2016年05月 : まとめらいぶ

2016年05月

1まとめらいぶ2016/05/26(木) 17:27:00.89ID:CAP_USER.net
gigazine



ディスプレイを自由自在に折り曲げられることや省電力であることが特徴で、
ヘルストラッカーやKindleにも採用されている電子ペーパーの開発元E Inkが、
新たにフルカラーの電子ペーパーを開発したと発表しました。


フルカラーの電子ペーパーはAdvanced Color ePaper(ACeP)と呼ばれています。

電子ペーパーの根幹の技術である電気泳動ディスプレイ(EPD)の各ピクセルが
カラーフィルターアレイ(CFA)を使わずにフルカラーを実現したのはこれが初めて
のことで、今後はまず電子看板への応用が考えられています。


EPDは透明な液体の中で浮動する微粒子を電解負荷
によって移動させることで文字や画像を作り出します。

ACePは有色顔料を使用しており、カラーフィルターアレイのように隣接した
画素の組み合わせによって色を作り出すのではなく、各ピクセルそのもの
自体がフルカラーであることから、色の豊かさを実現しています。

また、フルカラーになったからといって電力消費が大きくなること
はなく、これまで同様の省電力と読みやすさであるとのこと。

E Ink会長のFrank Ko氏は「E Inkの根幹は素材とテクノロジーなのです。

プロダクトの中心となる仕組みはE Ink社内で開発されました。

我々はACePがこれから開発される次世代EPDディスプレイ搭載
プロダクトの基礎となるだろうと考えています」と語っています。

ピクセルに色を組み込むという技術は既に存在するものの、いずれも
技術的に複雑で製造コストがかかりすぎるという問題を抱えていました。

そのため、ACePの開発に際して、研究者が「商業的に使えるレベルで、
いかにピクセルに色を組み込むか」という難題を解決した点が非常に
画期的であるわけです。

E InkのCTOであるMichael McCreary氏は「E Inkの研究開発チームは電気
泳動ディスプレイを深く理解し、経験も豊富だったので、ACePの開発は可能
であると確信されていました。開発が行われた何年もの間、多くのブレーク
スルーが起こりましたよ」と語っています。

なお、ACePは2016年5月24日(火)から26日(木)までの間、
アメリカ・カリフォルニア州のモスコーニ・センターで
行われているDisplay Weekで展示されています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2016/05/28(土) 20:11:06.70ID:LoOUTtsj0 BE:342992884-PLT(13931)
注目のアイドルグループ

“ロッカジャポニカ”

の1万字インタビューが雑誌

「IMADOKI!!」

第2号に掲載!

また、5月28日には「秋葉原書泉ブックタワー秋葉原店」
(11:00~)にて発売記念イベントを開催。

同誌で連載をスタートする
カリスマ・コスプレイヤー=えなこが、
トークショー&サイン会を行う。

okmusic

@enako_cos
 https://twitter.com/enako_cos/status/736437467952218113

「IMADOKI!!Vol.2」
発売記念イベント終わりました!

トークショー、握手・サイン会、
チェキ会と盛りだくさんで楽しかったですv(´∀`*v)

雑誌は全国の書店さんでも買えるので見てみてねー!




2まとめらいぶ2016/05/28(土) 20:12:14.83ID:LoOUTtsj0.net
@enako_cos
 https://twitter.com/enako_cos/status/736059193010966529 

今日はメンズファッションプラスさんの撮影に来てます!

海撮影だから水着持ってきたけど寒くて着れなかった



@enako_cos
 https://twitter.com/enako_cos/status/736073138769793024

2着目は私服と花冠!

海風が強くて髪下ろせなかった…残念


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2016/05/24(火) 16:27:57.89ID:CAP_USER.net
『シルビア』は、日産がスペシャリティカーとして1965年に発売後、
1988年の5代目「S13シルビア」で人気が爆発、No.1デートカー
としての地位を築いたが、時代の流れと共に2002年、惜しまれ
つつも生産終了となっている。

しかし、その10年後の2012年、トヨタのスポーツクーペ『86』がヒット、
翌2013年には、東京モーターショーで日産が『IDxコンセプト』を
発表したことにより、「シルビア」復活の噂が広まった。

しかし、ここまでは単なるファンの噂や願望でしかなく、インサイダーから確証を
得た訳ではないが、海外からも発売可能性を探るスケッチが入ってきた。

スケッチは2013年東京モーターショーで公開された「IDx NISMO」の意匠を
取り入れたフロントマスクだが、市販されても違和感のないデザインだ。

予想されるパワートレインには『Cクラス』に搭載されている1.6リットル
直列4気筒ターボチャージャー付きエンジンの可能性があるという。

メルセデスは2017年に「Cクラス」改良新型を発表する予定で、
アップデートされるタイミングで搭載される可能性もある。

Response.】 



日産シルビア(2002年販売終了)



日産シルビア(1988年~93年)



日産 IDx NISMO(東京モーターショー13)



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2016/05/25(水) 17:06:54.25ID:CAP_USER.net
マイナビ ニュース



ヤマハ発動機は23日、排気量155ccの"BLUE CORE"水冷エンジンを
搭載したフロント二輪の三輪コミューター「トリシティ 155」を欧州で9月
から販売すると発表した。

同車は日本やアジアなどでも順次販売するグローバルモデルとされている。

「トリシティ」はこれまでに、同社初の市販マルチホイールコミューターとなる
排気量125ccの「トリシティ 125」が2014年4月にタイに導入された後、日本
や欧州など世界各国で販売されている。

軽快でスポーティなハンドリングと安定感の両立に
よる新しい楽しさや、斬新なスタイルが好評とのこと。

今回、欧州で発売される排気量155ccのモデルは、「もっと行動範囲を広げ、
所有感を満たすNew Standard City Commuter」をコンセプトに開発された。

走りと燃費性能を両立する"BLUE CORE"エンジンと同社独自のLMW機構、剛性を
アップした新設計フレームやフラットフットボード面積拡大によるゆったりした乗車
ポジション、容量を拡大した23.5リットル収納トランクやDC電源ソケットを備える
蓋付小物入れ、新採用のパーキングブレーキ、高級感を感じさせる
LEDヘッドライト&ポジションランプなどを特徴とする。

なお、「トリシティ 155」の生産はタイのグループ会社TYMで行われる。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2016/05/27(金) 11:26:53.15ID:XGKuMxxE0
@sometemasu
 https://twitter.com/sometemasu/status/734227970437480448

NHKの集金の人怖い
テレビないって言ってもひたすらおうちに来る
 
動画

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ