『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.6.20

      ニュース速報+板

      1まとめらいぶ2015/09/05(土) 19:59:10.59ID:???*.net
      米陸軍士官学校「枕投げ」で30人負傷、1人意識不明か

      発信地:ワシントンD.C./米国

      【9月5日 AFP】米ニューヨーク(New York)州ウェストポイント(West Point)の
      陸軍士官学校(United States Military Academy)で初年度の夏季訓練を
      修了した学生らによる恒例の「枕投げ」がエスカレートし、
      30人が負傷していたことが明らかになった。

      ?4日の米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)によると、陸軍士官学校で
      8月20日に行われた「伝統の枕投げ」により24人が脳震とうを起こすなど
      計30人が負傷した。脚の骨折や肩の脱臼なども報告された。

      同紙によると少なくとも1897年にまでさかのぼる恒例の枕投げは
      米陸軍士官学校の「通過儀礼」で、新入生が受ける厳しい
      夏季訓練の修了を祝し、同窓意識を育むのが目的。

      ?同校の広報官は、枕投げを監督した上級生らがヘルメットの着用を命じる
      などの「緩和措置」を取っていたと同紙に語ったが一部の学生が
      ヘルメットを枕の中に入れたため悲惨な結果となった。

      動画投稿サイト「ユーチューブ(YouTube)」に投稿された動画には、
      士官学校の庭で数百人の学生が、互いに枕で徹底的に叩き合う場面が
      撮影されていた。マイクロブログの「ツイッター(Twitter)」には
      血まみれになった学生の写真が投稿された。

      同広報官は「ウェストポイントは、団結心を高めようとする学生らの気持ちを
      称賛するとともに、負傷者が出たことを遺憾に思う。負傷の原因について
      適切な調査を実施中だ」と語り、学生は全員授業に復帰したと明らかにした。

      同紙によるとこの件で処分を受けた学生はおらず枕投げを中止する
      予定もない。しかし、一部の学生が同紙に語ったところによると、
      殴られて意識を失った学生1人が授業に復帰していないという。

      米陸軍士官学校の枕投げは、
      2012年に枕の中に金庫を入れた学生がいたために
      翌年は中止された。

      【(c)AFP
      【【国際】米陸軍士官学校『枕投げ』で30人負傷、1人意識不明になる。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/08/30(日) 17:40:54.39ID:???*.net
      紅茶が歯周病菌と口臭抑制…

      キリンの研究所実証

       キリンの「飲料技術研究所」(横浜市)は、紅茶が歯周病菌と
      口臭を抑制する効果があることを実証したと、
      日本口臭学会などで発表した。

       同研究所は北海道医療大の鎌口有秀准教授と共同で、
      紅茶に含まれるポリフェノールが、
      歯周病菌の活動や口臭成分の濃度に与える影響を調べた。

       飲用の10分の1の濃度に薄めた紅茶を加えた培地で、
      歯周病菌を6日間培養し、菌の濃度の変化を測定した。
      すると、抗菌作用を持つポリフェノールとして知られる緑茶
      カテキンと同程度に、歯周病菌の増殖が抑えられたという。

       歯周病菌が作り出す、歯茎を溶かすたんぱく質分解酵素への影響も調べた。
      歯周病菌液に飲用の100分の1の濃度の紅茶を加えたところ、
      最大で8割強、酵素の活動が抑制されたとしている。

      読売新聞

      紅茶と女性

      【イメージ画像】
      【【科学】紅茶が歯周病菌と口臭抑制、キリンの研究所が実証。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/08/28(金) 18:27:22.20ID:???*.net
      通例、我々週刊誌は、
      1メーカーの1商品だけを特別に取り上げ、称揚することはない。
      ジャーナリズムとしては特定の企業を利することは避けねばならないし、
      逆に、いわゆるステマ(ステルス・マーケティング)として、
      広告料をもらって作成している記事と見られたくないからだ。

      しかし今回、その慣例を破って、あえて紹介したい商品がある。
      本誌編集者がプライベートで購入し、その性能に驚き、
      別の編集部員に教えた。そんな話を雑談でしているうち、
      どうやらこれは画期的商品ではないかという結論に至った。
      これはステマではありません。
      パン好きの読者に実感をもってお勧めする話です。

      近年、海外の人気ベーカリーが続々と日本上陸を果たし、
      学校給食で毎日のようにパンを食べていたシニア世代の間で
      “オヤジのパンブーム”が広がっている。

      こうして広がるパン食志向の中で
      異例のベストセラーとなっているトースターがある。
      「世界一おいしいパンが焼ける」という触れ込みで、
      7月にバルミューダが発売した「BALMUDA The Toaster」が大人気なのだ。
      値段は、2万2900円(税抜き)と、トースターとしてはかなり
      高額にもかかわらず、売り切れる店も出ている。

      「一般的なトースターは大手メーカー製品で2000~3000円、
      メーカーにこだわらなければ1000円以下です。しかし、
      バルミューダは『美味しさという価値で勝負する』という大手とは
      違う角度から参入した。大手なら市場価格を大幅に上回る
      製品を作るのはリスクが高いので、そういった発想は生まれ難い」

      (家電アドバイザー・鴻池賢三氏)

      バルミューダ広報はいう。

      「製品が提供する価値が市場に見合うはずと、
        最終的には社長が決定しました」

      では、バルミューダのトースターは他社のトースターと何が違うのか?
      このトースターでパンを焼く際は給水口に5ccの水を注ぐ。
      すると庫内にスチームが充満して、
      パンの表面は水分の膜でコーティングされる。
      これによってパンの内側に水分を閉じ込めながら、
      表面をサクッと焼き上げることができる。

      コンピューターによる温度制御もポイントで、
      風味が出る60℃、表面がきつね色になる160℃、
      そして焦げ目がつく220℃の3つの温度帯に制御されているため、
      パンの耳だけが焦げてしまう心配もなく、冷凍したパンも通常の焼き
      時間に1分加えただけで、焼きたて同然になる。
      また普通の「トースト」モード以外に
      「チーズトースト」、「フランスパン」、「クロワッサン」と、
      パンの種類や乗せる具によって
      最適な焼き方を選べるのも魅力のひとつだ。

      (以下省略)



      【NEWS ポスト セブン】
       http://www.news-postseven.com/archives/20150828_344893.html
      【【超高級】お値段『22900円(税抜)』トースターをご覧ください】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/08/27(木) 13:54:07.77ID:1bJbsMqV0.net BE:365460454-PLT(15444)
      日本には、長い歴史の中で、
      幾度も天変地異に遭っている土地が存在する。
      そういう場所には先人が災害を示唆する地名をつけていることが多い。
      つまり地名を知れば、災厄を予見し、我が身を守ることもできるのだ。

      だがそうした地名は、時の流れの中で名称が変わってしまい、
      表面的にはその危険性がまったく
      わからなくなってしまっている土地もある。

      自由が丘をはじめ、日本全国には「○○が丘」や「○○台」、
      あるいは「希望」や「光」といった明るい意味の単語を使った地名は数多い。
      そのほとんどは近年つくられたばかりの新興住宅地。ところがそうした場所は、
      古い地名が災害と関係していることがしばしばある。

      そう語るのは「地名情報資料室」を主宰し、
      『この地名が危ない』(幻冬舎新書)などの
      著書をもつ地名評論家の楠原佑介氏だ。

      「新地名が一つ誕生すると、少なくとも数個の旧地名が抹消されます。
      そうなるとその土地に根付く伝承、それこそ災害の歴史も人々から
      忘れ去られてしまいます。残念なことに今の日本には
      『聞こえの悪い地名は変えてしまえ』という風潮が蔓延しています。

      不自然に明るい印象を受ける地名が付けられる背景には、
      行政や企業が災害を示す旧地名、いわゆる『あぶない地名』を
      隠そうとする意図が見られる場合もあるようです」

      災害の記憶をいまに伝える日本全国「あぶない地名」 

      この漢字が入っていたら要注意!

      現代ビジネス



      【2ちゃんねる】
       http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1440478936/36
      【地名に入っていたらヤバイ漢字一覧、あなたの住所は大丈夫?。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/08/27(木) 10:46:09.63ID:???*.net
      学校の給食がない夏場を不安に過ごす家庭がある。
      寄付で集めた食品などを生活困窮者に届けるボランティア団体
      「フードバンクかわさき」(川崎市多摩区)には今夏も、そんな家庭から
      「子どもに食べさせるご飯がない」といったSOSが多く寄せられる。
      厚生労働省の統計では18歳未満の6人に1人が貧困という。
      対策は待ったなしだ。

      (横井武昭、写真も)

      「夏休みは給食がないので地獄。
      家で子どもにひもじい思いをさせたくないが、家計のどこを削ればいいのか…」。
      同市内のアパートで小学五年の長男(10)と暮らす母親(41)がため息をついた。
      薬物に手を出した夫と離婚。病気で車いすを使い、生活保護を受ける。

      食費は月二万円。育ち盛りなのでバランス良く食べさせたいが、安い麺や、
      インターネットで買う格安の米になりがち。「夏休みだから、子どもに
      遊びに行くかと聞いても『暑いからいい』と。本心は違うと思いますが」

      フードバンクかわさきは、そんな生活困窮者を支援する。
      扱うのは、品質に問題はないがラベルの印刷ミスで販売できなかったり、
      余った食品。それらを企業や個人から寄付してもらい、自分たちの車で配送し、
      宅配便を使って無償で届ける。自治体の福祉担当部署から紹介される
      などした川崎市や神奈川県平塚市、関西地方など県内外の
      困窮する約百世帯二百人がつながる。

      六畳の事務所にはカレーなどのレトルト食品、サバの缶詰、
      キャベツ、タオルなどが山積み。「今日はお肉が入ったよ。サバ缶もいる?」。
      高橋実生(みお)代表(43)がメールや電話で要望を聞き、先方の体調にも
      留意して品を選ぶが、夏場は「食べ物がない。助けてください」などと
      切迫した内容が増える。そのため仕入れる食品の数も大幅に増やす。

      高橋さんは
      「個人世帯の貧困は見えづらい。
      周囲の目を気にして生活保護を受けない場合もある」。
      自身も夫の暴力を受け離婚。高校三年生の長女と
      中学三年生の長男を育てている。精神的な病気も発症して
      仕事もままならず生活が困窮した。そんな経験から
      「貧困はいつ陥るか分からない。必要な人が支援を受けられるように」
      とフードバンクをつくった。

      「自分も夏はしんどかった。
      子どもを遊びに連れて行けないまま家にいるとクーラーなどの電気代もかかる」

      前出の母親は最近、フードバンクかわさきから、キャベツやトマトを提供された。
      長男と一緒に野菜を切り、スープを久しぶりに作った。
      「これで野菜を食べさせてあげられる」。
      母親の声が弾んだ。

      ◆子どもの貧困6人に1人

      子どもの貧困は深刻な問題となっている。子どもの貧困率は、
      平均的な所得の半分を下回る世帯で暮らす十八歳未満の子どもの割合で
      示すが、二〇一二年に16・3%で過去最悪になった。子どもの六人に一人が
      貧困と言われるゆえんだ。ひとり親世帯の貧困率は
      同年54・6%で半数を超える。

      こうした状況を踏まえ昨年、
      子どもの貧困対策推進法が施行され、
      対策に関する大綱が閣議決定された。

      厚生労働省は二十六日、子どもの貧困対策の重点施策として
      一六年度予算の概算要求に、ひとり親家庭支援など三百六十六億円を
      盛り込んだ。だが大綱には、貧困率削減の数値目標は盛り込まれていない。

      跡見学園女子大の鳫(がん)咲子准教授(行政学)は
      「市町村などが果たす役割は重要。給食費や電気水道代の滞納があれば、
      貧困のシグナルと気付き、支援につなげるべきだ」
      と指摘。
      「子どもはどの子も大切。格差があってはならない」
      と強調する。

      <フードバンク> 
      食品企業の製造工程で発生する規格外品などを引き取り、
      福祉施設などへ無料で提供する取り組み。食べられるのに廃棄される
      「食品ロス」の削減にもつながる。国内では2000年以降各地で設立され、
      農林水産省によると、14年現在で40団体が活動。フードバンク
      かわさきは13年に設立し個人世帯への支援を行う。



      【東京新聞】
       http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2015082702000118.html
      【【社会】困窮家庭『子どもに食べさせるご飯がない』給食ない夏休みにSOS】の続きを読む

        このページのトップヘ