カテゴリ:2chまとめ > ニュース速報+板

1:まとめらいぶ 2019/09/25(水) 13:37:51.55 ID:CAP_USER
 シャープは、スタンダードシリーズのAndroid スマートフォン「AQUOS sense3」を発表した。
2019年冬モデルとして秋以降に登場する。

no title

 「AQUOS sense3」はAQUOSシリーズ史上最大となる4000mAhのバッテリーを搭載する
Androidスマートフォン。省エネ性に優れたIGZOディスプレイを搭載しており、1週間の電池
持ちを実現した。動画であれば20時間以上の連続再生が可能としている。

 メインカメラには、121度の広角カメラと標準カメラのデュアルカメラを搭載。被写体の動きに
応じて、AIがシャッタースピードや露光などを自動で調整したり、動画の見どころを抽出し、
15秒のダイジェストムービーを作成する「AIライブストーリー」を搭載する。

 IPX8の防水、IP6Xの防塵性能をもつほか、文字やアイコンを大きくする「かんたんモード」
などの基本機能も充実している。

 また、高いセキュリティレベルと安定したネットワーク通信を実現するsXGP規格に対応し、
法人用途としても安心して利用できる。

主なスペック
 出荷時のOSは、Android 9。チップセットは、Snapdragon 630。4GBのRAMに64GBの
ストレージを搭載する。ディスプレイサイズは、5.5インチ(フルHD+ 2160×1080)で
IGZO液晶ディスプレイ。

 カメラは、標準カメラが1200万画素でf2.0、広角カメラが1200万画素でf2.4。ともに電子式
手ブレ補正を搭載する。インカメラは、800万画素でf2.2。

 無線LANはIEEE802.11a/b/g/n/acに対応する。バッテリー容量は4000mAhで大きさは147×70×8.9mm、重さは167g。顔認証と指紋認証、おサイフケータイに対応する。

【ケータイ Watch】
 https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1209007.html

引用元: 【スマホ】シャープ、4000mAhのバッテリーの「AQUOS sense3」

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/09/25(水) 14:28:18.87 ID:vkT0DKPI9
 鹿児島市吉野町の「仙巌園」近くの山林で、今年8月、一部白骨化した遺体が見つかった
死体遺棄事件で、鹿児島県警鹿児島中央署は25日、遺体は2006年4月から行方不明と
なっていた、職業不詳、野添希望(のぞみ)さん(当時17歳)と判明したと発表した。
同署によると、野添さんは行方不明になった当時、同県志布志市に住んでいたという。

 遺体は8月13日午後、園の関係者の男性が人骨の一部を発見し、近くの交番に通報していた。
同署は、人為的に埋められたとみて、身元の特定を進めていた。

読売新聞

【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190925-00050230-yom-soci

okinawaurashiroIMGL4914_TP_V

【山林】

引用元: 【鹿児島】山林から白骨遺体、当時17歳の女性…06年から行方不明

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/09/25(水) 19:15:24.55 ID:gglAC3WW9
個人経営の喫茶店の倒産が急増しているという。
 
東京商工リサーチの調べによれば、2019年1-8月累計の「喫茶店」の倒産は42件で、前年同期比で
35.4%増と大幅に増加。また、全日本コーヒー協会が公開している「喫茶店の事業所数及び従業員数」
によれば、喫茶店の数はピーク時だった1981年の15万4630件から2016年時点で6万7193件へと、
実に半分にまで減っているのだ。
 
「喫茶店が激減しているといっても、需要自体はむしろ増えています。

『フードサービス協会』の調査では、18年の喫茶店の市場規模は1兆1645億円と他の外食産業を
比べても伸び率は高く、また『全日本コーヒー協会』によれば、同年の国内のコーヒー消費量は
47万213トンとこちらも年々増加傾向にあるのです」(フードジャーナリスト)

個人経営の喫茶店が窮地に立たされている原因としては、コンビニコーヒーの台頭によるところが
大きいとされる。淹れたてのコーヒーがわずか100円程度で飲めるとあって、13年に大ヒット。
そこから成長を続け、18年には年間17億杯を売り上げたとも言われている。
 
「他にも、喫茶店の利用方法の“変化”が、個人経営の店に大きな影響を与えていると考えられます。

日本で最初に喫茶店ブームを巻き起こした“銀ブラ”という言葉がありますが、これは
『銀座でブラジルコーヒーを飲むこと』を意味しており、あくまでコーヒーが主役でした。

ところが、現代の喫茶店をくつろぎの場所として考える人が多く、安いコーヒー1杯で長時間
パソコン作業をしたり、友人と語り合ったりすることに主眼が置かれている。
そうると、ますます個人経営の喫茶店には厳しいと言わざるを得ないでしょう」
(経営コンサルタント)

コーヒーにこだわる店ほど、窮地に立たされる状況なのかもしれない。

【nifty ニュース】
 https://news.nifty.com/article/item/neta/12277-414184/

kazukihiro0803DSCF5656_TP_V

【喫茶店】

引用元: 【社会】コーヒー需要は増加傾向も「個人経営の喫茶店」が激減しているワケ

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/09/23(月) 19:39:30.28 ID:W3IIfmra9
【sputniknews】
 https://jp.sputniknews.com/incidents/201909236696486/

ロシア演習「ツェントル2019」で空挺戦車2台が大破 死傷者なし

【写真・動画】

災害・事故・事件


ロシア国防省広報部は22日、演習「ツェントル2019」でBMD(空挺戦闘車)2台が空中投下の際に
パラシュートシステムが作動しなかったことを明らかにした。現場で撮影された写真、動画が
ロシアのSNS上に掲載されている。大型ジェット輸送機Il-76(イリューシン76)からBMDが
投下される瞬間を撮影したビデオはインスタグラムで紹介された。

動画を見るとBMDが高い高度から急速に落下し、地面で大破する様子がよくわかる。ロシア
国防省によれば、BMDには乗員が乗り組んでいなかったため、この落下による死傷者は出ていない。

​写真からはBMDが受けた大きなダメージがよくわかる。1台はほぼ完全に大破しており、
もう1台は屋根に落下し、大きな損傷を受けている。

no title

引用元: 【ロシア】演習「ツェントル2019」で空挺戦車2台が大破 死傷者なし

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/09/22(日) 19:45:25.61 ID:c0Xs3kWx9
【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190922-00067360-gendaibiz-ind

「このままだとクロマグロが日本のスーパーから消えるかもしれない」

 ある水産族の自民議員はこう嘆く。今月初めに開かれたクロマグロの資源管理をめぐる国際会議で、
日本が主張した捕獲枠の増枠が主に米国の反対で実現しなかったためだ。その影には、圧倒的な
政治力を持つ環境保護団体の影もちらついている。

台湾から枠を譲ってもらったが…

 国際会議「中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)」の北小委員会が9月3日に米国ポート
アイランドで開かれた。

 日本をはじめ、米国や中国、台湾、韓国など10ヵ国からなるWCPFCの北小委は、
2015年から参加国に資源減少を理由として、マグロ類の漁獲上限を導入している。

 今回、日本は「すでに資源量は回復している」と主張して漁獲上限の引き上げを求めたが、
環境保護を訴える米国側が強硬に反対し、実現しなかった。

 日本のクロマグロ漁業者、特に沿岸で操業する中小業者にとって、漁獲上限の導入は死活問題だ。
専門紙記者はこう話す。

 「クロマグロは1kgあたり平均5000円前後、1匹で数百万円~最高級品になると数千万になる
高級食材です。漁業者からすれば、一匹とれるかとれないかでその年の生活が大きく左右される
魚種だと言えます。

sushiFTHG0957_TP_V

【寿司】

引用元: 【食】クジラ、ウナギの次は「マグロ」が食べられなくなる可能性

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

↑このページのトップヘ