『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2018.4.1 読み速様掲載開始

      ニュース速報+板

      1まとめらいぶ2017/12/07(木) 15:32:55.41ID:CAP_USER9.net
      「受け子」の女子大生逮捕 長男の会社上司の娘装う

       東京都墨田区の男性(83)から現金をだまし取ろうとしたとして、警視庁向島署は
      7日、詐欺未遂の疑いで、東京都八王子市の私立大学4年吉田梨々花容疑者(23)を
      逮捕したと発表した。
       逮捕は5日。
       現金を受け取る「受け子」役とみられ、「知人男性から荷物を受け取るよう頼まれた
      だけ」と容疑を否認している。

       逮捕容疑は5日、複数の男らと共謀し、男性の長男を装い「病院でショルダーバッグ
      をなくした。かばんの中に会社の通帳が入っていて現金が必要だ」などと電話でうそを
      言い、男性から現金100万円をだまし取ろうとした疑い。

       向島署によると、男性が不審に思い、同署に通報。
       吉田容疑者は長男が勤務する会社の上司の娘を装っていた。
       近くの神社で現金を受け取りに来た吉田容疑者を署員が現行犯逮捕した。

       吉田容疑者は「11月にも同じようなことをし、5万円をもらった」と話しており、
      同署は別の詐欺事件にも関わっていたとみて、調べを進める。(共同)

      【日刊スポーツ】
       https://www.nikkansports.com/general/news/201712070000410.html
      【【東京】『受け子』の女子大生逮捕!長男の上司の娘装う…容疑を否認】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/12/07(木) 17:12:16.97ID:CAP_USER9.net
      「カスみたいな土地。メリットない」相続登記しない訳

      朝日新聞



      長年、相続登記されずに法定相続人が増えていった事例。
      九州地方の自治体が家系図にまとめたところ、
      相続人は亡くなった人を含め約150人いた
      (東京財団提供、個人名は自治体が伏せています)




      ■負動産時代

       土地の名義人が亡くなった後、相続人が相続登記をしないまま長年放置される土地
      が少なくない。子や孫の代になると相続人が増えていき、いずれ売ることも、だれか
      が相続することもできない「塩漬け」の土地になりがちだ。登記を促そうと政府も対
      策に乗り出しているが、解決への道のりは遠そうだ。

       「カスみたいな土地。相続登記するメリットがない」

       宮城県角田市の男性(55)は、広島県三原市にある山林など計76平方メートル
      の土地を持て余している。2年前に亡くなった親族が持っていた土地で、男性は法定
      相続人の1人だ。だが、その土地は1908(明治41)年に登記されたまま放置さ
      れている。

       仮に相続人全員の同意を得たとして、男性が相続登記しようとすれば、登録免許税
      や司法書士への手数料など少なくとも5万円程度はかかるとみられる。見に行ったこ
      とすらなく、利用価値を感じない土地の登記に、それほどのお金をかける気にはなれ
      ないという。

       三原市内には男性の母親が暮らしている実家もあるが、名義人は11年前に亡くな
      った父親のまま。いずれ男性と弟の2人が相続するが、「誰も持ちたいと思っておら
      ず、将来は押し付け合いになりそうだ」と、今から気をもむ。
      【【社会】『カスみたいな土地。メリットない』相続登記しない訳】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/12/06(水) 14:00:06.95ID:CAP_USER9.net
      グーグル、傘下ユーチューブの動画視聴をアマゾン機器から遮断へ

      【Yahoo! ニュース】
       https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000029-reut-bus_all  

      [5日 ロイター] - 米アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルは5日、アマゾン
      ・ドット・コム<AMZN.O>がグーグル製ハードウエアを販売していないと批判し、傘下
      の「ユーチューブ」の動画がアマゾン製機器から利用できないようブロックすると明らか
      にした。

      グーグルとアマゾンは、クラウドコンピューティングやネット検索、音声認識機能付きス
      ピーカーなどさまざまな分野で競合。ここへ来て両社は小競り合いの様相を呈している。

      ハイテク産業の専門家は、音声によるコンピューター制御が普及していくと予想するが、
      アマゾンやグーグルなどが市場で支配的になるかどうかは不明だ。
      調査会社eマーケターが今年公開した調査では、アマゾンの「エコー・ショー」が売り上
      げでグーグルの「ホーム」を上回っていた。

      グーグルは発表文で「アマゾンは、『クロームキャスト』や『ホーム』などの当社製品を
      扱わず、アマゾンの『プライム・ビデオ』を当社の『キャスト』利用者が視聴できるよう
      にしておらず、
      前月には(グーグル関連会社である)ネストの最新製品の一部の取り扱いを中止した」と
      指摘。「相互関係に欠けることから、当社はアマゾンのエコー・ショーやファイアーTV
      におけるユーチューブのサポートを停止する」と明らかにし、「この問題を早期に解決す
      るための合意ができるよう望む」とした。

      これに対しアマゾンは「グーグルは、公開されたウェブサイトにおいて選択的に利用者の
      アクセスを遮断することで、失望を誘う前例を作ろうとしている」との不満を表明した。

      グーグルは9月にも、エコー・ショーからのユーチューブへのアクセスを遮断。後に再開
      していた。

      同社によると、ファイアーTVからのアクセスは来年1月1日にブロックされる予定。フ
      ァイアーTVはエコー・ショーよりも長期間販売しており、影響を受ける顧客は増える見
      通しだ。
      【【グーグル】傘下ユーチューブの動画視聴をアマゾン機器から遮断へ…来年1月1日予定】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/11/29(水) 16:25:10.88ID:CAP_USER9.net
      ワイファイを目当てに毎日のようにかすみ丸の事務所に
      現れる高校生たち=兵庫県香美町香住区境

      「三姉妹船長」で親しまれ昨年11月に営業を終了した兵庫県香美町の遊覧船
      かすみ丸の事務所に、毎日のように高校生らが集まっている。暗がりで段差に
      腰掛け、スマートフォン(スマホ)を操る姿は、都会のコンビニ前でたむろす
      る若者のようだが、実は、地方の若者にとって切実な通信事情が背景にあった。
      (黒川裕生)

       今月下旬の午後7時ごろ、人通りのない漁港の一角に数人の若者が座り込ん
      でいた。恐る恐る声を掛けると、「こんばんは」と意外と礼儀正しい。何をし
      ているのか尋ねると「スマホにここのWi-Fi(ワイファイ)を使わせても
      らってるんですよ」という。地元の香住高校の寮生たちで、寮にワイファイが
      ないのだそう。

       通常の通信だとデータを使いすぎてしまうため、無料で使えるワイファイは
      スマホ利用者には必須の設備。都市部には飲食店やコンビニなどあちこちに設
      けられているが、地方では利用場所を確保するのはなかなか難しい。

       かすみ丸の事務所では数年前、乗船客向けに無料ワイファイを整備。事務所
      内に入らなくても建物の近くに行けば使えることから、同校の寮生たちが利用
      するようになった。それを知った初代「三姉妹」の長女で、かすみ丸社長の山
      口都子さん(67)が、営業終了後もワイファイを残したのだ。「お金はかか
      るけど、よその土地に来てやりたいこともできないなんてかわいそうだから」
      と山口さん。

       学校帰りや夕食後に訪れ、動画などを楽しむ。多い時は10人ほどが集まり、
      休日には朝から訪れる寮生もいる。「ここがないと生きていかれへん。本当に
      助かってます」と同校3年の栗林佑宇さん(18)。

       近くの公共施設には無料ワイファイが使える場所があり、当初は利用を試み
      たが、周囲の厳しい視線を受けて“退散”。そんな中、快く受け入れてくれたか
      すみ丸の事務所は、寮生らにとって唯一の希望だ。

       山口さんは今も換気などで事務所に通う。「冬の寒い日に、ガタガタ震えな
      がらスマホをいじっているのが気の毒で」と暖房をつけて中に入れたことも。
      「ごみも散らかさんし、なんちゃ問題ない。事務所がある限りはワイファイも
      続ける。どんどん使ったらいい」

      【遊覧船かすみ丸】1949年、山口武雄さん(故人)が創業。その後、山口
      さんの娘3人が跡を継ぎ「三姉妹船長」として全国的に有名になった。近年は
      孫娘も船長となって営業を続けたが、昨年11月30日、67年の歴史に幕を
      閉じた。

      【神戸新聞NEXT】 
       https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201711/0010770055.shtml
      【【兵庫】『香美町』Wi-Fi求め、さまよう高校生!たまり場は漁港の一角。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/11/25(土) 19:08:07.92ID:CAP_USER9.net

      【イメージ画像】

      会社にある設備は正社員以外使用禁止で、派遣社員はダメーー。正社員と派遣社員で
      こんな「線引き」をしている会社があるという投稿がツイッターで話題になっていま
      す。

      きっかけは、「某大手企業に派遣で行ってる友人と飲んだ時に『会社内のウォーター
      サーバーに、正社員以外使用禁止と書かれていた』『食堂も正社員しか入れないので
      ビルの外のコンビニで買ってる』という話を聞かされた」といった内容のツイートで、
      これまで1万回以上RTされています。

      このツイートに対して、「派遣社員やってた頃『休憩室、及び喫煙所は派遣社員の立
      入禁止」「派遣は食堂とカップ麺等の自販機の使用禁止』『ロッカールームは派遣は
      利用できない』」っていう会社は実際あった」といった実体験も次々と投稿されてい
      ます。

      弁護士ドットコムの法律相談コーナーにも、契約社員の女性から「正社員はお昼補助
      が月に1万出るのに契約社員はなし。産休なども正社員も三分の一しか取れない」と
      いった投稿が寄せられています。

      このように正社員と契約社員、派遣社員の間で福利厚生に差をつけることは、違法で
      はないのでしょうか。戸田哲弁護士に聞きました。

      ●派遣社員に対しては配慮規定がある

      「昨年12月に政府から『同一労働同一賃金』のガイドライン案が発表されたこともあ
      り、非正規社員と正社員との待遇格差の相談は増えています」

      戸田弁護士はそう話します。ガイドライン案はどういった内容なのでしょうか。

      「ガイドライン案は、派遣労働者を含めた非正規社員全般についてスポットを当てて、
      正社員との間の不合理な待遇格差を禁止する内容となっているのですが、これはあくま
      でも『案』で、立法化はされていません。実務での拘束力はありません。」

      では、現在の法律はどうなっているのでしょうか。

      「現在の法律では、待遇格差が違法とされるのは、有期雇用と正社員の格差(労働契約
      法20条)、パートタイム労働者とフルタイム労働者の格差(パートタイム労働法8条、
      9条)に限られています。

      残念ながら、今回のケースのように、派遣社員の方だけに食堂利用等が認められないと
      しても、現時点では待遇格差そのものが違法となるわけではありません」

      では、派遣社員の待遇格差に関する法律はないということですか。

      「いえ、労働者派遣法40条の3は、派遣先の会社は、正社員等が利用する給食施設や休憩
      室等の福利厚生施設について、派遣社員にも利用の機会を与えるように配慮することを求
      めています。今回のケースは、この配慮規定に違反する可能性があるので、会社に対して
      配慮を求めていくことが考えられます」

      契約社員(有期雇用)の方の待遇格差に関する法律はどういった内容なのでしょうか。

      「この場合は、労働契約法20条に従い、(1)職務の内容、(2)配置変更の範囲、(3)
      その他の事情等を総合的に見て、不合理な格差である場合は、その格差の扱いが違法・無
      効となります。

      もし、契約社員に食堂を利用させない格差を設けた場合は、不合理な格差として違法にな
      る可能性が大です。食堂の利用という福利厚生は、特に職務内容等とは無関係で、契約社
      員との区別の理由が認めにくいからです」

      ●契約社員と区別する理由に乏しければ違法になる可能性

      契約社員に「お昼補助」が出ない場合はどうでしょうか。

      「最近の裁判例で似た判断がされています、有期雇用のドライバーについてですが、給食
      手当が支給されないことが違法とされました(ハマキョウレックス事件?大阪高判平成28
      年7月26日)。

      この裁判例は、給食代の補助として支払われる手当が職務の内容等とは無関係であること
      を理由にしているので、『お昼補助』も同様に考えることができる場合もあるでしょう」

      産休期間についても正社員と契約社員とで差があるという投稿がありました。

      【弁護士ドットコムニュース】
       https://www.bengo4.com/c_5/n_7009/
      【【話題】会社のウォーターサーバー『正社員以外禁止』派遣社員と差をつけることは違法?】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/11/23(木) 18:03:41.54ID:CAP_USER9.net
      【11月23日 AFP】(更新)エネルギー革命をもたらすと考えられてきたLED(発光ダイ
      オード)照明が広く利用されることが、世界中で過剰な光による「光害」の拡大に拍車
      をかけているとの研究論文が22日、発表された。光害の増加により、人間と動物の健康
      に悲惨な結果がもたらされるという。

       米科学誌「サイエンス・アドバンシズ(Science Advances)」に発表された今回の
      論文が根拠としている人工衛星観測データは、地球の夜の明るさがますます増しており、
      屋外の人工照明に照らされた範囲の表面積が2012年~2016年に年2.2%のペースで増加
      したことを示している。

      専門家らは、この事態を問題視している。夜間の光は体内時計を混乱させ、がん、糖尿
      病、うつ病などの発症リスクを高めることが知られているからだ。

       動物に関しては、夜間の光は昆虫を引き寄せたり、渡り鳥やウミガメの方向感覚を失
      わせたりなどで死に直結する可能性がある。

       論文の主執筆者で、ドイツ地球科学研究センター
      (German Research Center for Geosciences)の物理学者のクリストファー・カイバ(Christopher Kyba)氏は、同じ量の光を供給するために必要な消費電力がはるかに少
      ない、より効率的な照明のLED光自体だけが問題なのではないと説明する。

       そうではなく、人間がますます多くの照明を設置し続けることが問題なのだと、カイ
      バ氏は今回の研究について議論する電話会議で記者らに語り、「以前は明かりがなかっ
      た場所に新たな照明を増やすことがある程度、節約分を相殺してしまう」と指摘した。

       専門家らが「リバウンド効果」と呼ぶこうした現象は、低燃費の自動車にもみられる。
      必要な燃料がより少ない車を買うと、車をより頻繁に使うようになったり、より遠くか
      ら通勤することにして通勤時間が長くなったりする可能性がある。

      ■史上初の地球の夜景

       今回の研究は、夜間光向けに特別に設計された史上初の放射計「可視赤外撮像機放射
      計(VIIRS)」の観測データに基づいている。VIIRSは、2011年10月から地球を周回し
      ている米海洋大気局(NOAA)の地球観測衛星「スオミNPP(Suomi NPP)」に搭載
      されている。

       研究チームは、休暇シーズンの光量の増加を回避するために、各年の10月の夜間光量
      に限って分析した。

       論文によると「南米、アフリカ、アジアなどの全域でほぼ例外なく、照明の増加が発
      生した」という。照明が減少した地域はほとんどなかったが、シリアやイエメンなど戦
      闘で荒廃した国々では照明の減少が顕著だった。

       イタリア、オランダ、スペイン、米国などを含む世界で最も明るい地域の一部はみな
      比較的変化が少なかった。これは、例えばイタリアでは2012~2016年の期間に、ミラ
      ノでLED照明への切り替えによる放射光の減少がみられたとしても、国内の他の地域
      で光の増加が起きたということだ。

       また、衛星は多くのLED照明で顕著な青色の波長を捕捉できないため、衛星データ
      では夜間光全体が過小評価されている可能性が高いと、研究チームは注意を促してい
      る。

      ■「重大問題」への解決策

       米科学誌「エコロジカル・エコノミクス(Ecological Economics)」に発表された
      2010年の研究によると、過剰な夜間光は、野生動物が生息する自然環境に害を及ぼし
      たり星空の観測を不可能にしたりするだけでなく、「野生動物、健康、天文学などへ
      の悪影響とエネルギーの浪費」で年間70億ドル(約7800億円)近くの損失を引き起こ
      すという。

      今回の研究には参加していない南カリフォルニア大学
      (University of Southern California)建築学部のトラビス・ロングコア
      (Travis Longcore)助教(建築学など)は、夜間照明面積の年2.2パー
      セント増加について「持続不可能」と表現した。

      解決策としては、光量が低い照明を使用する、人がいない時は照明を消す、動物や人の健
      康への悪影響が最も大きい傾向のある青色や紫色の代わりに黄橙色のLED光源を選ぶなど
      が挙げられる。

      また、夜間照明が治安を向上させるなどの世の中の思い込みについては疑う必要がある。
      ロングコア助教は、AFPの取材に「照明を増やすと犯罪が減るという決定的な証拠は存在
      しない」と語り、「実際、照明の追加によって人々が何をしているかを犯罪者が見やすく
      なるために犯罪が増加することを示す部分的な証拠がある」と続けた。

      「必要と思い込まれている多くのことはまったく不要だ。それは行き過ぎなのだ」

      【AFP】
       http://www.afpbb.com/articles/-/3152655
      【【研究】『ドイツ』省エネLED、世界の光害拡大に拍車!人間と動物の健康に悲惨な結果。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/11/19(日) 08:11:02.00ID:CAP_USER9.net
      ロッテリアの「はみだしダブルステーキバーガー」



       ロッテリアは、11月29日の「いい肉の日」に合わせた年に一度のご褒美バーガー
      「はみだしステーキバーガー」を、24日から6日間限定で売り出す。米国産アンガス
      牛の肩ロースで、特に柔らかい芯の部分のみを100g使った。ステーキ肉が2枚入っ
      た「はみだしダブルステーキバーガー」も同時に売り出す。価格はそれぞれ1200円
      と1900円(ともに単品の税込み)。

      【朝日新聞デジタル】 
       http://www.asahi.com/articles/ASKCJ53DSKCJULFA016.html
      【【ハンバーガー】肉はみ出す1900円の『はみだしステーキバーガー』ロッテリア】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/11/17(金) 16:53:00.03ID:CAP_USER9.net
      土下座強要など…接客で迷惑行為経験7割超

      日本テレビ系(NNN)

      土下座強要など…接客で迷惑行為経験7割超

      Nippon News Network(NNN)
       デパートなどで顧客からのクレームに対応した際、土下座の強要や「殺す」と脅される、
      といった「迷惑行為」に遭遇したことがある従業員が7割以上にのぼることが、労働組合
      の調査でわかった。

       これは、デパートやスーパーマーケットなどで働く約5万人を対象に、労働組合が調べ
      たもので、73.9%の人が、顧客からの「迷惑行為」に遭遇したことがあるという。

       一番多いのが「暴言」で、商品の場所を案内した際に、遠回りさせられたと怒りだし、
      「ばか、死ね、辞めろ」と怒鳴られたり、突然、「ぶっ殺すぞ」と怒鳴られたりした従業
      員もいたという。

       ほかの「迷惑行為」としては、土下座での謝罪を要求されたり、たたかれる、蹴られる
      などの暴力行為もあり、「迷惑行為」を受けた従業員の1%が、その後、精神疾患になっ
      たと答えている。

       調査を行った労働組合は、16日、厚労省に実態調査と対策を求めた。

      【Yahoo! ニュース】
       https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20171116-00000046-nnn-soci
      【【悪質クレーム】客『ばか、死ね、辞めろ』、土下座強要など…接客で迷惑行為経験7割超wwwww。】の続きを読む

        このページのトップヘ