『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : 相互RSS募集(。・ω・。)更新 9/1

1まとめらいぶ2016/12/04(日) 11:44:56.45ID:CAP_USER.net
【iphone mania】
 http://iphone-mania.jp/news-146900/



発売されて間もないMacBook Proの一部で、画面表示にやはり問題が発生しているようです。
ユーザーからの苦情が相次いでいます。15インチカスタムモデルで不具合多発

初期出荷分の一部のMacBook Proで、画面表示がおかしくなるという不具合が発生している
ことはすでにお伝えしましたが、ここ数日でさらにユーザーからの苦情が増えているようです。
不具合はカスタム注文の15インチモデルでもっとも多く起きているようですが、標準の13インチ
および15インチモデルでも発生している模様です。

Adobeアプリ使用時に発生ユーザーからの報告によれば、もっとも多い症状は目立つ色が
チカチカ点滅する、画面全体がチェッカーボード模様になる、画面が裂けたようになる、
といったものです。そして画面表示がおかしくなったあと、MacBook Proが反応しなくなる、
場合によってはクラッシュするケースも報告されています。

またこうした不具合は、Adobe Media Encoderでビデオファイルをフォーマット変換する、
大容量の写真ライブラリをMacのPhotosと同期する、PhotoshopやLightroomなどの
その他のAdobeアプリを使うといったタスクを実行した際に起きているようです。

問題はハードではなくソフト?
米メディアMacRumorsは、問題がハードウェアに由来するのかソフトウェアに由来する
のかは不明としています。しかし米メディアAppleInsiderは問題に詳しい関係者から得た
情報として、ハードウェアではなく、サードパーティーのソフトウェアに問題がある、と伝えて
います。Appleが出しているPhotosアプリでは、画面表示問題の報告がほとんどないこと
をその理由として挙げています。ただしAppleもこの画面表示の不具合は認識している
ようで、MacRumorsの読者で15インチMacBook Proを所有するジャン・ベッカー氏は、
Apple本社から電話がかかってきて、エンジニア・チームが現在原因を調査中だと伝え
られた、と語っています。しかし現時点ではまだ、同問題についての
公式コメントは発表されていません。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/12/01(木) 15:43:39.68ID:CAP_USER.net
【engadget】
 http://japanese.engadget.com/2016/12/01/6-8-sim-zenfone-3-ultra-uq-mobile-12-9/





UQ mobileは、ASUS製のSIMフリースマートフォン ZenFone 3 Ultraを、12月9日より
順次発売します。特徴は、一般的なスマートフォン離れした6.8インチの大型ディスプレイを
搭載する点です。これは一体どれほどの大きさなのか、他の端末と比較してみました。

ZenFone 3 Ultraは、6.8インチの大画面を搭載したスマートフォン、いわゆる「ファブレット」に
分類されます。そのファブレットの中でも特に巨大なのが特徴で、5.5インチのiPhone 7 Plus
より1インチ以上大きく、かつて人気を博したGoogleのタブレット「Nexus 7」に比べると0.2
インチだけ小型。つまり、タブレット並みと表現しても違和感のない大きさです。UQ mobile
向けモデルの仕様は、クアルコムのSnapdragon 652オクタコアプロセッサ、4GB RAM、
32GBストレージ容量、microSDXC外部ストレージ(microSDXC 2TB)など。カメラは背面が
2300万画素、前面が800万画素。OSにはAndroid 6.0.1を採用します。

片手で操作できる? 大画面ならではの魅力も筆者はグローバル発表時に、ZenFone 3 Ultra
の実機に触りました。左右のベゼルが狭いため、両手持ちを前提にしていれば、意外にも
スマホとして違和感のない使用感です。本体サイズは93.9 x 186.4 x 6.8mm。大画面では
ありますが、iPhone 7 Plusよりも薄くスタイリッシュです。さすがに片手操作は難しく、服の
ポケットにも収まりきりませんが、鞄の中に入れて持ち運ぶのであれば、普段使いとしても
十分にアリでしょう。なお大画面を活かし、マルチメディア機能を強化しているのも特徴です。
デュアルスピーカーを搭載しているので、イヤホンを使わずに、大画面で映画を大迫力で
鑑賞できそうです。DTS Headphone:X 7.1サラウンド出力、ハイレゾオーディオ再生にも対応。
また、大画面ゆえに筐体サイズが大きく、内蔵バッテリーは4600 mAhと多め。他のモバイル
デバイスに対しても1.5Aでの給電が可能です。


筐体はZenFone 3 DeluxeやZenFone 3 Laserと同様にメタルを採用。ガラス背面の無印
ZenFone 3とはデザインが大きく異る印象です。また、無印ZenFone 3と異なり、iPhoneや
Galaxyなどと同様の、物理式のホームボタンを採用しています。静電センサーとは異なり、
触覚を頼りにホームボタンを探せるので便利です。

他のスマートフォンとサイズを比較してみた6.8インチというスマートフォン離れした画面サイズ
は、いまいちイメージがしずらい面もあります。そこで5.5インチの海外版ZenFone 3、そして
4.7インチのiPhone 6sと比較した写真が下記となります。
とても素晴らしいことになっていますね。

UQ mobileは、このZenFone 3 Ultraを12月9日に主要家電量販店にて発売。UQ mobile
オンラインストアでは、12月16日より順次発売します。カラーバリエーションはグレー、
ローズピンク、シルバーの3色展開です。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/12/03(土) 09:40:21.70ID:CAP_USER.net
【autoblog】
 http://jp.autoblog.com/2016/12/02/volvo-worlds-largest-bus-gran-artic-brazil/



バスと電車を混ぜ合わせたような道路を走る乗り物を想像してほしい。とはいえ、以前ご紹介
した中国の道路をまたぐ奇妙な乗り物ではない。ボルボがブラジルのリオデジャネイロで開催
された展示会「FetransRio」で、非常に大きな連結型バスを発表したのだ。この新型バス
「Gran Artic 300」は、2ヶ所の連結部分で曲がるような構造になっており、
1度に300人の乗客を運ぶことが可能だ。

ボルボが大都市交通輸送のためにラインアップするバスの中で、新たなフラッグシップとなる
このGran Articの全長は、なんと30mにも達する。巨大バスのArticシリーズには、他にも
150人乗りと180人乗りがあり、それぞれ全長は18.6mと21m。だが、サイズと収容人数の
バランスが最も優れたモデルは、おそらくSuper Artic 210だろう。全長はArtic 180より
わずか1mだけ長い22mだが、収容人数は30人も多く210人を乗せられる。5つのドアが
備わり、乗り降りも便利だ。ボルボはこのGran Artic 300を、ブラジルのバス高速輸送
システム(Bus Rapid Transit: BRT)のために開発した。同車は現在ある最大サイズ
のバスよりも30人多く乗客を収容でき、普通のバス3台分に相当するという。つまり
理論的には、路上を走るバスが少なくなることにより、
排出ガスも減らせるというわけだ。

この南米向けのバスの販売開始時期について、ボルボは明らかにしていない。
しかし、排出ガスに関する面だけでなく、公共の輸送手段としてのスピードや都市部の
ドライバーに与える影響の点からも、300人乗りのバスがどのような影響力を持つのか、
非常に気になるところだ。もしもこのバスによって大渋滞が引き起こされるとしても、
我々としては中国の奇妙な高架バスよりマシではないかと思うのだが。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/12/02(金) 10:51:47.61ID:CAP_USER.net
【田中龍作ジャーナル】
 http://tanakaryusaku.jp/2016/12/00014920

 東電(2012年)、ワタミ(2013年)、ヤマダ電機(2014年)・・・
“名だたる会社” が受賞してきた「ブラック企業大賞」。

 弁護士、大学教授、労働団体幹部などからなる「ブラック企業大賞実行委員会」がきょう、
2016年のノミネート企業を発表した。発表の場所は厚労省記者クラブだった。

 今年(2016年)ノミネートされたのは「電通」「関西電力」「佐川急便」など10社。
実行委員の佐々木亮弁護士が10社のノミネート理由を説明した。

 いずれも聞いていて「なるほど」と頷けるノミネート理由だった。だが日経新聞の記者は
関西電力がノミネートされていることに疑義を唱えた。

 佐々木弁護士の説明(実行委の資料にもとづく)によると―
 2016年4月20日、高浜原発1、2号機の運転延長申請を担当していた管理職の男性が
自殺しているのが見つかった・・・日々、規制委の対応に追われ同年1月には1ヵ月の残業
時間が100時間を超えるようになり、2月には200時間・・・労働基準監督署は、男性の自殺は
長時間労働による過労が原因だったとして労災と認定した。

 この説明に対して日経記者は「関電(について)は当局が多分認めていないと思う。
関電自体は明かしていない…(中略)報道ベースによる事実に基づいてノミネートしている。
選考基準に問題はないのか?」と佐々木弁護士に質した。

  日経記者の言う「当局」とは何を指すのだろうか? 労基署は労災認定している。

  同弁護士は「報道ベースであれば世の中の人が知っている事実。無視するわけには
いかない。今回ノミネートの対象とした」と明快に答えた。

関電・高浜原発。老朽原発の運転延長申請にあたっていた男性が過労死した。

=写真:高浜原発運転差し止め原告団提供=

 報道ベースとは各社の報道である。体制に対しては控えめなNHKでさえ10月20日に
報道した。当の日経が10月20日付(電子版)で伝えているのである。

 関西電力が「原発絡みで過労死があった」などと自ら明らかにするだろうか?

日経記者にしてみれば《 関西電力をブラック企業に
ノミネートするとは けしからん 》ということだろうか。

 マスコミを差配する電通がノミネートされていたことから、
記者会見場には重苦しく殺伐とした雰囲気が垂れ込めていた。

 記者会見に出席した社は ちらほら 。テレビ局は一社たりとも来ていなかった。

「2016年ブラック企業」にノミネートされた10社は以下 

1.株式会社エイジス
2.株式会社 電通
3.株式会社 ドン・キホーテ
4.株式会社プリントパック
5.関西電力株式会社
6.佐川急便株式会社
7.サトレストランシステムズ株式会社
8.宗教法人 仁和寺
9.ディスグランデ介護株式会社(「茶話本舗」FC企業)
10.日本郵便株式会社

~終わり~

過労

【イメージ画像】
続きを読む

↑このページのトップヘ