『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.6.20

      1まとめらいぶ2017/06/13(火) 18:03:39.44ID:tMYjolgv0.net BE:232392284-PLT(12000)
       リオ五輪卓球女子団体銅メダルの伊藤美誠が13日、ツイッターを更新し、
      ツイッター上で流行している「彼氏(彼女)とデートなうに使っていいよ」
      写真として、女子フィギュアの本田真凜の写真をアップ。ファンからは
      感謝の声と「美誠ちゃんバージョンも」のリクエストの声が上がった。

       今、ツイッター上で多くの有名人が「デートなう」用の写真をアップしているが、
      ついに本田真凜バージョンが登場。以前、2人で大阪のユニバーサルスタジオジャパンに
      行った際に撮影したものと見られ、本田はミニオンのイラストがついた黒縁眼鏡をかけ、
      笑顔で振り向き、手を伸ばしている。

       まるで「早く行こう」と手を引っ張ってもらっている錯覚に陥るような一枚にファンは
      悶絶。「か、かわゆい」「ズッキュン」「可愛すぎる」などの声が。もちろん、本田だけ
      ではなく、伊藤の「彼女とデートなう」を希望する声も多く「みまちゃんのも見たい」
      「美誠ちゃんバージョンも是非」「伊藤美誠さんの写真も希望」との声も上がっていた。

      【Yahoo! ニュース】
       https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170613-00000078-dal-spo

      「彼女とデートなうに使っていいよ」

      【【画像】本田真凜ちゃんが#彼女とデートなうに使っていいよ】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/06/13(火) 17:55:10.90ID:CAP_USER9.net
      これが600万円だまし取った「受け子役」 

      大阪府警「特殊詐欺犯、今後も公開していく」

      大阪府池田市内の60代女性が5月下旬、長男を装った男らに現金600万円をだまし
      取られる特殊詐欺事件が発生し、大阪府警捜査2課は13日、被害女性から現金を受け
      取った「受け子」が写った防犯カメラの画像を公開した。府警が特殊詐欺犯の画像を
      公開するのは初めて。

      府警によると、一人暮らしの女性宅に5月下旬、長男を装った男らから
      「職場の女性を妊娠させた。夫に現金を要求されている」などと電話があった。
      女性は示談金として600万円を用意し、同市内の駅付近で長男の後輩を装った男に
      渡したという。女性が翌日、長男の妻に電話をして被害が発覚した。

      受け子の男は30代前半くらいで、身長約165センチの小太り。
      黒っぽいスーツを着ていた。

      府警は「増加する被害を抑えるため、今後も公開していきたい」としている。
      情報提供は府警池田署刑事課知能犯係。

      【産経ニュース】 
       http://www.sankei.com/west/news/170613/wst1706130051-n1.html

      60代女性から現金600万円をだまし取った男(大阪府警提供)




      池田警察署管内における特殊詐欺事件

      【大阪府警察】
       http://www.police.pref.osaka.jp/02jyoho/jiken/290612_1.html



      【【大阪】これが600万円騙し取った『受け子役』、防犯カメラの画像を公開…大阪府警『特殊詐欺犯、今後も公開していく』逮捕秒読み。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/06/12(月) 20:29:25.43ID:CAP_USER9.net
      生の魚介類に付着する寄生虫「アニサキス」による食中毒の被害報告が急増している。
      魚を生で食べる習慣のある日本で多く、厚生労働省の統計では、ノロウイルス、
      カンピロバクターに次ぐ食中毒原因物質の第3位に。加熱するか、マイナス20度
      以下で24時間冷凍すれば問題はないが、冷蔵技術の進歩で鮮度のよい生食用の
      流通量が増えたことが、逆に被害増大につながっているようだ。激しい腹痛を
      起こすアニサキス。食中毒急増の背景を探った。(貝原加奈)

       アニサキスの卵は海中でふ化した後、魚などが食べるオキアミを経てアジやサバ、
      カツオ、イカ、サケなどの内臓に寄生。魚介類が死ぬと筋肉に移る。虫体は長さ
      2~3センチ、幅0・5~1ミリで白色の太い糸のよう。生食後、数時間から
      数日で発症し、みぞおちなどに激しい痛みを引き起こす。

       同省によると、アニサキスによる食中毒は2007年の6件から、16年には20倍
      を超える124件に増加。国立感染症研究所寄生動物部の杉山広前室長が05~11年
      の約33万人のレセプト(診療報酬明細書)を基に推計したところ、年間発生数は約7
      千件に上ったといい、統計は「氷山の一角」との指摘もある。

       神戸市でも、食品衛生法改正で、アニサキスを原因とする食中毒が届け出対象になった
      13年以降、13~15年に各2件、16年は1件が報告された。今年に入ってからは既
      に飲食店で3件発生。同市保健所は「冷蔵技術の発達で生の状態で流通させる商品が増え
      たことに加え、内視鏡検査技術や設備が整い、虫体摘出が容易になった」と説明する。

       内閣府食品安全委員会のまとめでは、アニサキスが検出される魚は、サバ類が最も多く
      (北海道を除く)、西日本や関東ではイワシ類、カツオ類も多い。水揚げ地の違いにより、
      生で輸送できる魚が違うからという。国内産のマサバ218尾のうち74・3%に当たる
      162尾から幼虫が検出されたとする研究結果もある。

       13年以降、毎年数件は被害が報告される兵庫県内でも悲鳴が上がる。神戸市内で
      飲食店を営む男性は「鮮度のよいものを仕入れており、まな板や包丁の消毒も気に掛
      けている。素早く内臓を出してさばく以外に防ぐ方法があるのか」と困惑する。県内
      の小売店は「アニサキスが寄生している恐れがあるので、生食用の魚はできるだけ
      冷凍で仕入れている」。冷凍処理していない魚は目視で確認し、見つければ取り
      除いているという。

       アニサキス被害の広がりを受け、サバ料理専門店の「SABAR(サバー)」神戸
      元町店(神戸市中央区)では5月下旬から、店頭に張り紙を掲示。冷凍処理したサバ
      を使用しているため、被害報告がないことを強調した。梅林洋太店長(31)は、
      「水揚げしてすぐ船上で冷凍処理したサバなので、鮮度も味もよい。
      安心して足を運んでほしい」と安全をアピールする。

       同市保健所は「冷凍物を使わず、鮮度にこだわる飲食店の方が被害が出やすい」
      として、今月始まった食中毒予防特別期間に合わせ、消費者や事業者に注意を
      呼び掛けていく。

      神戸新聞

      【Yahoo! ニュース】
       https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170611-00000010-kobenext-hlth

      画像 

      スケトウダラから取り出したアニサキスの幼虫(国立感染症研究所提供)

      【【社会】寄生虫『アニサキス』の食中毒急増!その背景とは】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/06/12(月) 20:28:31.45ID:CAP_USER9.net
      【IT media PC USER】
       http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1706/12/news091.html

      「Windows 10 S」は始まりにすぎなかった? 今度はWindows 10のワークステーション
      級マシン向けエディションをMicrosoftが開発中、とのウワサが聞こえてきている。
      [鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]2017年6月に入り、Windows 10の開発
      まわりでちょっとした騒動があった。

       米Microsoftは6月1日(米国時間)、Windows Insider Programに参加する複数のRing
      ユーザーに対して開発中の内部ビルドである「Build 16212(RS_EDGE_CASE)」を
      誤って配信してしまったのだ。もし該当するユーザーがいれば、システムを以前の
      ビルドに戻すよう注意喚起している。

       動作上の問題が多いことと、特にWindows 10 Mobile版については再起動ループを
      繰り返してWindows Device Recovery Tool以外では戻せなくなる可能性があるとの
      ことで、継続利用は控えてほしいという。

       しかし、注目すべきはその後の発見だ。この内部ビルドであるBuild 16212にはまだ
      発表されていない「謎のWindows 10 SKU」の名称が含まれていることが判明し、
      一部で話題となっている。どうやら、Microsoftは高パフォーマンスPC向けの
      新しいWindows 10の提供に向けた準備を進めているようだ。



      MicrosoftはWindows 10ファミリーの新OS「Windows 10 S」を2017年5月に発表した
      ばかり。Windows 10 SはWindowsストアからダウンロードできるUWP(Universal
      Windows Platform)アプリのみが実行可能な教育分野向けのOSだ
      その名は「Windows 10 Pro for Workstation PCs」?

       同件を最初に報告したのは、Lakshmi 'Tito' Ulluというユーザーのツイートだ。問題の
      ビルドにおけるpkeyconfig内のデータに「Windows Server 2016 ServerRdsh」
      「Windows 10 Pro for Advanced PCs」「Windows 10 Pro N for Advanced PCs」
      という表記がみられ、これらが既存のSKUと異なることから、開発中の未発表
      エディションではないかとの臆測が広がった。

       TwitterでMicrosoftやWindows関連のリーク情報をいち早く伝えることで知られる
      WalkingCatは、これが従来まで「Pro for Workstation」とうわさされていた新SKU
      の正式名称ではないかと推測したが、その後にTheGrandMofongoというユーザーが
      関連のリーク資料をツイートで紹介しており、謎のSKUが「Windows 10 Pro for
      Workstation PCs」である可能性が高まっている。ワークステーション級
      マシン向けOSに搭載される新機能とは?

       しかし、ここでのポイントは正式名称よりもむしろ、Windows 10 Pro for
      Workstation PCsと呼ばれる製品の機能面だ。

       高パフォーマンスが要求される処理を最適化する「Workstation Mode」、NTFSの後継
      をうたう高信頼性ファイルシステムの「ReFS(Resilient File System)」、CPU負荷を
      極力抑えて高速なファイル共有を可能にする「SMBDirect」、最大4コアCPU+6TBメモ
      リまでのサポートといった具合に、従来のWindows 10 Proをより処理性能と信頼性に
      特化した形で強化されている。

       このうわさが本当だとして、Windows OSにおける「Workstation」の名称は、
      NTカーネルを一般向けPCにも展開したWindows 2000(2000年に一般リリース)
      で消滅したため、久しぶりの復活となる。このWindows 10新エディションにより、
      技術計算や映像処理などプロフェッショナル用途での利用拡大がさらに
      進むかもしれない。

       今回のBuild 16212が、Windows 10次期大型アップデート「Fall Creators Update
      (Redstone 3)」に属するビルドであることから、このWindows 10 Pro for
      Workstation PCsのリリース時期は少なくとも同アップデートの提供時期と
      みられる2017年9月~10月より後のタイミングになる可能性が高い。

       今後も続報が入り次第、お伝えしたい。



      Redstone 3(RS3)の開発コード名で呼ばれてきたWindows 10の次期大型アップデート
      「Fall Creators Update」は、2017年9月~10月ごろの配信とみられる
      Copyrightc 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
      【【IT】MicrosoftがハイエンドPC向けの新Windows10を開発中】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/06/08(木) 13:42:20.50ID:CAP_USER.net


      日産自動車は8日、高速道路の1車線内で自動運転する「プロパイロット」機能を搭載した
      スポーツ用多目的車(SUV)「エクストレイル」を発売した。価格は219万7800円~。
      プロパイロットの搭載は昨年8月に改良したミニバン「セレナ」に続き2車種目となる。今夏
      以降に改良を予定する電気自動車(EV)「リーフ」にも搭載する方針で、自動運転の普及を
      加速させる。

       プロパイロットはアクセル、ブレーキ、ステアリングを自動的に制御。ハンドルのボタンを
      押して起動すると、アクセルを踏まなくても、設定した車速(時速約30~100キロ)を上
      限に先行車との距離を保ちながら運転し、ハンドルを操作しなくても車線中央を走行し続ける
      ことができる。

       このほか、リヤバンパーの下に足先を入れて引くだけでバックドアのロック解除や開閉がで
      きる「リモコンオートバックドア」機能を搭載。ステアリングの自動操作による駐車支援シス
      テムの性能も高めた。

       発表会には、スケボーが趣味で、サーフィンにも挑戦したいという俳優の渡部豪太さんが登
      場。「行き先で遊んで疲れ果てても、帰りの運転をアシストしてくれるので、心強い」と笑顔
      を見せた。

      【SankeiBiz】
       http://www.sankeibiz.jp/business/news/170608/bsa1706081256006-n1.htm
      【【自動車】日産、エクストレイルに自動運転機能を搭載!セレナに続き2車種目、でもベンツはもっと凄かった。】の続きを読む

        このページのトップヘ