000円オフ。
      Echo Plusは17,980円(税込)。

       また、4,000万曲のカタログをそろえ、Echo利用者は月額380円で使い放題になる
      「Music Unlimited」もあわせて展開する。通常は月額980円で、プライム会員は
      780円。ファミリープランも月額1,480円で用意する。

       クラウドベースの音声アシスタント「Alexa」は、話しかけるだけで、音楽の再生、
      ニュースやスケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、プロ野球や
      大相撲などスポーツ結果の確認などが可能になる。遠隔音声コントロール技術に
      より、部屋中のさまざまな場所から、話しかけるだけでこれらの機能を呼び出せる。

       Echoは、遠隔音声認識技術と7つのマイクアレイを備え、音声を明確に聞き取る。
      マイクの信号を合成するビームフォーミング技術により、ノイズや反響音、音声指示
      以外の話し声も抑制して認識。スピーカーとしては専用のツイータ、2.5インチの
      ダウンファイアタイプのウーファも備え、「部屋全体に鮮明なボーカルとダイナ
      ミックな低音レスポンスを実現するDolbyプロセッシングも採用している」という。

      【AV Watch】
       https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1090358.html

      【【製品】Amazonのスマートスピーカー『Echo』は11,980円、Alexa日本上陸!380円の音楽配信。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/11/06(月) 15:16:18.83ID:CAP_USER.net
      職場において、仕事のスキルが「技術点」だとしたら、差し入れのスキルは「芸術点」
      といえます。上手な差し入れは、職場での評価を一転させるチャンスです。今回は
      差し入れのお作法について考えます。

      職場男性の残念な差し入れチョイスには、次の3つが多いようです。

      1. 名物のお菓子
      2. 差し入れにオススメと評判のお菓子
      3. テレビやネットで話題のお菓子
      なぜ以上の3つの差し入れがまずいのか、見ていきましょう。

      まず、名物のお菓子は男性にもっとも多いチョイスかもしれません。出張や旅行など、
      どこかに出掛けたので現地の名産お菓子を買ってくるパターンです。つまり、差し入れ
      イコール「お土産」なのです。そのため必然的に差し入れ頻度が下がり、たまの差し入れ
      も駅などで急いで選んだ物が多く、的外れになっているのではないでしょうか。これでは
      いつまで経っても差し入れ本来の効果を得るのは難しいでしょう。

      次に、評判のお菓子です。これは「味がいい」「取り分けなくていいから食べやすい」と
      いった、差し入れにあるべき「機能」を満たすチョイスといえます。差し入れとして
      及第点ではありますが、減点要素がないだけで女性のテンションを上げるほどの
      パンチはありません。

      最後に、話題のお菓子についてですが、女性から「あ、コレ知ってます。
      話題になってますよね」という反応は得られるかもしれません。ただ、
      それで終わりです。女性に対し「流行への感度の高さ」はアピール
      できるものの、話題性だけでは女性のテンションは上がりません。

      では何を選べばいいのか

      話題性と機能(味、食べやすさ)を評価軸に差し入れを買ってくる。そつのない
      仕事ぶりで技術点は高いかもしれませんが、女子のテンションを上げる演出が
      考慮されていなければ、芸術点はロースコア。では芸術点を上げるために
      気をつけるべきポイントとは何なのでしょうか。

      女性へのヒアリングを通して、女性受けのいい差し入れには、
      以下の3つの特徴があることがわかりました。

      1. シーズン
      2. ビジュアル
      3. 渡すタイミング
      なぜこの3つが重要なのか、解説していきます。

      1.シーズン

      ここでいうシーズンには、「イベント」と「季節性」の2種類があります。
      クリスマスやバレンタインといったイベント系お菓子は女性からの支持が高いです。
      ただし、シーズン真っただ中ではインパクトゼロ。クリスマス当日にクリスマスに
      ちなんだ差し入れをしても埋没するだけです。少なくともシーズンの2~3週間前に
      差し入れすると「あ、もうすぐクリスマスですね♪」と女性が感じてくれます。

      【東洋経済】
       http://toyokeizai.net/articles/-/195555
      【【社会】女子が喜んでいない『差し入れ』の特徴3つ、男性の差し入れにありがちな『残念さ』。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/11/07(火) 17:49:15.84ID:CAP_USER.net
      粉飾決算を繰り返していたことが発覚したうえ、原発事業が巨額の赤字を
      垂れ流したことなどもあり、経営危機に陥った東芝。その影響は、
      社員とその家族たちにも及んでいる。

      「あの人はどうしてボロボロになってまで東芝に執着するのか、わからないんです」

       そう語るのは、森田博美さん(仮名・40才)。18年前に10才年上の東芝社員である
      夫と結婚した森田さんだが、当時、彼女の両親は「10才上の夫なんて冗談じゃない。
      娘の老後が大変なことになる」とふたりの結婚に猛反対した。

      「それでも夫の職業を聞くと、『そうか、東芝さんか。それなら年金や福利厚生も充分
      だろうし、倒産もないだろうから、ぜひ結婚してくれ』と手のひらを返してOKが
      出ました。私も結婚後は東芝ブランドを信じて安心して家庭に入り、
      子育てに専念しました」(森田さん)

       夫婦の自宅は東京・板橋の両親の土地に建てた二世帯住宅で土地代がかからなかった。
      その分を2人の子供に注ぎ込み、学習塾のほか、数学や国語の単科やピアノを学ばせて、
      年間の習い事代はおよそ200万円に達した。現在は2人とも中高一貫の私立に通う。

       夫の年収は年功序列で上がり続け、森田さん一家は何不自由ない暮らしを送っていた。
      しかし、不正会計発覚とともに生活は激変した。

      「不正会計の発覚後、業績が悪化して会社から給与にまつわる『緊急対策』が組合に
      提示されました。社員の雇用を守るため組合がこの提案を受け入れた結果、毎月の
      収入が3万円減って、ボーナスが50%カットになりました。夫の年収は一気に
      180万円も下がり、子供たちを私立に通わせる余裕がなくなりました」(森田さん)

       少しでも家計を助けるため、住宅ローンを安いタイプに変更しようとした彼女は
      大きなショックを受ける。余裕で通過すると思っていた審査が通らなかったのだ。

      「以前は金融機関で『夫は東芝です』と言えば、どんな審査でも間違いなく通して
      もらえました。それなのに、今はまったく信用がなくなってしまったことは大きな
      衝撃でした」(森田さん)

      【Yahoo! ニュース】
       https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171105-00000003-moneypost-bus_all

      愕然

      【イメージ画像】
      【【東芝】東芝社員と家族の悲劇!住宅ローン審査に落ち、子は塾をやめるwwwww。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/11/04(土) 19:01:39.42ID:CAP_USER.net
      東北大学は11月1日、内閣府 総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究
      開発推進プログラム(ImPACT)タフ・ロボティクス・チャレンジの一環として開発した
      「犬の情動をリアルタイム推定するサイバースーツ」(以下、サイバースーツ)を公開した。



      タフ・ロボティクス・チャレンジは、「タフでへこたれないロボット」の開発を目的と
      したプロジェクト。技術的に高度であっても限られた条件下でしか作業できない
      "ひよわ"なロボットではなく、災害現場などの緊急性が高く、悪条件な環境での
      活用が行えるロボットを開発している。

      「サイバースーツ」は、災害救助犬向けに開発されたもの。心電計測装置、慣性センサ、
      カメラ、マイク、GPSなどのセンサ、そしてセンサデータを記録/解析するオンボード
      コンピュータ(Raspberry Pi)と、インターネットに情報を送信する通信装置を搭載した。
      重さは約1.5kgで、救助犬に多い中型~大型犬が長時間装着できるように作られている。

      救助犬は感知した異変を吠えて知らせるが、「何を見つけたか」はすぐに確かめられない
      こと、また遠方から吠えて知らせた際、検知した正確な地点が分からないことなどが問題
      となっていた。こうした問題を解消するため、位置情報やカメラの映像をリアルタイム
      共有可能な機能を搭載した「サイバースーツ」を開発した。

      このたび発表された新機能は、心電計測装置と慣性センサの搭載によって、
      「サイバースーツ」を用いた救助犬の活性度、平たく言えば探査行動に対する"やる気"を
      測定するというものだ。これまでは飼い主の感覚に依っていた犬のコンディションの判断
      を客観的に行えるようになることで、救助犬の効果的な運用が見込まれる。

      犬の「やる気」測定の実現はハード・ソフト面双方から開発
      犬の活性度の推定に用いるデータは、心電計から得た心拍変動指標(HRV)と、慣性センサ
      の情報を融合したものとなっている。人工知能アルゴリズムで運動中の快/不快の情動と
      その信頼性を判定し、タブレット端末などにリアルタイムに表示する。

      計測データはネットワーク経由でクラウドサーバに登録。PCでクラウドサーバに
      アクセスし、機械学習で犬の情動変化を判定する。快/不快のどちらに情動が触れて
      いるかをグラフでリアルタイムに示すもので、快=やる気がある状態、不快=やる気
      を失っている状態と判断する。

      これまで、犬の心電をとるにあたり、正確な位置に電極をとりつけるには専門技術が
      必要で、また活動中は電極がずれてしまい計測は困難だった。今回、技術者でなく
      ても、インナーウェアの装着のみで皮膚に密着して電極を非侵襲で設置する方法、
      および活動中に電極が浮かないように固定する方法を開発した。

      会見では、開発に携わった麻布大 菊水教授の愛犬によるデモンストレーションが
      行われた。報道陣など知らない人が大勢いる状況で緊張していたためか、散歩
      しながらエサをもらう段になると急激に「快」の方向へ触れたものの、そうで
      ない時は常時グラフは「不快」方向へ触れていた。犬の様子とグラフの上下が
      リンクしているように感じられた。今後、救助犬などでの検証を行い、
      約2年後の実用化を目標としている。

      今回は救助犬の活用目的での技術開発だったが、「犬の気持ちを知りたい」という
      ニーズは大きく、玩具メーカーなどからそうした目的の製品も発売されている。
      ImPACT タフ・ロボティクス・チャレンジ プログラム・マネージャーの田所諭
      教授は、「一般においても、ニーズがあれば展開していきたい」とコメントした。

      【マイナビニュース】
       http://news.mynavi.jp/articles/2017/11/02/impact_dog/
      【【技術】東北大、犬の"やる気"を測るサイバースーツ開発 】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/11/04(土) 17:43:13.74ID:CAP_USER.net


      2017年11月2日から2日間の日程で開催されるイベント「TREND EXPO TOKYO 2017」
      に合わせ、月刊情報誌「日経トレンディ」が「2017年ヒット商品ベスト30」と「2018年
      ヒット予測ベスト20」を発表した。ヒット商品ベスト30は「売れ行き」「新規性」
      「影響力」の3要素からヒットの度合いを評価し、独自にランク付けしたもの。
      同誌が1987年の創刊以来、毎年12月号で掲載してきた恒例企画だ。

      2018年、ヒット商品のトレンドはどうなる?
      日経トレンディが来年ブレイク間違いないと予想する「2018年の顔」として選出された
      のが、「おかあさんといっしょ」(Eテレ)で「うたのおにいさん」を9年間務めた俳優
      の横山だいすけさん。現在はミュージカルやテレビドラマ、テレビCMなどで
      幅広く活躍している。

       続いて「2018年ヒット予測ベスト20」が発表された。このランキングは、これから
      来年にかけて登場する商品やサービス、施設からベスト20を選んだもの。売り上げ
      だけでなく業界への影響度、消費者へのインパクトも考慮し、総合的に評価した。

       横山さんが気になったというのが、7位の「走って戦うジュニアシューズ」。見た目は
      普通のシューズと変わりないが、内部に加速度センサーが搭載されており、走った距離
      や速度などのデータがスマホに転送されるとゲームが進んでいく仕組み。走れば走る
      ほどゲームが進むので、自宅でゲームに没頭しがちな現代っ子を外遊びに駆り出せる。

       1位となったのが「マルチAIスピーカー」。「編集部では“2つのマルチ”という要素に
      着目した。1つは“マルチAI”で、1つの本体から複数のAIを呼び出せるようにすることで、
      あたかも専門家に尋ねたように料理や音楽などの事柄が検索できる。もう1つが“マルチ
      スピーカー”。スピーカーは一家に1台が当たり前になったが、これからは1人に1台に
      なる。子ども部屋で寝ている子どもを起こしたい際、スピーカーを指定すれば子ども
      部屋だけにアラーム音を鳴らせる」(佐藤編集長)。

      【日経トレンディネット】
       http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1008498/110201008/?P=3
      【【家電】AIスピーカーは1人1台に!今年のヒット商品予測を発表】の続きを読む

        このページのトップヘ