『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.6.20

      1まとめらいぶ2017/07/22(土) 22:04:07.32ID:CAP_USER.net
      日本での根強い「マイホーム信仰」。「家賃を払うのはもったいない」といって、結婚や
      出産を機に住宅ローンを借りる人が多い。人気なのは高額なタワーマンションだ。しかし
      日本の人口はすでに減り始めている。建物にしか価値がない「タワマン」を買って、本当
      に大丈夫なのか。不動産市場のプロである牧野知弘氏の著書『マイホーム価値革命』
      (NHK出版新書)から、ある30代夫婦のエピソードを紹介しよう。

      先日、ある30代の夫婦から住宅購入の相談を受けました。

      Dさん夫婦は都心の一流上場企業で共働き世帯、保育園に通う4歳と1歳の女の子の子ども
      がいます。2人の年収を合わせると1000万円を超える共働き世帯ですから、どこから見て
      もリッチなご家庭です。今、彼らが住んでいるのは、交通の便が良い家賃15万円の都心の
      賃貸マンションで、広さは55平方メートルと4人家族にはやや手狭になりました。

      そんなDさん夫婦が、子どもが増えて賃貸マンションでは狭くなってきたので、東京湾岸
      部のタワーマンション(タワマン)を購入したいというご相談でした。その1室の価格は
      7500万円ほど。資金計画をたずねると、こつこつ貯めてきた貯金が夫婦あわせて1000万
      円強あり、これに住宅ローンで6500万円を借りて購入したいとの計画でした。

      彼らは「ゆとり世代」に近い年齢です。
      中略

      「ええ、たしかにローンは長いですね。35年だと60歳を過ぎるので、退職時にもローン
      が少し残る計算ですが、年齢が上がれば給料は増えるだろうし、残ったら退職金で返し
      てしまえばいいかなと思いました。これからも生活費は切り詰めて、貯金ができたらそ
      の都度、期限前返済をしていけば、なんとかなると思っています」

      なるほど、もっともな理由です。続いて旦那さん。

      「僕も人生、住宅ローンに縛られるのはちょっとどうかなとは思っていますが、家族の
      ためですし。それにローンを支払っていけば、いずれ家は自分のものになるわけでしょ
      う。湾岸部のこの場所は、2020年の東京オリンピック以降も発展すると聞きました。欲
      しい人が増えて人気のエリアになれば、途中で物件を売って儲かるかもしれないじゃな
      いですか。ま、それもありかなと思っているんです」

      旦那さんはどうやら「投資」としても考えているようです。最後に、家を買わなければ
      ならない理由をあらためて聞くと、奥さまはこう答えました。

      「たしかに大丈夫かなという不安はあります。でも長期間で住宅ローンを組める今のう
      ちに買っておかないと、このままずっと賃貸というのも不安なんです。だって、最近は
      都心のマンション価格がどんどん上がっているし、家賃をいくら払っても自分のものに
      は一生ならないわけでしょう。それに家族向けの賃貸住宅は、ろくなものがないという
      じゃないですか。年をとると大家も貸してくれないといいますし。もし住宅ローンを組
      むのなら、若いうちからのほうが、返済は結果的に楽だと思ったんです」

      私はこうしたDさん夫妻との会話に、実は驚きを禁じえませんでした。世の中のあらゆる
      情報を瞬時に取り入れて、それを活用しながら「しなやかな」生き方をするネット世代で
      す。まさに「これから世代」ともいえる彼らが、家については意外と「マイホーム」の典
      型的な発想にとどまっていたのです。

      ローン総額は9800万円になる
      日々の買い物には一切の無駄なく、常に合理的な判断を下していく彼らが「何のために家
      を持つのか」という問いに対して、「今のうちに持っておいたほうがいい」という曖昧な
      視点しかありません。しかも35年も先のことを「まあ大丈夫だろう」という不確かな確信
      で、これからの人生で稼ぐおカネの大半(金利分を含めると9800万円!)を投じようとし
      ているのです。いったい何がそうさせるのでしょうか。

      優しく笑う夫婦を見ながら、この「マイホーム」という言葉の持つ魔力を考えさせられま
      した。その後、彼らは念願のタワマンの一室を手にしたと聞きます。

      「家賃を払うのはもったいないから、家は買ったほうが得」。そんな理屈でマイホームを
      購入してしまうことは、非常に危険なのです。

      【PRESIDENT Online】
       http://president.jp/articles/-/22551

      タワマン

      【イメージ画像】
      【【住居】7500万円タワマン買う共働き夫婦の末路】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/07/22(土) 17:14:41.79ID:CAP_USER9.net
      「リポビタンD」に代表される栄養ドリンク剤の売り上げが減っている。

       消費を支えてきた団塊世代のサラリーマンの退職や、特定保健用食品(トクホ)など
      ライバル商品の普及が背景にある。ドリンク剤を手がける製薬各社は、女性向けや仕事
      のスタイルに合わせた商品の投入などで、巻き返しを図ろうとしている。

       医薬品や指定医薬部外品として薬局やコンビニなどで売られているドリンク剤は、日
      本経済の発展と共に普及してきた。

       大正製薬が1962年にリポビタンDを発売して以降、各社が商品を投入し「モーレ
      ツ」に働くサラリーマンの疲労回復を担ってきた。バブル期は三共(現・第一三共ヘル
      スケア)のリゲインが「24時間戦えますか」のキャッチコピーと共にヒット。市場規
      模は2001年度に1537億円と、ピークに達した。

       しかし、長時間労働を見直す機運の高まりや他の健康商品の普及で、16年度には
      ピークの4割減にあたる927億円まで落ち込んだ。若い世代ではドリンク剤よりも、
      「レッドブル」などエナジードリンクと呼ばれる清涼飲料水が支持されていることも
      一因だ。

      【読売オンライン】 
       http://yomiuri.co.jp/economy/20170722-OYT1T50029.html

      販売額の統計

      【【経済】『栄養ドリンク』元気なし…、愛飲世代の退職などで市場規模は2001年がピーク。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/07/22(土) 15:45:13.76ID:CAP_USER9.net
       国内の精神疾患患者数は392万人(2014年、厚生労働省障害保健福祉部作成の
      資料より)を超えます。精神疾患はもはや身近な病気です。一方、病気の自覚がない人
      や、症状が慢性化した人ほど医療につながりにくい現実があり、家族も苦しんでいます。
      危機的な家庭からのSOSを受け、本人を説得して医療機関に移送するスペシャリスト、
      押川剛さんが実際に直面した事例を報告します。

      【毎日新聞経済プレミア】

       ◇10代の終わりごろに強迫性障害を発症

       私(押川)は1992年、神奈川県で警備会社を創業し、96年、病識のない精神障害
      者を説得して医療機関に移送する、日本初の「精神障害者移送サービス」を始めた。

       今回は、中部地方で自然食品の会社を経営するA夫妻(ともに60代)と、30代の娘
      B子さんのケースを紹介する。

       A夫妻は、30年ほど前に会社を創業した。当初は苦労したものの、ネット販売事業が
      軌道に乗り、固定客を数多く獲得している。健康や自然食品に関するセミナーの講師とし
      て全国から声がかかるそうだ。そんなA夫妻から、10年近くひきこもり生活を続けるB
      子さんの相談を受けた。状態が悪化し、A夫妻はビジネスにも集中できなくなっていた。

       私が説得移送を行う時は、まず家族に丁寧にヒアリングし、対象者が生まれてから今に
      至るまでの歩みを時系列で資料化する。そして、エビデンス(根拠)を得るために自宅や
      本人の様子を視察調査する。時に資料は分厚いファイル数冊分にもなるが、これが医療機
      関を確保し、治療につなぐ「決め手」になる。

       B子さんは10代の終わりごろ、反復的で持続的な思考やイメージにとらわれ、過剰な
      手洗いや除菌などを繰り返してしまう強迫性障害を発症した。親元で生活しながら短大を
      卒業し、いったんは化粧品会社に就職したが、症状が悪化して退職。その後、家族が触っ
      たものや歩いたところをしつこく除菌するなど、強迫行為がひどくなり、外出もできなく
      なった。

       A夫妻はB子さんを説き伏せて精神科病院に入院させたが、B子さんは数週間で家に帰
      りたがって退院。その後自宅にひきこもった。

       A夫妻は、B子さんが幼いころから会社の事業に熱中していた。親子らしい関わりを持
      った記憶は少なく、過分な小遣いを渡し、わがままを聞き入れてきた。発症してからは病
      気のことを理解しようと、行政や医療機関に相談に行ったが、B子さんに「自分で何とか
      する」「入院の話をしたら自殺する」と言われ、治療を強く勧められなくなった。

       ◇独自ルール、買い物リスト、生活費負担の重荷

       強迫観念や強迫行為にとらわれたB子さんは、暴言や暴力でいらだちをA夫妻にぶつけ
      るようになった。A夫妻はB子さんの言いなりの生活を送るようになり、夜もまともに寝
      かせてもらえない日が続いた。

       2年ほど前、B子さんは「一緒にいたらいつか殺してしまう」とA夫妻に言い放ち、マ
      ンションを借りさせた。しかし、身の回りのことは一切できない。A夫妻は仕事の合間に
      交代でマンションを訪れ、世話をする生活が始まった。

       B子さんは、独自の「ルール」をA夫妻に徹底させていた。例えば、1日に数十通の
      「定時報告メール」を課す。訪問の際は洗濯したての衣類に着替えさせ、玄関でウエット
      ティッシュを一袋使い切るほど手足を拭かせる。食事の用意や掃除のやり方にも細かな手
      順を定めていた。さらに重荷なのが「買い物リスト」のメールだ。

       買い物リストには、B子さんが食べたいものや除菌グッズ、洗剤などの日用品。そして、
      1日300枚は使うというペットシーツ(ペット用トイレシート)が記載されていた。A
      夫妻は要求を黙々と受け入れ、家賃も含め月150万円の出費を強いられていた。

       B子さんは、洗濯しても衣類の汚れがとれないという理由で、全裸で生活していた。ト
      イレも「ばい菌がいる」と言って使わず、部屋中に敷き詰めたペットシーツに排せつして
      いたという。

       A夫妻が行政機関に相談した際、ペットシーツの話をしたら、担当者は「信じられない」
      という顔をしたという。父親は「このままでは近いうちに破産ですね」と淡々と話した。
      A夫妻もまた、健全な思考力を失っていた。

      【Yahoo! ニュース】
       https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170722-00000019-mai-bus_all
      4まとめらいぶ2017/07/22(土) 15:46:02.89ID:CAP_USER9.net
      >>1の続き

       ◇本当のことを言えないA夫妻の悩み

       B子さんの症状は重篤だったため、医療機関の確保は困難を極めた。A夫妻とともに私も
      保健所に行き、まとめた資料をもとに交渉して何とか受け入れてくれる病院が見つかった。

       その過程で、A夫妻がところどころで見せる歯切れの悪さに気づいた。例えば保健所の担
      当者に、事実を矮小(わいしょう)化して伝えていた。「自然食品を扱うビジネスをしてい
      ながら、健康を損ねた娘がいるなんて恥ずかしい」そんな心の声が聞こえるようだったが、
      それこそが娘の状態を悪化させた要因にも思えた。

       マンション管理会社にもB子さんのことを伝えていなかった。室内で排せつするB子さん
      の生活は、衛生上問題があり、賃貸ルールにも沿わない。A夫妻を説き伏せて管理会社に事
      情を説明すると、当然ながら退去を求められた。あえて家族の闇を表ざたにしたのだが、こ
      れが「移送説得」の決め手になった。A夫妻も「現実と向き合う覚悟ができました」と言っ
      た。

       移送には、管理会社社員に立ち会ってもらった。B子さんが女性で、全裸で生活していた
      ため保健所の保健師にも同行を依頼した。万一の事態も想定し、事前に管轄の警察(生活安
      全課)にも相談した。

       移送当日、B子さんには退去を求められていることを説明した。そして健全さを失った生
      活を続ければ、心身の健康をますます損ねることを話した。B子さんは強迫性障害の症状に
      苦しんでいたが、妄想や幻覚はなく、入院治療に同意した。B子さんは今、入院して治療を
      受け、A夫妻との親子関係を修復している。

       A夫妻は、マンションというおりの中でB子さんの要望をひたすら聞き入れ、欲しがるも
      のを与えることでおとなしくさせてきた。しかし、これではペット以下の扱いで、B子さん
      はいわば「モンスターペット」と化していた。

       私の事務所には、こうした問題に悩む家族からの相談が絶えない。ひきこもりは、近い症
      状の人を含めれば国内に200万人いるといわれる。その陰に、想像を絶するような家族の
      闘いがある。

      ひきこもる

      【イメージ画像】
      【【ひきこもり】なぜ30代娘はモンスター化したか...全裸で生活、ペット用トイレシートに排泄、月150万円の出費。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/07/20(木) 11:51:33.93ID:CAP_USER.net


      Appleが8月末に開催するイベントで新型iPhone SEを発表し、iPhone8の発表イベントは
      10月になる、と仏メディアiGenerationが報じています。ただし、過去の発表パターンや
      iPhone SEの位置づけを考慮すると疑問も残ります。

      iGenerationは、8月のイベントで発表される新型iPhone SEの価格が、現在の32GBで489
      ユーロ(日本では44,800円)から、90ユーロ(約11,500円)安い399ユーロに引き下げら
      れる、と報じています。

      しかし、新型iPhone SE が8月発売なら、サプライチェーンからのリーク情報が報じられて
      も良さそうですが、これまで、新型iPhone SEについては情報が流れていません。

      なお、中国のアナリストが「iPhone SEはアップデートされない」との予測を発表したばか
      りです。

      AppleはインドでiPhone SEの製造を5月に開始し、6月に発売したばかりです。

      iPhoneSEがインドなど価格に敏感な市場を攻略する戦略モデルと位置付けられていること
      を考慮すると、今年、iPhone SEについて何らかの発表があるとすれば、モデルチェンジで
      はなく、仕様変更と価格の引き下げにとどまると考えられます。

      また、iPhone SEは、2016年3月に発売され、2017年3月にストレージ容量の変更が行われ
      ています。

      iGenerationは、iPhone8の発表イベントは10月に開催されると報じていますが、この情報
      についても疑問が残ります。

      iPhone8については、生産・発売の遅れが噂されていますが、2012年のiPhone5以降、9月
      前半に発表、後半に発売という日程が踏襲されています。仮に発売が遅れても、イベント
      は今年も9月に開催されると考えて良さそうです。

      iPhoneではありませんが、6月のWWDC 17でAppleは2017年12月に発売予定のHomePod
      を発表しているほか、2016年9月のイベントではAirPodsを10月下旬発売予定と発表してい
      ます。

      【iPhone Mania】
       http://iphone-mania.jp/news-175759/
      【【製品】新型『iPhone SE』8月発表】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/07/21(金) 19:39:53.68ID:CAP_USER.net
      パナホームは20日、都市部の狭い土地でも空間を有効利用して二世帯が暮らせる3階建て
      住宅の新商品を発表した。地価の上昇が続く東京や大阪などでも眺望や日当たりといった快
      適さを追求するとともに、小さな屋根では難しかった太陽光発電の性能も高めた。

       郊外に比べて土地の限られた都市部では住宅の高さや形状に関する規制が厳しく、これま
      で3階部分を十分に活用できないケースもあった。新たな住宅では、手狭な土地でも屋根の
      形状を工夫することで3階部分に高い天井のリビングを実現。屋根の面積も広くし、太陽光
      パネルを設置できる枚数も増やした。

       国土交通省によると全国の3階建て以上の住宅のうち、2016年度の着工棟数の8割超
      が東京と大阪、神奈川、埼玉、愛知、兵庫、千葉、京都の8都府県に集中。パナホームはこ
      うした世帯の建て替え需要を取り込みたい考えで、3階建て以上の住宅の年間売上高を16
      年度の約800億円から18年度までに1000億円に引き上げることを目指す。



      【SB】
       http://www.sankeibiz.jp/business/news/170721/bsc1707210500005-n1.htm
      【【不動産】『パナホーム』新型3階建て住宅!狭い土地でも二世帯快適www】の続きを読む

        このページのトップヘ