『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.6.20

      ライフスタイル


      久しぶりに私日誌の更新を致します。

      いつも、パソコンを使うテーブルがゴチャゴチャしていて、
      既存のヘッドホンハンガーも邪魔なので、どうしようかなと
      考えていました。

      〖今の状態〗
       安物のヘッドホンハンガーなので、支持部が細く本体に跡がついてしまう為、
      布を間に挟んでいます。


      1

      〖ヨドバシ.com産〗
       ヘッドホンハンガーを店舗受け取りにて買いました。

      BRAINWAVZ
      Truss(トラス) [ヘッドホンハンガー]
       ↑
      広告じゃないょ(ヨドバシ.com)

      2

      〖取り出してみた〗
       アルミ製で重量感がありますね、支持部も広いので布等を挟む必要もありません。


      3

      〖取り付け部分〗
       テーブルの下で、足が当たらない奥に貼り付けます。

      4

      では、緊張の貼り付けに取り掛かります。


      【【BRAINWAVZ】Truss(トラス)のヘッドホンハンガー買ってみた。】の続きを読む


      ※ 2ちゃんねる『まとめ』ではございません

      私が購入したSONYのハイレゾ対応ウォークマン
      NW-A16』に付属してくるのはハイレゾ非対応のヘッドフォンなので、
      ハイレゾ対応のヘッドフォンを購入することにしました。

      【ハイレゾ対応ヘッドフォン購入条件】
      1. リーズナブルな価格設定
      2. NFC対応
      3. Bluetooth対応
      この条件を満たすヘッドフォンはコレでした。

      【MDR-10RBT】 

      IMG_20150828_222503

      ※ この画像はピントがずれているのではなく、箱の画像が既にボケています。

      IMG_20150828_222530

      【購入価格】
       ヨドバシカメラにて『23630円 → 22500円』にして頂き、ポイントが『2250pt』発生。

      【【SONY】ハイレゾ対応ヘッドフォン、『MDR-10RBT』を買ってみた。】の続きを読む


      こんにちは、管理人です。

      『2ちゃんねる』
      っぽくタイトルをつけてみましたが、私の個人的なものになります。

      私がハイレゾ音源について知ってから数年が経ち、
      5年程使っていた『iPod classic (120G)』を買い替える事にしました。

      【iPod classic(120G)】

      IMG_20150828_213514

      そして、買ってきた『NW-A16』一式。

      【NW-A16 + ケース + フィルム】

      IMG_20150827_181046
       
      なんだかんだで、約25000円ですね。
      今回はヤマダ電機より購入しました、ポイントも付いたので
      手出しは22000円程になります。

      実際、音質的なトコは素人の私です。

      でも、聴き比べをしたら衝撃を受けました。

       
      【アップル『iPod classic』をSONYハイレゾウォークマン『NW-A16』に買い替えた結果】の続きを読む


      私事ではございますが、『ヨドバシカメラ』をいつも利用させて頂いています。

      始まりは『G-SHOCK』を購入した後からになります。

      購入したのは、元々使っていた品の後継モデル。

      『MTG-M900BD』

      IMG_20150820_202152

      店頭でお会計を済ませ・・・、
      新品購入特典の無料『駒調整』を頼み忘れて帰宅!。

      また店頭に伺うのは面倒なので自分で調整することにしました。

      そこで使うのはコレ♪

      『精密マイナスドライバー』

      IMG_20150820_202446
       
      って、コレは嘘です(やっちゃ駄目)。

      実際に昔やって駒に重症を負わせたので、今回は出来るけど自粛。

      本当はココからご説明致します。

      とっても簡単です。

       
      【【CASIO】『G-SHOCK』買い替えたので『駒 調整』を自分でやってみる、『MTG-M900BD』など。】の続きを読む


      私が使っている『Nexus5』の液晶保護フィルムと保護ケースについての考察。

      スマートフォン/フューチャーフォンをお使いの方であれば、ほとんどの方が
      保護フィルムと保護ケースを装着しているかと思います。
      違かったらすみません。

      私が『Nexus5』を購入する際、前もって液晶保護フィルムと保護ケース
      を購入し準備をしていました。

      ケースは落下時の本体保護性能を重視して選びましたが、
      液晶保護フィルムはガラスの物を使うと『Nexus5』のガラスに歪みのある
      固体が多く、消えない気泡が残ってしまうと言うレビューを多々拝見していたので、
      本体購入当初はガラスではない保護フィルムを使っていました。

      ですが、知人が使用している他機種スマホのガラスフィルムに初めて触れた時、
      その表面の滑らかさや質感に衝撃を受け、多少気泡があっても良いと言う思いで、
      私もガラス製の保護フィルムを購入しようと思いました。

      購入したガラスフィルム

      DSC00240

      Nexus5には、以前購入した通常液晶保護フィルムが貼られており、
      ガラスフィルムと貼り替えになります。

      『ガラスフィルム確認』

      DSC00241

      フィルムがガラス製の為か丈夫な入れ物に入っています。

      ※ ガラスフィルムの気泡対策についてですが、色々と調べた結果、気泡が発生する部分は
         ガラスフィルムの透明でない部分(黒い所)で発生する事が多いらしく、当フィルムの場合、
         気泡が発生したとしても黒部分の下にあたるので、正直気になりません。
         正確にはわからないってことです。

         まじまじ見ても気泡の発生は確認できず、触っても気泡感?はありません。
         非常に良く出来ており、滑らかで綺麗です。強度もガラスなので十分ですね。

      また黒い部分裏面に粘着のコーティングがされているので、貼り付け前に液晶
      表面の埃等を綺麗にすれば簡単に装着が可能で、透明なフィルムと違い、
      黒いガラスになっている部分のおかげで位置決めが用意で、
      一発勝負と言えど簡単に実施できます。

      『ガラスフィルム装着後』

      DSC00242

      続きは保護ケースについてとなります。


      【【Nexus5】愛用者必見!歪み対策のガラスフィルムとオススメ保護ケースの紹介です】の続きを読む


      久しく、私日誌を更新致します。

      BOSEのスピーカーについて。

      『Pioneer』『KENWOOD』のスピーカーは以前使っていた事があって、
      今は『SONY』を使用中でしたが『BOSE』だけは使った事がない。
      個人的に憧れもあり、気になっていたので買ってきました。

      購入したのは
      【BOSE】
      『SoundLink Mini Bluetooth speaker II』
      です。

      決めるにあたり条件はひとつだけ
      • 私の使用しているノートパソコンの後ろに置ければOK
      参考価格(投稿時点)

      ヨドバシ.com   本体 27,000円 + 専用ソフトカバー 3,240円
      amazon.co.jp     本体 27,000円 + 専用ソフトカバー 3,240円

      それでたまたま『ケーズデンキ』に行ったので値段を確認しました。

      ケーズデンキ       本体 27,000円(店頭) + 専用ソフトカバー 3,240円 (店頭)

      価格は全て税込みですが、1円の差もなく同額!これは・・・、もしや・・・。


      【【BOSE】『SoundLink Mini Bluetooth speaker II』買ってきた】の続きを読む

      出張の為『まとめ記事』の『更新』がストップ
      しておりましたが、本日で出張が終わり、明日
      より『まとめ記事』の更新を再開致します。



      【【東京】『出張終了日』ビジネスホテルの東横イン、お世話様でした。】の続きを読む

        このページのトップヘ