2017年05月

1まとめらいぶ2017/05/28(日) 10:13:22.14ID:CAP_USER.net
一般庶民からすれば、外見だけで「うわっ!」と位負けしそうなパソコンが発売される。

ドイツの自動車メーカーであるメルセデス・ベンツと日本のPCメーカーVAIOは2017年
5月24日、両社のコラボ商品として、13.3型ノートPC「Mercedes-Benz×VAIO Z」を限
定100台で発売した。メルセデス・ベンツ公式オンラインストアのみ受け付けている。







システム音はベンツのエンジン音

PCの顔となるアルミニウムボディ表面にベンツのデザインをレーザー刻印。タッチパッド
やヒンジ裏面にはベンツの象徴であるエンブレム「スリーポインテッドスター」を配して
いる。

起動時とスタンバイ復帰時に鳴るシステム音も凝っていて、メルセデス・ベンツ車両の
リアル音源を収録した。2つの異なるエンジンサウンドがユーザーの遊び心を刺激する。

壁紙は、2030年以降の東京をイメージしたデザインコンセプトモデル「Vision Tokyo」
が2種類、1954年に発表された伝説のガルウィングモデル「300SL」が2種類、全4種類
が全商品にインストールされている。

暗い場所での作業を快適に行うためのバックライトキーボードは、Vision Tokyoの
放つ光をほうふつとさせる、未来的なイメージのブルーを採用。文字とキートップ
のすき間からもれるブルーが特別な存在感を演出する。

サイズは約 幅324.2×高さ15.0~16.8×奥行215.3(mm)、重さは約1.35kg、バッテリー
駆動時間は約19.4~19.7時間。OSはWindows10 Home(64ビット)、ストレージは
SSD256GB、メインメモリーは8GB。

CPUはCore i5とCorei7の2タイプがあり、価格はCore i5モデルが25万円、
Corei7モデルが28万5000円(いずれも税込)。

【J-CAST トレンド】
 https://www.j-cast.com/trend/2017/05/26299006.html
続きを読む

1まとめらいぶ2017/05/26(金) 22:56:38.08ID:CAP_USER.net
【jiji.com】
 http://www.jiji.com/jc/article?k=2017052601029&g=eco



小池百合子東京都知事(左)とピコ太郎さんが、白熱電球とLED電球を交換する事業を
PRする動画の一場面(都提供)

 東京都の小池百合子知事は26日の記者会見で、都民の自宅で使用中の白熱電球2個以
上と発光ダイオード(LED)電球1個を無料で交換すると発表した。7月10日から大
型量販店を除く都内約800の家電販売店で交換に応じる。省エネ効果の高いLED電球
に切り替えるきっかけにしてもらう狙い。知事は「省エネへの思いが変わることを期待し
ている」と述べた。

 26日から、「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」が大ヒットしたピコ太郎
さんと知事が歌って踊るPR動画を投稿サイト「ユーチューブ」で公開。「PPAPも電
球交換も二つを一つにする点が同じ」(担当者)として、幅広い年齢層に人気のピコ太郎
さんを起用した。
続きを読む

1まとめらいぶ2017/05/27(土) 18:55:40.75ID:YDjnXhcV0.net BE:829826275-PLT(12931)
戦闘中はAIの味方は棒立ち、自分だけ自由に動けるが、動く意味は特になし





しばりプレイを公式システムに実装…



馬の動きが半分おもちゃ



その他ドラクエのセールスポイント

・水に入れる
・フィールド上でジャンプできる
・おなじみのカジノ
・武器強化できる
続きを読む

1まとめらいぶ2017/05/26(金) 19:25:00.72ID:CAP_USER9.net
【J-CASTニュース】
 https://www.j-cast.com/2017/05/26299031.html?p=all

山口県下関市内で県警パトカーに駐車違反のステッカーが貼られていたと、隣県の地元
経済紙がツイッター上で写真付きで紹介し、波紋が広がっている。県警では、J-CAST
ニュースの取材に対し、「駐車違反ではない」と言っている。

「下関の駐車違反取締は容赦がないです」。2017年2月25日にこうツイートしたのは、
福岡県北九州市内にある小倉経済新聞だ。

小倉経済新聞が写真をツイートし反響

アップされた写真を見ると、下関ナンバーのパトカーのフロントガラスに駐車違反の
ステッカーらしきものが貼られている。後方に小さく見える一般車のバンにも貼られ
ていることから、この辺りで山口県警が民間に委嘱した駐車監視員が巡回していたら
しい。

写真が反響を呼び、4万件もリツイートされており、様々な意見がツイートされている。

ステッカーが本物かどうか疑う声が出たほか、「たとえ身内でも違反は違反ということ
か」「赤色灯を消しているから、一般車両と見なされて、駐禁切符を切られた?」「これ
でこそ平等だよなー」などと監視員を讃える声も多かった。一方、「不自然」「容赦な
さすぎ」などとパトカーを駐車違反にしたことに疑問を呈する向きもあった。

そこで、小倉経済新聞の編集部に26日取材すると、編集長がこう説明した。

「写真は、私の友人からもらったものです。監視員のおじさんが現場を回っていたとこ
ろをカメラで写したと聞いています。監視員は、厳重にやっていると住民の間で評判に
なっており、フェアさが際立っていると思います。こんな話を取り扱うのは初めてで、
リツイートが伸びているのにびっくりしています」
友人が撮影したのは、25日午前11時前ぐらいだといい、駐車禁止になっている下関市内
の公園前の道路だそうだ。

山口県警のパトカーが駐車違反をしていたというのは、本当なのだろうか。
「監視員が道路交通規則を理解していなかった」

下関署の副署長は5月26日、J-CASTニュースの取材に対し、同署のパトカーに駐車違反
のステッカーが貼ってあったのは事実と認めた。しかし、「駐車違反ではない」と説明
し、監視員がステッカーを貼ったものの、警察官は切符を切っていないことを明らかに
した。

その理由としては、山口県道路交通規則の第3条の3項で、駐車禁止の道路標識等による
交通の規制の対象から除く車両として、「交通の取締り、犯罪の捜査、警備活動その他
の警察活動に伴い停止を求められている車両」であることを挙げた。パトカーはこの日、
「犯罪の捜査をしていた」と副署長は説明する。

一方、たとえパトカーであっても、駐停車が禁止されている交差点内や横断歩道から5
メートル以内、歩道といった「法定駐車禁止場所」については、駐車できない。こう
した場所は、人の生命に関わる出動に限り、赤色回転灯を点灯させれば駐車できる。
ここ10年ほどでは、神奈川県警や京都府警、大分県警のパトカーが法定駐車禁止場
所で切符を切られ、運転者の警察官が反則金を支払う事態になっている。

今回の写真では、パトカーの後方に交差点らしきものが見えるが、下関署では、交差点
内などの法定駐車禁止場所ではないと取材に説明した。それにもかかわらず、なぜ監視
員が駐車違反のステッカーを貼ったかについては、「道路交通規則の除外規定を理解し
ていなかったのだと思います。監視員の方には、規則などについて勉強してほしいと伝
えました」と言っている。



駐車違反のステッカーが貼られたパトカー
続きを読む

↑このページのトップヘ