『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.5.1

      1まとめらいぶ2017/05/15(月) 18:52:47.12ID:CAP_USER.net
      三菱ふそうトラック・バスは15日、大型観光バスに国内で初めて自動変速機を搭載したと
      発表した。アクセルを踏んだり離したりするだけで路面状況や車両の負荷に合わせて自動
      的に変速する。乗用車のような感覚で運転できるようにした。同社が電動トラックに続き、
      自動変速機や安全性能を高めたバスの開発を急ぐのは、運転手不足に直面するトラックや
      バス業界での将来の自動運転を見据えた布石でもある。

       同日、千葉県浦安市内の広大なヘリポートで開いた発表会で、10年ぶりに大幅改良した
      大型観光バス「エアロクィーン」と「エアロエース」を公開した。

       マニュアル車のようなクラッチペダルをはずし、2ペダル方式の8速の機械式自動変速
      機を導入。ブレーキペダルを離した状態で微速で走行できるほか、アクセルペダルを踏む
      とゆるやかに加速できる。ブレーキペダルを強く踏み停車すると、ブレーキペダルから足
      を離しても停車した状態を保てるため、運転手の疲労軽減を支援できる。

       大型観光バスでは運転技術にこだわりをもっている運転手が根強い。同社の菅野秀一・
      バス事業本部長は「新型車を100社以上の顧客に乗車してもらったが、プロドライバーで
      も満足できる仕上がりだ」と強調する。トラックだけでなく観光バスでも運転手不足が深
      刻になる中、女性や初級者でも運転しやすい環境を整える。前方車両に近づくと警報音を
      鳴らし、衝突被害を軽減するブレーキ機能を搭載するなど安全機能も強化した。

       同日には大型トラック「スーパーグレート」も21年ぶりに全面改良すると発表。観光バ
      スと同様の自動変速機や安全機能を搭載した。同社のマーク・リストセーヤ社長は「少子
      高齢化は日本だけの問題ではない。運転手の確保にはできるだけ事故を削減し安全に運転
      できることが重要。今後5年から10年で自動運転のレベルをあげていく」と強調する。今
      月発表した電動トラックでも変速機をなくし、モーターで動かすことで運転がしやすくし
      た。

       三菱ふそうの親会社である商用車の世界最大手、独ダイムラーは欧州でトラックの隊列
      走行などの実証実験に乗り出している。グループの技術を結集して、自動運転社会で「変
      革を起こしフロントランナー(先駆者)になる」(リストセーヤ社長)ことを目指す。

      (花井悠希)

      【日本経済新聞】
       http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ15HE7_V10C17A5000000/

      【【自動車】運転手不足の観光バスに光明!三菱ふそう、自動変速機搭載。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/05/14(日) 06:35:06.74ID:CAP_USER.net


      1983年に発売を開始したカシオ計算機の腕時計シリーズ「G―SHOCK」の
      人気が再燃している。2016年度の出荷数は、過去最高だった前年度を50万個
      上回る年850万個を記録した。

       中国で「ゴリラが時計をたたきつけても壊れない」というインターネットのCM
      を流すなど販売を強化。中国と東南アジア向けの売れ行きが好調だった。10代後
      半~20代の男性を中心に伸びたという。

       カシオの17年3月期決算は、円高などの影響で減収減益だったが、時計事業は
      現地通貨ベースで5%の増収。高木明徳専務は「大黒柱のG―SHOCKは、圧倒
      的な強みを顕示した」。最近の円安傾向もあり、18年3月期はG―SHOCKを
      軸に増収増益を見込む。

      【Yahoo! ニュース】
       https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170513-00000027-asahi-bus_all
      【【時計】カシオ『G-SHOCK』過去最高850万個出荷!中国でヒット】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/05/14(日) 06:55:15.36ID:CAP_USER.net
      5月2日、NTTぷららが同社のMVNOサービス「ぷららモバイルLTE」を
      2017年11月30日で終了すると明らかにした。

      新規の申し込みはすでに5月2日付けで終了済み。ぷららモバイルLTEを
      利用しているユーザーに対しては、OCNモバイルONEのお得なキャンペ
      ーンを案内する予定だという。

       世間がゴールデンウイークで浮かれている中、あえてひっそりと発表
      したようなタイミングだ。

       MVNOは総務省の調べでは600社以上あるとされており、前々から「淘
      汰の時代が始まる」と言われていた。しかし、ここ最近は「格安スマホブ
      ーム」にもなっていたことから、どの会社も勢いがあったように見えたが、
      ついにサービスから撤退するところが現れた。

       しかも、今回驚きなのは、NTT系であるNTTぷららが真っ先に音を上げた
      という点だ。

      【IT Media Mobile】
       http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1705/12/news042.html

      MVNO

      【イメージ画像】
      【【通信】ぷららモバイルLTEが11月30日でサービス終了!600社を超えるMVNOの淘汰がいよいよ始まる】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/05/11(木) 13:22:10.09ID:CAP_USER.net


      ハル研究所は2017年5月11日、8ビットパソコンMZ-80Cをミニチュアサイズで再現
      した「PasocomMini MZ-80C」を発表した。販売開始は2017年10月中旬を予定、
      価格は1万9800円(税別)。BEEP秋葉原の店頭およびECサイトで2017年6月1日
      から予約受け付けを開始する。

      MZ-80Cはシャープが1979年に発売した8ビットパソコン。CPUにザイログ
      「Z80/2MHz」を採用し、10型のブラウン管グリーンモニターとデータ転送
      /保存用のカセットテープレコーダー、キーボードを備えたオールインワン
      仕様で26万8000円という価格設定が受け、8ビットパソコンブームの火付け
      役となった。プログラミング言語のBASICをROMで実装せずにカセットテ
      ープから読み込む「クリーンコンピュータ思想」も特長。標準搭載のS-BA
      SICだけでなくHu-BASICなど他社製BASIC言語も利用でき、アセンブラや
      マシン語などさまざまな言語がカセットテープで提供されていた。

      この往年の名機4分の1サイズ(幅102.5×奥行71.25×高さ32.5ミリ)で実現
      したPasocomMini MZ-80Cは、ハードウェアにシングルボードコンピュー
      タ「Raspberry Pi A+」を内蔵する。画面出力用のHDMIやUSB HIDクラ
      スを扱えるmicroUSBを備える他、GPIO(汎用IO)を利用したポートアク
      セスにも対応する。

       プログラミング環境には、スマイルブームの「SmileBASIC」を搭載する。
      USB機器やGPIOポート経由での機器制御をBASICで行える。





      【@IT】
       http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1705/11/news017.html
      【【製品】シャープ『MZ-80C』を再現、中身は『Raspberry Pi A+』BASICが動く『PasocomMini MZ-80C』登場。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/05/13(土) 15:17:25.81ID:CAP_USER.net
      オンキヨー&パイオニアマーケティグジャパンは2017年5月12日、耐衝撃・防水の
      SIMフリースマートフォン「CAT S40」を発表した。大型建築機器を手がける米キャ
      タピラー社の「CAT」ブランドを冠した製品で、海外では米Cat phones社が販売中
      だが、日本での取り扱いは初となる。高さ1.8mからコンクリートの地面への落下試
      験をクリアする耐衝撃性能や、動作温度(-25~55℃)など、米国国防総省の調達基
      準(MIL-STD-810G)に準拠。水深1mで60分浸しても起動できるなど国際的規格
      「IP68」レベルの防水・防塵性能も備える。5月下旬から一部の量販店で販売する
      予定だ。



      CATブランドということで、建築現場など屋外作業が多い現場で使うような印象
      を受けるが、海や川、山などでアウトドアを楽しむ人にも向いている。電車など
      でよく液晶画面がひび割れたスマホを使っている人を見かけるが、実際一般的な
      スマホは衝撃などに強くない。このため、以前より耐衝撃・防水スマホは数機種
      出ている。だが、SIMフリースマホとなると、現在は富士通の「arrows M03」ぐ
      らいしかない。さらに、グローブでの操作や落下時の衝撃を吸収する形状など、
      使い勝手も考えたSIMフリースマホとなると、事実上このS40だけだ。標準的な製
      品が多いSIMフリースマホ市場で、頑丈さという1点で突き抜けた個性的な製品と
      いえる。

      スペックは、4.7インチQHD(540×960ドット)IPS液晶に、OSはAndroid 5.01、
      CPUがSnapdragon 210 MSM8909(1.1GHz/4コア)、メモリー2GBだ。メモリー
      は海外の初期モデル(1GB)から増強されている。ローエンド寄りの製品だが、一
      般的なアプリはスムーズに動作した。高画質なゲームアプリを除けば快適に操作で
      きる

      【日経トレンディネット】
       http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/051200916/
      【【製品】オンキヨーが発売!1.8m落下、水没でも壊れないスマホ。】の続きを読む

        このページのトップヘ