カテゴリ:2chまとめ > ニュース速報+板

1:まとめらいぶ 2019/09/22(日) 12:50:28.95 ID:yUURq+vQ9
フィナンシャル・タイムズ(Financial Times)紙の報道によると、カリフォルニア大学サンタ
バーバラ校のジョン・マルティニス教授率いるグーグルの研究チームが、初めて量子超越性を
実証した。量子コンピューターは、従来の最も強力なスーパー・コンピュータでさえも不可能
なタスクを実行できるということが示された瞬間だ。この主張は米国航空宇宙局(NASA)の
Webサイトに投稿された論文に掲載されたが、その後、取り下げられた。MITテクノロジー
レビューはグーグルにコメントを求めたが、まだ回答は得られていない。

グーグルは今年に入って、米航空宇宙局(NASA)の所有するスーパーコンピューターをベンチ
マークとして使用し、量子超越性の実証実験をすることで合意した。フィナンシャル・タイムズ紙に
よると、NASAのサイトに投稿された論文では、グーグルの量子プロセッサーは、現在、最先端の
スーパーコンピューターとして知られる「Summit(サミット)」で約1万年かかる計算を、3分20秒で
終えたと述べられていたという。研究者たちはさらに、彼らが知る限り今回の実験は
「量子プロセッサーでしか実行できない初の計算を記録する」ものだと述べていたとしている。

量子コンピューターが非常に強力なのは、量子ビット(キュービット)を利用するからだ。
1か0の値しか取れない従来のビットとは異なり、キュービットはその両方の値を同時に取れる。
さらに、こちらの記事で説明しているような他の量子現象と併せて、従来のコンピューターでは
逐次処理するしかなかった大量データの高速並行処理が可能となる。科学者らは長年にわたり、
量子コンピューターが従来のコンピューターより絶対的に優れていることを実証しようと
取り組んできた。

もし量子超越性が本当に実証されたのだとしたら、それは極めて重要な出来事だ。今週、グーグルの
今回の論文のニュースが報じられる前に、マサチューセッツ州ケンブリッジでMITテクノロジー
レビュー主催の「EmTech(テムテック)」カンファレンスが開催された。同カンファレンスでの
量子コンピューティングについての議論の中で、マサチューセッツ工科大学(MIT)の教授であり、
量子物理学の専門家であるウィル・オリバーは、コンピューティングにおける量子超越性の実証を、
航空業界におけるキティホークでのライト兄弟の世界初の動力有人飛行になぞらえた。量子超越性の
実証により、この分野の研究はさらに弾みがつき、量子コンピューターはより早くその約束を果たせる
ようになるはずだと述べた。その計り知れない処理能力はやがて、新たな薬物や物質を発見したり、
より効率的なサプライチェーンを生み出したり、人工知能(AI)の質を向上させたりするのを容易に
するかもしれない。

とはいうものの、今回のグーグルの量子コンピューターがどういったタスクに取り組んでいたのかは
不明だ。おそらく非常に限られたものであろう。自身も量子コンピューターを研究しているIBMの
ダリオ・ギルは、MITテクノロジーレビューに宛てた電子メールによるコメントの中で、おそらく
非常に限られた量子サンプリングの問題を中心に設計された実験であり、必ずしも量子マシンが
すべての処理を牛耳っているわけではないだろうと述べ、「実のところ、量子コンピューターが
従来の古典コンピューターに対して『最高位』に君臨することはないでしょう。しかし、それぞれに
特有の長所がありますから、それらと協調して稼働することはあり得ます」と付け加える。多くの
問題において、従来のコンピューターが今後もずっと、最適のツールであり続けるだろうということだ。

量子コンピューターが主流となるにはまだまだ道は長い。量子コンピューターがエラーを起こしやすい
こともよく知られているとおりだ。ほんのわずかな気温の変化や小さな振動でも、キュービットの
デリケートな状態が破壊されてしまう。研究者らは構築しやすく、管理しやすく、拡張しやすい
マシンの開発を続けており、そのいくつかはクラウドコンピューティングで利用できるようにも
なった。だが、さまざまな問題を処理できる量子コンピューターが広く利用されるようになるには、
まだ何年も待たなければならないだろう。

no title

【MIT テクノロジーレビュー】
 https://www.technologyreview.jp/nl/google-researchers-have-reportedly-achieved-quantum-supremacy/


引用元: 【量子コンピュータ】グーグル(Google)、ついに世界初の「量子超越性」実証か 約1万年かかる計算を、3分20秒で終える★2

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/09/22(日) 11:55:26.79 ID:WTKmVs7V9
研究者たちは、米国/ NATOとロシア間の核戦争の激化がどうなるかを示す恐ろしい
シミュレーションを開発しました。このモデルは、核力の姿勢、目標、および因果
関係の推定に関する現実的なデータに基づいており、3,410万人が数時間以内に
死亡すると予測しています。

壊滅的な紛争により、さらに5,590万人が負傷します。これには、核の放射性降下物による
死亡やその他の影響は含まれていません。最初の3時間だけで、ヨーロッパは荒廃し、
推定260万人が死亡または負傷します。

次の90分間で、米国とロシアの両方の主要都市でそれぞれ5?10発の核爆弾が発生し、さらに
8870万人が死亡または負傷しました。モデルの多くの国は、南半球やスコットランドのように、
核の直接の標的であることを免れているようです。

しかし、核の放射性降下物の影響と地球の気候、人口、食料生産への長期的な影響は、
幅広い影響を及ぼします。
ビデオの背後にあるチームは、シミュレーションが2つのブロック間の核戦争の終末論的な結果と
人道へのコストを強調することを望んでいます。

4分間のビデオは、プリンストン大学の工学および国際問題の専門家であるAlex Glaserと同僚に
よって作成されました。「計画A」と呼ばれるこのシミュレーションは、現在の米国および
ロシアの軍事姿勢核戦争計画、および対応する武器の目標に関するさまざまな独立した
評価に基づいて作成されました。

それには、現在配備されている核兵器の数、爆弾の収量、およびそのような戦争が進行する可能性の
ある順序に関する広範なデータが含まれていました。核戦争は、戦術的標的設定の初期段階から、
各陣営の攻撃的核能力を奪うことを意図した戦略的期間まで発展する可能性が高い。

最後に、野党の回復を妨げるために主要都市を対象とするフェーズが開始されます。
「紛争の最初の数時間以内に9000万人以上が死亡し、負傷するだろうと推定されている」と
研究者たちは書いた。

シミュレーションは、従来の非核紛争のコンテキスト内で開始されます。
このシナリオでは、ロシアは黒海にあるカリーニングラードの近くの基地から、
米国とNATOの前進を止める目的で核警告を発します。

それに応じて、NATOはロシアを単一の戦術核空爆で攻撃し、
そこから紛争はヨーロッパ全体で戦術核戦争に拡大します。
この時点で、シミュレーションは、ロシアがNATO基地と前進する軍隊に対して、
航空機または短距離ミサイルのいずれかによって運ばれる約300の核弾頭を配送することを予測しています。

その後、国際軍事同盟は、約180機の航空機核で対応します。
この段階では、3時間以内に死傷者が約260万人に達すると予想され、
ヨーロッパは本質的に破壊されたままです。

これに続き、NATOは米国大陸および原子力潜水艦隊から行動し、
ロシアの核能力を奪うことを目的として、約600発の核弾頭の戦略的核攻撃を開始します。
このストライキがヒットする前に、ロシアはミサイルサイロ、潜水艦、
モバイル発射台の補完から核を発射します。

このモデルでは、戦争のこの段階から340万人の犠牲者が出ており、45分間しか続かないと予
測されています。紛争の最終段階では、両国はお互いの30の最も人口の多い都市と経済センターを
目指し、それぞれに5?10個の核を配備し、戦争からの両国の回復を阻止しようとします。

研究者は、このような動きは45分以内に8,530万人の犠牲者を出すと結論付けています。
このシナリオでの即時の死亡者総数は3410万人を超え、核の放射性降下物やその他の関連する
長期的な影響の結果として必ず生じる後続の死亡は含まれていません。

▼動画
 https://videos.dailymail.co.uk/preview/mol/2019/09/17/2706942380074187439/636x382_MP4_2706942380074187439.mp4

【Mail Online】
 https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-7473199/Horrific-simulation-shows-Earth-obliterated-carpet-atomic-bombs.html

【慰霊碑】

tokunoshima0I9A3728_TP_V

引用元: 【研究】アメリカとロシアが戦争をしたら45分以内に8530万人の犠牲者が出ることがシミュレーションの結果で判明 ★3

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/09/22(日) 17:19:30.06 ID:IJv43fEX9
【インド】4つの足と3つの腕を持つ女児が生まれる

【THE Sun】
 https://www.thesun.co.uk/news/uknews/9977094/baby-girl-born-four-legs-three-hands-triplets-conjoined-womb/

MEDICAL MIRACLE Baby girl is born with four legs and three hands after two triplets ‘become conjoined in womb’
WARNING
Claudia Aoraha
21 Sep 2019, 20:00Updated: 22 Sep 2019, 7:30

A WOMAN has given birth to a baby girl with four legs and three hands in India.

Doctors believe the child was originally part of a set of triplets - two of which became conjoined during the pregnancy.

Mum Raju, 24, gave birth to the twins in a government-run hospital in Tonk in Rajasthan, on Friday.

While the baby boy is healthy, the little girl was born with an extra set of legs and hands covering her entire chest and abdomen.

It's thought the extra limbs could be removed with surgery.

Dr Rohitesh Meena, the surgeon who delivered the babies, said: "Raju gave birth naturally to the twins at around 2:46 am.

"The male child is normal but the female is a case of conjoined twins.

"She had a minor breathing issue.

【閲覧注意】
 https://www.thesun.co.uk/wp-content/uploads/2019/09/NINTCHDBPICT000524019887.jpg?strip=all&w=960

 https://www.thesun.co.uk/wp-content/uploads/2019/09/NINTCHDBPICT000524019886-1.jpg?strip=all&w=960

引用元: 【インド】4つの足と3つの腕を持つ女児が生まれる

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/09/18(水) 21:45:44.89 ID:X6ICJY6w9
9月17日夜、仙台市若林区で、帰宅途中の女性が男にバッグを奪われそうになり、
抵抗したところ、顔を殴られました。女性は重傷で、犯人は18日午前11時
現在も逃走しています。

9月17日午後11時20分ごろ、若林区舟丁の路上で、歩いて帰宅していた
28歳の会社員の女性の背後から自転車に乗った男が近づき、
女性のショルダーバッグを奪い取ろうとしました。

女性が抵抗したところ、男は女性の顔を複数回、素手で殴り、
何も取らずに自転車で南の方角へ逃げたということです。

女性は病院に運ばれましたが、鼻の骨を折る重傷を負いました。

警察によりますと、逃げた男は40代から50代くらいで身長は170センチほどのやせ形、
青っぽいTシャツにハーフパンツを身に着け、黒っぽい帽子をかぶっていたということです。

現場は地下鉄南北線の河原町駅から北におよそ250メートルの場所で、
警察は強盗致傷事件として、逃げた男の行方を追っています。

仙台放送

【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190918-00000003-oxv-l04

no title

引用元: 【宮城】バッグ奪おうと…抵抗した女性が顔を複数回殴られ 鼻の骨を折る重傷 犯人は何も取らずに自転車で逃走 仙台

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/09/18(水) 20:41:15.49 ID:cbxXg6fI9
アメリカのイェール大学が数年前から行なっていた、「蚊を遺伝子操作して個体数を減らす」
という実験の結果が発表されました。最初の数ヶ月は予測通り蚊が減少しましたが、
18ヶ月後にはもと通りに戻ったといいます。

さらに、遺伝子操作したオスと野生のメスとのハイブリッド種が誕生したことで、
蚊の殺虫耐性が強まった可能性もあるようです。
研究の詳細は、9月10日付けで「Nature Scientific Reports」に掲載されています。

▼実験は失敗。個体数は元通りに

ジカウイルスやマラリアといった病原菌を広める危険な生物として知られる蚊。
特に昨今は地球温暖化で蚊の生息範囲が広まり、病気の感染地域も以前より大きくなっています。

こうした状況を鑑みて、専門家たちは蚊の遺伝子をハッキングし、子孫繁栄を妨害する方法を
研究していました。イェール大学のジェフリー・パウエル氏はその仕組みについて、
「オスの個体に致死的な遺伝子を組み込むことで、交配時にメスの体内に侵入し、
子孫を宿すことができなくなる」と説明しています。

ブラジルのジャコビノで実施されたテストでは、ラボ内で遺伝子組み換えしたオスを、
約45万匹ずつ週に1度野生に放ち、これを27ヶ月間に渡って続けました。
トータルで数千万の遺伝子操作されたオスが野に解き放たれたことになります。

リリース後、6ヶ月、12ヶ月、27ヶ月、30ヶ月の間隔で追跡調査を行いました。
試験前は、ジャコビノに生息する蚊の85%を減らすことができると予測されました。

実際、最初の数ヶ月間は予定通りメスの子孫繁栄率が下がりましたが、
18ヶ月後には元どおりの個体数に逆戻りしていたのです。
パウエル氏は、
「おそらくメスが遺伝子組み換えされたオスと交配しない方法を見つけたのだろう」
と推測しています。

▼不死身の蚊が誕生?

しかし事態はさらに深刻です。
交配により生まれたハイブリッド種は、ブラジル土着の遺伝子に、実験に使用したキューバや
メキシコの蚊の遺伝子も混ざったことで、殺虫耐性が強化されたと考えられるのです。

幸い、ハイブリッド種に人への直接的な危険性はないそうですが、長いスパンで見ると、
今後どのような影響を与えるかまったく予測がつかない状況となっています。
もしかすると、どんな殺虫剤も通用しない不死身の蚊が誕生してしまったのかもしれません。

自然を科学でコントロールしようとすると、思わぬ結果がかえってくるのが恐ろしいところです。
今後、さらなる慎重な対応が要されるでしょう。

【ナゾロジー】
 https://nazology.net/archives/45233

PPS_katoributatouchiwa_TP_V

【蚊取り線香】


引用元: 【研究】遺伝子操作による蚊の減少実験が失敗、副産物として「不死身の蚊」が誕生

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

↑このページのトップヘ