カテゴリ:2chまとめ > ニュース速報+板

1:まとめらいぶ 2018/09/08(土) 13:56:02.59 ID:CAP_USER9
【grapee】
 https://grapee.jp/556103

no title

セブン-イレブンでクレープを買った鉄心(@3rdtoy)さんは、店員から試飲を勧められます。
鉄心さんが見ると、小さいコップに入っていたのは琥珀色の液体だったそうです。新商品の
ドリンクでしょうか。

コンビニで試飲を勧められるのは珍しいことですよね。
しかも、店員からいきなりコップを渡された鉄心さんはびっくり。「え、これ何!?」と尋ねます。
そして、店員の回答は…。

@3rdtoy
 https://twitter.com/3rdtoy/status/1036576809502928896

店員「おでんの汁です」
なんでやねん、いらんわ!…そうツッコむ鉄心さん。

確かに、これからクレープを食べようという客におでんの汁とは…。鉄心さんは、
「お酒やおにぎりを買った客に勧めるならまだしも…」と呆れ気味。
おでんを販売する季節になり、店員は出汁のおいしさを知ってもらいたかったのでしょう。
「おでんの汁おいしい!じゃあクレープと一緒におでんも買おうかな!」とは、
ならない気がします。

せめて、試食の具が入っていれば反応も違ったのかもしれませんね!

引用元: 【試飲キャンペーン】セブンイレブンさん、レジでお客に琥珀色の飲み物を勧める 客「何これ?」 店員「おでんの汁です」

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/09/04(火) 19:19:58.24 ID:CAP_USER9
【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00000525-san-soci

午前中で運転取りやめが予定されているJR三ノ宮駅(神戸市中央区)では4日朝、
早すぎる“最終電車”を前に、出社するか帰宅するか否か頭を悩ませるサラリーマンの姿が見られた。

近くの会社に勤める同市垂水区の吉井達彦さん(41)は
「仕事に行くと今日中に帰宅できるか分からない。このまま出社するか、家に引き返すか、
上司と相談している」と疲れた表情。出張で神戸を訪れた大津市の会社員、橋本千紘さん(22)は
「今夜帰ろうと思ったが、運転も取りやめなので、台風が上陸する前に帰ってしっかり備えたい」と
話した。

一方、神戸港(神戸市中央区)は大半の船が前日までに別の場所に退避を済ませており、人の姿も
まばらな状態。近くの長田港(同市長田区)では、漁師らが防潮堤を閉めたり、船や漁具の倉庫を
固定したりする作業に追われていた。

地元の漁師、尻池知之さん(47)は「今回の台風は勢力が強く、何が起きるか分からない。
今できる備えは万全にしておきたい」と気を引き締めた。

台風

【イメージ画像】

引用元: 【台風21号】「出社すべきか、家に引き返すべきか・・・」早すぎる“最終電車”を前に朝の駅で苦悩するサラリーマンの姿。JR三ノ宮駅

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/08/29(水) 21:44:14.94 ID:CAP_USER9
金沢市の小学校に勤務する男性教師が女子児童に全裸の写真を撮影させ、その画像を
保存したとして逮捕されました。 児童ポルノ製造の疑いで逮捕されたのは、金沢市
田上本町の小学校教師・宮岸幸平容疑者(39)です。

警察によりますと宮岸容疑者は、石川県内の女子児童とSNSを通して知り合いました。
そして今年1月、女子児童に自分の裸を撮影するよう指示し複数回、画像を送らせ保存した
疑いです。宮岸容疑者は「18歳未満と知っていた」などと話し、容疑を認めています。
宮岸容疑者は金沢市内の小学校で2年生の担任を務めていて、校長によりますと
「仕事はまじめだった」ということです。宮岸容疑者は7年前に著作権法違反で逮捕
されていて、停職2か月の処分を受けていました。この小学校では近いうちに保護者
説明会を開きます。

【石川テレビ】 
 http://www.ishikawa-tv.com/news/itc/00214187

シャボン玉

【イメージ画像】

引用元: 【石川】小学校勤務の39歳男性教師 女子児童に撮影させた全裸画像を送らせ保存した疑いで逮捕

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/06/03(日) 16:53:23.97 ID:CAP_USER9
 「宝石の国」「まさにインスタ映え」。

 細かく砕いたガラスをまいた長崎県大村市の美しい砂浜が、インターネット上で話題を
集めている。実はこれ、大村湾の水質改善に向けて、植物プランクトンを食べるアサリを
育てるために敷かれた人工砂だ。事業を進める県は思わぬ反響に驚きながら、

「海が浄化され、多くの人に親しんでもらえるよう取り組んでいきたい」

としている。

 同市森園町の公園近くに位置し、大村湾に面した砂浜。透明や青、緑、茶色などの小さ
なガラスの粒に、太陽の光がキラキラと反射する。県内の一般家庭から出された空き瓶な
どを砕いたもので、平均1ミリ前後。角は取れていて、触っても切れたり刺さったりする
ことはない。

 大村湾の水質は悪化しており、1976~2008年の化学的酸素要求量(COD)は
1リットル当たり3・4~2・1ミリ・グラムで、国の環境基準(2ミリ・グラム)を超
えた状態が続いている。植物プランクトンの大量発生による赤潮や貧酸素が課題となって
いる。

 県環境保健研究センター(大村市)の粕谷智之専門研究員は「大村湾の状態を人間で例
えると、栄養過多でメタボリックな状態」と説明する。改善策として着目したのが、植物
プランクトンを餌とするアサリなどの二枚貝。アサリを増やせば、過剰な栄養を回収でき
る。

 センターの研究で、同市周辺の海域にはアサリの幼生が集まりやすく、1~2ミリ程度
の人工砂を敷くと着底しやすいことが分かった。12年には、実験用プラントを大村湾に
つながる水路に設置。翌年には5ミリ前後のアサリが1平方メートル当たり263個採取
された。

 この結果を受け、県は16年、約6500万円をかけて、約1ヘクタールの砂浜に約3
000立方メートルのガラスを砕いた人工砂をまいた。その後、1平方メートル当たり約
200個のアサリが確認された。

 県は今後も長期的に調査を続ける方針で、地域環境課の担当者は「いつかアサリが増え
て水質が良くなる日まで、人工砂やアサリを取らずに見守ってほしい」と呼びかけている。

画像:カラフルに輝くガラス片でできた砂浜

no title

画像:実験で採取されたアサリの稚貝

no title


【読売新聞】 
 http://www.yomiuri.co.jp/national/20180602-OYT1T50117.html

引用元: 【話題】〈画像〉まるで「宝石の国」「まさにインスタ映え」輝くガラスの砂浜、アサリ育てる…ネットで話題

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/04/15(日) 15:50:55.65 ID:CAP_USER9
カラオケ店で店員を脅し料金を踏み倒したとして、警視庁竹の塚署は恐喝容疑で、東京都
足立区関原の無職、吉沢悟容疑者(32)を逮捕した。「怒鳴りはしたが、代金は支払っ
た」などと容疑を否認している。吉沢容疑者と一緒にいた仲間が犯行の様子を撮影し、動
画投稿サイトで生中継していた。 

 逮捕容疑は昨年9月7日、足立区内のカラオケ店で、料金を請求したアルバイト店員の
男性(21)に「話が違う。飲み放題って言ったよな」などと言って脅し、料金2万円の
うち5千円しか支払わなかったとしている。

 竹の塚署によると、動画は別の動画投稿サイト「ユーチューブ」にも転載され、視聴者
からの批判的なコメントが殺到する「炎上」状態に。騒ぎを知ったカラオケ店の本社が昨
年11月中旬に警視庁に相談していた。

【産経ニュース】 
 http://www.sankei.com/affairs/news/180414/afr1804140007-n1.html

カラオケ

【イメージ画像】

引用元: 【東京】「飲み放題って言ったよな」カラオケ店での、恐喝犯行動画をYouTube投稿し「炎上」 32歳無職の男を逮捕★2

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/03/30(金) 21:48:57.43 ID:CAP_USER9
◆伝説の「ふともも展」が再び!4月27日(金)から5月6日(日)、原宿に1000脚が集結

ふともも写真の世界展実行委員会は、“ふともも”をモチーフに作品を撮り続ける
写真家・ゆりあ氏とのコラボレート写真展&物販展「ふともも写真の世界展
2018 in 原宿」を4月27日(金)~5月6日(日)に開催する。

ふともも展といえば、先日賛否両論が渦巻いた末に開催が中止された話題の写真展。
ファンの間で中止を惜しむ声が続出した伝説の企画が、内容をグレードアップ
させてGWに原宿に帰ってくる。

写真:GWに開催される「ふともも写真の世界展示2018 in 原宿」

no title

同イベントは2015年7月に「曖昧☆ふともも写真展」というタイトルで初開催されて
以来、地方巡回展を含めておよそ3万5,000人を動員している人気展。フェティシズム
の追求からアートへと昇華した内容で、女性客の数も回を追うごとに増加している。

今回の展示作品数は500点以上。
1,000脚以上のふとももアートで埋め尽くされた会場内は、まさに圧巻の光景だ。

写真:アーティスティックな写真が勢ぞろい!

no title

写真の構図や背景、光の取り込み方なども楽しみたい

no title

屋外で撮影された季節感あふれる一枚も人気

no title

そのほか、一緒に写真が撮れるだけにとどまらない体験型のフォトスポットや、
集中してふとももアートと向き合える“孤高のふともも”スペースなども登場。
SNSの投票で豪華景品がもらえる「ふともも総選挙」も実施予定だ。さらに、
来場者先着2,000名にオリジナルのポストカードセットがプレゼントされる。

開催中止の発表を受け、様々な意見が寄せられているふともも展。
アートか否か、まずは会場に足を運んで判断してみてはいかかだろうか。

■「ふともも写真の世界展 2018 in 原宿」
会場:Chromatric Gallery(東京都渋谷区神宮前2-33-5 パークノヴァ神宮前1F)
期間:4月27日(金)から5月6日(日)
時間:10:30?18:30(入場は18:00まで、最終日は17:00まで)
休館日:なし
入場料:700円
主催 : ふともも写真の世界展実行委員会

【ウォーカープラス】
 https://www.walkerplus.com/article/142004/

引用元: 【写真展】伝説の「ふともも展」が再び!4月27日(金)から5月6日(日) 原宿に1000脚が集結

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/04/15(日) 12:07:08.56 ID:CAP_USER9
KDDIやセコムなどが、複数のドローン(小型無人機)を同時に飛ばして広いエリアを警備
する技術の開発を進めている。ドローン同士の衝突などを避けるための遠隔管理に携帯
電話回線を活用。特別な無線インフラを整備せずに様々な場所での飛行を可能にする。
東京五輪もにらんだドローン警備の実現に向け、携帯電話会社が大きな役割を担おう
としている。

「あなたの行動はすべて画像に記録されています。すぐに犯行を止めなさい」。相模原市
の遊園地「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」の園内で、不審者を発見したドロ
ーンからの警告音が鳴り響いた。

KDDIとセコム、ドローンの運航管理システムなどを手がけるテラドローン(東京・渋谷)
などが実施した実証実験の一幕だ。東京ドーム30個分以上という広大な敷地の上空を4台
のドローンが同時に飛び、遊戯施設などを警備した。

4台のうちの2台は高度60メートルの上空から遊園地全体を見下ろして監視。別の2台は40
メートルの高さをあらかじめ設定したルートに沿って飛び、不審者を発見した場合は直ち
にルートを変更して追いかける役割を与えた。

異なる高度から警備

実験ではドローンが不審者役の人間を追いながら、搭載したカメラで撮影。映像をLTEの
通信回線を使って監視センターに送信した。監視センターでは送られてきた映像を確認す
ると同時に、運航管理システムで位置をチェック。即座に警備員を急行させた。

こういった一連のドローンの動きを実現するには精密な制御技術が欠かせない。「他のド
ローンと衝突させないように、通信回線を使ってリアルタイムでドローンを遠隔制御する
運航管理システムが重要になる」(KDDIの杉田博司商品1グループ課長補佐)

通信回線もWi―Fiなどでは広域をカバーすることが難しい。とはいえ、ドローン用の無線
インフラを改めて構築するのはコストなどの面から現実的ではない。杉田氏は「すでに整
備されている携帯電話回線の利用が最も適している」と強調する。

KDDIはこの考え方に基づき、2016年12月から携帯電話回線を使ってドローンを遠隔制御
する「スマートドローン構想」を進めている。通信技術の確立と同時に、ドローンの
精密な運航管理技術も開発する。

今回の実験でもテラドローンなどと共同開発しているシステムを活用した。このシステム
は複数のドローンの飛行プランを管理できるのが特徴。ルートが重ならないかを空間的に
判断し、重なるようであれば衝突しないように調整する。

ルートは即座に変更

飛行中のドローンも携帯回線を使ってリアルタイムで運航管理システムに接続しており、
突発的なルート変更にも対応できる。「空間情報を管理できる運航管理システムに
よって、初めて4台のドローンが機動的に警備できる体制を実現できた」(杉田氏)

ドローンは将来的に物流や測量、警備など様々な場面での利用が期待されている。複数
のドローンが同じ上空を飛び交うようになると、「飛行機の航空管制のように、複数の
ドローンをリアルタイムで遠隔制御する運航管理システムが必須」と杉田氏は強調する。

現在、日本では目視できる範囲以外でのドローンの飛行が制限されいる。しかし、今後
は条件次第で山間部などでの目視外飛行が可能になるような規制緩和も検討されている。
「目視外飛行の条件として携帯電話回線による遠隔監理や、ドローンへのカメラ搭載が
有力な案として浮上している」(杉田氏)。携帯電話回線を搭載したドローンが今後の
主役になる可能性は高い。

今回の実験では高感度カメラを使った夜間の監視や、赤外線カメラを使った不審火の
検出も試した。今後は人工知能(AI)を使って不審者を自動検出するような取り組み
も進めたいという。東京五輪での警備で活躍する可能性もある。

KDDIは今後も運航管理システムの技術向上に力を入れる。ドローンの安定運航に影響
を与える気象情報や、周辺地形などの3次元地図情報をさらにシステムに組み込みたい
考えで、気象情報のウェザーニューズや地図情報のゼンリンとも業務提携した。
ドローンが我々の頭上を自由に飛び回る時代の主役の一人は携帯電話
会社かもしれない。

【日本経済新聞】
 https://r.nikkei.com/article/DGXMZO29375130T10C18A4XY0000

ドローン

【イメージ画像】

引用元: 【技術】ドローン編隊、空から犯罪見逃さず「あなたの行動はすべて画像に記録されています」KDDIとセコム

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/04/11(水) 16:01:30.66 ID:CAP_USER9
【NHK NEWS WE】
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180411/k10011398751000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_012

オリンピック2連覇を達成した羽生結弦選手の祝賀パレードを開催するための費用を
賄おうと、記念Tシャツの店頭販売が始まり、仙台市内のデパートでは開店前から多
くの人が並んで買い求めていました。

今月22日に仙台市で行われる羽生選手の祝賀パレードの開催費用を賄うため、仙台
市などで作る実行委員会は1枚2500円の記念Tシャツを8万枚製作し、11日か
ら仙台市で6か所、東京で1か所の合わせて7か所で店頭販売が始まりました。

このうち、特設コーナーが設けられた仙台市のデパート「藤崎」では、開店前の朝6
時すぎからTシャツを買い求める人が並びはじめ、販売開始の午前10時前にはおよ
そ200人が列を作りました。

そして、販売が始まると、1人4枚までの制限内で次々とTシャツを買い求めていま
した。

初日の11日は、仙台市内の各店舗は1000枚ずつの入荷となっていて、「藤崎」
では、およそ1時間半で売り切れたということです。Tシャツは今後も随時入荷され、
店舗によってはホームページで入荷を知らせるところもあるということです。またイ
ンターネットやコンビニエンスストアでも注文することができます。

宮城県利府町から来たという女性は「パレードには行けないので、せめてTシャツで
応援したいと思って9時すぎから並びました。孫の分も買ったので喜んでもらえたら
いいなと思います」と話していました。

no title

no title

引用元: 【仙台】羽生結弦記念Tシャツ販売開始 祝賀パレードの費用捻出で 1枚2500円1人4枚まで

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

↑このページのトップヘ