『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.2.8

      1まとめらいぶ2017/02/22(水) 17:48:07.42ID:CAP_USER.net
      【日本経済新聞】
       http://www.nikkei.com/article/DGXMZO13050650X10C17A2X11000/



       大手携帯3社の半分以下の料金で利用できる格安スマートフォン(スマホ)が話題と
      なっている。参入する事業者が増え、サービスも多様化してきた。ただ、どの会社を
      選べばいいのかわからず、いざ乗り換えとなると足踏みする利用者も多いのではない
      だろうか。そこで乗り換えの参考として、

      識者3人

      に上位12社のランキングをつけてもらった

      通信・携帯業界の識者に協力を仰いだ。

      ジャーナリストの石川温氏、調査会社BCN(東京・千代田)

      チーフエグゼクティブアナリストの道越一郎氏、MM総研(東京・港)

      取締役の横田英明氏

      の3人。

      料金の安さ、プランの充実度、端末の魅力、カスタマーサポート、
      速度の5項目について1人5点満点とし評価してもらった。

       その結果、第1回「格安スマホランキング」では大手通信会社系のサブブランドが
      1、2位を占めた。第3位に新興勢力の楽天の格安スマホ「楽天モバイル」が食い込み
      大手勢を追い上げた。今回の調査では「安かろう、悪かろう」と思われる格安スマホの
      イメージをくつがえす「速度」が上位の決め手となった。

       総合ランキング1位はソフトバンクのサブブランド「ワイモバイル」。月額料金が
      1980円と低額なのにもかかわらず、回線が混雑する平日昼ごろでも動画をスムーズに
      再生できるなど圧倒的な速度を出せたため「コストパフォーマンスがいい」(横田氏)
      との評価が相次いだ。

      米アップルの「iPhone」や京セラ製など幅広いメーカーの端末をそろえている。
      「有名な端末があると、ポイントは高くなる」(道越氏)という。
      「ヤフーのポイントももらえる」(石川氏)など顧客への
      アピール力で底力を見せた。
      【【スマホ】格安スマホランキング、総合1位はワイモバイルwwwww。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/02/22(水) 10:04:43.34ID:CAP_USER.net
      【blogos】
       http://blogos.com/article/210918/

      3月から新卒大学生の就活がいよいよ本格化します。一斉に説明会、企業セミナーが
      学内外で始まり、このタイミングで直接の企業との対面交流のために学生を悩ませる
      のが服装。特に「ふだん着・平服でどうぞ」というやつです。

      ■「普段着でお越し下さい」の意図
      いくつか考えられますが、第一はアパレル系やデザイン系、クリエイティブ系の業界や
      職種で、そもそも会社員でもスーツを着ていない企業です。ファッションセンスも業務上
      重要なので、没個性なリクルートスーツではなく、個人のセンスがにじみ出る
      ファッションはうまくはまれば採用において有利になることでしょう。

      しかし当然その逆に判断されるリスクもあります。第二は特に夏の暑い時期など、スーツは
      辛いだろうという配慮というケース。炎天下をスーツ姿で移動するのはたしかにキツく、
      そんな思いをしないようにということであればやさしい会社なのかも知れません。ただ
      就活学生って、その会社「しか」応募しない訳ではありません。

      多数の企業にエントリーするなら面接や説明会日程が重なるのも珍しくはなく、
      その配慮をした会社以外の会社にも行くのであれば、スーツは当然必要になります。
      第三は都市伝説ともいわれる、「平服で」といっておいて実はスーツを着てくる
      礼儀を見るというやつ。まあこれは恐らく都市伝説だという意見に私も賛成です。
      本気で試しているならそうとうに性質の悪い会社だと思います。いずれも普段着/平服
      というものは、少なくとも就活学生にとってはありがたいというよりは迷惑、
      困惑の素としか思えません。

      ■「普段着」の正解は?
      一番無難な普段着とはビジネスカジュアルだといわれています。しかし普段スーツを
      着なれない学生にとっては、画像検索してもネクタイしてるしジャケット着てるし、
      これのどこがビジネス「カジュアル」なの?という疑問がわくことでしょう。
      自分の家や部屋であれば楽な服装でしょうし、大学に行ったり友人との外出なら
      カジュアルな格好で出かけるでしょう。多くの学生にはそもそもビジネスカジュアル
      自体が普段着ではないし、大学生にとっての日常は恐らく遊びに行く時の、純粋に
      カジュアルなものが一番多いのではないでしょうか。先に挙げた三つの意図は、
      いずれも学生のためというよりは企業の都合のように感じます。

      「暑い中スーツはかわいそう」

      という、一見思いやりのある理由であったとしても、先に書いたように、他社との
      兼ね合いがあればほぼ意味はなくなってしまいます。アパレルなどのファッション
      センスが問われる業界以外で普段着を言ってくる企業は、少なくとも真の学生の
      ためとは思えないのです。

      ■ 企業体質
      こうした企業からの指示を含めたコミュニケーションを通じ、企業姿勢や企業体質を
      うかがい知ることができるのではないでしょうか。一見学生のため、学生が楽に
      なるような思いやりに見えて、実ははた迷惑な注文を付けているのです。

      そうした企業は、就職した後も似たようなことを「思いやり」として命じてはこないで
      しょうか。仕事以外にも歓送迎会や打ち上げ、社内旅行や社内運動会、社内クラブと
      いった行事がある会社があります。福利厚生の一環で、会社が補助をして社内クラブを
      支援したりすることもあります。レクリエーション自体は楽しい行為かも知れませんが、
      一方でそれを上司や同僚などと仕事以外の休日にも一緒に行うというのは、かなり好みが
      分かれるものではないでしょうか。

      社宅に住む人によれば、一般的な家賃より格安で住める一方、上司や同僚との付き合いを
      家族までが日々しなければならず、非常に神経を使って生活を送るという話を聞いたこと
      があります。会社の序列がご近所でも影響してなかなかめんどうな付き合いをする気苦労
      と家賃補助を天秤に計り、自分のお金で社宅を出る人もいるとのことです。これらが
      良いか悪いかではなく、企業の体質であり、好みの問題といえるでしょう。

      ■ コミュニケーションでかいま見える
      いずれにしても、企業の採用選考は経営方針の一つであって、法に反しない限りその企業
      が自由に決めることができます。理由が何であれ、真意がどのようなものだとしても、
      「普段着」という学生にとって決して楽なものではない服装を要求するという事実は、
      その企業の体質を現していると私は思います。

      就活

      【イメージ画像】
      【【就職】就職活動『普段着でお越し下さい』は何が正解なのか?】の続きを読む

        このページのトップヘ