『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.6.20

      1まとめらいぶ2017/07/12(水) 19:21:39.56ID:CAP_USER9.net
      スズキは2017年7月12日、コンパクトカー「スイフト」に電動走行も可能なフル
      ハイブリッドシステムを搭載したモデルを追加し、販売を開始した。

      ■ スズキ独自の軽量・小型・高効率なハイブリッド機構

      今回スイフトに採用されたハイブリッドシステムは、「オートギヤシフト(AGS)」と
      呼ばれるシングルクラッチ式ATに、発電も可能な駆動用モーターを組み合わせたスズキ
      独自のもので、2016年11月に登場した「ソリオ」のフルハイブリッドモデルから導入が
      進められている。これまでにも、スイフトにはマイルドハイブリッド機構が搭載される
      グレードは設定されていたが、フルハイブリッドシステムの採用については今回が初と
      なる。

      組み合わされるエンジンは1.2リッターのガソリン自然吸気で、状況に応じて駆動用モー
      ターが走行をアシスト。クリープ状態や約60km/h以下での一定速走行時には、エンジン
      を止めての電動走行も可能となっており、1tを切る車重とも相まって、JC08モード計測
      で32.0km/リッターという燃費を実現している。また、100Vの高電圧リチウムイオンバ
      ッテリーについては荷室床下に搭載。スイフトのボディーサイズや室内空間はそのまま
      にフルハイブリッド化をかなえているという。

      また、搭載に際してはスイフトの持つスポーティーなキャラクターに合わせ、クラッチの
      切り離し時間を短縮するようAGSの変速制御をチューニング。シフトパドル操作時にはさ
      らに切り離し時間を短くし、スピーディーな変速とスポーティーなシフトフィールを実現
      している。

      走行モードは「標準モード」と「エコモード」の2種類で、後者では停車からの発進時な
      どでより頻繁にEV走行を行い、燃料消費を抑制するという。

      内外装の違いによる差別化も図っており、クロームメッキの加飾付きフロントグリルや、
      ブルーの加飾を施したシフトノブ、ブルーイルミネーションのメーターを採用。エンジン
      回転計の内側には、モーターの作動状態を表示するモーターパワーメーターが搭載される。

      グレードは「ハイブリッドSL」と「ハイブリッドSG」の2種類。前者には自動緊急ブレー
      キや誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、
      ヘッドランプのハイビーム/ロービームを自動で切り替えるハイビームアシスト機能、
      シフトパドルなどが搭載される。

      価格は以下の通り。

      ・ハイブリッドSL:194万9400円
      ・ハイブリッドSG:166万8600円

      【web CG】
       http://www.webcg.net/articles/-/36735

      画像













      【【自動車】『スズキ・スイフト』に燃費32.0km/リッターのハイブリッドモデルが登場】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/07/11(火) 19:46:54.34ID:CAP_USER.net
      ソニーは7月11日、有機ELパネルを採用した「ブラビア A1」シリーズの77V型モデル
      「KJ-77A1」を8月5日に発売すると発表した。ソニーストアでの税別価格は250万円
      になる。



      ブラビア A1は、ソニー初の有機ELテレビ。5月に発表しており、65V型の「KJ-65A1」
      (ソニーストア税別価格:79万9880円) と、55V型の「KJ-55A1」(同:49万9880円)
      は6月10日に発売済み。77V型のみ発売時期を秋以降としていた。

       3840×2160ピクセルの4K有機ELパネルを搭載し、従来の「X1」に比べ、約1.4倍の処理
      速度を持つX1 Extremeにより、各高画質機能に最適な信号処理をすることで、高画質再生
      を実現。SDR映像をHDR映像相当にアップコンバートする「HDRリマスター」も備える。
      スピーカ部はなく、有機ELパネル背面の左右にアクチュエータを配し、画面を振動する
      ことで音を出すアコースティック サーフェスを搭載。画面から音が出るため、画面と
      音が一体となった映像再生体験ができる。

       77V型のサイズは、高さ99.7cm×幅172.1cm×奥行き9.9cmで、重量約37.8kg。
      消費電力は757Wになる。





      【c net japan】
       https://japan.cnet.com/article/35104105/
      【【製品】『ソニー』有機ELテレビ『ブラビア A1』に77V型モデル!実勢250万円】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/07/11(火) 21:02:43.39ID:CAP_USER.net




      アウディは、スペイン・バルセロナで現地時間7月11日に開催した「アウディサミット」
      の中で、市販車として世界初となる「レベル3」自動運転を採用した高級セダン、新型
      アウディ『A8』を初公開した。さらにアウディは、2018年以降段階的に「パーキング
      パイロット」「ガレージパイロット」「トラフィックジャムパイロット」などの自律
      運転機能を市販車に採用していくことを明らかにした。

      アウディサミットは今回が初の開催。アウディが「プレミアムな自動車会社」から
      「プレミアムなデジタルカーカンパニー」へと、自動車を超えたサービス・ソリュ
      ーションを提供していくというメッセージを全面に押し出し、人工知能「アウディ
      AI」、モビリティの電動化「e-tron」、そしてコネクテッドソリューション「My
      Audi」、この3つの柱を中心にモノづくりをおこなっていくことを宣言。そして
      これらを統合し、これからのアウディを象徴するモデルとして、
      新型A8が紹介された。

      ◆フラッグシップとしての高性能化
      アウディA8は、アウディブランドのフラッグシップを担う高級セダン。今回発表
      された新型は、第4世代目にあたる。全長は従来型と比べ+37mm大きくなり5172mm
      (ロングタイプの「A8L」は5302mm)と堂々たるサイズとなった。室内長も32mm
      拡大され後席の快適性が向上したほか、電動ドアオープナーやマッサージ機能の付いた
      最新のリラクゼーションシート(A8Lに設定)など、ショーファーカーに求められる
      ラグジュアリー性を高めている。

      またコンセプトカー「アウディ プロローグ」で見せた新世代のアウディデザインを
      初採用。アウディの“顔”であるシングルフレームグリルはより大きく、ワイドになった。
      また全高は+13mm(A8Lは+18mm)高くなっているが、キャラクターラインの意匠
      などの効果で、他プレミアムセダンとは一線を画す伸びやかなシルエットを実現。
      内外装ともに、さらにスポーティさ、洗練さを強調したものとなった。

      走行面では、『Q7』に採用された「オールホイールステアリング」をさらに最適化し
      ハンドリング性能を向上。さらに設定や運転状況に応じて個々のホイールを上下させる
      ことができる「アウディAI アクティブサスペンション」を採用。ラグジュアリーセダン
      ならではのスムーズな乗り心地からスポーツカーのダイナミックなハンドリングまで、
      幅広い走行特性が得られるようになったとしている。

      パワートレインは、ガソリン/ディーゼルそれぞれに3.0リットルV6ターボエンジンと、
      4.0リットルV8エンジンを用意するほか、頂点には6.0リットルW12エンジンも設定する。
      これらすべてに48ボルト電源を活用したマイルドハイブリッドシステムを採用。エンジン
      休止状態でのスムーズなコースティング走行や、最大12kWの回生エネルギーを得ること
      が可能となり、燃費性能を高めている。また遅れてプラグインハイブリッド車の「A8L
      e-tron クワトロ」も導入されることがわかった。3.0リットルターボエンジンにモーター
      を組み合わせ、449馬力/700Nmとスーパーカー並みのパワーを実現する。EVモード
      だけで約50kmを走行することも可能だ。

      ◆「レベル3」自動運転を実現
      そして新型A8の最大の目玉は、独自のAI技術に基づいた、市販車として世界初となる
      「レベル3」自動運転機能だろう。「トラフィックジャムパイロット」と呼ばれるこの
      機能は、「中央分離帯のある比較的混雑した高速道路を60km/h以下で走行しているとき、
      ドライバーに代わって運転操作を引き受ける」もの。条件は限定的だが、これを満たす
      場合はクルマ側に操縦を任せた自動運転状態となる。

      発進、加速、減速はもちろん、ハンドル操作もおこなう上、ハンドルから手を離した
      状態で走り続けることが可能だ。アウディは「その国の法律で許されていれば、車載
      のテレビを視聴するなど、運転以外の行為を行うことも可能」と説明する。また、
      システム側の機能が限界に達した場合は、ドライバーに運転操作をおこなうよう
      通知される。

      中略

      新型A8は2017年晩秋からドイツ市場で販売を開始。A8は9万0600ユーロ(約1178万円)
      から、A8Lは9万4100ユーロ(約1223万円)から。日本への導入時期は未定だが、
      「レベル3」の日本導入が実現するか、注目度は高い。

      【Response】
       https://response.jp/article/2017/07/11/297307.html
      【【自動車】新型『アウディ』A8、バルセロナで初公開。市販車で世界初の自動運転『レベル3』実現!】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/07/10(月) 12:46:12.21ID:oGXT8YCG0.net BE:844628612-PLT(14990)
      ‪トム・クルーズの娘、ファッショニスタからワーストドレッサーに!?

      【ニュースウォーカー】
       https://news.walkerplus.com/article/112923/‬

      おしゃれなセレブの子供としてベッカム家の娘ハーパーと競っていたトム・クルーズの娘
      スリ(11)は、母親のケイティ・ホームズが望む普通の生活に慣れてきたせいか、昨年くらい
      からファッショニスタを脱落して普通になったと言われてきた。しかし遂に、普通どころか
      ワーストドレッサーと言われるまでになってしまったようだ。







      巷ではアイマスの水瀬伊織っぽいとの指摘も







      【【セレブ】トム・クルーズの娘がワーストドレッサーwwwww】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/07/10(月) 11:18:33.14ID:1mutKhpX0.net BE:226456927-PLT(12522)
      「建築・土木・測量技術者(建設技術者)」
      の有効求人倍率の推移を長期時系列で見ると図表1となる。

      リーマンショック後の2009年には0.84倍と人手は余っている状況であったが、
      その後、景気が回復基調で推移する中、2011年以降は一気に上昇した。

      昨年、2016年の1月は4.58倍という非常に高い倍率でスタートし、
      4月には4.10倍に低下して落ち着いたかに見えたが、
      その後、上昇に転じた。

      9月にはついに5倍台に突入し、11月には5.47倍にまで達した。

      画像 グラフ



      2 建設工事



      3 土木工事



      【@DIME】
       https://dime.jp/genre/343275/?first=1

      すき家のゼンショーHD社長

      「3K仕事やりたがらない」

      人手不足に悩む外食大手ゼンショー
      ホールディングスの小川賢太郎社長は

      「日本人はだんだん3K(きつい、きたない、危険)
       の仕事をやりたがらなくなっている」

      と嘆く。

      【livedoor news】
       http://news.livedoor.com/lite/article_detail/8833343/
      【【3K】ドカタの求人倍率5.5倍!これ雇用改善とかそういう話なのかwwwww】の続きを読む

        このページのトップヘ