『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : 相互RSS募集(。・ω・。)更新 9/1

1まとめらいぶ2017/03/16(木) 17:32:31.05ID:CAP_USER.net
【response】
 http://response.jp/article/2017/03/16/292199.html







ホンダは、大型スーパースポーツ『CBR1000RR』『CBR1000RR SP』を
6年ぶりにフルモデルチェンジし、3月17日より発売する。

新型CBR1000RRは、メインフレームのエンジンハンガー剛性を最適化したほか、
新設計のアルミダイキャスト製シートレール、新デザインの前後ホイール、
新構造のチタン製マフラーなどを採用。

大幅な軽量化とマス集中化により、軽快感あるニュートラルなハンドリングを実現した。
水冷4ストロークDOHC直列4気筒1000ccエンジンは、バルブタイミングおよびリフト量、
圧縮比などの最適化と、スロットルボアの拡大、マフラー構造の最適化など吸排気系の
セッティングを組み合わせ、低回転域の力強いトルク特性と高回転域の出力向上を両立。
最高出力は従来モデル比14psアップの192ps、最大トルクは
2Nmアップの114Nmとなった。

また、車体の角速度・加速度検出による車体姿勢推定システムをはじめ、スロットル操作
に対する出力特性を選択できるパワーセレクター、セレクタブルトルクコントロール/エン
ジンブレーキなど、各種電子制御技術を採用し、快適かつ安全なライディングを
サポートする。

CBR1000RR SPには、走行状況に応じて減衰力を制御し最適な特性を提供する
オーリンズ製Smart ECシステム採用の電子制御サスペンションのほか、ブレンボ製
フロントブレーキキャリパーを装備。さらなる軽量化とマス集中化を図るため、
リチウムイオンバッテリーを搭載したほか、公道用量産車として世界初の
チタン製フューエルタンクを採用する。

外観は「タイト&コンパクト」をテーマに、軽快感とアグレッシブなイメージを表現。
必要最低限のカウル面積と、よりタイトに各カウル面を内側に追い込むことで、
コンパクト化と前面投影面積の低減を図り、軽量化とマスの集中化に寄与。

また、フューエルタンク形状を見直し、ニーグリップ両側面部の幅をスリム化。
ライダーによる荷重コントロールの自由度を向上した。

価格はCBR1000RR(マットバリスティックブラックメタリック)201万4200円、
CBR1000RR(ヴィクトリーレッド)204万6600円、
CBR1000RR SP(ヴィクトリーレッド)246万2400円。
続きを読む

1まとめらいぶ2017/03/16(木) 17:20:56.36ID:CAP_USER.net
【価格.com】
 http://news.kakaku.com/prdnews/cd=kaden/ctcd=2041/id=63418/






LGエレクトロニクス・ジャパンは、自発光ディスプレイ搭載の有機ELテレビ
「LG OLED TV」の2017年モデルとして、全3シリーズ4モデルを発表。4月
上旬より発売する。ラインアップは、「OLED W7P シリーズ」より、65V型
の「OLED 65W7P」「OLED E7P シリーズ」より65V型の「OLED 65E7P」、
「OLED C7P シリーズ」より65V型の「OLED 65C7P」と
55V型の「OLED 55C7P」の計4モデル。

上位モデル「OLED 65W7P」の特徴は、テレビの究極の形を追求し、専用の
ブラケットのみで壁面に直接張り付けるような新感覚のデザイン「Picture-on-Wall
(ピクチャー・オン・ウォール)」を採用した点。壁からパネルの表面まで約3.9mm
の薄さで一体化し、テレビ画面が宙に浮いているようなデザインを実現した。そのほか
のモデルは 「OLED E7P」は、ガラス製バックカバーの上に、一枚の壁紙のような
極薄パネルが一体化したような「Picture on Glass」デザインを採用。有機ELなら
ではのスマートデザインとなっている。また、「OLED C7P」は最薄部が約4.6mmと、
横から見ると一枚のブレードのような「Blade Slim」デザイン。壁際のみならず、
リビングのどこに置いてもスタイリッシュであるという。2017年モデルの大きな
進化として、画質面においてはピーク輝度を25%向上。また、日常的に観る映像
コンテンツの約9割を占めると言われる輝度レベル(APL)が50%以下のシーン
での輝度処理を飛躍的に改善したことにより、コントラストの美しい映像を映し
出せる。さらに、色彩能力を向上させる技術「True Color Accuracy」を導入した
ことにより、色の再現性は前モデルの約6倍となり、4Kや8Kなどの次世代放送で
採用される広大な色域規格「BT.2020」もカバーする。また、さまざまなHDR
規格に対応する当社独自の最新技術「Active HDR」を採用。「ドルビービジョン」
のほか、1コンテンツに1メタデータの「HDR10」のコンテンツでも、1フレーム
ごとに活性処理を行うことで、輝度と明暗比を向上させ、今までのテレビでは再現
できなかった色を映し出し、臨場感あふれる視聴体験を可能にします。さらに今後、
「HLG」規格への対応も予定しているという。音響面では、テレビ製品では世界で
初めて、立体的な音響表現を実現したサウンド規格「ドルビーアトモス」を搭載。
最上位モデル「OLED 65W7P」は、ドルビーアトモスとの最適化を追求した
専用のムービングスピーカーを開発した。

65V型の「OLED 65W7P」の主な仕様は、パネル解像度が3840×2160ドット、
チューナーは地上/BS/110度CSデジタル×2を装備。視野角が上下左右178度。
インターフェイスは、HDMI入力×4、コンポーネント/ビデオ入力×1、ヘッド
ホン出力×1、光デジタル音声出力×1、USB 3.0×1、USB 2.0×2、LAN×1など
を備える。スピーカーはハイトムービングスピーカー×2(20W)、ミッド
レンジ+ツイーター×4(20W)、ウーハー×2(20W)。
パネルサイズは145(幅)×82.5(高さ)×0.4(奥行)cm、重量は7.6kg
(スタンド含まず)、コンパニオンボックスのサイズは
126(幅)×19.8(高さ)×7.8~9.4(奥行)cm、重量は10kg。
市場想定価格は1,000,000円前後(税別)。
続きを読む

1まとめらいぶ2017/03/16(木) 15:01:14.94ID:CAP_USER9.net
長野県飯田市扇町の市立動物園に、全身が真っ白な
毛に包まれた雄タヌキ「リュウ」が仲間入りした。

 生まれつき体内の色素が欠乏した「アルビノ」で、
1月下旬に市内で捕獲された。

 同園によると、飯田市周辺や木曽地方では、アルビノのタヌキの
生息が確認されているという。飼育を担当する松本歩さん(37)
は「普通のタヌキと比較できるように展示しているので、
比べてみてほしい」と話している。

【読売オンライン】
 http://sp.yomiuri.co.jp/national/20170315-OYT1T50139.html

続きを読む

1まとめらいぶ2017/03/15(水) 09:38:19.72ID:CAP_USER.net
【東洋経済オンライン】
 http://toyokeizai.net/articles/-/161721



東大生の多くがピアノを習っていると、よくいわれる。実際にそれを示す調査結果も多い。
今回、拙著『習い事狂騒曲?正解のない時代の「習活(しゅうかつ)」の心得』を著すに
あたり、「東大家庭教師友の会」の協力を得て、東大生100人にアンケートを採った。

ピアノをやっていたのは47人。そのほか16人がバイオリン、エレクトーンなどの音楽教室
に通っていたというから、音楽系全体でいえば6割を超える。一般的に、何らかの楽器を
習っている小学生の割合は約4人に1人。これは少なくともこの20年間くらい変わらない
傾向だ。それに比べると、東大生の楽器率は倍以上ということになる。

さらに、世の中全体では楽器を習っている子供の割合は1:3くらいで女子が圧倒的に多い
のに、東大は4:1の割合で圧倒的に男性が多い母集団であるということも考慮すれば、
「6割以上」という数字がいかに突出した数字であるかがわかるだろう。

それを探るべく、東大生3人との座談会を開催した。拙著からその一部を抜粋して紹介
する。ピアノや楽器系に限らず、東大生が、東大生である自分を構成する要素として、
どんな習い事が有効だったと考えているかがうかがえるはずだ。

おおたとしまさ(以下、おおた):いろいろ経験している中で、やってよかった習い事と、
あんまり好きじゃなかった習い事、それぞれ挙げてもらって、その理由も教えてください。

大坂:やってよかったと思うのは、やはりピアノです。ピアノとか音楽系をやっていると、
指を使ったり、楽譜を読んだりするので、頭を使うからすごく教育にいいみたいなことを
聞くんですけど。まさにそれは実感しているというか。

おおた:実感しているんですね。
続きを読む

1まとめらいぶ2017/03/15(水) 10:16:30.04ID:CAP_USER.net
【ねとらぼ】
 http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1703/10/news148.html



日本初のハンバーガーチェーン店「ドムドムハンバーガー」。全国で400店ほど
展開されていた90年代に比べてなかなか見かけない存在となっていますが、
2月28日に6店舗が同時に閉店。残り54店と数少なくなったことが
Twitterで注目を集めていました。

子どものころに味わったお店がなくなるのがさみしいという人もいる一方で、
今だからこそドムドムにハマっている人も少なからず存在します。いくつも
ハンバーガーチェーンが展開されている現在の日本において、ドムドムなら
ではの良さはどこにあるのか有志でドムドムを応援する団体
「ドムドム連合協会」に魅力を語ってもらいました。

ダイエーとともに広がった元祖ハンバーガーチェーン

 ドムドムは1970年にダイエーの子会社ドムドムが東京都町田市にて第一号店を
オープン。独立店舗のほか、ダイエーの大型店舗に出店する形で広がり、最盛期は
北海道から九州まで全国的に400店ほど展開されました。定番メニュー「甘辛
チキンバーガー」には今なお根強いファンが。象のロゴに見覚えのある人も
きっと多いと思われます。

 そんな中での「6店舗同時閉店」とあって、ファンからは「とうとうドムドムが
事業撤退を決定したのではないか」と不安を覚える声もあがっていました。
担当者によると、決算を前に閉店がたまたま一度に重なったただけで、
そういった話はまったくないとのことです。

しかし3月には福岡県にある水巻店の閉店も決まっており、
ドムドムの数が減り続けているのは間違いないようです。
続きを読む

↑このページのトップヘ