『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.6.20

      ニュース速報+板

      1まとめらいぶ2017/06/12(月) 20:28:31.45ID:CAP_USER9.net
      【IT media PC USER】
       http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1706/12/news091.html

      「Windows 10 S」は始まりにすぎなかった? 今度はWindows 10のワークステーション
      級マシン向けエディションをMicrosoftが開発中、とのウワサが聞こえてきている。
      [鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]2017年6月に入り、Windows 10の開発
      まわりでちょっとした騒動があった。

       米Microsoftは6月1日(米国時間)、Windows Insider Programに参加する複数のRing
      ユーザーに対して開発中の内部ビルドである「Build 16212(RS_EDGE_CASE)」を
      誤って配信してしまったのだ。もし該当するユーザーがいれば、システムを以前の
      ビルドに戻すよう注意喚起している。

       動作上の問題が多いことと、特にWindows 10 Mobile版については再起動ループを
      繰り返してWindows Device Recovery Tool以外では戻せなくなる可能性があるとの
      ことで、継続利用は控えてほしいという。

       しかし、注目すべきはその後の発見だ。この内部ビルドであるBuild 16212にはまだ
      発表されていない「謎のWindows 10 SKU」の名称が含まれていることが判明し、
      一部で話題となっている。どうやら、Microsoftは高パフォーマンスPC向けの
      新しいWindows 10の提供に向けた準備を進めているようだ。



      MicrosoftはWindows 10ファミリーの新OS「Windows 10 S」を2017年5月に発表した
      ばかり。Windows 10 SはWindowsストアからダウンロードできるUWP(Universal
      Windows Platform)アプリのみが実行可能な教育分野向けのOSだ
      その名は「Windows 10 Pro for Workstation PCs」?

       同件を最初に報告したのは、Lakshmi 'Tito' Ulluというユーザーのツイートだ。問題の
      ビルドにおけるpkeyconfig内のデータに「Windows Server 2016 ServerRdsh」
      「Windows 10 Pro for Advanced PCs」「Windows 10 Pro N for Advanced PCs」
      という表記がみられ、これらが既存のSKUと異なることから、開発中の未発表
      エディションではないかとの臆測が広がった。

       TwitterでMicrosoftやWindows関連のリーク情報をいち早く伝えることで知られる
      WalkingCatは、これが従来まで「Pro for Workstation」とうわさされていた新SKU
      の正式名称ではないかと推測したが、その後にTheGrandMofongoというユーザーが
      関連のリーク資料をツイートで紹介しており、謎のSKUが「Windows 10 Pro for
      Workstation PCs」である可能性が高まっている。ワークステーション級
      マシン向けOSに搭載される新機能とは?

       しかし、ここでのポイントは正式名称よりもむしろ、Windows 10 Pro for
      Workstation PCsと呼ばれる製品の機能面だ。

       高パフォーマンスが要求される処理を最適化する「Workstation Mode」、NTFSの後継
      をうたう高信頼性ファイルシステムの「ReFS(Resilient File System)」、CPU負荷を
      極力抑えて高速なファイル共有を可能にする「SMBDirect」、最大4コアCPU+6TBメモ
      リまでのサポートといった具合に、従来のWindows 10 Proをより処理性能と信頼性に
      特化した形で強化されている。

       このうわさが本当だとして、Windows OSにおける「Workstation」の名称は、
      NTカーネルを一般向けPCにも展開したWindows 2000(2000年に一般リリース)
      で消滅したため、久しぶりの復活となる。このWindows 10新エディションにより、
      技術計算や映像処理などプロフェッショナル用途での利用拡大がさらに
      進むかもしれない。

       今回のBuild 16212が、Windows 10次期大型アップデート「Fall Creators Update
      (Redstone 3)」に属するビルドであることから、このWindows 10 Pro for
      Workstation PCsのリリース時期は少なくとも同アップデートの提供時期と
      みられる2017年9月~10月より後のタイミングになる可能性が高い。

       今後も続報が入り次第、お伝えしたい。



      Redstone 3(RS3)の開発コード名で呼ばれてきたWindows 10の次期大型アップデート
      「Fall Creators Update」は、2017年9月~10月ごろの配信とみられる
      Copyrightc 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
      【【IT】MicrosoftがハイエンドPC向けの新Windows10を開発中】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/06/06(火) 20:38:49.37ID:CAP_USER9.net
      金がない、金がない、金がなぁぁぁぁぁあああああい! 昔から「金は天下の回りもの」
      とは言うが、自分のところには全然来ないんですけど……と嘆いているのは記者だけでは
      あるまい。だがしかし、どうやら金はあるところにはあるらしい……しかも大量に。

      というのも、いま「予想外の場所から出てきた小銭の量がヤバい」と話題になっているの
      だ。予想外の場所とは、誰もが利用するエスカレーター、しかも交通量の多い、駅に設置
      されたエスカレーターである。

      ・もりくろは、すいっちょんさんの投稿

      話題の画像をツイッター上に投稿したのは、Twitterユーザー「もりくろは、すいっちょん(@morisyrup)さん」だ。2017年6月6日、すいっちょんさんが投稿した画像は、半日足
      らずで約5000リツイートされるなど、大きな注目を浴びている。

      その内容は、すいっちょんさんが遭遇したエスカレーターのメンテナンス現場の画像で、
      そこには、

      「大量の小銭」

      が写し出されているのだ。



      パッと見ただけだが、数えたらゆうに1万円は超えると思われるほどの小銭は、まさに
      “宝の山” と言っても過言ではあるまい。もし画像に写っている小銭がエスカレーター
      1基分だとしたら……エスカレーターにはお宝が眠っていると言い換えても差し支えな
      いだろう。

      確かにエスカレーターで小銭を落とした場合、拾えないケースがほとんどである。きっ
      と泣く泣く小銭を諦めた経験をお持ちの方もいらっしゃるに違いない。それにしても……
      ここまで大量の小銭が眠っているとは想像だにしなかった。

      もちろん自分のものになるわけではないが、今後エスカレーターを利用する際、「この
      下には宝の山が眠っている!」と考えると、ちょっぴりアドベンチャーな気持ちが味わ
      える……かもしれないぞ。

      【ロケットニュース24】
       http://rocketnews24.com/2017/06/06/910529/
      【【話題】『画像』エスカレーターの下から出てきた『大量の小銭』をご覧ください】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/05/30(火) 21:19:48.70ID:CAP_USER9.net
      セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズは5月30日、全自動で洗濯物を畳むロボット
      「ランドロイド」の予約受け付けを始めた。専用スマートフォンアプリと連携し、
      畳んだ衣類を確認したり、あまり着ていない服を教えてくれたりする機能も備える。
      出荷は2017年度内を目指す(9月上旬に詳細を発表予定)。価格は185万円(税別)。



      【IT media NEWS】
       http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1705/30/news121.html
      【【社会】全自動洗濯物たたみ機『ランドロイド』発売!画像解析で衣類を仕分け】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/05/30(火) 16:36:41.41ID:CAP_USER9.net
      グーグルのアンドロイド端末向けの新しい絵文字には女性の人魚に加え
      男性人魚のシンボルもある

      Photo: ANDROID O BETA



      スマートフォンに近く追加される絵文字には架空の生物も含まれている。
      エルフや魔法使い、吸血鬼、ゾンビ、妖精、人魚などだ。しかも人魚は
      マーメイド(mermaid=女性の人魚)だけでなく
      「マーマン(mermen=男性の人魚)」も加わる。

      絵文字の国際基準を定める非営利団体ユニコードコンソーシアムの提言に従い、絵文字
      メーカーはコンソーシアムが指定する中性のキャラクター「マーパーソン(merperson)」
      を基に、男性・女性それぞれの性別に応じた修正を加えマーメイドやマーマンのシンボルを
      作成している。

      架空の生物の性別問題への対処は、コンソーシアムにとってかなり予想外の仕事だった。
      同団体は、われわれのデジタルなやり取りに欠かせなくなった絵文字の正式なセットを
      決定する役割を担っている。

      コンソーシアムの理事長で共同創設者のマーク・デービス氏は、架空の生物に男性、女性、
      性別不問それぞれのオプションを提供するという決定について、新キャラクターに関する
      提案を検討し、提言を行っている小委員会が毎週開く電話会議で下したものだと説明した。

      最新版の絵文字5.0は来月に正式リリースされる予定だが、キャラクターセットは既に
      アップルやグーグル、ツイッターなどの絵文字を提供する企業には公表されている。
      それを基に各社とも自社のプラットフォームで絵文字をどう表示するかを検討してきた。

      「マーパーソン」などの絵文字に性別不問のデザインを使用するか、男性または女性の
      デザインを使用するかは各社に任されている。グーグルもツイッターも既にマーパーソ
      ンの絵文字について、単純にこれまでのマーメイドの絵文字と同じものにすることを決
      めている。アップルはまだ新しい絵文字を公表していない。

      歴史的に人魚がどのように想像されてきたかを考えれば、マーメイドを既定の絵文字に
      するのは意外ではない。マーメイドは文字通り「maid of the sea(海の少女)」という
      意味で、「mere」は「sea(海)」を意味する中世英語だ。mermaidという単語が初め
      て登場したのは14世紀で、古英語の「merewif(水中に住む魔女)」という単語に由来
      している。

      さらに1600年前後には「マーマン(merman)」という単語が出現した。
      オックスフォード英語辞典には、1811年には「マーウーマン(merwoman)」、1822年
      には「マーワイフ(merwife)」、1800年代末期までには「マーチャイルド(merchild)」
      や「マーベビー(merbaby)」さらには「マードッグ(merdog)」という言葉までも登場
      したと書かれている。

      その後、男女の人魚を両方まとめて「マーピープル(merpeople)」または「マーフォーク(merfolk)」と呼ぶようになった(それぞれ1824年と1863年に用例が確認されている)。
      しかし、性別を問わない単数形の「マーパーソン(merperson)」という単語が使用される
      ようになったのはかなり後になってからで、1970年代にファンタジー小説に登場したのが
      最初だ。

      1974年に米ファンタジイ・アンド・サイエンス・フィクション(F&SF)誌に掲載された
      ゴードン・エクランドの小説「碧き波の下で」や、その5年後に刊行されたジョン・アップ
      ダイクの短編集「メイプル夫妻の物語」に登場している。アップダイクは小説の中で、チ
      ェアマンではなく「チェアパーソン」を使うなど単語に性別の区別をなくす動きをから
      かっている。

      「マー(mer-)」という接頭辞が付いた単語は今でも人気のファンタジー小説でよく使用
      されている。例えば、ジョージ・R・R・マーティンの「ゲーム・オブ・スローンズ(七王
      国の玉座)」シリーズには「マーリングス(merlings)」が出てくるし、J・K・ローリン
      グの「ハリー・ポッター」シリーズには、「マーミッシュ(Mermish)」語で歌う「マー
      ピープル(merpeople)」が登場する。

      ユニコードコンソーシアムから最新の絵文字が発表されるのを機に、「マー絵文字」
      という新しい言葉を作ってもいいのかもしれない。

      【ウォールストリートジャーナル】
       http://jp.wsj.com/articles/SB10916868980930144459004583174700812771488
      【【絵文字】人魚は『マーメイド』だけでなく『マーマン』も、ジェンダーレス化に対応。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/05/26(金) 19:25:00.72ID:CAP_USER9.net
      【J-CASTニュース】
       https://www.j-cast.com/2017/05/26299031.html?p=all

      山口県下関市内で県警パトカーに駐車違反のステッカーが貼られていたと、隣県の地元
      経済紙がツイッター上で写真付きで紹介し、波紋が広がっている。県警では、J-CAST
      ニュースの取材に対し、「駐車違反ではない」と言っている。

      「下関の駐車違反取締は容赦がないです」。2017年2月25日にこうツイートしたのは、
      福岡県北九州市内にある小倉経済新聞だ。

      小倉経済新聞が写真をツイートし反響

      アップされた写真を見ると、下関ナンバーのパトカーのフロントガラスに駐車違反の
      ステッカーらしきものが貼られている。後方に小さく見える一般車のバンにも貼られ
      ていることから、この辺りで山口県警が民間に委嘱した駐車監視員が巡回していたら
      しい。

      写真が反響を呼び、4万件もリツイートされており、様々な意見がツイートされている。

      ステッカーが本物かどうか疑う声が出たほか、「たとえ身内でも違反は違反ということ
      か」「赤色灯を消しているから、一般車両と見なされて、駐禁切符を切られた?」「これ
      でこそ平等だよなー」などと監視員を讃える声も多かった。一方、「不自然」「容赦な
      さすぎ」などとパトカーを駐車違反にしたことに疑問を呈する向きもあった。

      そこで、小倉経済新聞の編集部に26日取材すると、編集長がこう説明した。

      「写真は、私の友人からもらったものです。監視員のおじさんが現場を回っていたとこ
      ろをカメラで写したと聞いています。監視員は、厳重にやっていると住民の間で評判に
      なっており、フェアさが際立っていると思います。こんな話を取り扱うのは初めてで、
      リツイートが伸びているのにびっくりしています」
      友人が撮影したのは、25日午前11時前ぐらいだといい、駐車禁止になっている下関市内
      の公園前の道路だそうだ。

      山口県警のパトカーが駐車違反をしていたというのは、本当なのだろうか。
      「監視員が道路交通規則を理解していなかった」

      下関署の副署長は5月26日、J-CASTニュースの取材に対し、同署のパトカーに駐車違反
      のステッカーが貼ってあったのは事実と認めた。しかし、「駐車違反ではない」と説明
      し、監視員がステッカーを貼ったものの、警察官は切符を切っていないことを明らかに
      した。

      その理由としては、山口県道路交通規則の第3条の3項で、駐車禁止の道路標識等による
      交通の規制の対象から除く車両として、「交通の取締り、犯罪の捜査、警備活動その他
      の警察活動に伴い停止を求められている車両」であることを挙げた。パトカーはこの日、
      「犯罪の捜査をしていた」と副署長は説明する。

      一方、たとえパトカーであっても、駐停車が禁止されている交差点内や横断歩道から5
      メートル以内、歩道といった「法定駐車禁止場所」については、駐車できない。こう
      した場所は、人の生命に関わる出動に限り、赤色回転灯を点灯させれば駐車できる。
      ここ10年ほどでは、神奈川県警や京都府警、大分県警のパトカーが法定駐車禁止場
      所で切符を切られ、運転者の警察官が反則金を支払う事態になっている。

      今回の写真では、パトカーの後方に交差点らしきものが見えるが、下関署では、交差点
      内などの法定駐車禁止場所ではないと取材に説明した。それにもかかわらず、なぜ監視
      員が駐車違反のステッカーを貼ったかについては、「道路交通規則の除外規定を理解し
      ていなかったのだと思います。監視員の方には、規則などについて勉強してほしいと伝
      えました」と言っている。



      駐車違反のステッカーが貼られたパトカー
      【【山口】パトカーに駐禁ステッカー!山口県警『駐車違反ではない』www】の続きを読む

        このページのトップヘ