『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : 相互RSS募集(。・ω・。)更新 4/1

1まとめらいぶ2015/06/26(金) 12:42:08.72ID:20d9uyFp0 BE:284465795-PLT(13000)
駐車違反撃退の最強の手段が公開されました。
ブラジルのサンパウロのストリートで、車椅子の人
専用の駐車スペースに停めた違法車両に、ポストイットで
車椅子のマークが描かれました。運転手がやってきて、
激昂した様子でポストイットを剥がします。
しかし、あまりにも数が多く、なかなか剥がれない様子。
その様子を嬉しそうに野次馬が見守ります。とうとう、
ほとんどのポストイットをつけたまま、車は発進しようとし、
通りを通行中の自動車とぶつかりかけながらも逃走します。
アクセルを踏み込み、ポストイットを撒き散らしながら走り去る
ドライバーは、よっぽど恥ずかしかったのでしょう。
彼はこの仕打ちの他に、駐車違反切符を切られているそうで、
そちらの対応もしなければなりません。ブラジルやイギリスでは、
車椅子用のスペースに駐車するのは違法行為で、
罰金の対象となります。









【You Tube】
 http://newsas.blog.jp/archives/44552300.html
続きを読む

1まとめらいぶ2015/06/22(月) 16:44:06.92ID:???.net
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、
PlayStation 4の新型本体となる「CUH-1200」シリーズを、
2015年6月下旬より、全世界で順次発売していくと発表しました。

新たに登場する新型PS4は、現行モデルに比べ、8%の消費電力
軽減と10%の軽量化を実現。本体上部にあるHDDカバー表面に
シボ加工が施されるなどデザインも変わり、ジェット・ブラックと
グレイシャー・ホワイトの2色が用意されます。
価格は現行モデルと変わらず39,980円(税抜)。

インサイド



続きを読む

1まとめらいぶ2015/06/24(水) 09:18:10.42ID:2Cyv2cZr0.net BE:218927532-PLT(12121)
児童買春・児童ポルノ禁止法の改正で、児童ポルノの単純所持に
対する罰則適用が7月15日に始まるのを前に、全国の警察が
サイバーパトロールを強化している。ファイル共有ソフト
利用者の間で出回る児童ポルノ映像を根絶するため、
インターネット上での悪質な拡散を取り締まる狙い。
県警でも少年課の捜査員が監視を続けている。

ファイル共有ソフトはインターネットに接続すると、
不特定多数の利用者に向けて大量のデータが公開される。
児童ポルノの交換目的で利用する人が後を絶たず、映像の
当事者にとって被害拡大の要因になっている。

このため、同課は6年前から同種ソフトの動向を監視する
システムを使い、違法な映像を拡散する利用者を児童買春・児童ポルノ
禁止法の公然陳列容疑などで摘発してきた。体制強化に伴って
摘発者は増え、昨年は19人に上った。今年は担当の捜査員を
警察庁主催の研修会に講師として派遣し、
全国の警察に手法を伝えている。

改正法では、児童ポルノを自分の意思で性的好奇心を満たすために
所持すると処罰対象になり、1年以下の懲役か100万円以下の罰金が
科される。同課は「一度データがネットに拡散すると回収は困難。
児童ポルノは決して流出させず廃棄を」と呼び掛ける。

静岡新聞

ファイル共有ソフトの動向を監視する捜査員=6月中旬、県警本部

続きを読む

1まとめらいぶ2015/06/24(水) 08:20:25.81ID:???*.net
小学校1年生の国語の教科書に、腕が3本あるように見える
イラストがあり、回収することになった。三省堂が作った小学校
1年生の国語の教科書の中に、女の子の腕が、3本あるように
見えるイラストが見つかった。花輪を持った両手のほかに、
もう1つの手が、後ろの机の上に置かれていて、三省堂によると、
これは、下書きを消し忘れたことによるものだという。
この教科書は、東京・世田谷区など、3つの自治体の公立小学校、
それに国立と私立小学校の一部で、およそ1万冊が使われている
ということで、三省堂では、世田谷区については、新しい教科書と
交換し、ほかの自治体についても、今後、相談して対応していくという。









【FNN】
 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00295633.html
続きを読む

1まとめらいぶ2015/06/24(水) 21:38:20.45ID:???.net
ねとらぼ

 三越伊勢丹は、7月1日から希少性の高いランドセルを販売します。
なかでも、イタリアのマエストロ職人工房「ペローニ」による色染めから
細かな装飾まで手作業で作ったベジタブルタンニンレザー製ランドセルは、
芸術品のような仕上がりとなっています。価格は税込17万2800円。
伊勢丹新宿本店および三越日本橋本店のみの販売となります。



 三越・伊勢丹の両百貨店は昨年から共通したオリジナル商品を
手がけており、今年はさらにそのバリエーションを増やしていきます。

 ほかにも、馬のおしりの革「コードバン」を用いたランドセル
(税込14万400円)や、女の子のための愛らしい黒いランドセル、
男の子のための背面も色鮮やかなカラーコンビネーションが
魅力のランドセルなど、多数の商品が発表されていました。

 まだ、来年の4月までは半年以上ありますが、来年入学の孫を
持つおじいちゃん、おばあちゃんは、今から
楽しみが始まっているようです。
続きを読む

1まとめらいぶ2015/06/24(水) 19:12:08.38ID:QF7l+hSy0 BE:488538759-PLT(13500)
和歌山電鉄の三毛猫駅長で世界的な人気を集めていた
「たま駅長」が22日に死んだことが24日、わかった。
16歳だった。葬儀は近親者で営んだ。
28日に社葬を営む。

Yahoo!ニュース
続きを読む

1まとめらいぶ2015/06/24(水) 22:55:42.40ID:???*.net
初めてスクリーンに登場して以来、
5作品で40億ドル以上の世界興行収入をあげてきた
『スパイダーマン』シリーズ。このほど、新シリーズが始動し、
主演と監督が発表。現在19歳の新星俳優トム・ホランドが
スパイダーマン役を演じることが明らかになった。

今回の新スパイダーマンは『アベンジャーズ』シリーズを中心とした
“マーベル・シネマティック・ユニバース”の世界へ初参加。
監督を務めるのは、ホラー映画『クラウン』(’14)を手掛け、
今年のサンダンス映画祭で発表された『Cop Car』(原題)が
待機しているジョン・ワッツ。マーベル・スタジオを率いる
ケビン・フェイグ、長年スパイダーマンに関わってきた
エイミー・パスカルらプロデューサー、およびスタジオとの
複数回に及ぶミーティングを経て監督の座を
勝ち取ったのだという。

主人公となるピーター・パーカーおよびスパイダーマンに抜擢された
トム・ホランドは、『インポッシブル』(’13)、ロン・ハワード監督の最新作
『白鯨のいた海』にも出演している期待の若手俳優だ。過去の
ピーター・パーカーにはトビー・マグワイアや、
アンドリュー・ガーフィールドが演じてきたが、原作で描かれている
高校生という設定では最も近い実年齢となる。

エイミー氏は、トムの起用について「スパイダーマンを
MCUの世界へと連れて行くためにこれ以上ないほど若く、
活き活きとした、才能にあふれる俳優」と自信を伺わせた。

また、『スパイダーマン』新シリーズ製作にあたって
ソニー・ピクチャーズ・モーション・ピクチャー・グループ
会長のトム・ロスマンは「私は、共に仕事をした新進気鋭の監督たちが
スーパースターになっていくのを幾人も見てきたが、ジョンもそうなれる
だけの才能を備えている。スパイダーマン役についても、数多くの
若く素晴らしい俳優がいたが、トムのスクリーン・テストだけは
特別だった。つまり、私たちは最高のスタートを切ったんだ」と
喜びを語った。

『スパイダーマン』新シリーズは2017年夏、全国にて公開。

Yahoo!ニュース

画像

続きを読む

1まとめらいぶ2015/06/23(火) 17:58:37.06ID:Lxa48gLk0.net BE:284465795-PLT(12000)
しょぼいエアコンしかついていない自動車で夏の暑さに
耐えるのは地獄です。そこで中国の男性は家庭用のエアコンを
自動車の後部に取り付けることにし、夏を乗り切ることにしました。



人民日報電子版によると、この自動車は杭州市で先週発見されました。
後部の左部分の窓からは、青と白のエアコンのユニットが見えています。
逆さまのポスターに映っている男性は中国の芸能人だそうです。このような
エアコンは一般的にアパートなどのベランダに置かれるものです。自動車に
このように家庭用エアコンを乗せることは火災の危険性があるとして危険で
あるとのこと。中国の道路交通法では自動車に無許可でこのようなものを
搭載するのは違法だそうで、この自動車の持ち主の男性は警察から、
元の状態に戻すように命令されています。今週の天気予報では
杭州市は最高気温37℃まで上昇するとみられているそうです。



【NEWS AS】
 http://newsas.blog.jp/archives/44520091.html
続きを読む

↑このページのトップヘ