2016年03月

1まとめらいぶ2016/03/17(木) 16:57:39.80ID:CAP_USER*.net
現代から約5億4200万~2億5100万年前にあたる
古生代の海に生息していた謎の生物が「トゥリモンストゥルム」です。

これは現在のアメリカ・イリノイ州あたりに存在した内海を泳いでいたと
されているのですが、あまりに奇怪な特徴を持っており、化石が発見
されてから半世紀もの間、誰も詳細がつかめずにいた謎の生物でした。

そんなトゥリモンストゥルムの詳細がついに明らかになりました。

【nature】
 http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/full/nature16992.html

画像:



【arstechnica】
 http://arstechnica.com/science/2016/03/307-million-year-old-monster-fossil-identified-at-last/

トゥリモンストゥルムの化石を最初に発見したのはフランスのフランシス・タリー氏。

彼はイリノイ州で1958年に発見されたわずか10cmの小さな動物の化石の中に、
トゥリモンストゥルムの化石のカケラを見つけます。

そして、タリー氏はこの謎の生物に「Tullimonstrum(タリーの怪物)」という
学名をつけたのですが、これは「タリー・モンスター(Tully monster)」
という愛称でも知られています。

画像:



化石の分析から明らかになった
トゥリモンストゥルムの全体像は以下の画像のとおり。

体から長く伸びる柄のような部位の先っぽは二股に開いており、
歯のような尖った物体が見られることから、これが口であると考えられます。

また、体にはえらがあり、後部の尾ひれを使って海の中を泳ぐ模様。

目も非常に特徴的で、
体から左右に伸びており広い視野角を保っているものと推測できます。

画像:



トゥリモンストゥルムは古生代の後期(約3億5920万~2億9900万年前)
石炭紀に生息していた生物です。

当時、グレートベースンは巨大な内海であったと考えられており、
ここにトゥリモンストゥルムが生息していたと考えられています。

この時代の木々は群生していたため高レベルの酸素が大気に充満しており、
8フィートもある巨大な節足動物など、多くの不可思議な
生物が生息していたと考えられています。

Natureでトゥリモンストゥルムに関する論文を公開した研究チームは、
走査電子顕微鏡を使って化石の内外を徹底的に分析しており、
その結果、驚くべきことに無脊椎動物であると考えられてきた
トゥリモンストゥルムには背骨らしきものが存在することが
明らかになっています。

これまで、考古学者たちは「トゥリモンストゥルムは無脊椎動物で、
現在のカタツムリなどの祖先かもしれない」と考えていましたが、
口と腸が結合した構造が骨格を想像するヒントとなり、
現代のメクラウナギやヤツメウナギのような
生物であったことが明らかになった模様。

画像:



メクラウナギとヤツメウナギは口に鋭い歯を持っていますが、
「トゥリモンストゥルムの口の構造は、分岐する口先で食べ物をつかみ、
舌器官でこするようにしていたであろうことを連想させます」
と論文の著者は記しています。

画像:



Gigazine
続きを読む

1まとめらいぶ2016/03/26(土) 17:47:45.41ID:Wd3j3U4r0.net BE:723460949-PLT(13000)
なごちんはAJ1日目に出動です!

Anime Japan2016 

@nastyan_cos

①おっカチューシャ + 戦車や → ②ちっさ!? → ③立てるんかい!!

ありがとうございました!

(タグ略)


@nago_ching
 https://twitter.com/nago_ching/status/713606108984684545

【画像】


続きを読む

1まとめらいぶ2016/03/16(水) 20:43:10.05ID:CAP_USER*.net
田端

「山手線で1番無名!」 

自虐LINEスタンプ人気

信原一貴

写真・図版:「田端」LINEスタンプ = 桜井寛己さん提供



 「山手線で1番無名!」「まだ田端で消耗してんの?」。

JR山手線の駅がある田端(東京都北区)の自虐ネタをちりばめた、
無料通信アプリ「LINE(ライン)」向けスタンプが人気を呼んでいる。

作ったのは在住26年の地元住民。イラストの雰囲気は
ゆるいが、ゆるくない戦略で注目を得た。

 元日に発売されたLINEスタンプ「田端」は、全40種類で税込み120円。

白黒で描かれたキャラクターが、自虐的な言葉や街の魅力をつぶやく。

「目のつけどころが田端でしょ」と、あまり意味が分からないスタンプも。

 販売ページで「田端好きな人におすすめ」と売り文句を掲げ、じわじわと人気に。

1月31日にLINEが発表した
1週間の「使用率ランキング・ベスト5」で1位に輝いた。

1千セット以上売れたスタンプが対象で、
実際に使われた割合が多いほど上位に入る。

 田端以外に住んだことがないという制作者のイベント
プランナー桜井寛己さん(26)は「物価が安く住みやすいのに、
田舎から上京してきた人に『地元の駅の方が栄えてる』と
バカにされることがあった。

悔しくて、どうにか地元を盛り上げたかった」と話す。

朝日新聞DIGITAL
続きを読む

1まとめらいぶ2016/03/16(水) 12:56:00.19ID:CAP_USER*.net
【衝撃】ガン治療の革命的な特効薬ニボルマブ 

高額すぎて年間3500万円の医療費 → 総額の95%以上を国民が負担 

5%以下の自己負担で使用可能

ガン治療の特効薬として期待されている、革命的な薬「ニボルマブ」(オプジーボ)。

いままでの抗ガン薬と異なる「まったく新しい作用」でガン治療にアプローチする薬で、
日本赤十字社医療センター化学療法科部長の國頭英夫氏も、その可能性に対して
大きな期待を寄せているようだ。

・ 約3500万円もの医療費が必要
ガンで亡くなる人が多い日本において、
「ニボルマブ」の登場は医療に革命的をもたらすと言っても過言ではないだろう。

しかし、ひとつだけ大きな問題が生まれている。あまりにも薬価が高額すぎるのだ。

保険を無視して定価で計算した場合、「ニボルマブ」を1年間使用すると
約3500万円もの医療費が必要となる。

・ 5%以下の自己負担で使用可能

3500万円……。

とんでもなく巨額だ。いくらガン治療の特効薬とはいえ、
それだけの費用を払える人はほとんどいまい。

しかし、日本には国民健康保険や社会保険などの
保険制度と、高額療養費制度がある。

その制度を使用することにより、
3500万円の5%以下の自己負担で「ニボルマブ」が使用できるという。

・ 効果が期待できるガン治療ならば
3500万円の5%ということは、単純計算で
年間175万円の自己負担で「ニボルマブ」が使用できることになる。

國頭氏によると、実質の負担額は130万円ほどだという。

もともとが3500万円という金額を考えれば、
130~175万円でも高額なのは間違いない。

しかし、それで効果が期待できるガン治療をすることができるならば、
その「ニボルマブ」を治療薬の選択として選ぶ医師や患者は多くなるだろう。

・ 残額は国民が負担する
しかし、忘れてはならないのが
「3500万円の95%はだれが負担するの?」という点だ。

皆さんご存じのとおり、健康保険や高額療養費制度から
出される医療費は、国民が負担することになる。

國頭氏は「年間3500万円×3人のトータル1億円を超すコスト」と語っている。

以下は、医学書院に掲載された、國頭氏のコメントである。

・ 國頭英夫氏のコメント
「総額を考えると、事の大きさに愕然とします。
日本の非小細胞肺がん患者を年間10万人と推定します。
早期がんなどを除き,ニボルマブの対象になる人は5万人程度はいるでしょう。
皆に1年間投与すれば,その合計額は1兆7500億円です。
現在の日本の医療費は約40兆円で、薬剤費は約10兆円ですよ?
もとがこれだけのところにいきなり年間2兆円弱の負担が増すなんて、
どう考えたって無理がある」

「薬価を下げることは現実問題として難しいでしょう。
新薬の開発には加速度的に膨大な費用がかかるようですし、
「成功した薬剤」で開発コストを回収しなければ製薬企業の商売だって成り立たない。
まあ、それを考慮してもニボルマブは高すぎだと思いますが。
でも事実、薬価を仮に半分にできたところで、破綻は避けられません。
薬価高騰はそんなレベルを超えてしまった。
そして、その大本には「医学の進歩」があるわけです」

・ 年間ニボルマブ費用データ
ニボルマブ総額 3500万円
ニボルマブ患者負担額 130万円
ニボルマブ国民負担額 3370万円

・ 日本の年間医療費用データ
医療費 40兆円
薬剤費 10兆円+想定: ニボルマブ(5万人) 1兆7500億円

・ さまざまな問題が山積み
特効薬の薬価が高すぎる、使用する患者が増えれば増えるほど
国民の負担が厳しくなる、新薬開発コストを考えるとすぐ薬価を下げることはできない。

さまざまな問題が山積みの「ニボルマブ」だが、今後、薬価に動きが出るかどうか、
注目していく必要がありそうだ。

画像:



画像:



バズプラス
続きを読む


先日のアップデートより追加実装された新スペシャルクエスト

『狂気のシルフ城』

その名のとおり、
少々狂ってる仕様なので紹介させて頂きます。

【狂気のシルフ城】


01
 
【最上階の様子】
下階層の敵と最上階の敵とは、強さに天地程の開きがあるので、割愛させて頂きます。


3回負けるとクエスト終了なので、皆さん警戒しております。

02
 
【戦闘シーン】
殆どは野良で入っても初発でやられてしまいます。


03

ですが、ダメージを分散する事により生存率を僅かに上げれます。

この先は、奇跡的に勝てたお話です。

因みに『セイバーリファイン』をいきなり試みましたが、
狂った敵には効果がないようですwwwww。 

そこで考えた、『囮作戦』実行の時。 
 
続きを読む

1まとめらいぶ2016/03/25(金) 14:08:33.56ID:CAP_USER*.net
折りたたむとスマートフォンの形になる
拳銃が開発され、非難が殺到している。

アメリカ・ミネソタ州のIdeal Conceal社が開発し、
今は特許の認可を待っている状況だ。

 この銃は、手のひらに乗るサイズの二連式銃で、
折りたたむとスマホそっくり。

レーザー光線も装備している。







ポケットにも入る大きさだ。


Ideal Conceal社のウェブサイトでは、この銃はスマホに
似ているため「日常の光景になじみ、街中でも他の人に
気づかれずに携帯することができる」とうたっている。

「シンプルな構造で操作しやすい」といい、値段は395ドル。

これに対してネットでは世界中から非難が殺到。

専門家からは

「警察官が尋問などをする際に相手が銃を
持っていることに気づかず撃たれる恐れがある」、
「見た目では銃と分からないため街中などで
人々が怯えて神経質になる」

などの意見が出ている。

 セキュリティ会社を経営する
Karl de la Guerra氏はFacebookに意見を投稿。

「警官は要注意:現状だけでも恐ろしい世の中なのに、
携帯電話のような形だがレーザー付きの二連
式銃に早変わりする銃が開発された」

 こうした批判に対し、Ideal Conceal社はFacebookで反論している。

「我々は警察を100%支持しています。

Facebookにたくさんのご批判を
いただきましたが過剰反応だと考えます…
購入するのはあくまでも銃の携帯許可を受けた人たちであり、
自衛のため人目につかないように携帯したいと考える人たちです。

こうした銃は目新しいものではなく、
これまでにも財布型の銃が販売されています…
しかしそうした銃で警官を撃ったという話は聞いたことがありません」

IRORIO
続きを読む

1まとめらいぶ2016/03/15(火) 15:32:17.92ID:CAP_USER.net
Response】 




ランボルギーニ・ジャパンは3月15日、
カスタマイズプログラム「アド・ペルソナム」を活用して
日本市場向けに特別にカスタマイズされた
『ウラカン LP610-4』を報道陣に公開した。

ウラカンLP610-4の外装ベース色は5色だが、
今回公開されたカスタマイズモデルはマット仕上げの
ホワイト塗装に赤のストライプを随所に施されている。

ランボルギーニでアド・ペルソナムの担当マネージャーを務める
ヴィットリオ・ガバ氏は「日本の国旗をイメージして開発された」と解説。

ランボルギーニではアド・ペルソナムを通じて「外装は50色、
革に関しては30以上の素材を用意。

また月ごとに特別なコンフィギュレーションを提案して
お客様にインスピレーションを与える」こともしており、
今回公開されたカスタマイズモデルもその一環。





続きを読む

1まとめらいぶ2016/03/24(木) 12:43:52.74ID:CAP_USER.net


ゲームセンターで『maimai』をプレイしている女の子の背後から近づき、
お尻を触るという痴漢が確認された。

その男性はばっちりカメラに映っておりお尻を触る瞬間も撮影されている。

『maimai』というゲームはセガの音ゲーで、両手を使うことからプレイ中に後ろを
向いたり手を払いのけたりできないのを良いことにこのように痴漢をしたようだ。

被害者は「まいまいやってたら痴漢された」と動画をTwitterに投稿。

その後男性は女性に近づき

「お金払うからいい?彼氏いるの?何歳?」

などと聞いて来たという。当然女性はそんな痴漢を無視。

痴漢にあったのは大宮のゲームセンターだという。

@_maiff
 https://twitter.com/_maiff/status/712542953886130177

※ 動画は上のツイートからご確認下さい

ゴゴ通信
続きを読む

↑このページのトップヘ