『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.3.31

      ニュース速報+板

      1まとめらいぶ2017/03/31(金) 17:23:08.64ID:CAP_USER9.net
      環境省は、地球温暖化対策の一環で「COOL CHOICE」と題するキャンペーンを
      展開している。キャンペーンの知名度向上を目的に、「萌えキャラ」を導入することが昨
      年に発表されて、話題になった。このたび、アナウンサーでコラムニストの師岡カリーマ
      氏が東京新聞のコラムにて、こうした動向を非難した。





      当該の記事は、2017年3月25日の「本音のコラム」欄に掲載された。
      最近、各種の広告で「そそり顔」の女性をよく見かけるという。

      一例として、師岡氏が眼鏡店で見たポスターを挙げている。
      その特徴は、「頬を不自然に赤く染めた少女がほわんとした表情でこちらを見ている。
      厚ぼったく塗った唇と、眼鏡の向こうのいわゆるつぶらな瞳」。

      そそり顔は、「大人の女の間では不評である」という。
      「男の性的欲望を刺激してこそ女、という発想に基づく美のコンセプト自体が時代遅れ」、
      「いかにも従順そうに作られた受け身な表情で『そそろう』というのだから、昨今の男もナ
      メられたものだ」と手厳しい。「ジェンダーコンシャスな時代の潮流に逆行する。けしから
      ん!と憤慨」と師岡氏は評した。

      同様の傾向が、先述の環境省の事例にも当てはまるという。
      「環境問題に関心の低い若年層に美少女キャラで訴えようというのだが、『若年層』が十八
      ~二十九歳を指すと読んで愕然とした。大人ではないか」。成人に萌えキャラでアピールす
      ることへの違和感を表明し、「性差別的ともとれる『萌え』の概念を、政府には推進してほ
      しくない」と結んでいる。





      環境省に尋ねたところ、師岡氏の記事については把握していなかったそうだ。
      キャラを発表した直後、Twitterやニュース記事のコメント欄等、ネット上の意見
      の中には批判的ものもあったことは確認していたという。しかし、ジェンダーの視点から
      の批判は、これまでにほとんど寄せられていなかったとのこと。

      当該キャラが主な対象とする年齢層に師岡氏は言及したが、キャンペーンの公式ページの
      解説には、そのような記述は見当たらなかった。担当者に尋ねた結果、今年2月に行われ
      た、キャンペーンの推進チームによる第2回会合の議事資料等に記載されていることが判
      明した。「特に若年層(10代後半~20代)をターゲット」と書かれている。



      キャラはCOOL CHOICEのアプリに既に登場しているが、「普及啓発の様々な場
      面で活躍してもらうことを予定」との告知がある。担当者曰く、今後、クールビズ等に関
      わる活動を展開する際に、キャラを使用した動画を配信する計画もあるそうだ。その服装
      や演出次第では、再び論争を招くことになるかもしれない。

      【探偵ファイル】
       http://tanteifile.com/archives/5211
      【【話題】画像『環境省の萌えキャラは性差別!』女性アナウンサーが激しく非難『“そそり顔”は時代に逆行、けしからん』】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/03/30(木) 20:00:02.86ID:CAP_USER9.net
      【3月30日 AFP】猛烈なサイクロン「デビー(Debbie)」によって大きな被害が出た
      オーストラリア北東部で30日、エアー(Ayr)という町に近い道路上にオオメジロザメ
      が打ち上げられているのが見つかった。

      28日に上陸したサイクロンは大雨をもたらし、30日現在も救出活動が難航している。

      (c)AFP





      【AFP】
       http://www.afpbb.com/articles/-/3123334
      【【国際】『画像』道路にサメ!豪州】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/03/25(土) 19:42:21.57ID:CAP_USER9.net
      シリコンバレーの大富豪の資金援助によって、太陽系に最も近い恒星ケンタウルス座
      アルファ星に探査機を送り込む「ブレークスルー・スターショット」という計画が持
      ち上がっている。聞き慣れない名前の星だが、南半球に行って夜空を見上げればすぐ
      わかる。南十字星の比較的近くにある、ひときわ明るく輝いている星だ。

      ■ 太陽光を利用する帆船型

      写真:レーザー光を帆に受けて進む探査機のイメージ



      太陽系の隣の星といっても、光が宇宙空間を時速約11億キロメートルで走って4年以
      上かかる。文字通り天文学的な距離だ。火星や木星などを調べる従来型の探査機では
      何百年かかってもたどり着けない。これまでとは根本から違った設計思想で探査機を
      作る必要がある。

      計画によると、探査機の本体は指でつまめるほど小さなコンピューターチップ。
      これに一辺が4メートルの正方形の帆を取り付ける。

      帆の一方の側は反射膜になっていて、地上から強力なレーザー光を当てて反射させる
      ことによって推進力を得て光速の20%まで加速する。このタイプの宇宙船を宇宙ヨッ
      トという。風を受けて走るヨットになぞらえた名前だ。この人類史上最速の探査機な
      ら、約20年でケンタウルス座アルファ星に到達できる。

      巨額の費用が調達できて開発も順調に進んだとして、宇宙に飛び立つのは2040年代半
      ばになるが、その手本となる宇宙船はすでに2010年に地球を出発、太陽光を帆に受け、
      はるか彼方(かなた)の惑星間空間を現在も加速を続けつつ航行している。宇宙航空
      研究開発機構(JAXA)が建造した宇宙ヨット「イカロス」だ。イカロスはブレー
      クスルー・スターショット計画の技術開発のいわば出発点になる。

      有力な探査候補地も浮かび上がってきた。ケンタウルス座アルファ星は肉眼では単独
      星のように見えるが、実は連星だ。さらにこの連星は、少し離れたところにある肉眼
      で見えないほど暗い赤色矮(わい)星プロキシマ・ケンタウリとも重力的に結びつい
      ていて、全体として三重連星を構成している。

      この赤色矮星に、地球に近いサイズの岩石惑星とみられる惑星が昨夏、見つかった。
      しかもこの惑星の公転軌道は惑星表面で水が液体の状態を保てる程度の領域に入って
      おり、生命を宿しうる可能性がある。

      天才物理学者のホーキング博士らビッグネームも顧問に名を連ねるこの計画、本当に
      実現するのだろうか?多くの専門家は見込み薄とみるが、実にエキサイティングな構
      想であることは事実だ。

      【日本経済新聞】
       http://www.nikkei.com/article/DGXMZO14138720W7A310C1000000/
      【【宇宙】『画像』光速の5分の1を実現、史上最速の“光子帆船”を隣の恒星系へ送る!生命発見と成るか。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/03/16(木) 15:01:14.94ID:CAP_USER9.net
      長野県飯田市扇町の市立動物園に、全身が真っ白な
      毛に包まれた雄タヌキ「リュウ」が仲間入りした。

       生まれつき体内の色素が欠乏した「アルビノ」で、
      1月下旬に市内で捕獲された。

       同園によると、飯田市周辺や木曽地方では、アルビノのタヌキの
      生息が確認されているという。飼育を担当する松本歩さん(37)
      は「普通のタヌキと比較できるように展示しているので、
      比べてみてほしい」と話している。

      【読売オンライン】
       http://sp.yomiuri.co.jp/national/20170315-OYT1T50139.html

      【【話題】『画像』全身が真っ白のタヌキ、捕獲され動物園に仲間入り。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/03/14(火) 20:32:52.84ID:CAP_USER9.net
      近い将来、試験勉強が数秒で済むようになるかもしれない。そんな夢の技術が現在開発
      されているという驚きのニュースが舞い込んできた。なんと、知識を脳に直接
      植えつけることが可能になるというのだ!

      ■ 脳を刺激するだけで言語習得、試験勉強が一瞬で可能に

      知識を脳にインストールするといえば、思い起こされるのが映画『マトリックス』の
      1シーンだろう。主人公のネオに直接カンフーの技術がインストールされ、瞬く間に
      カンフーの達人になる場面だ。こんなことが実際に起こるというのだろうか?

      英紙「The Telegraph」(3月1日付)によると、米航空機製造会社
      「ヒューズ・エアクラフト」の研究機関「HRL Laboratories」の
      マシュー・フィリップス博士らは、学習機能を格段に向上させる
      技術の開発に取り組み、素晴らしい研究成果を得たという。
      その成果の一端がこの度、科学ジャーナル
      「Frontiers in Human Neuroscience」
      掲載の論文で明らかになった。

      博士らは、熟練したパイロットが飛行機を操縦している時の脳内電気信号を研究。
      その電気信号を素人の脳に電極付きのヘッドキャップを通して送り込み、フライト
      シミュレーターで操縦技術を学習させたところ、電気刺激を受けなかった被験者
      よりも学習が早く、課題を33パーセント増でこなしたという。フィリップス博士
      が興奮気味に語っている。

      「我々の開発した脳刺激システムは画期的です。まるでSF映画のようですが、
      このシステムには膨大な科学的な基礎があります」(フィリップス博士)
      「何かを学ぶと脳が物理的に変化します。ニューロン結合が形成され
      強まるニューロン可塑性がそれです」





      【トカナ】
       http://tocana.jp/2017/03/post_12610_entry.html
      【【科学】脳に知識を直接アップロードする実験に成功!勉強は不要】の続きを読む

        このページのトップヘ