『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.6.20

      1まとめらいぶ2015/06/11(木) 21:18:59.94ID:???*.net
      加害男性が手記出版=遺族、
      中止・回収要請―神戸連続児童殺傷

       神戸市須磨区で1997年に起きた連続児童殺傷事件の
      加害男性(32)が「元少年A」の筆名で手記を書き、
      「絶歌」の書名で10日に発売された。

       同書は太田出版(東京都新宿区)が発行し、約300ページ。
      加害男性は同書で事件前後の心境や社会復帰後の状況などを記し、
      最後に「被害者のご家族の皆様へ」として謝罪の言葉を述べている。

       太田出版の岡聡社長によると、今年3月上旬、加害男性が
      「原稿を見てください」と同社を訪れ、原稿を渡した。以後、
      社内で出版の是非について検討してきたという。岡社長は
      「少年犯罪について本人の心境を当事者が語るケースは皆無に近い。
      全体を読んで事件について考えるきっかけになれば」と話した。

       出版を受け、殺害された土師淳君=当時(11)=の父守さん(59)は
      「私たちの思いを踏みにじるもの。文字だけの謝罪であり、遺族に対して
      悪いことをしたという気持ちが無い」とし、出版中止と本の回収を求める
      コメントを弁護士を通じて出した。

       当時14歳だった男性は97年2月から5月にかけ、小学生
      計5人を相次いで襲撃。小4女児と小6の土師君を殺害し、
      3人に重軽傷を負わせた。事件は刑事罰対象年齢を
      16歳から14歳に引き下げる少年法改正のきっかけとなった。 

      Yahoo!ニュース

      [遺族のコメント全文]

       加害男性が手記を出すということは、本日の報道で知りました。

       彼に大事な子どもの命を奪われた遺族としては、以前から、
      彼がメディアに出すようなことはしてほしくないと伝えていましたが、
      私たちの思いは完全に無視されてしまいました。なぜ、このように
      さらに私たちを苦しめることをしようとするのか、全く理解できません。

       先月、送られてきた彼からの手紙を読んで、彼なりに分析した結果
      をつづってもらえたことで、私たちとしては、これ以上は
      もういいのではないかと考えていました。

       しかし、今回の手記出版は、そのような私たちの思いを
      踏みにじるものでした。結局、文字だけの謝罪であり、
      遺族に対して悪いことをしたという気持ちがないことが、
      今回の件でよく理解できました。

       もし、少しでも遺族に対して悪いことをしたという
      気持ちがあるのなら、今すぐに、出版を中止し、
      本を回収してほしいと思っています。

      Yahoo!ニュース
      【【神戸連続殺傷事件加害男性手記】殺傷事件遺族、『今すぐ出版中止を』『思いを踏みにじるもの』。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/06/11(木) 07:26:09.05ID:JU/cGzZM0.net BE:837857943-PLT(12000)
      10日午後0時45分ごろ、三重県桑名市新西方の
      ショッピングセンター「イオンモール桑名」の地下駐車場で、
      軽乗用車が壁を破って店内に突っ込んだ。観葉植物をなぎ倒す
      などしたが、近くに客はおらず、運転していた男性(79)にも
      けがはなかった。桑名署によると、男性はアクセルとブレーキを
      踏み間違え、1階へ上がるエレベーター付近に突っ込んだ。
      その前に駐車場内で別の車と接触していたという。
      イオンモール桑名には、約150の専門店とスーパーのイオンがある。

      excite.ニュース

      【男性(79)アクセルとブレーキを間違え、イオンでド派手にやってしまう。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/06/11(木) 10:23:46.77ID:???*.net
      剛力彩芽、アンチを跳ね返すメンタルの強さ 

      女優・剛力彩芽の主演ドラマ『天使と悪魔』(テレビ朝日系)が放送を
      終了し、視聴率は初回6.4%と「金曜ナイトドラマ」枠ワースト2位の
      スタートから、6%台を一度も越えられないままだった。
      剛力は2013年に主演した『ビブリア古書堂の事件手帖』(フジテレビ系)の
      最終回が8.1%と“月9”最終回の最低記録となったこともあり、
      「やっぱり低視聴率女優」と揶揄する声が出ている。そもそも
      視聴率をすべて主演女優に負わせる風潮には甚だ疑問だが、
      以前からネット上で“アンチ”が多いのが事実だ。

      ■「ワンダーコア」CMで新たな魅力が開花
      『国民的美少女コンテスト』出身の剛力は、同事務所の武井咲とは、
      女優としてのタイプはまったく違う。正統派美女でどこでも収まりの良い
      武井に対し、剛力はファニーフェイス系の個性派。どんどん作品に
      出て知名度を上げる段階は終わった今、その個性が
      より光る出演作を選んでいくことも必要だろう。

      最近では剛力は、腹筋マシン「ワンダーコア スマート」CMに出演。
      テニスボールを踏んだり、巨大鉄球に吹っ飛ばされて倒れるたびに
      スッと腹筋して起きるのが、あの顔立ちだけにシュールなおかしさを
      醸し出している。歌手活動で見せるダンスも、5歳から習っている
      だけにキレキレでしなやかだが、何だか笑いを誘う。
      コメディ路線は剛力の大きな柱になるはず。

      ネットでは何かと叩かれるのと裏腹に、剛力の現場での評判は
      極めて良い。「いつ取材しても明るく元気いっぱい」(雑誌編集者)、
      「気さくで謙虚。勘違いした態度を見たことがない」(ドラマ関係者)など。
      剛力の“ゴリ押し”の裏には「一緒に仕事をしたい」
      という関係者の多さもある。

      もちろん、一般視聴者にはタレントの現場でのふるまいは関係ない。
      だが、人柄の良さは、バラエティ番組やイベントなどでも現れるもの。
      そこでの剛力の周囲への気遣いや優しさがにじみでる対応などに
      気づいている一般視聴者も多いことだろう。また、以前自身のダンスを
      いじるようなモノマネをしたタレントがネットで叩かれたときは、逆に
      そのタレントへの感謝の言葉を贈り、大人の対応で懐の深さを見せた。

      ■たけしも魅了された純真さ
      剛力も色眼鏡なしで見れば、むしろ好感度は高いはず。加えて、彼女は
      『国民的美少女コンテスト』出身とはいえ、上戸彩や武井のように本選で
      入賞したわけでない。2次選考で落ちたが、目に止めたスタッフがいて
      事務所に所属することができ、這い上がってきた雑草タイプ。
      いわれのない誹謗や中傷が目に入らないことはないと思うが、
      屈しないメンタルの強さも持ち合わせているのだろう。

      ゴリ押し批判の反動からか、はたまた逆境にもまったく動じない
      ポジティブな姿勢が好感を呼んでか、剛力自身の良さを素直に
      評価する声もネットに出てきている。ビートたけしは、『しゃべくり007』
      (日本テレビ系)で「可愛いと思う」と彼女の名前を挙げ、
      「目がすごくきれい。印象に残る」と評していた。
      唯一無二の持ち味を打ち出していくなかで、純粋な剛力彩芽ファンは
      より増えていくに違いない。ファンがアンチになることはよくあるが、
      剛力のメンタルお化け的なポジティブさは、そのアンチを
      またファンにさせてしまう力さえもあるように思える。

      (文:斉藤貴志)

      ORICON STYLE

      ポジティブオーラがあふれる剛力彩芽

      【【芸能】剛力彩芽、アンチを跳ね返すメンタルの強さ。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/06/11(木) 14:54:27.86ID:???*.net BE:287993214-PLT(14012)
      2015/06/11 00:45

       中国貴州省遵義市で9日早朝、7階建ての団地が倒壊する事故が
      あったが、住民は全員無事だった。この直前に建物のひび割れに
      気付いた住民が全員を安全な場所に避難させていた。
      9日付で中国新聞網が伝えた。

       7階建ての団地が倒壊したのは、全員が避難を終えたわずか
      30分後だった。6階の住民、駱さんが異変に気付いたのは、
      夜中の1時すぎ。駱さんは夫と共に1階で売店を営んでおり、
      閉店して明かりを消そうとした時、壁に亀裂が入っているのに
      気付いた。壁の石灰もパラパラと崩れ落ちて来ている。

       駱さんは倒壊の危険があると判断し、住民全員に避難を呼びかける
      ため、ドアを1軒1軒叩いて回った。全員が安全な場所に避難したが、
      壁を確認しに行った複数の住民から「問題ない」との指摘があり、
      いったんは部屋に戻った。だが、駱さんが自宅に戻ると、
      壁の亀裂はどんどん広がり、「カチャカチャ」という音も聞こえてきた。

       やはり危険だと判断した駱さんは再び、住民らに避難を呼び掛けた。
      全員が安全な場所に避難を終えたわずか30分後、建物は全壊した。





      FOCUS-ASIA
      【【中国】夜中に7階建て団地の壁にひび割れ、気付いた住民が全員避難させる → 30分後に全壊。】の続きを読む

        このページのトップヘ