『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.6.20

      1まとめらいぶ2017/08/15(火) 02:01:09.22ID:CAP_USER9.net
      宮城県登米市で牛を1頭丸ごと焼いて振る舞う「もっこり牛まつり」が開かれ、
      多くの人で賑わいました。

       この「もっこり牛まつり」は、特産の和牛のおいしさを知ってもらおうと、
      毎年開かれています。「もっこり」とは、「地域を盛り上げる」という
      地元のキャッチフレーズです。

       まつりの目玉は、一晩かけて焼き上げた黒毛和牛の丸焼きで、今年はおよそ
      200キロの牛肉が1000人に無料で振る舞われました。

       「おいしい~」(女の子)
       「肉が柔らかくて、味がすごくいい」(女の子)
       「丸焼きになっているのが、ワクワク感が増す」(女性)

       会場ではバーベキュー用の牛肉も格安で販売され、家族連れなどが炭火で焼き、
      美味しそうに味わっていました。(14日14:50)

      【TBS】

      【Yahoo! ニュース】 
       https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170814-00000020-jnn-soci

      Before

      After

      【イメージ画像】
      【【宮城】登米市『もっこり牛まつり』開催、牛を1頭丸焼きに!来場者1000人に無料で振る舞う。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/08/14(月) 18:07:15.69ID:CAP_USER9.net
      【Yahoo! ニュース】
       https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170814-00000055-zdn_n-sci
       タイトーは8月14日、1986年にファミコン向けに発売したアクションアドベンチャー
      ゲーム「たけしの挑戦状」のスマートフォン版を、8月15日に配信すると発表した。
      価格は840円(税込)。ファミコン版をリメークし、
      新要素「あめりか」や「ひんたぼ語検定」を加えた。

       たけしの挑戦状は、ビートたけしさんが監修したアクションアドベンチャーゲーム。
      サラリーマンの主人公が宝探しに冒険するストーリーで、理不尽な内容と難易度の
      高さから“伝説のクソゲー”として知られる。

       リメーク版となるスマホアプリは、「たからのちず」「社長室」などファミコン版の
      ギミックを再現しつつ、スマホの画面比率(16:9)に対応したほか、本編と関係ない
      “寄り道”要素として、新成田空港から「あめりか」ステージに旅立てるようにした。

       あめりかでは、ブロードウェイや、多くのセレブや有名人が住む(?)タワーなどを
      訪問でき、タワー最上階に上ると「有名人に出会えるかもしれない」という。
      同ステージのBGMは、同社サウンドチーム「ZUNTATA」による新作で、
      ファミコン風の8bitサウンドだ。

       新たに「ひんたぼ語検定」も実装。ゲームに登場する南の島「ひんたぼ島」の言語
      「ひんたぼ語」の能力を測る検定で、「1級」~「10級」が認定され、
      結果をSNSでシェアできる。

       ファミコン版発売から31年目にして初となる公式グッズも発売。「社長室」や
      「スナックあぜみち」などをあしらったTシャツと、ゲームオーバー時のグラフィックスを
      採用したマイクロファイバータオルを発売予定だ。発売日や販路などは今後、
      Webサイトで発表する。

      【【伝説のクソゲー】スマホ版『たけしの挑戦状』15日配信スタート!840円】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/08/11(金) 11:33:54.92ID:CAP_USER.net


      LGの次のスマートフォンはレンズがすごい。

      LGはVシリーズの次期フラグシップ端末「V30」を
      8月31日に発表することを明らかにしました。

      V30には、スマートフォン史上最も明るいF1.6の明るいレンズを搭載します。
      デジタル一眼レフカメラのレンズでも中々見ないF1.6という大口径レンズ。
      それがポケットサイズのスマートフォンで実現できるまでに技術は進化して
      いるようです。ちなみに、現時点で一番明るいレンズを搭載するスマート
      フォンは、サムスンのGalaxy S8のF1.7です。



      LGの発表によると、V30に「クリスタルクリアレンズ」を採用したことにより
      従来のプラスチックレンズよりも高い集光能力と色再現性を実現したとのこと。
      前機種のV20と比べて、V30のリアカメラモジュールは広角撮影時のエッジの
      歪みを3倍カットしながら、レンズのサイズは30%小さくなり、さらにレーザ
      ー検出AF、光学手ブレ補正と電子式手ブレ補正を搭載し、より高精細な写真
      が撮影できるようになりました。

      SlashGearが報じるところによると、LG V30には、P-OLEDスクリーン、チップ
      はクアルコムのSnapdragon 835、メモリは4GB(もしくは6GB)、Quad DAC
      のオーディオシステム、ワイヤレス充電機能が搭載されるとのことです。

      同じ韓国勢、サムスンのフラッグシップ機Galaxy Note 8は、8月23日に発表、
      9月15日から発売すると報じられています。iPhone 8の噂も続々と。2017年
      の最新スマートフォンはどこまで限界に挑むことができたのか。
      その答えが楽しみです。

      【gizmodo】
       http://www.gizmodo.jp/2017/08/lg-v3-16-lens.html
      【【スマホ】スマートフォン史上最も明るいF1.6レンズがLG V30に搭載、8月31日に発表。】の続きを読む

      1まとめらいぶNG NG BE:373518844-PLT(15931).net

      日産自動車は、「リーフ」の新型の発表を9月に予定している。ところが、
      それに先立って、その車体を鮮明に撮影した画像が流出するという騒動が
      発生した。画像を公開した人物によると、「私は日産系の職場に勤務して
      いるのですが、追浜工場の検査ラインで新型リーフ発見しました!」。

      (略)



      (略) 画像を公開した人物は、ブログに自身の在住地域や詳細なプロフィールを
      掲載していた。職業欄には、「製造・整備」と書かれている。

      また、以前には自身の担当作業をブログに詳しく記し、勤務先の正社員であると公言。
      作業の様子を撮影した画像も、大量に掲載していた。





      (略) 8月10日、日産自動車株式会社の追浜工場に連絡をとった。受付の男性に
      連絡の趣旨を伝えたところ、総務課に取り次ぐという。

      だが、「総務がどなたもいらっしゃりませんので」と男性は述べた。

      (略)

      30分後に電話をかけると、受付の男性曰く、「(総務課の)担当者の方からお断り
      をしてくださいということを言われておりますので」。「営業の電話ですよね」と尋
      ねられたので、そうではないことを説明して、趣旨を再度伝えた。だが、男性は総務
      課に取り次ぐことを拒否。「お断りをしてくださいということで言われましたんで」
      と怒鳴った後、「はい、はい、これで失礼致しまーす」と言って、一方的に電話を切
      った。日産自動車の本社に尋ねたところ、追浜工場の受付の当サイトへの対応は、あ
      り得ないものであるという。

      (略)

      このたびの騒動については、本社にも問い合わせが相次いだそうだ。問題の詳細を確
      認している段階のため、暴露した人物への対応内容も含め、現時点で外部に公表でき
      る事柄はないとのこと。ツイート内容及びアカウントの削除に至った経緯等について
      も、これまでに具体的な情報は入ってきていないと、担当者は述べた。

      (略)

      同社への就業に際しては、業務の過程で知り得た事柄についての守秘義務が課される
      ことを、全ての関係者に確認しているそうだ。したがって、本件はそれに反する行為
      に該当するという。

      【探偵ファイル】
       http://tanteifile.com/archives/7043
      【【バカッター】日産の新型リーフ、発表前に関係者が画像公開!工場は取材に逆ギレ、一方的に電話を切るwwwww。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/08/10(木) 03:23:22.36ID:CAP_USER.net
      ホンダのハッチバック・ハイブリッドモデル『インサイト』
      新型プロトタイプを初めてカメラが捉えました。

      「インサイト」は、ホンダが2シーターハッチバックとして1996年に初代モデルを発売、
      当時プリウスを凌ぐ燃費で話題となったものの、2006年に生産終了。
      2009年には、5ドアハッチバックとしてリベンジを狙い復活しましたが、トヨタ
      『プリウス』人気を超えることが出来ずに2014年で無念の生産終了となっていました。

      そして2018年、打倒プリウスを合言葉に第3世代が復活の狼煙を上げます。
      今回捉えたプロトタイプは完全なミュールボディのためデザインの詳細は不明ですが、
      リアドアが延長されており、ボディが拡大され居住性が大幅に向上すると思われます。

      予想されるパワートレインは1.5リットル・スポーツハイブリッド「i-MMD」を搭載。
      プリウスと同等以上の燃費となる可能性が高いようです。

      予想価格帯は250万円~290万円程度と予想され、高い居住性、低価格、高燃費と全てに
      おいてプリウスを上回ると見られる「インサイト」次期型の復活は、2017年東京モーター
      ショーが舞台となる可能性が高いです。

      写真:4年振り復活でプリウスを超える!?





















      【ZAKZAK】
       http://www.zakzak.co.jp/eco/news/170809/eco1708090010-n1.html
      【【自動車】ストップ・ザ・プリウス!新型ホンダ・インサイトをキャッチ、4年振り復活でプリウスを超える?】の続きを読む

        このページのトップヘ