まとめらいぶ
2020年も何卒よろしくお願い致します(*・ω・)*_ _)

1まとめらいぶ2017/07/18(火) 09:02:00.10ID:CAP_USER.net


いつも我々を驚かせるダイソンから、また素晴らしい製品が昨年から発売されている。
CSYS(シーシス)と名付けられた、このタスクライトのシリーズは、デザインに優れ
るだけではなくLEDを新しいステージへと昇華させたと言っても良いだろう。

これまでのLEDライトの類は、その発する僅かな熱からLEDのリンメッキが少しずつ
劣化、明るさも徐々に落ちてくる可能性が高かったという。そこでメーカー各社はL
EDの冷却をいろいろと試みてきたのだが、どこも十分な成果が得られなかったのだ。

これを可能にしたのがヒートパイプテクノロジーという、ダイソンの創設者である
ジェームズ・ダイソンの長男ジェイクとそのティームの開発した新しい技術。

ライトのアーム内に真空の銅管を置き、中の1滴の水の蒸気化を利用して熱を逃がす
というもの。

LEDの照明に画期的な新時代をもたらしたこのテクノロジーは、実に最大144,000時間
も明るさを維持する。しかもこのLEDは円錐形リフレクター内にオフセットして収容
されているために、直接光源が視界に入らず、眩しさを抑えるように設計されている。

シンプルなデザインのライト本体にも多くのダイソンらしい技術が満載だ。アームの
水平、垂直方向の移動、ベースの回転も、指先だけで好きな位置で固定。調光もタッ
チセンサーで細かな機能を持ち、その設定した明るさが内蔵メモリーに記憶される。

LEDの色温度は2種が用意され、電球色のCSYSが2700K、白色のCSYS 4Kは4000K。
8mmおきに8つ配置されたLEDの明るさは、前者が1㎡(1平米)当たり648ルクス、
後者は何と同808ルクスという高い照度を持ち、趣味の作業などに威力を発揮するに
違いない。

CSYSには、卓上型とクランプ型のデスク・タイプ2種とフロア型があり、CSYS 4K
はデスク・タイプ2種となる。

価格は¥64,000~。

この優れたライトはダイソンの他の製品同様、あらゆる面でスマートに生活を演出
することは言うまでもないだろう。



【DIAMOND online】
 http://diamond.jp/articles/-/135093
続きを読む

1まとめらいぶ2017/07/18(火) 12:43:01.27ID:CAP_USER.net
次期新型iPhoneとなる「iPhone 8」はiPhone10周年を記念して3つのモデルが登場する
といわれています。iPhone 8について数々のうわさが飛び交う中、世界有数の経済ニュ
ースメディアのForbesが、サプライチェーンからiPhone 8のCADファイルを入手する
ことに成功。ForbesはiPhoneケース会社の協力のもと、「確定版」というiPhone 8
の実際のデザインを示すレンダリング画像を作成して公開しています。

iPhone 8 Exclusive: Apple's New Design 'Confirmed'

【Forbes】
 https://www.forbes.com/sites/gordonkelly/2017/07/16/iphone-8-design-camera-specs-price-release/

ForbesとiPhoneケース会社The Nodus Collectionが独自に入手したCADファイルから
作成されたiPhone 8の確定版デザインがコレ。前面はこれまでのリークの通り、ほとん
どベゼルのないデザインで、上部にはディスプレイの一部を切り欠いて、フロントカメ
ラやセンサーが横一列に並んでいます。ホームボタンも廃止されていることから、ディ
スプレイ上に仮想ホームボタンやその他機能が表示される「ファンクションエリア」が
導入されることを示しているとのこと。







Forbesが「最も大きな変更点」として注目しているのが、前から見て右側面にある
電源ボタンが約2倍に巨大化していること。正面のホームボタンが撤廃されているた
め、「ファンクションエリア」に指紋認証センサーが内蔵されている可能性はまだ
否定できませんが、Xperiaのように電源ボタンに指紋認証(Touch ID)を組み込んで
いる可能性が浮上しています。



すでにAppleは電源ボタンにTouch IDを搭載するための特許も取得しているとの
こと。ちなみに、iPhone 8ではTouch IDを廃止して3D顔認証機能を搭載すると
いううわさも報じられています。

【gigazine】
 http://gigazine.net/news/20170718-iphone-8-confirmed-design/
続きを読む

1まとめらいぶ2017/07/17(月) 18:18:42.19ID:CAP_USER9.net
【livedoor NEWS】 
 http://news.livedoor.com/article/detail/13348751/

 まもなく夏本番だが、実は、家で熱中症になるリスクは高く全体の約4割を占めている。
その中でも、特に寝るときには注意が必要だ。

■ 家での熱中症は、居間と寝室が多い

 16日、東京都心では今年一番の暑さになり、今週も30℃以上の真夏日が続く予想だ。
しかし、高温になるのは外だけではなく家の中も。

 家の中で熱中症が一番多い場所は、長い時間を過ごす居間。その次は、なんと寝室だ
という。日中に太陽の熱で温まった建物の屋根や壁は、冷めにくく夜でも室温が30℃
を超えることもある。

 特に、高齢者は冷えや節電などを理由に冷房をあまり使用せず、住宅での熱中症が
約6割にものぼる。では、夜の熱中症を予防するには、どうすればいいのだろうか?
帝京大学医学部付属病院・高度救命救急センター長の三宅先生に聞いた。

■ 寝る前の飲み物に注意!

寝る前に気をつける飲み物は?

 三宅先生「基本的にはアルコール、カフェインを含んでいる飲み物です」

 アルコールやコーヒー、緑茶などに含まれるカフェインには、利尿作用があるため、
せっかく水分をとっても、排出されてしまい熱中症のリスクが高まってしまう。

 寝る前に飲むのは基本は“お水”。冷たいものは寝付きを悪くするため“常温”がよい。
脱水ぎみの人には経口補水液やスポーツドリンクもオススメだ。

 また、水分は飲みだめができないので、トイレに目が覚めたときなどに、
こまめに水分補給をすることが肝要だ。

縁側の扇風機

【イメージ画像】
続きを読む

1まとめらいぶ2017/07/17(月) 14:05:55.07ID:vJoj25J+0 BE:373518844-PLT(15931)
内装工の男性がTwitterにとんでもない内容を公開しているという情報が、
読者から寄せられた。

(略)

「この時間から大爆笑 これが自営業の楽しさ笑 #バカ #全裸」。

深夜に全裸で作業をしているとのことで、
その様子を撮影した画像を公開した。

BlogPaint

6月には、手抜き工事の実態を公開していた。自身が内装を担当する店がプレオープンと
なる予定の日が、近づいているという。だが、「今日は朝からグダグダの日 全くやる気
おきず 朝からずーっと喋りっぱなしでやっとここまできた パテも適当やし」。この
ように記して、中途半端な仕事をしていることを豪語していた。



また、5月末に担当した別の作業でも、勤務時間中に怠ける様子を撮影した画像を公開。
「仕事中に イト巻き巻き笑 バタバタ仕事終わらして バス釣り行ってきまーす」と
書いている。その他のツイートにも、男性が札束を手に持って撮影した画像などがある
のだが、いずれも自身の顔は塗りつぶしてある。



(略)

先述の店での作業を行っている様子を紹介したいくつかの画像に、場所を特定できる手
がかりがあった。内装工事が行われている現場を撮影した画像の一部に、窓の外の風景
が写っていたのだ。それらには、特徴のある建物や店舗の看板等を確認できた。上記の
画像を詳しく調べた結果、男性が作業を担当した建物の所在地が判明。一方、その建物
に入っている店はオープンしたばかりであるためと思われるが、店名や電話番号等の情
報は見当たらなかった。しかし、建物を管理している不動産会社を特定することができ
た。そこで、当サイトでは会社に連絡を取り、事情を説明した。

(略)

発覚に至る経緯や問題視されている主要な点を伝えたところ、担当者はその場で男性の
ツイートを確認した。先述の画像に写っている、男性が作業を行ったとされる建物は、
自社が管理しているものに間違いないという。店の経営者にも本件を伝えて、対応を検
討するとのことだ。

【探偵Watch】
 http://tanteiwatch.com/66777
続きを読む

1まとめらいぶ2017/07/16(日) 16:47:15.92ID:CAP_USER9.net
モスクワ中心部のゴーリキー公園で15日、日本文化の紹介イベント「J-FEST」
が開催され、多くの市民が盆踊りや日本食、勇壮な和太鼓演奏などを楽しんだ。

イベントでは浴衣の愛好家らが出場する「浴衣コンテスト」も行われ、会場を盛り上げた。

 出場者のエカテリーナさん(20)は「原宿ファッションが大好き。この浴衣も
“キラキラ”しているので好き」と語り、東京・原宿を訪れた際に購入したという
浴衣を着て笑顔を見せた。

日本語を6年間学んでいるというアンナさん(19)も、
母親とともに購入した青色の浴衣が自身の金髪に似合っていると感じており、
気に入っていると語った。

来年は両国政府が相互の交流強化で合意していることから、
「何かの役に立ちたい」とも述べた。

 モスクワは今年、異常な冷夏に見舞われ、強い雨や雷の日が続いているが、
この日は夏らしい天候に恵まれ気温も上昇。来場者らは、珍しい日本の夏祭り
の雰囲気を楽しんでいた。

【産経 ニュース】
 http://www.sankei.com/world/news/170716/wor1707160025-n1.html

15日、モスクワ市内で開催された日本文化イベント「J-FEST」では、
華やかな浴衣コンテストも行われた







続きを読む

↑このページのトップヘ