まとめらいぶ
2020年も何卒よろしくお願い致します(*・ω・)*_ _)

1まとめらいぶ2017/11/04(土) 19:01:39.42ID:CAP_USER.net
東北大学は11月1日、内閣府 総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究
開発推進プログラム(ImPACT)タフ・ロボティクス・チャレンジの一環として開発した
「犬の情動をリアルタイム推定するサイバースーツ」(以下、サイバースーツ)を公開した。



タフ・ロボティクス・チャレンジは、「タフでへこたれないロボット」の開発を目的と
したプロジェクト。技術的に高度であっても限られた条件下でしか作業できない
"ひよわ"なロボットではなく、災害現場などの緊急性が高く、悪条件な環境での
活用が行えるロボットを開発している。

「サイバースーツ」は、災害救助犬向けに開発されたもの。心電計測装置、慣性センサ、
カメラ、マイク、GPSなどのセンサ、そしてセンサデータを記録/解析するオンボード
コンピュータ(Raspberry Pi)と、インターネットに情報を送信する通信装置を搭載した。
重さは約1.5kgで、救助犬に多い中型~大型犬が長時間装着できるように作られている。

救助犬は感知した異変を吠えて知らせるが、「何を見つけたか」はすぐに確かめられない
こと、また遠方から吠えて知らせた際、検知した正確な地点が分からないことなどが問題
となっていた。こうした問題を解消するため、位置情報やカメラの映像をリアルタイム
共有可能な機能を搭載した「サイバースーツ」を開発した。

このたび発表された新機能は、心電計測装置と慣性センサの搭載によって、
「サイバースーツ」を用いた救助犬の活性度、平たく言えば探査行動に対する"やる気"を
測定するというものだ。これまでは飼い主の感覚に依っていた犬のコンディションの判断
を客観的に行えるようになることで、救助犬の効果的な運用が見込まれる。

犬の「やる気」測定の実現はハード・ソフト面双方から開発
犬の活性度の推定に用いるデータは、心電計から得た心拍変動指標(HRV)と、慣性センサ
の情報を融合したものとなっている。人工知能アルゴリズムで運動中の快/不快の情動と
その信頼性を判定し、タブレット端末などにリアルタイムに表示する。

計測データはネットワーク経由でクラウドサーバに登録。PCでクラウドサーバに
アクセスし、機械学習で犬の情動変化を判定する。快/不快のどちらに情動が触れて
いるかをグラフでリアルタイムに示すもので、快=やる気がある状態、不快=やる気
を失っている状態と判断する。

これまで、犬の心電をとるにあたり、正確な位置に電極をとりつけるには専門技術が
必要で、また活動中は電極がずれてしまい計測は困難だった。今回、技術者でなく
ても、インナーウェアの装着のみで皮膚に密着して電極を非侵襲で設置する方法、
および活動中に電極が浮かないように固定する方法を開発した。

会見では、開発に携わった麻布大 菊水教授の愛犬によるデモンストレーションが
行われた。報道陣など知らない人が大勢いる状況で緊張していたためか、散歩
しながらエサをもらう段になると急激に「快」の方向へ触れたものの、そうで
ない時は常時グラフは「不快」方向へ触れていた。犬の様子とグラフの上下が
リンクしているように感じられた。今後、救助犬などでの検証を行い、
約2年後の実用化を目標としている。

今回は救助犬の活用目的での技術開発だったが、「犬の気持ちを知りたい」という
ニーズは大きく、玩具メーカーなどからそうした目的の製品も発売されている。
ImPACT タフ・ロボティクス・チャレンジ プログラム・マネージャーの田所諭
教授は、「一般においても、ニーズがあれば展開していきたい」とコメントした。

【マイナビニュース】
 http://news.mynavi.jp/articles/2017/11/02/impact_dog/
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2017/11/04(土) 17:43:13.74ID:CAP_USER.net


2017年11月2日から2日間の日程で開催されるイベント「TREND EXPO TOKYO 2017」
に合わせ、月刊情報誌「日経トレンディ」が「2017年ヒット商品ベスト30」と「2018年
ヒット予測ベスト20」を発表した。ヒット商品ベスト30は「売れ行き」「新規性」
「影響力」の3要素からヒットの度合いを評価し、独自にランク付けしたもの。
同誌が1987年の創刊以来、毎年12月号で掲載してきた恒例企画だ。

2018年、ヒット商品のトレンドはどうなる?
日経トレンディが来年ブレイク間違いないと予想する「2018年の顔」として選出された
のが、「おかあさんといっしょ」(Eテレ)で「うたのおにいさん」を9年間務めた俳優
の横山だいすけさん。現在はミュージカルやテレビドラマ、テレビCMなどで
幅広く活躍している。

 続いて「2018年ヒット予測ベスト20」が発表された。このランキングは、これから
来年にかけて登場する商品やサービス、施設からベスト20を選んだもの。売り上げ
だけでなく業界への影響度、消費者へのインパクトも考慮し、総合的に評価した。

 横山さんが気になったというのが、7位の「走って戦うジュニアシューズ」。見た目は
普通のシューズと変わりないが、内部に加速度センサーが搭載されており、走った距離
や速度などのデータがスマホに転送されるとゲームが進んでいく仕組み。走れば走る
ほどゲームが進むので、自宅でゲームに没頭しがちな現代っ子を外遊びに駆り出せる。

 1位となったのが「マルチAIスピーカー」。「編集部では“2つのマルチ”という要素に
着目した。1つは“マルチAI”で、1つの本体から複数のAIを呼び出せるようにすることで、
あたかも専門家に尋ねたように料理や音楽などの事柄が検索できる。もう1つが“マルチ
スピーカー”。スピーカーは一家に1台が当たり前になったが、これからは1人に1台に
なる。子ども部屋で寝ている子どもを起こしたい際、スピーカーを指定すれば子ども
部屋だけにアラーム音を鳴らせる」(佐藤編集長)。

【日経トレンディネット】
 http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1008498/110201008/?P=3
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2017/11/03(金) 17:20:32.54ID:0.net
いつから日本はこんな貧相でバカげた連中だらけになったのか

まるでおとぎ話の世界みたいだな

行列

【イメージ画像】
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ