『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.6.20

      ニュース速報+板

      1まとめらいぶ2017/06/16(金) 12:53:41.59ID:CAP_USER9.net
      ふたつの頭を持つ赤ちゃんイルカ



      漁師が引き上げた時点で死んでいた双頭イルカ



      オランダ沿岸の北海で先月、ふたつの頭を持つイルカが漁船の網に入っているのが発見
      された。違法な捕鯨ととがめられることをおそれた漁師は、海にリリースしたが、その
      際にとらえた写真が研究者の目に止まった!珍しい双頭のイルカが見つかったのは、先
      月30日、オランダのロッテルダム沿岸から28キロ沖合に位置する北海だ。

      ロッテルダム自然史博物館によると、このイルカは生まれたばかりのネズミイルカのオ
      スで、体長約70センチ、体重は6キロ程度と推定され、背びれは無く、尾びれもフニャ
      フニャと柔らかく、へその緒は最近はずれたばかりのように見えた。船に網を引き上げ
      た時点ですでに死亡していたが、漁師たちは海洋哺乳類の捕獲が違法だととがめられる
      ことをおそれて、写真を数点撮った後に死骸を海に戻したのち、研究者にこの珍事を報
      告した。

      連絡を受けた博物館の海洋哺乳類研究者、アーウィン・コンパニエ氏によると、イルカ
      やクジラなどの海洋哺乳類では、双子の妊娠・出産の発生率が0.5%程度と珍しく、まし
      て、今回のような結合双生児は大変レアなケースだという。これまで世界では9例の結
      合双生児の報告があるが、いずれも妊娠した母イルカの胎内で見つかっており、その
      原因はいまだよくわかっていないという。

      コンパニエ氏は、今回の発見について「背びれがなく、尾も未成熟のままなので、泳ぐ
      ことができず、出産直後に死んだ可能性が高いのではないか」と指摘している。

      【ハザードラボ】
       http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/0/20689.html
      【【オランダ】頭が2つあるイルカを捕まえる『漁師驚愕』違法捕鯨を恐れ海にリリースwwwww】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/06/18(日) 20:56:53.14ID:Ci1MPYtr0.net BE:155869954-2BP(1501)
      現在、日本のツイッターでウサギの耳を掴んで持ち上げている日本人カップルの画像が
      拡散され、騒ぎに成って居ます。ウサギの耳はとてもデリケートな部分なので、この様
      に掴んでぶら下げては行けません。

      【VK.com】
       https://vk.com/nippon_netto?w=wall-42668984_81733
        ※ ↑ モザイク無し画像もあります ↑

      BlogPaint

      BlogPaint
      【【DQN】ウサギの耳を掴んで持ち上げている日本人(風の)カップル画像が拡散され、海外からも批判殺到wwwww。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/06/14(水) 20:07:08.22ID:CAP_USER9.net
      宇宙に行ったプラナリア 体の両端に2つの頭が出現 帰還後もそのまま

      【Hazardlab】
       http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/0/20650.html



      体の両端に頭ができたプラナリア

      (撮影:諸隈淳治さん/Allen Discovery Center at Tufts University)

       プラナリアという生物をご存知だろうか?川や池など綺麗な水に住み、ヒルのように
      見えるが、よく見るとマンガのキャラクターのような目を持っていて、全身が消化管に
      なっている。何がすごいって、イモリやミミズを凌駕する高い再生能力。体を切り刻ん
      でもすべての断片が再生し、切った数だけ個体数が増殖するとあって、再生医療の研究
      者たちから熱い注目が寄せられている。

       米マサチューセッツ州のタフツ大学で生物化学を研究する諸隈淳治氏らのチームは、
      水と空気を1対1の比率で詰めたチューブ状の容器に、プラナリアを入れて、国際宇宙
      ステーション(ISS)に送り込み、5週間滞在させてから、再び地上に戻した。プラナ
      リアのうち、15匹は、無重力空間が再生能力に及ぼす影響を調べるため、頭部、胴体、
      尻尾の3分の1ずつ切断したものを用意した。

       そして、地球上で同じ期間を過ごしたプラナリアと比較した結果、宇宙帰りのプラナ
      リアは、新鮮な湧き水に移した瞬間にショック反応を起こし、仰向けになって痙攣した
      後、ピクリとも動かなくなった。この状態は1時間ほど続き、次第に元の姿勢に戻った
      が、研究チームは「環境の変化によって代謝異常がもたらされた」と推測している。

       また、最も劇的な変化は、宇宙へ行く前に体を三分割にした胴体部分のサンプルで起
      こった。体の両端に頭が二つ再生された個体が確認されたというのだから驚きだ。これ
      ら双頭タイプのプラナリアは、地球帰還後に両端の頭を切断しても、そのたびに両側か
      ら頭が再生されたという。

       研究チームは過去18年間、1万5000匹近いプラナリアの観察を続けてきたが、これまで
      二つの頭を持った個体は見たことがなく、地球に戻ってからも1年以上、双頭状態が続い
      ている。

       タフツ大学のマイケル・レビン教授は、
      「重力や地場の喪失、離着陸時に受けたストレスが引き起こした可能性が高い。こんな小
      さなプラナリアを人間と比べるのは無理があるように思えるかもしれませんが、宇宙での
      滞在が生物の細胞活動に及ぼす影響を考慮するうえで重要なデータです」と話している。

       なおこの研究成果は、科学誌『リジェネレーション(再生)』電子版に13日付で
      掲載された。



      プラナリアを宇宙へ運ぶための容器。バッテリーが内蔵されていて、中の温度を一定に
      保つ(Allen Discovery Center at Tufts University)二つの頭を持つプラナリアは、地
      球帰還後に頭を切り離しても、同じように再生された。

      (撮影:諸隈淳治さん/Allen Discovery Center at Tufts University)
      【【生物】『宇宙に行ったプラナリア』切断した体の両端に2つの頭が出現!18年間で初の観察事例、帰還後もそのまま。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/06/13(火) 17:55:10.90ID:CAP_USER9.net
      これが600万円だまし取った「受け子役」 

      大阪府警「特殊詐欺犯、今後も公開していく」

      大阪府池田市内の60代女性が5月下旬、長男を装った男らに現金600万円をだまし
      取られる特殊詐欺事件が発生し、大阪府警捜査2課は13日、被害女性から現金を受け
      取った「受け子」が写った防犯カメラの画像を公開した。府警が特殊詐欺犯の画像を
      公開するのは初めて。

      府警によると、一人暮らしの女性宅に5月下旬、長男を装った男らから
      「職場の女性を妊娠させた。夫に現金を要求されている」などと電話があった。
      女性は示談金として600万円を用意し、同市内の駅付近で長男の後輩を装った男に
      渡したという。女性が翌日、長男の妻に電話をして被害が発覚した。

      受け子の男は30代前半くらいで、身長約165センチの小太り。
      黒っぽいスーツを着ていた。

      府警は「増加する被害を抑えるため、今後も公開していきたい」としている。
      情報提供は府警池田署刑事課知能犯係。

      【産経ニュース】 
       http://www.sankei.com/west/news/170613/wst1706130051-n1.html

      60代女性から現金600万円をだまし取った男(大阪府警提供)




      池田警察署管内における特殊詐欺事件

      【大阪府警察】
       http://www.police.pref.osaka.jp/02jyoho/jiken/290612_1.html



      【【大阪】これが600万円騙し取った『受け子役』、防犯カメラの画像を公開…大阪府警『特殊詐欺犯、今後も公開していく』逮捕秒読み。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/06/12(月) 20:29:25.43ID:CAP_USER9.net
      生の魚介類に付着する寄生虫「アニサキス」による食中毒の被害報告が急増している。
      魚を生で食べる習慣のある日本で多く、厚生労働省の統計では、ノロウイルス、
      カンピロバクターに次ぐ食中毒原因物質の第3位に。加熱するか、マイナス20度
      以下で24時間冷凍すれば問題はないが、冷蔵技術の進歩で鮮度のよい生食用の
      流通量が増えたことが、逆に被害増大につながっているようだ。激しい腹痛を
      起こすアニサキス。食中毒急増の背景を探った。(貝原加奈)

       アニサキスの卵は海中でふ化した後、魚などが食べるオキアミを経てアジやサバ、
      カツオ、イカ、サケなどの内臓に寄生。魚介類が死ぬと筋肉に移る。虫体は長さ
      2~3センチ、幅0・5~1ミリで白色の太い糸のよう。生食後、数時間から
      数日で発症し、みぞおちなどに激しい痛みを引き起こす。

       同省によると、アニサキスによる食中毒は2007年の6件から、16年には20倍
      を超える124件に増加。国立感染症研究所寄生動物部の杉山広前室長が05~11年
      の約33万人のレセプト(診療報酬明細書)を基に推計したところ、年間発生数は約7
      千件に上ったといい、統計は「氷山の一角」との指摘もある。

       神戸市でも、食品衛生法改正で、アニサキスを原因とする食中毒が届け出対象になった
      13年以降、13~15年に各2件、16年は1件が報告された。今年に入ってからは既
      に飲食店で3件発生。同市保健所は「冷蔵技術の発達で生の状態で流通させる商品が増え
      たことに加え、内視鏡検査技術や設備が整い、虫体摘出が容易になった」と説明する。

       内閣府食品安全委員会のまとめでは、アニサキスが検出される魚は、サバ類が最も多く
      (北海道を除く)、西日本や関東ではイワシ類、カツオ類も多い。水揚げ地の違いにより、
      生で輸送できる魚が違うからという。国内産のマサバ218尾のうち74・3%に当たる
      162尾から幼虫が検出されたとする研究結果もある。

       13年以降、毎年数件は被害が報告される兵庫県内でも悲鳴が上がる。神戸市内で
      飲食店を営む男性は「鮮度のよいものを仕入れており、まな板や包丁の消毒も気に掛
      けている。素早く内臓を出してさばく以外に防ぐ方法があるのか」と困惑する。県内
      の小売店は「アニサキスが寄生している恐れがあるので、生食用の魚はできるだけ
      冷凍で仕入れている」。冷凍処理していない魚は目視で確認し、見つければ取り
      除いているという。

       アニサキス被害の広がりを受け、サバ料理専門店の「SABAR(サバー)」神戸
      元町店(神戸市中央区)では5月下旬から、店頭に張り紙を掲示。冷凍処理したサバ
      を使用しているため、被害報告がないことを強調した。梅林洋太店長(31)は、
      「水揚げしてすぐ船上で冷凍処理したサバなので、鮮度も味もよい。
      安心して足を運んでほしい」と安全をアピールする。

       同市保健所は「冷凍物を使わず、鮮度にこだわる飲食店の方が被害が出やすい」
      として、今月始まった食中毒予防特別期間に合わせ、消費者や事業者に注意を
      呼び掛けていく。

      神戸新聞

      【Yahoo! ニュース】
       https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170611-00000010-kobenext-hlth

      画像 

      スケトウダラから取り出したアニサキスの幼虫(国立感染症研究所提供)

      【【社会】寄生虫『アニサキス』の食中毒急増!その背景とは】の続きを読む

        このページのトップヘ