『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.3.20

      1まとめらいぶ2017/03/20(月) 20:21:28.17ID:CAP_USER.net
      【newsphere】
       http://newsphere.jp/business/20170316-3/



       毎日出社をして人生の多くの時間を過ごす職場環境は、仕事のモチベーション
      や生産性に関わる大切な要素だ。しかし、どれだけの人が自分の職場環境を気に
      入っているのだろうか。オフィス家具メーカーの米スチールケース社は、従業員
      エンゲージメントと職場環境の相関関係について世界20ヶ国(14,903人、従業員
      数100人以上の企業)のワーカーを対象に調査し、「世界のエンゲージメントと
      職場環境実態」というレポートを公開した。従業員エンゲージメントとは、従業
      員が企業の目標達成に向けて、自発的に自らの力を発揮し貢献しようとすること。
      それによって従業員も成長するという考え方を指している。

       調査の結果、日本は従業員エンゲージメントと職場環境満足度がそれぞれ最低
      であり、日本人はどの国よりも職場環境に不満があり、会社へのエンゲージメン
      トが低いことがわかったという。ワーカーの居住国やその文化的背景、期待度が、
      エンゲージメントレベルや職場環境への満足度に大きく影響しているようで、
      エンゲージメントは新興国ほど高くなり、先進国は低くなりがちだ。

       職場環境満足度に関わる調査結果を紹介しよう。オープンな執務スペースで仕事
      をしている割合は、世界平均は23%であったのに対して、日本は78%と非常に高か
      った。島型対向式レイアウトが日本では一般的であることが影響しているようだ。
      オフィス外で仕事をする機会が全くない割合は、世界平均は55%に対して、日本は
      94%と非常に高い。オフィス外で仕事をする機会もなく、就業時間中はずっとオー
      プンな執務スペースで常に同僚からの視線を感じながら働いているという日本の職
      場環境は、確かに満足度が高くなりにくいように思われる。

       エンゲージメントに関わる調査結果については、「仕事に行くのが楽しい」や
      「自分の会社を推奨できる」といった項目に肯定的な回答をしている割合は著し
      く低い。一方、約半数(52%)は「同僚との連帯感を感じる」と答えており、こ
      れは世界平均値の76%よりも低いものの日本のエンゲージメント指標の中では最
      も数値が高い項目だ。また、約3分の1は「職場が楽しく落ち着ける」と答えてお
      り、これは世界平均を超えるもので、おそらくは集団における秩序や調和を重視
      する日本的文化も起因していると分析されている。

       職場環境は経済の成熟度や、国土の広さ、ビジネスの習慣・文化といった様々な
      要素に影響されるようだが、職場環境を取り巻く日本の労働環境は改善点が多くあ
      るだろう。長時間労働の改善に社会が本腰を入れて取り組みをしているが、労働時
      間と合わせて労働する環境にも目を向けて、ワーカーが生き生きと職務にあたるこ
      とができる環境作りが求められるのではなかろうか。この調査は、そうした改善が
      ワーカーの会社へのエンゲージメント向上につながる可能性を示唆しており、これ
      は重要な経営課題でもあるはずだ。
      【【仕事】日本人はどの国よりも職場への不満が多く、企業に対する従業員の愛着心や貢献度が世界最低。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/03/20(月) 13:30:28.71ID:CAP_USER.net
      【マイナビニュース】
       http://news.mynavi.jp/news/2017/03/06/284/


      SMBCコンシューマーファイナンスは3月6日、
      「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2017」を発表した。
      調査は1月17日~19日、30歳~49歳の男女1,000名を
      対象にインターネットで行われた。

      お小遣い平均額は未婚、既婚、子の有無で違い
      毎月自由に使えるお金はいくらあるか聞いたところ、全体の平均額は3万1,895円、
      未婚者は3万9,122円、子どものいない既婚者は3万6,204円、子どものいる既婚者
      は2万4,083円となった。また、子ども(末子)の成長段階別に平均額をみると、
      乳児~未就学児(1万9,045円)や、中学生(2万2,426円)では、
      そのほかの成長段階よりも自由に使えるお金が少なかった。

      さらに、毎月自由に使えるお金の平均額を年代別に比較したところ、
      20代は3万422円(同社「20代の金銭感覚についての意識調査2016」より)、
      30代は3万896円、40代は3万2,895円でさほど違いは見られなかった。しかし、
      未婚者と既婚者にわけて年代別にみると、未婚者では20代3万2,997円、
      30代3万8,292円、40代4万293円となり、既婚者では20代1万9,376円、
      30代2万4,230円、40代2万9,151円に。

      未既婚別では年代が上がるにつれて自由に使えるお金が多くなる傾向と、同年代では
      既婚者より未婚者で自由に使えるお金が多い傾向がみられた。

      現在貯蓄できているお金はいくらあるか聞いたところ、貯蓄できていないとする
      「0万円」が25.4%と、およそ4人に1人の割合でみられ、「1万円~50万円以下」
      (28.3%)と合計すると、半数以上(53.7%)の人が貯蓄額50万円以下
      であることがわかった。

      一方で、「400万円超~500万円以下」(5.4%)、「500万円超~1千万円以下」(6.6%)、
      「1千万円超」(6.6%)といった回答も少なくなく、貯蓄額が300万円を超えている人は
      合計で20.4%とおよそ5人に1人の割合となった。

      家族形成状況別に貯蓄額を調整平均で比較すると、全体では132万円、未婚者は111万円、
      子どものいない既婚者は228万円、子どものいる既婚者は123万円となった。

      さらに、貯蓄額の調整平均を年齢別(5歳区切り)に比較すると、20代前半~30代後半
      までは貯蓄額の上昇傾向が続くが(20代前半28万円→20代後半72万円→30代前半
      95万円→30代後半154万円)、30代後半以降は横ばい(30代後半
      154万円→40代前半147万円→40代後半154万円)だった。

      全財産

      【イメージ画像】
      【【マネー】30~40代の貯蓄額は平均132万円、貯蓄ゼロも4人に1人。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/03/19(日) 17:22:49.71ID:CAP_USER.net
      【gigazine】
       http://gigazine.net/news/20170317-iphone-6-plus-explode/

       【facebook】
       https://www.facebook.com/viralhog/videos/1856325801303416/

      端末の不調を訴えて修理店を訪れたユーザーのiPhoneが、まさにユーザーの手の中で
      爆発してしまうという一部始終が店内を撮影していたカメラに捉えられています。





      この出来事があったのは、オーストラリア・クイーンズランドにある携帯リペア店です。
      店内の接客カウンターを複数の角度から撮影していたカメラの映像には、突然手のひらの
      中でiPhoneが爆発し、慌てふためく人々の様子などが克明に記録されています。調子の
      悪いiPhone 6 Plusを持ってリペア店を訪れた男性とパートナーと見られる女性。手前に
      立つ店舗オーナーのサイモン・オーウェンさんが対応にあたっています。

      男性が端末を落としてしまったのか、真上のアングルからは端末の画面にヒビが入っている
      ことがわかります。 また、バッテリーの持ちが悪くなったことも男性は訴えていたとのこと。
      男性がヒビの入った画面を軽く押さえたその瞬間……・

      突然、端末のサイド部分から白い煙が吹き出しました。
      突然の出来事に驚く男性と、その後ろに身を隠す女性。店員のオーウェンさんは慌てた
      様子で逃げてしまいました。もうもうと立ちこめる白煙。炎こそあがっていませんが、
      内蔵されているバッテリーに問題があることは容易に想像がつきます。ここでオーウェン
      さん、消化器を手に戻ってきて「ブシャー」と噴射。その後、大変なことになった
      iPhone 6 Plusをしげしげと観察。

      バッテリーがあった部分が真っ黒にすすけているのがわかります。
      バッテリー本体には複数のシワが走り、不自然に膨らんでいる様子がわかります。
      バッテリーを元の位置に戻してディスプレイを重ねても、全く元どおりに戻る様子は
      ナシ。リチウムイオン電池に起因する爆発だったことは見るからに明らかです。

      今回は偶然にもカウンターの上で発生したアクシデントだったために事なきを得た男性
      でしたが、もしこれがショップに向かう車の中で発生していたと思うと思わず寒気がして
      きます。なお、このあとAppleとの間でどのような話になったのかは明らかにされていま
      せんが、修理に訪れた男性は店に迷惑をかけることになったことを心苦しく思ったのか、
      オーウェンさんに缶ビールを1ケース贈ったそうです。
      【【スマホ】携帯修理店に持ち込まれたiPhoneが突然爆発】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/03/19(日) 20:17:14.28ID:CAP_USER.net
      【R25】
       https://r25.jp/money/00056163/

      「RPG」風に職業を表現した給料・給与のポータルサイト「給与バンク」で、
      「YouTuber(ユーチューバー)」の平均給料・給与が「月額747万円」と算出
      されことが明らかになり、ネットでは衝撃が広がっている。

      同サイトは、資本主義という世界で戦う企業戦士たちを「RPG」に登場するような
      キャラクターとして描いた「一億総かっこいい職業」をコンセプトにしたサイト。
      お馴染みの“ジョブ”や“スキル”といった言葉を用いて職業の特徴を捉えて
      解説している。

      YouTuberは、「ニュージェネレーションジョブ(新しい職業)」の一つとして、
      歌い手やコスプレイヤー、プロゲーマーなどとともに紹介されている。YouTuberの
      ページには「YOUTUBEという動画サイトで活動するネットタレント。人気ジョブ
      ランクで上位に君臨しはじめた『新生代ジョブ』の一つ」とあり、「当たれば金と
      名声を同時に手に入れることができる一攫千金型の職業」とも記載されている。

      給与については、「最近出来た仕事のため平均を算出するのは難しい」としながらも、
      動画再生の単価を0.11円として、2016年5月の動画再生数ランキングトップ20から平均
      給与を予測。結果、「トップランカーの平均給与747万」と算出されたという。

      これは同サイトの全職種の中で、1位・プロ野球選手(平均給与1395万円)、
      2位・騎手(平均給与1175万円)に次ぐ堂々3位にランクインしている。

      このYouTuberの給与額にTwitterでは、

      「ユーチューバーに俺はなる!」
      「俺も、YouTuberなろうかな(笑)」
      「僕、ブロガーやめてYoutTuberになります!」

      と志望者が相次ぐ事態となっている。さらに、

      「圧倒的な努力あってこそ!」
      「YouTuberの平均給料は747万円って誤解を生みそうなw」
      「ユーチューバーって税金どうしてんだろ?ってよく思う」

      と思い思いの反応を示している。
      ちなみに、同サイトによると日本人YouTuberの収入ランキングベスト3は、

      1位がHIKAKIN(推定1億1846万円以上)、
      2位がマックスむらい(推定7462万9440万円以上)、
      3位がKan & Aki's CHANNEL(推定7400万円以上)だった。

      世界ランキングでは、1位ピューディパイ(7億1000万円)、
      2位スモッシュ(6億3000万円)など億越えがスタンダードのようだ。

      もちろん成功しているYouTuberばかりではなく、「初任給1万円」と記載されている
      ように、約8割の人が月1000円未満程度の収入という厳しい世界であるようだ。
      といはいえ、多くのユーザーにとってジョブチェンジをも考えさせる
      夢のある話題といえそう?

      自撮動画

      【イメージ画像】
      【【経済】ユーチューバーの平均給与『月額747万円』】の続きを読む

        このページのトップヘ