『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.6.20

      ニュース速報+板

      1まとめらいぶ2015/07/12(日) 13:23:27.47ID:???*.net BE:287993214-PLT(14012)
      岸田外務大臣会見記録

      (平成27年7月10日(金曜日)8時32分 於:官邸エントランスホール)

      ■シリアにおける邦人ジャーナリストの拘束疑い事案

      【フジテレビ 藤田記者】フリージャーナリストで安田純平さん
      という方がシリアで今連絡が取れなくなっている状態にあると
      いうことなのですけれども,彼に関する情報などは
      外務省の方に入っているのでしょうか。

      【岸田外務大臣】少なくとも今現在邦人が拘束されたという情報には
      接してはおりません。平素から様々な情報収集に努めてはおりますが,
      今申し上げたような情報には接してはおりません。

      【テレビ東京 鵜飼記者】その安田さんのことなのですけれども,
      今シリアに入っているというのは外務省としては
      把握されているのでしょうか。

      【岸田外務大臣】
       そのことも含めて私(大臣)は確認はしてはおりません。

      外務省
      【【国際】イラク、日本人がシリアにて拘束された模様!?。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/07/10(金) 21:54:30.66ID:???*.net
      更生を誓っていたはずの人気タレントが再び事件を起こしました。
      田代まさしさんが女性のスカートの中を盗撮した疑いで
      警視庁の事情聴取を受けていることが分かりました。
      警視庁は書類送検する方針です。

       今年3月、都内で出版記念
      トークライブを開いた元タレントの田代まさしさん。

       「度重なる事件によって、いろいろな人を傷つけたり、
      ご心配かけたりしたことを、この場を借りておわびしたい」
      (元タレント 田代まさしさん)

       現在は薬物依存者の社会復帰を支援する施設で、
      リハビリ生活を送っています。

       「家族を失って、お金も失って、信用も失って、友達も失って。
      そんな思いをしてでも薬に走ってしまうっていうのが、
      薬物の怖さだと思います」(元タレント 田代まさしさん)

       田代さんは法務省のイベントでも「僕はまだ立ち直っていません」と、
      社会生活への復帰途上であるとの発言を繰り返していました。
      そして、10日。

       警視庁などによりますと、今月6日午後6時40分ごろ、
      東京・世田谷区の二子玉川駅ホームで、盗撮をしている
      男がいると通報があり、警察官が駆けつけたところ、
      田代さんが女性のスカートの中を携帯電話で盗撮した
      ことを認めたということです。盗撮されたとみられる女性は、
      そのまま立ち去り、被害届は出ていないということです。

       田代さんは2000年にも目黒区の都立大学駅で
      女性のスカートの中を盗撮したとして書類送検されています。

       「ダジャレでギャグの映像とか写真とかの部分で、
      ミニにタコができるっていう部分を撮りたいなっていう・・・」
      (田代さんの釈明会見 2000年)

       この事件について、3月に出版した本の中で「芸能界のストレス」を
      理由にあげていた田代さん。警視庁は田代さんから詳しく事情を
      聴くなど捜査をしていて、東京都迷惑防止条例違反の疑いで
      田代さんを書類送検する方針です。(10日17:08)

      【TBS News i】
       http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2537218.html
      【【社会】田代まさし、スカートの中を盗撮の疑いで書類送検。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/07/10(金) 23:04:18.54ID:???*.net BE:287993214-PLT(14012)
      電車内での女性の化粧。
      数十年前はほとんど目にしなかったが、
      現在では堂々と行われるようになった。

      そんな中、「見苦しい」「においがいや」といった苦情が寄せられていた
      大阪市営地下鉄・大国町駅が独自判断で、乗客にやめてほしい
      行為として、駅構内に啓発ポスターの掲示を始めた。

      市交通局はスマートフォンを歩きながら操作する
      「歩きスマホ」や車内での通話、さらに一般的な迷惑行為については
      啓発してきたが、「電車内での化粧」を取り上げるのは初めてで、
      全国的にも珍しい。なぜ異例の措置に出たのか。(張英壽)

      ■JRや私鉄は「なし」

       啓発ポスターは大国町駅の上り下りホーム計6カ所に掲示。
      乗客アンケートの結果を受け「やめてほしいこと」として多い順に
      1~5位を記し、ここに4位の「車内での化粧」が入っている。
      このほか、1位「歩きスマホ」、2位「車内での通話」、
      3位「荷物での座席の占有」、5位「車内での飲食」となっている。
      電車内での化粧についての啓発ポスターは、JR西日本や阪急電鉄、
      近鉄、京阪電鉄、南海電鉄にはない。

       アンケートは、昨年11月22日から28日の7日間にわたり、
      市営地下鉄四つ橋線の乗務員が業務終了後に同線の西梅田駅と
      住之江公園駅で実施。乗客を対象に「車内マナーで迷惑に感じる行動」を、
      9つの選択肢の中から選ぶ形で行われた。複数回答で、
      回答件数は2314件に達した。

       アンケート結果によると、4位の「車内での化粧」は264件で約11・4%を占めている。

       このほか、
      1位「歩きスマホ」401件(約17・3%)
      ▽2位「車内での通話」369件(約15・9%)
      ▽3位「荷物での座席の占有」272件(約11・8%)
      ▽5位「車内での飲食」239件(約10・3%)
      ▽6位「大声での会話」224件(約9・7%)
      ▽7位「ヘッドホンの音漏れ」218件(約9・4%)
      ▽8位「優先座席の使い方」216件(約9・3%)
      ▽9位「床への座り込み」111件(約4・8%)-となっている。

       アンケート結果は今年3月から4月に約1カ月間、
      市営地下鉄四つ橋線の全11駅に掲示していたが、
      同線と御堂筋線が通る大国町駅は4月から独自判断で、
      アンケートをもとに1~5位を記した啓発ポスターをつくり掲示した。

       決断したのは、大国町駅の坂野明駅長。駅に電車内での化粧や、
      歩きスマホ、車内での通話などについて苦情が寄せられ、
      マナー啓発が必要と考えたためだ。

       坂野駅長は車内での化粧について
      「年配の人から『見苦しい』との声があり、横に座った
      男性からは『においがいやだ』という声があった」と打ち明ける。
      さらにマナーだけでなく、動く電車内で特にアイシャドーなど目の
      メークは「もし何らかの事情で急停車した場合、危ない」と指摘する。
      ポスターは当分掲示するという。

      ■前年度は1位

       四つ橋線のアンケートは平成25年度も実施されており実は、
      このときは「車内での化粧」がトップの596件を占め、
      「携帯電話による通話」(574件)や「車内での飲食」(505件)、
      「荷物での座席の占有」(466件)などよりも多かった。

       アンケートは23年度から開始し今回で4回目。選択肢から
      複数回答する方式は変わりないが、自由記入欄があり1、2回目に
      「車内での化粧」をあげる意見が多くあった。このため、
      25年度の3回目の選択肢に初めて盛り込んだところ、
      いきなりトップに躍り出たのだ。

       一方、全国72の私鉄が加盟する日本民営鉄道協会(東京)
      でも毎年度、「駅と電車内の迷惑行為ランキング」として、
      ホームページ上で実施したアンケート結果を公表している。

       15の選択肢から複数選ぶ方式だが、
      「車内での化粧」は現在の方式を始めた21年度から26年度
      まで6~10位に入っている。26年度、「車内での化粧」は9位だが、
      「喫煙」(11位)や「混雑した車内での飲み食い」(13位)よりも
      上位というのは驚きだ。

       市営地下鉄ではこれまで、
      人にぶつかるなどの危険性がある歩きスマホや携帯電話による
      車内通話について駅の放送やポスター掲示で積極的にやめるよう
      呼びかけてきた。また車内放送で、「迷惑行為」を見かけた場合、
      乗務員らに知らせるよう呼びかけているが、電車内での
      化粧に特化した啓発はしてこなかった。







      産経ニュース
      【【社会】『電車内で化粧やめて!』地下鉄の駅に異例の啓発ポスター、乗客苦情で決断。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/07/06(月) 12:30:52.32ID:???.net
      ASCII



      (図表はサイトにて)

       皆さんは、パソコンなどでブラウザーは何を利用しているだろうか。
      ブラウザーは1991年に生まれて以来激しいシェア争いが続いており、
      「ブラウザー戦争」などとも呼ばれている。世界、日本における
      ブラウザーのシェア、バージョンごとのシェアを見ていこう。

       StatCounterによる、
      世界のデスクトップPCにおけるブラウザーシェアを見ていこう。
      それによると、2008年7月は、1995年に登場して以来市場を
      席巻していたInternetExplorer(IE)のシェアが約68.57%でトップ。
      続いてFirefoxの26.14%などとなっていた。

       ところが、2012年5月にはIEとChromeのシェアは
      約32%程度同士で拮抗する。一貫してIEは右肩下がりなのに対して、
      2008年にβ版が登場したChromeは一貫して右肩上がりであり、
      Firefoxは緩やかに下降している。

       その結果、2015年5月のシェアは、Chromeが52.32%、
      IEが19.9%、Firefoxは17.87%、Safariは6.31%、Operaは
      1.73%となっている。前回から順位こそ変わっていないが、
      とうとうChromeがシェアの半数を超えた一方で、
      IEとの差は拡大。IEはFirefoxを下回る可能性も出てきたのだ。

       なお、モバイルやタブレットまで入れたブラウザーシェアとなると、
      2015年5月時点でChromeが43.97%でトップ。続いてSafariが13.47%、
      IEが12.31%、Firefoxが11.14%、Androidが6.57%等となっている。
      スマホの普及により、SafariがIEを抜くという順位の逆転が起きているのだ。

       ところが、日本では世界と状況が異なっているようだ。
      StatCounterによると、2015年5月時点のデスクトップPCでの
      シェアは、IEが41.62%でトップ。続いてChromeが34.52%、
      Firefoxが15.02%、Safariが6.19%、Operaが1.24%となっている。
       やはり日本でもIEは右肩下がりであり、逆にChromeが右肩
      上がりで伸びている。日本で人気の高いIEだが
      前回に比べて両者の差が縮まってきていることが分かる。
      【【ブラウザ】遂に日本でもIEが過半数割れに、世界は既にChromeが寡占。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/07/07(火) 18:28:37.20ID:???*.net
      「ジャポニカ学習帳」を製造・販売する
      ショウワノート(本社・富山県高岡市)とネット通販大手の
      アマゾンジャパン(東京都目黒区)は7日、歴代ジャポニカ学習帳
      人気投票の結果を発表した。ノートのロングセラー商品、
      ジャポニカ学習帳の45周年記念企画として、ショウワノートと
      アマゾンが共同で行ったもの。投票の結果、復刻版が発売され、
      学習帳表紙の昆虫写真が約3年ぶりに復活することになった。

      同企画は、1970年代、80年代、90年代、2000年代に
      発売された各20種類・全80種類のジャポニカ学習帳の中から、
      好きな表紙ノートを1冊選び投票する形式で行われた。各年代の
      1位になったノート4冊と、初期シリーズの一つの「ひまわり」を
      加えた5冊セットが復刻され、 アマゾンの「文具・オフィス用品ストア」で
      3000セット限定で販売される。価格は1080円で
      7日から予約を開始した。発売予定日は8月7日。

      学習帳の表紙には、昆虫や植物の写真が使われていたが、
      教師や保護者から「気持ち悪いので変えてくれませんか」
      などの要望が寄せられるなどして不評だったのを理由に2012年
      から表紙に昆虫の写真が使われなくなっていた。
      今回の復刻版の発売で、表紙の昆虫が約3年ぶりに復活した。

      人気投票のランキング上位には、昆虫の表紙が多数を占め、
      70年代は「クワガタ」が、80年代は「カブトムシ」が1位に。
      90年代と2000年代は「蝶」がトップとなり、
      昆虫が首位を独占した。

      【松崎進】





























      毎日新聞
      【【社会】ジャポニカ学習帳『虫の表紙』が3年振りに復活、人気投票で昆虫が首位独占。】の続きを読む

        このページのトップヘ