『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.6.20

      1まとめらいぶ2017/08/18(金) 19:29:41.57ID:CAP_USER.net
      スタートトゥデイは8月18日、ファッションECサイト「ZOZOTOWN」で、
      注文から最大2カ月後に支払いできる後払いサービス「ツケ払い」の
      利用者数が100万人を突破したと発表した。100万に突破を記念して
      18日から「ツケ払い手数料無料キャンペーン」を行う(終了日は未定)。



      ツケ払いは、商品到着後に請求書(振込用紙付きハガキ)が届き、期日内
      (最長2カ月)にコンビニか銀行で支払えるサービスで、昨年11月に
      スタートした。税込5万4000円までの買い物で利用でき、手数料は324円
      (税込・1注文当たり)。

       ツケ払いの利用者を年齢別に見ると、10代が15.9%、20代41.2%、
      30代が25.7%、40代以上が17.2%、男女比は女性が68%、男性が
      32%という。年齢分布、男女比とも「ZOZOTOWNのアクティブ
      会員属性と同様」だとしている。

       手持ちの現金に余裕がなかったりクレジットカードを持っていない人などが
      買い物しやすくなる一方、未成年が気軽に利用し、支払いが難しくなる
      おそれがあるのではと懸念する声もある。

      【IT media NEWS】
       http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1708/18/news102.html
      【【EC】ZOZOTOWN『ツケ払い』利用者100万人突破!どの年齢層が利用最多?】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/08/18(金) 19:34:02.31ID:CAP_USER.net
      皆さんは検索したとき、思う通りの情報を引き出せているだろうか。もちろん、
      Google検索で必要なキーワードを入れれば、誰もが簡単に何らかの情報を拾う
      ことはできる。しかしその結果、得られる情報に不満を覚えることも少ないの
      ではないだろうか。

       「いくらググっても満足できる結果が得られない」。そう不満に感じている
      のであればまだいい。情報の精度や内容についての見極めができず鵜呑みにし、
      誤った知識を”常識”だと認識しているという可能性も考慮すべきだろう。

       “Google検索は故障しているも同然”とまでは言わないが、ページビューを
      集めることで収益を得られるビジネスが多い中、ごく当たり前にキーワードを
      入力しているだけでは情報の質に力を入れず、検索流入の増加のみにフォーカス
      したサイトが増えていることは否定できない。

       まったく異なるサイトの情報なのに、内容はほとんど同じ。しかも、一般論が
      不必要に長く書かれているだけで結論めいた解説や事実関係について最終的に
      触れられていない

      そんな記事にイライラしたことはないだろうか。

       2016年末に問題となったDeNA運営の医療・健康情報サイトにまつわる話題で
      見えてきたのは、情報の質を向上させるよりも広告指標を向上させるために、
      Google検索上位に入るよう工夫を重ねることの方が事業価値を高められる
      という、インターネットのメディアが抱えるジレンマだ。

      普通に「ググって」も有益な情報が得られない時代に
      ある日、Facebookを見ていると友人が懐かしい言葉を書き込んでいた。それは
      “ググれカス”。あらためて言うまでもないが、ネットを検索すれば正しい情報が
      あっという間に出てくるにもかかわらず、安易にまわりの人間に質問するだけで
      解決しようとする自助努力が足りない者のことを”カス”と侮蔑する言葉だ。

       プライベートな事案はだけではない。グループワークをするチーム中で内部
      資料を探したり、過去の事例を辿ればすぐに情報が見つかったりするというのに、
      そもそも自分で探そうとすらしない。そんな例も”ググれカス”に類似する、
      いろいろな職場でよくある風景と言えるだろう。

       こうしたググれカス案件は、プライベートならば単に“面倒臭い”というだけで
      済むが、仕事の中では共同作業の効率を落とす典型的なパターンとして忌み
      嫌われているが、「ググれよ、このカスが」と侮蔑の言葉を浴びせるだけ
      では問題は解決しない。

       この言葉が生まれた2000年代前半は、確かにググることでそれなりの品質の
      情報にたどり着けていた。しかし、冒頭で述べたように“ググってもカス
      (な情報しか得られない)”なケースは増加している。

       元の言葉が指し示す”カス”は能力のない者(カス野郎)という意味だったが、
      結局、能力がない者がググったとしても有益な情報が得られないとすれば
      「ググらぬカスはググってもカス」という、どうしようもない世の中に
      なってきた……とも言えるかもしれない。一方で、ちょっとした検索
      ノウハウの違いで仕事の質に差を付けられるチャンスとも捉えられる。

      【C-NET】
       https://japan.cnet.com/article/35105975/

      ググるカス

      【イメージ画像】
      【【IT】“ググれカス”は“ググってもカス”】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/08/19(土) 18:23:05.23ID:X4mMPetn0 BE:659060378-2BP(4000)

      バカであることがアドバンテージとなる場面は多々ある。
      私の知る限り、成功している自営業社長は、ある意味、バカばかりだ。

      バカは平気でリスクを取り、失敗を怖れない。
      いい意味で鈍感。
      何度でもチャレンジを仕掛けられ、結果的に成功する。
      バカは最強なのだ。

      私は自分のことを特別、賢いとは思っていない。
      単純にたくさん情報を浴びていて、
      ほんの少し知識があるだけだ。
      興味のないことはよく知らない。
      興味がない話は聞いても覚えない。
      そういう意味では私もバカな部分は、けっこうある。

      画像

      7e5bbaa4-s

      【NEWS ポストセブン】
       https://www.news-postseven.com/archives/20170722_593503.html?PAGE=1#container
      【堀江貴文『バカは頭が良い人よりも成功しやすい』】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/08/19(土) 11:25:28.73ID:CAP_USER9.net
       人気アニメシリーズ「機動戦士ガンダム」のプラモデル「ガンプラ」に特化した
      国内初の総合施設「ガンダムベース東京」が19日、東京・お台場にオープンした。
      約20種類の限定商品が用意され、整理券を求めて開店2時間前の午前8時には、
      312人が列を作っていた。

       同店が開業する商業施設「ダイバーシティ東京 プラザ」前の広場には、
      「実物大ユニコーンガンダム」立像も建設中で相乗効果が期待される。
      1980年の発売当時のモデルから最新作まで約2千種類の商品を
      取りそろえる。組み立てコーナーや、設計データやガンプラの元
      となるプラスチックに実際に触ることのできる体験コーナーもある。

      (西畑志朗)

      【朝日新聞】
       http://www.asahi.com/articles/ASK8M31JFK8MUQIP003.html

      【【お台場】ガンプラ専門店がオープン!開店2時間前に300人が列を作る】の続きを読む

        このページのトップヘ